口元から綺麗になりたい人必見!歯列矯正の種類や特長を紹介

自分の歯並びが気になったことはありますか?実は「歯列矯正をしたい」と考えている人は意外と多くいます。歯列矯正を行う場合、種類を理解し、目的に合った企業を選ぶことが大切になってきます。口元コンプレックスを解消し、心の底から笑えるようになれたら嬉しいですね。

口元から綺麗になりたい人必見!歯列矯正の種類や特長を紹介のイメージ

目次

  1. 歯並びが気になる女性は約7割!
  2. 主な歯列矯正は3種類
  3. 治療法別!歯列矯正法3選
  4. 歯列矯正をして気にならない美しい口元を手に入れよう!

歯並びが気になる女性は約7割!

出典: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000055003.html

人と会話するときや写真を撮るとき、自身の「歯並び」を気にしたことはありますか?

20~30代の女性約1,000名を対象に「口元のコンプレックスと矯正治療」に関する調査を実施したところ、「歯列矯正したい」と回答した人は7割以上いることがわかりました。

今回は自分の歯並びが気になっている、歯列矯正をしたいと悩んでいる方へおすすめの方法を紹介していきます。

主な歯列矯正は3種類

歯列矯正は、主に3種類の方法が一般的です。それぞれの矯正方法にはメリットやデメリットが含まれるため、自身の歯の症例や日常生活に合わせたベストなやり方を選んでいきましょう。

マウスピース矯正

歯にマウスピースを装着する矯正治療法です。マウスピースは透明で目立ちにくく取り外しが可能なため、始めやすい矯正のひとつでもあります。

基本的には食事や歯磨き以外での装着が必要。外した際に再び装着を忘れてしまうと、治療期間が思うように進まなくなってしまうことがあります。マウスピースメーカーによって、適応できる症例は異なってくるので確認しましょう。

表側矯正

歯の表面にブラケットと呼ばれる装置を付け、ワイヤーで歯を動かしていく一般的な矯正法です。歯並びの乱れや上下の顎ずれ、噛み合わせなど幅広い不正咬合の歯列矯正に適応可能。

シルバーのメタルブラケットが主流でしたが、最近では目立たない矯正治療として、ブラケットやワイヤーの色調が歯の色と似ているホワイトやクリアなど目立ちにくいタイプもでています。

裏側矯正

上記で紹介した表側矯正歯の逆で、歯の裏側にブラケットとワイヤーを装着して歯を動かす矯正法です。大きく口を開けない限り正面から矯正装置が見えないため、目立たずに歯並びを整えることができるのが最大のメリット。

仕事上目立つ装置は付けられない方におすすめです。特殊な治療法のため、費用は表側矯正より高めに設定されています。

治療法別!歯列矯正法3選

歯列矯正サービスを提供している企業はさまざまありますが、自身の症例や目的に合った歯列矯正、企業を選ぶことが大切です。それぞれの矯正方法のメリットやデメリットをよく理解して考えていきましょう。

ここでは歯列矯正法3選とサービスを提供している企業をご紹介します。

「ビセットライン」は「上下顎裏側装置×マウスピース治療」

ビセットラインとは、上下顎裏側装置とマウスピース矯正を組み合わせた治療です。ワイヤー矯正とマウスピース矯正のそれぞれの欠点を補い、短い治療期間と少ない費用で、高い治療効果が期待できます。

最先端の無料シミュレーションで、自身に合った治療法を提示してくれるのも嬉しいポイントです。

提供企業:株式会社翔栄クリエイト(https://be-setlign.com/)

対応症状

「前歯が閉じない 」
「出っ歯」
「中心がずれている」
「受け口」
「ガタガタした歯並びや八重歯」
「すきっ歯」

ビセットラインが対応している症状は主に6種類です。症例によっては対応できないケースあるため、確認が必要です。まずはシミュレーションの申し込みをしてみましょう。

ビセットラインの4つの特徴

ビセットラインの4つの特徴

  • ①見えない「下側に装着する、裏側矯正」
  • ②痛みが少ない「極細ワイヤーで痛みを軽減」
  • ③短期間治療「8か月~1年以内の治療期間」
  • ④低価格「1年以内の短期間治療で低価格を実現」

ビセットラインは舌側に装着するので目立たないことから、イベント時や写真を取る時など、人の目を気にせず自分らしく笑うことができます。

また、極細ワイヤーを使用することで優しく力を加え歯を動かすため痛みを少なくすることができます。

長くとも約1年以内の短期治療で、早ければ8ヶ月程で治療が完了するので時間がない方にも初めやすい治療法です。さらに治療期間が短いので低価格での矯正塗料を実現しています。

3段階治療工程

①ワイヤー+コントロール用マウスピース治療

極小ブラケットと極細ワイヤーが、優しく歯を動かします。就寝時にはマウスピースを併用することで、短期間で美しい歯並びへと変化していきます。

②仕上げ用マウスピースで最終治療

ワイヤー治療が終了したら、マウスピースで最終調整を行います。希望や状況により、マウスピースだけを使用した治療を提案する場合もあります。

③リテーナー(マウスピースorワイヤー)で歯並びを安定

矯正終了後、美しい歯並びを安定させるために保定をして矯正治療完了です。リテーナーは、マウスピースと固定ワイヤーの2つのタイプから選択が可能です。

「キレイライン」は「マウスピース治療×ホワイトニング」

キレイラインは、従来のマウスピース矯正のメリットを生かしつつ、価格や治療期間を短縮・削減した治療法として今注目されています。

最新のデジタル技術を活用し、歯の動きを距離0.05ミリ、角度0.5度単位で計画を立て、マウスピースを調整。無駄のない歯の動きによって痛みの少ない理想の歯並びに近づくことができます。

提供企業:KLマーケティング株式会社(https://kireilign.com/)

キレイラインの4つの特徴

キレイラインの4つの特徴

  • ①安い価格帯「2万~スタート可能で総額目安は約10~30万」
  • ②最短5か月の治療期間「目安治療期間は約5ヶ月~1年3ヶ月程度」
  • ③取り外し可能「1日20時間以上装着」
  • ④安定したマウスピース素材「強度が高く、弾力性に優れている」

キレイラインは2万円から始められ、総額の目安は約10~30万円程度。

透明なマウスピースは、近くで見てもわからないと言われるほど目立ちません。食事やデート、歯磨きなど、1日20時間以上装着すれば、好きな時に取り外しできます。

歯を動かすのに適した素材を使用しており、強度が高く、弾力性にも優れているため、「着け始めの痛みが少なく、歯を動かす力は持続しやすい」というメリットがあります。

「インビザライン」は「マウスピース治療」

インビザラインは、どうしても目立ちやすくなってしまう矯正治療法であるワイヤーやブラケットを一切使いません。

個人に合わせた完全オーダーメイドの透明なマウスピースを2週間毎に交換しながら歯に装着させ、少しずつ理想的な歯の位置に動かしていく治療をしていきます。

提供企業:インビザライン・ジャパン株式会社(http://www.invisalign.co.jp/)

インビザラインの治療ポイント

インビザラインの治療2つのポイント

  • ①取り外し可能なマウスピースで、食べ物が挟まる心配がなく食事が楽しめる!
  • ②装着時間が短かったりすると治療期間が延びてしまうので注意!自身での管理必要不可欠。

他の矯正装置による治療とは違って食事の際には装置を取り外せるので、食べ物が装置に挟まったりくっついたりする心配なく、これまでと同じように食事を楽しむことができます。

アライナーを装着し忘れたり装着時間が短かったりすると、計画通りに治療が進まず、治療期間が延びてしまうことがあります。より良い治療結果のためには、患者さまご自身できちんと管理することがとても大切です。

歯列矯正をして気にならない美しい口元を手に入れよう!

低価格帯からお手軽にはじめることの出来る歯列矯正は若い世代からも人気!気になる口元をなおして歯を目一杯出して笑えるようになれたら嬉しいですね。

歯並びに自信がもてたら歯のケアも!

電動歯ブラシのおすすめランキングTOP22!子供用も紹介!
マウスウォッシュのおすすめランキングTOP23|虫歯・口臭予防に!
市販のホワイトニング歯磨き粉おすすめTOP17!効果的な使い方も【2020年版】
歯間ブラシのおすすめランキングTOP17!選び方や種類も紹介!

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧
最近公開されたまとめ