イライラ彼女との上手な付き合い方。倦怠期から生理中までの対応法

彼女のいらいらに悩まされていませんか?生理中の女性のいらいらは定番ですが、カップルの倦怠期にも些細なことでケンカが起こりがちです。また逆に彼氏のいらいらにどう対処すべきか悩む女性もいますよね。彼氏彼女のいらいらの理由と対処法をご紹介します。

イライラ彼女との上手な付き合い方。倦怠期から生理中までの対応法のイメージ

目次

  1. 恋人がいらいらしている時ある?
  2. 彼女がいらいらする理由
  3. 彼氏がいらいらする理由
  4. 彼氏必見!彼女のいらいらを受け止める方法
  5. 彼女必見!彼氏のいらいらを受け止める方法
  6. 彼女も彼氏もいらいらを上手く受け止めよう

恋人がいらいらしている時ある?

恋人がいらいらしていて辛いこと、ありませんか?話しかけても機嫌が悪そうだし、「自分は悪くないのに」と思うとこちらまでいらいらしてしまいますね。

特に倦怠期や女性の生理時はイライラしやすいものです。どんな時に恋人がイライラしがちなのか、またその対処法を見ていきましょう。

女性は男性よりもいらいらしやすい

精神を安定させるホルモン、セロトニンの量が男性よりも女性のほうが少なく、イライラしやすいということが知られています。不規則な生活やストレスでもセロトニンは減りやすいので、いらいらしそうになったらリラックスを。

適度な運動やスキンシップでセロトニンを増やせるそう。カップルのコミュニケーション次第でもいらいらを回避できるはずです。

好きだけどいらいらする

パートナーにいらいらをぶつけられると「嫌われたのかな」と思うかもしれませんが、好きだからこそいらいらを出せているということも。信頼されている証です。

期待通りの行動をしてくれないからいらいらするというのは、それだけ期待されているということ。期待に応えられない部分ははっきり伝え、他の手段で愛情表現しましょう。

倦怠期はいらいらしやすい

付き合って長くなり、倦怠期を迎えるとお互いいらいらしやすくなります。

新しい刺激がなくなり、だからといってわかり合えているわけでもない間柄。最初はラブラブだったカップルもケンカが多くなります。

関連記事:倦怠期を乗り越えるには?

カップルでの倦怠期の乗り越え方は?来る時期は?【彼氏・彼女必見】

同棲にいらいらはつきもの

同棲にもお互いのいらいらはつきものですね。家事の分担が守られておらず、片方が負担に感じていたり。味付けの好みなど育った文化の違いを見せつけられてストレスに感じたり。

ケンカにも発展しがちですが、どう折り合いをつけるか冷静な話し合いが必要です。

関連記事:同棲でイライラする瞬間とその対処法は?

同棲あるある9選!ストレスがたまる瞬間と対処法まとめ!

いらいらの末別れたいと思うことも

こういったいらいらを重ねると、別れたいと思うことも珍しくないでしょう。何より、恋人がいらいらしてばかりで話し合いにならない時などは、一緒にいる必要がもうないのではないかと思ってしまいがち。

そこで以下では、彼女や彼氏がいらいらする理由と、パートナーのいらいらを受け止める方法をチェック。まだ好きという気持ちがあるなら別れを選ぶ前に、できる対策を試みてください。

彼女がいらいらする理由

まずは彼女がいらいらする代表的な理由を見てみましょう。

彼女のいらいらに飲まれるとどうしたらいいかわからない男性も多いかもしれませんが、原因を見て対策につなげていってみてください!

①生理中は何もかもいらいらする

生理中、人によっては生理前からホルモンのバランスが崩れ、何もかもいらいらしてしまうという女性は多いです。明らかに体調が悪くなる人も少数ですがいますし、音やにおいに敏感になるという人も。

セロトニンの分泌量も減ってマイナス思考になりがち。同じことでも前向きに受け止められず、この時期は何をしてもいらいらしたり不安になったりしやすいです。

関連記事:彼氏に生理中だと伝えたほうがいい?

彼氏に生理中だと伝えるべき?気になる男子の本当の気持ち!

②彼氏に不満がある

誕生日や記念日を忘れられてしまったなど、彼氏に不満があっていらいらするパターンも。自分から言い出すのは野暮なので、どうにか察してほしいと思ってしまいます。

彼氏の服がダサい、デートのワリカンが嫌だなどといった言い出しにくい不満を蓄積させていていらいらしている場合も。お互い話しやすい環境を整えたいところですね。

③倦怠期でどうしたらいいかわからない

倦怠期になると、パートナーの短所ばかり目についていらいらしがちなもの。トキメキも消え、彼氏に会いたくない日も出てきます。

だからといって嫌いになったわけではないので、別れるという選択肢は今のところないものの、どうしたらいいかわからずいら立ってしまいがちです。

④仕事のプレッシャー

直接彼氏と関係がなくても彼女がいらいらを見せることもありますよね。仕事やその人間関係などでプレッシャーを抱えていて、いらいらが出てしまう場合も。

デートやロマンチックなムードどころではないのに、と思うと彼氏にぶつけてしまうことも。上手く甘えられればいいのですが、そんな器用な女性ばかりではありません。

⑤自分に自信がない

服や髪型が決まらない時や、あの子のほうが可愛いなと嫉妬してしまう時など、彼女として自分に自信がない時にいらいらが彼氏に対して出ることもあります。

髪のセットがまだなのに「早く出かけよう」と急かされた時や、彼氏が他の女性を「可愛い」などと褒めた時などはいらいらが爆発しやすいので要注意。

彼氏がいらいらする理由

一方で、彼氏が彼女にいらいら理由って何なのでしょうか。

気がつけばムッとしている彼氏や、ちょっとワガママを言っただけのつもりなのに気まずくなる彼氏に悩んでいる女性もいるはず。その代表的な理由をチェック!

①何が不満?彼女に不機嫌な態度をされる

彼女にずっと不機嫌な態度をされると、何が不満なのかいまいちわからなくていらいらしてしまいます。原因を聞いたところで「別に」とあしらわれたり「わからないの?」と察してモード全開だと、彼氏も手に負えません。

だからといって彼女を放置してどこかへ逃げるわけにもいかないので、その場でいらいらしたまま留まってしまう男性が多いです。

②彼女がいつも遅刻してくる

時間にルーズで、いつも遅刻してくる彼女にイラッ。デートのために定時上がりしたのに遅刻、なんて日には何のために頑張ったのか虚しくなります。そのくせ彼が遅刻すると機嫌が悪くなる彼女だと最悪ですね。

いつも遅刻してくるという態度に、自分は二の次なのかなと疑う彼氏も。時間を守るというのは社会人としても恋愛の場面でも誠意の表れです。

③生理で情緒不安定な時の対応

生理で情緒不安定になるのはわかるけれど、毎月のこととなると対応にイライラ。何をどう対処しても改善しない様子に、手を焼いてしまいます。毎回のごとくサンドバッグにされている感も虚しいですね。

男性は生理を経験しないので、いまいちその辛さをわかってあげられないのも歯がゆい部分。彼氏として力にはなりたいけれど、あまりに情緒不安定だと手に負えません。

関連記事:生理中の彼氏の対応、「優しい!」と思えるエピソードは?

生理中の彼氏の優しい対応まとめ!泊まりの際の気遣いなど!

④同じ話を延々される

女性が無意識にやってしまいがちなのが、話をしているうちに夢中になって、同じ話を延々ループしてしまうこと。これが彼氏にとっては「もう何度も聞いてるよ」といらいらの元に!

世間話なら軽いいらいらで済みますが、ケンカで一応納得したはずの話をまた蒸し返されて話が終わらなくなると、激しいいらいらに。「いつ終わるんじゃーい!」とキレそうになります。

⑤他の男の話をし、比較される

彼女に他の男性の話をされると、「そいつがそんなにいいのか」と彼氏としては嫉妬の元に。他の男性を褒める内容や、その人が活躍した話にはいらいらさせられます。

さらに、「あの人はあんなに頑張ってるのに、○○君ときたら」と比較などされようものなら、いらいらは絶頂に。

彼氏必見!彼女のいらいらを受け止める方法

彼女のいらいらに手を焼いている彼氏必見!そのいらいらを受け止める方法を見ていきます。こちらもつい怒ってしまいそうなところですが、それは火に油を注ぐようなもの。心に余裕を持って、柔軟に向かい合いたいですね。

下手に出る

まずは下手に出ること。いらいらにこちらもいらいらで返したり、正論を言ったりしても意味がありません。とはいえ、変に媚びへつらっても余計に刺激してしまうので、「何でも受け入れるよ」のスタンスで接するのがベストです。

甘いものや好きなものを買ってあげる

まるで子供をなだめるみたいですが、甘いものや好きなものを買ってあげるのも効果的。いらいらするのは頭に糖分が足りていない場合も。ただし生理前後は甘いものによる糖分が体を冷やしてしまう原因になるので、彼女の体調に合わせてください。

記念日や誕生日を忘れたなどの場合は、彼女の欲しかったものを買ってあげて誠意をアピールしましょう。あくまでもので済ますのではなく、悪かったと思う部分はちゃんと頭を下げるのがポイントです。

話や愚痴を聞いてあげる

じっくり話や愚痴を聞いてあげることで、彼女のいらいらは次第に解消しますよ。ポイントは話をさえぎらないこと。「要するにこういうことだよね」とまとめるのも焦らずに、慎重に待ってあげてください。

話しながら彼女の感情が整理されて、「なんでこんなことでいらいらしてたんだろう」なんてケロッと解決することも。彼氏に話を聞いてもらえることで安心感が得られ、より信頼してもらえますよ!

なでたり抱きしめてあげる

いらいらしていたらなでたり抱きしめたりするのも効果的。スキンシップでセロトニンの分泌量を増やす効果も期待できます。好きで付き合っている彼氏ですから、そばにいて愛情表現をしてくれるのは彼女にとって嬉しいこと。安心感も得られます。

かける言葉が浮かばない時などは、黙ってなでたりハグしたりもアリ。「ちょっと怒りすぎたかな」と彼女も感情をクールダウンできます。

いらいらしてる彼女にかける言葉

いらいらしている彼女に、「もっとしっかりしろよ」といった言葉は禁物。彼女にだって、いらいらするだけの辛さがあるものです。「辛いよね」などと共感を示す言葉は彼女の心をほぐすのに効果的ですよ。

他に、「頑張ってるね」と現状を肯定したり、できている部分を褒めるのもポイント。いらいらする裏には自信のなさもあるので、彼女の努力を認めて前向きに考えられるようにサポートしてあげてください。

彼女必見!彼氏のいらいらを受け止める方法

一方で、彼氏のいらいらに悩んでいる彼女も多いですよね。変に原因を聞き出そうとして更に怒られた、という人もいるでしょう。彼氏のいらいらにはどう対応したらいいのでしょうか?

気づかないふりをする

男性は怒った時や悲しい時などネガティブな感情を持っている時、あまり他人と話をしたがらない傾向があります。無理に原因を聞き出す行為は火に油を注ぐ結果に。ここは気づかないふりをするのが一つの手です。

なんだか無視するみたいで落ち着かないかもしれませんが、あくまでこちらから積極的なアクションを取らないということ。話しかけられても、相手の機嫌の悪さにはとらわれないように対応します。そうしているうちに彼のいらいらは静まっているはず。

遊びに行かせて好きにさせる

彼氏がいらいらした挙げ句、どこかに出かけてしまうこともあると思います。そういった場合は自由に遊びに行かせて、好きに行動させるのも良い対処法です。外を歩き回っているうちに気分転換ができ、いらいらも自ずとおさまっているはず。

男性は考え事をしている時も一人になりたがる傾向があります。ついて行きたい気持ちを抑えて待っていれば、ご機嫌で帰ってくるかもしれませんよ。

しばらく時間を置く

何を言っても何をしても今はどうしようもないな、と思ったらしばらく時間を置きましょう。時間が解決してくれるのを待つといった感覚です。ケンカした時などは特に、話し合いで解決できないならなおさら、そっとしておく時間が必要です。

メールやLINEでいろいろ聞き出したくなるのもこらえて、状況にもよりますが2、3日はこちらから連絡せずに待つのもありです。彼から連絡がきたら無視せず答えてあげてくださいね。

話を聞いてあげる

原因が自分ではなく、仕事のストレスや日常の悩みだったら、じっくり話を聞いてあげるのがいいでしょう。彼氏も、彼女に話すことで気持ちがスッキリするはず。彼女が力になれることもたくさんあるかもしれません。

その悩みに対して解決策が浮かばなくても、ただ話を聞くだけでOKですよ。身近な人にだから出せる弱さもあるもの。彼女に聞いてもらえることで安心します。

なだめてあげる

原因が自分とのケンカではない時、なだめてあげるのも効果的です。「○○君は悪くないよ」と彼女が味方になってあげることで、彼氏はストレスや緊張感から開放されて安心感を得られます。

話を聞いてあげたものの何をアドバイスしたらいいかわからない時も、かわりになだめてあげましょう。安心して話せる彼女に、より信頼を置いてくれるはずです。

彼女も彼氏もいらいらを上手く受け止めよう

いかがでしたでしょうか。これで彼氏彼女がいらいらしても怖くないはず。冷静に受け止めて、パートナーが前向きになれるように後押ししてあげてください。

倦怠期や彼女の生理時といったいらいらしやすい時期を上手く乗り越えたら、信頼し合えるカップルとしてより絆が深まります。パートナーのいらいらを上手く受け止めて、いい関係を築き上げてくださいね!

彼氏にイライラする女性の方はこちらも!

彼氏にイライラする原因と11の対処法!イライラと付き合う方法!
彼氏にイライラするときの原因と対処法15選!有効なのはこれ!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ