エメラルドタブレットとは?【世界最高の叡智】

現代、人類の化学と技術は大きく進歩してきました。しかし、まだ不老不死については成しえていません。その不老不死に関する、また世界最高の叡智が記された物があります。エメラルドタブレットと呼ばれる物です。そのエメラルドタブレットとは、どのようなものなのでしょうか?

エメラルドタブレットとは?【世界最高の叡智】のイメージ

目次

  1. 1エメラルドタブレットには世界最高の叡智が記されている
  2. 2エメラルドタブレットとは?
  3. 3エメラルドタブレットに記されていること
  4. 4エメラルドタブレットは錬金術の奥義書
  5. 5エメラルドタブレットを刻んだヘルメス・トリスメギストスとは
  6. 6エメラルドタブレットとヘルメスの書
  7. 7エメラルドタブレットとエジプト
  8. 8エメラルドタブレットの目撃例
  9. 9エメラルドタブレットの内容
  10. 10モーリス・ドーリルが写した12枚のエメラルドタブレット
  11. 11エメラルドタブレットは謎のまま

エメラルドタブレットには世界最高の叡智が記されている

現在も様々な研究が進み、数百年前とは比べ物にならないほどの知識や技術を人類は手にしてきました。そんな人類でも、この世の全ての真実を解き明かした訳ではありません。この世で考えられる最高の知識とは何なのでしょうか?

その最高の知識に到達するためのヒントがエメラルドタブレットの中に記されているのかもしれません。これは伝説のような物なので、雑学の1つとして知っておくと良いでしょう。


◆関連記事:日本沈没の予言、ご存知ですか?

エドガーケイシーとは?日本沈没の予言は当たるか?

エメラルドタブレットとは?

エメラルドタブレットとは6世紀前後に発見された碑文です。とある洞窟でアレクサンダー大王が発見したと言われています。ピラミッドやメキシコなどでも発見されたという言い伝えがあり、計12枚ものエメラルドタブレットがあったそうです。

しかし、エメラルドタブレットに関する言い伝えはあるものの、その12枚ものエメラルドタブレットは現在、1枚も実在が確認されていません。そのため、この発見に関する言い伝えや、作られた時期の情報などもバラバラでどの情報も信憑性に欠けています。

なので、エメラルドタブレットの存在は情報だけが一人歩きして、都市伝説や噂、雑学の1つになっています。


◆関連記事:予知夢って存在するのでしょうか?

正夢と予知夢の違いとは?正夢を見る方法は?正夢徹底解説

エメラルドタブレットに記されていること

エメラルドタブレットは1枚も実在を確認できないため、そこにはどのような全文については何が書かれているのかは定かではありません。しかし、そこには世界最高の叡智が記されていると言われています。その内容については、錬金術に関することが書かれているそうです。

さらに、錬金術の内容だけでなく、賢者の石や不老不死についても書かれているそうです。現在の医学や技術でも到達していない不老不死に、古代の時代では実在する技術であったとは考えにくいです。なので、エメラルドタブレットは都市伝説や雑学の1つとして扱われます。

エメラルドタブレットは錬金術の奥義書

エメラルドタブレットは錬金術の奥義書でもあると言われています。伝説的な錬金術師であり、錬金術師の祖とも言われているヘルメス・トリスメギストスという人物が火と霊によって叡智の神から「ことば」を与えられて、そのことばを一枚の板に刻みつけたと言われています。これがエメラルドタブレットであり、その内容が錬金術の原理であったと言われています。

エメラルドタブレットを刻んだヘルメス・トリスメギストスとは

ヘルメス・トリスメギストスがなぜこのような不思議な力を持ち、錬金術師の祖と呼ばれるかと言うと、実はヘルメス・トリスメギストスは人間ではなく、神であったとも言われています。人ではなく神であったと言われる一方で、錬金術師の始祖という人物紹介もされる。


◆関連記事:霊能力者って存在する!?

霊能力者に本物はいる?本物の特徴を知って偽物と見分ける方法!

エメラルドタブレットとヘルメスの書

紀元前2世紀頃、クレメンスという学者がいた。クレメンスはヘルメス・トリスメギストスに関する文書を42冊の著書としてまとめたそうです。当然ながら、このヘルメス文書の内容は後世の錬金術師たちのバイブルとなり、多大な影響を与えたそうです。

また、ヘルメスは3度の転生を繰り返し、その3度の人生において知識をまとめた物がヘルメス文書であるとも言われています。このヘルメスの存在についても都市伝説や雑学にはよく登場します。

エメラルドタブレットとエジプト

ヘルメス文書は全文のうち、ほとんどがギリシャ語で書かれていることから、エジプトで書かれたのではないか?、と言われています。先に述べた通り、ヘルメスは神であったという考えもあります。ギリシャ神話の神です。ギリシャ神話の神であるヘルメスはエジプト神話のトートと密接な関係があると考えられています。中には同一神とまで考える人もいるようです。

ギリシャ語で書かれて、エジプトで作られたと考えられるにはこのようなことも根拠の1つとされています。また、ヘルメス文書の製作期間は600年にも渡ったと言われています。人の寿命の範囲内では書ききれるはずもありませし、後継者に引き継ぎながらとしても600年もの歳月がかかる作業が正確に続くとも考えにくいです。

エメラルドタブレットと同様に、ヘルメス文書も謎の書物です。

エメラルドタブレットの実在は確認できませんが、エメラルドタブレットにはいくつか目撃例もあり、19世紀にはエジプトで大量の古文書が発見され、その中にはエメラルドタブレットの写しも含まれていました。その内容の全文を解き明かすことは難しいようです。

エメラルドタブレットの目撃例

先に述べた通り、12枚のエメラルドタブレットは、どういう訳か、現在はその実在を確認することはできません。しかし、エメラルドタブレットを発見したという言い伝えは残されています。あのアレキサンダー大王がエジプトに遠征した際に、ギザのピラミッドでヘルメスの遺体を発見したそうです。そのヘルメスの遺体がエメラルドタブレットを抱えていたそうです。

他にも1925年にモーリス・ドーリルはメキシコにあるピラミッドで12枚のエメラルドタブレットを発見したと報告しました。モーリス・ドーリルはエメラルドタブレットを写し、元の場所へ返したと言っているそうです。ただ、多くの専門家はこの話しをあまり信用していないようです。

さらに、1500年頃、パラケルススというスイスの医師が子供の頃に父の診療所にエメラルドタブレットがあったろ証言しています。パラケルススは集団心理を発見するという偉大な功績を残しています。そんな彼は、どういう訳か賢者の石や不老不死に関する秘薬や医療に関する本をまとめています。

賢者の石や、不老不死について説いていたのは、本当にエメラルドタブレットを見ていたことがあるからなのかもしれません。

エメラルドタブレットの内容

エメラルドタブレットの実在は確認できませんが、どういう訳かエメラルドタブレットにはいくつか目撃例はあります。19世紀にはエジプトで大量の古文書が発見され、その中にはエメラルドタブレットの写しも含まれていました。しかし、その内容の全文を解き明かすことは難しいようです。

この全文の内容を解き明かすことができれば、金属以外の物質でも金にすることが出来るという解釈もできる部分もあるようです。また、賢者の石や不老不死の薬に関する内容も書かれていると言われています。

賢者の石や不老不死に関することが書いてあるので、後世の錬金術師たちのバイブルとなりました。そんな錬金術にまつわる言葉があります。その言葉を日本語に直訳すると「下のものは上のもののごとく、上のものは下のもののごとし」、これは大宇宙と小宇宙の相違点や類似点を示しているそうです。

モーリス・ドーリルが写した12枚のエメラルドタブレット

19世紀にはエジプトで大量の古文書が発見され、その中にはエメラルドタブレットの写しも含まれていました。しかし、これ以外にもエメラルドタブレットの写しはあります。先に述べたモーリス・ドーリルが写したエメラルドタブレットです。ですが、この写しには専門家の間では信憑性が低いと言われています。

それは、写しの内容に訳があります。その訳の1つはモーリス・ドーリルの写しにはアトランティス人のトートが登場することです。この内容が本当であれば、超古代文明の代表格であるアトランティス大陸が存在していたことを表します。このアトランティスも都市伝説や雑学にはよく登場します。

アトランティス大陸が過去に実在していたのであれば、エジプトを支配してピラミッドを建立したともされるトートも人物として、実在していた可能性もあります。もしも、本当にトートという人物がいて、トートとヘルメスが同一人物なのであれば、トートは超古代文明に生きた科学者や研究者だったのかもしれません。

その研究の中に、賢者の石や不老不死の薬についての研究があったのであれば、そのレポートを残そうとしていても不思議ではありません。もしかすると、幅広い範囲の学問としての雑学は当時の人たちからすると、その不思議な現象を見て、錬金術のように思ってしまったのかもしれません。

エメラルドタブレットは謎のまま

今回は話しの雑学としてエメラルドタブレットについてお話しました。エメラルドタブレットには世界最高の叡智が記されていて、その全文を読み解くことができれば、賢者の石や不老不死に関する知識が書かれていると言われています。しかし、エメラルドタブレットは様々な言葉に翻訳された写しは存在するものの、そのエメラルドタブレットの実物は確認されていません。なので、エメラルドタブレットは都市伝説や雑学の1つのように扱われています。

昔ではその全文が解読できなかったかもしれませんが、もしかすると現代の技術を駆使すればその全文を解読できるかもしれません。本当に賢者の石や不老不死があるのであれば、すごくロマンのある話ですね。

もっと霊感について知りたいアナタはこちら

霊感の強い人の特徴・性格11選!あなたは霊感体質?
霊感の強い人の手相!仏眼がポイント?
霊感占いとは?本当に当たるの?

関連するまとめ

そらひかる
そらひかる
化学系の大学院に通いながらクラブDJとして活動を行い、広告代理店でSEの経験ありの奇抜な経歴を持っています。会社を卒業後はフリーランスとして活動を始める。定番意見から思わぬ角度の記事が書くことがあります。よろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ