泣く女の心理って?なんでそこで泣くのかわからない!【うざい】

泣く女はズルい?それともうざい?泣く女の心理がわからない。どうしてそこで泣くの?すぐに泣いてしまう女性の心理や理由について。つい泣いてしまう瞬間や、そんなすぐ泣く女に対する彼氏の気持ち、ココでは泣いて欲しくないと思う場面などもまとめてみました!

泣く女の心理って?なんでそこで泣くのかわからない!【うざい】のイメージ

目次

  1. すぐに泣いてしまう私…やっぱり泣く女はうざい?
  2. 泣く女の心理5選!
  3. 泣く女に対してみんなはどう感じているか
  4. 泣く理由が謎!「泣く女出現スポットベスト5」
  5. 【泣く女出現スポット】5位 予定をキャンセルした時
  6. 【泣く女出現スポット】4位 生理前後の不安定な時
  7. 【泣く女出現スポット】3位 共鳴泣きやうれし泣き
  8. 【泣く女出現スポット】2位 口喧嘩をした時
  9. 【泣く女出現スポット】1位 いきなり泣かれた
  10. できることならやめて!「泣く女がよく泣く場所」
  11. 1.泣く女は職場に現れる
  12. 2.飲み会で泣く女が信じられない
  13. 3.彼氏の前で泣く女は大半が計算⁈
  14. 4.形勢逆転狙い・保守目的の涙は嫌いだ!
  15. 【まとめ】流した涙の分だけしっかりフォロー

すぐに泣いてしまう私…やっぱり泣く女はうざい?

女性は感情が豊かで、起伏が激しい性格の人が多いですから、涙を流したくなくても泣いてしまうことは、よくあります。

それでも、なるべく人前では泣かないように、自分の気持ちをコントロールしている女性が大半でしょう。

そんな気丈な女性でも、ある理由をキッカケに大号泣してしまうこともあるし、泣いてから初めて「あぁ、私って泣くほど辛かったんだ」なんて、気づくこともあると思います。

そんなごくたまにある涙なら、誰も「うざい」とは思いませんが、どうしても涙もろい女性の場合は、「またか」、「そこって泣くとこ?」、「泣いて誤魔化そうとしてるんじゃないの」なんて、酷評されることもあったりしますよね。

「泣く女」についててんこ盛り!「うざい理由を追求します」

泣く女は、うざい?それとも、意外に好き?まさか、別れたくなる?

泣く女の心理、そして、みんなの意見や感想などを、まとめてみました。

(1)泣く女の心理
(2)泣く女に対するみんなの反応
(3)泣く理由がわからない!泣く女が現れやすいシチュエーションを5つ
(4)できることならここでは泣かないで欲しいと思われる、泣く女が泣きやすい場所を4つ
(5)泣いた後のフォローの大切さについて

どうですか?
今回は、「泣く女」、てんこ盛りでお送りいたしましょう♪

泣く彼女に対して男はどう思うか知りたい?そんなアナタにはコチラ!

彼女が泣くと男はどう思う?ぶっちゃけ嫌だと思ってる?【女子必見】

泣く女の心理5選!

泣く女の心理とは、いかなるものでしょう。

泣く女の性格として、大きく分けられるのは5つ。

さらに涙の種類に限って言えば、

「自然に溢れでる涙」と、
今がチャンス!ココが泣き時と「狙って流す涙」

が、存在します。

女性自身も、ついこらえきれずに溢れる涙を流し始め、その内にココは泣いておいた方が良さそうだと、計算が加わってくることもあるようですね。

泣く女の心理と性格を5つに分けて、説明していきましょう。

1.ぶりっ子・かまってちゃんタイプ

「可愛いと思われたい」「かまってほしい」「気づいて欲しい」そんな願いを込めて、涙を流す女性が、現代でも以前ほどではないにせよ、まだまだ存在するようですね。

「女の涙は武器である」ということは、男性心理を読みとればなるほどその通りなのですが、多用したり、使いどころを誤れば、「ただ、うざい」「意味がわからない」「メンドウクサイ」と思われるだけとなってしまいます。

大抵の泣く女は、モテたいための理由で泣くことは少ないと思いますが、もしも、「彼氏に私の寂しさに気付いて欲しい」と思って、シクシク泣いている女性がいるのだとしたら、とにかく止めておいたほうがよさそうですね。

あまりにしつこく泣いてみせると、間違いなく彼氏の脳裏には「別れ」の二文字が浮きでているでしょう。

飲み会などで、異性の気を引くためか、涙もろいことを演出する女性もたまに見かけますが、大抵は逆効果になっているパターンが多いですね。

2.私のこと、どうしてわかってくれないの?タイプ

形勢不利になると、とたんに涙もろくなり、ポロポロと無言で涙を流し続ける女性がいます。

自分のことを理解してくれない、わかってもらえないと、ただ悲観的になり、泣き続ける女。

ただ、感情がこみあげて言葉に詰まっているケースもありますが、冷静になれずに泣く女でいる時間が長ければ長いほど、周囲の人たちから「自己中心的な性格なんだな」と、思われてしまう可能性があります。

自分のことが大好きなタイプの人が、陥りやすい泣く理由の一つになりますので、融通が利かないからといって泣いてみせることは、「わがまま」と受け取られても仕方ないのかもしれません。

「私のことが好きなら、わかってよ」は、一番ダメなパターンの泣く理由になりますね。

3.そんなに責めないで!どうせ私なんてタイプ

心理的にネガティブで、気が弱い性格の女性は、つい、人に注意されただけで「そんなに責めないで!」と、心を閉ざして、涙の抵抗を見せることがあります。

くよくよと自分のことを責めてばかりいる性格も、人目をはばからず泣く女の理由のひとつになるでしょう。

基本的に「悲観的な性格」の女性は、常に自分を責めて過ごしている部分があるので、人に何か言われただけで、過剰に反応してしまうことが、泣く理由になってしまいます。

飲み会の席で、彼氏と別れた理由を延々と述べたり、シクシクと泣きながら愚痴っている女性を好きになる男性は少ないですよね。

4.感動が止まらない!怒っても嬉しくても悲しくてもまずは泣くタイプ

感情が豊かで、人の感動に共鳴しやすい性格の女性がいます。

このタイプの女性は、怒っても「泣く」、嬉しくても「泣く」、悲しいことがあったらもちろん泣きます。

そして、人に不幸があっても幸福が合っても、まるで自分のことのように感じて、涙を流すことができます。

もはや、才能の一つであると思って良さそうですが、このタイプの女性を好きだと言う男性もいますよ。

男性には持ち合わせない感性ですから、新鮮で魅力的に映り、好きになる理由のひとつになります。

ただ、女性の都合でやたらに泣かれてしまうと、男性は対応に困ってしまうケースもありますから、自分なりの節度を持って、「どこでも泣く女」を卒業したいですね。

5.泣いて初めて気づく?! 自分の感情に鈍感すぎるタイプ

少し意外な理由に思われるかもしれませんが、自分の感情に鈍感な性格の女性も、「気づけば泣く女になっていた」ということがあります。

自分では冷静でしっかりした性格だと把握しているつもりでも、実は、ただ自分の感情に鈍感になり、自分の心理に対して無関心になっていただけの場合があります。

自分が意識しないところで、感情が高まり、涙が流れて初めて、「えっ、私、どうして泣いているの?」と、ビックリしてさらに混乱して泣いてしまう。

心理的に軽いパニック状態に陥ることもあるようですね。

彼氏に別れを告げられて、茫然としているうちに涙が止まらなくなった。自分の涙にハッと気づいて、「私、悲しいんだ」と理解して初めて自分の本当の思いに気づく、なんてこともあります。

泣く女に対してみんなはどう感じているか

泣く女の心理や性格を5つに分けてお話してきましたが、いかがでしたか?

続きましては、

「泣く女を目の前にして、みんながどう思っているのか」

ということに注目してみましょう。

泣く女に対しての男性の心理

やはり男性は優しい性格の人が多いので、泣いている女性を見ると放っておけない気分になる人が多いです。

街中で彼女がシクシク泣いていて、それを心配したり、オロオロしたりする彼氏の姿を見かけることも、よくあるのではありませんか?

そんな男性の心理では、

「なんで泣いてるんだよ。意味わかんねぇ」
「メンドクサイな・・・」
「泣いたらいいと思ってるんだから」

なんて、泣いている理由に苦しみながらも、正直「勘弁してほしい」という思いがあることも確かのようですね。

泣く女に対しての女性(同性)の心理

泣く女に対して、女性(同性)の心理とは、なかなか手厳しいものがあるようですね。

同じ女性ですから、泣いている理由にも察しをつけることができますし、感情を読みとる能力が男性よりも長けている分、「わざとらしさ」「弱さ」を強調して捉えてしまうケースが多くあります。

同じような場面が自分にあったとしても、「私なら泣いて誤魔化したりしない」なんて思いがよぎり、手助けする気になれないなんて考えが湧く人もいるでしょう。

ですが、人の涙に同調しやすいのも女性の特徴的な心理になりますから、親身になってくれる女性も多くいます。

泣く理由が謎!「泣く女出現スポットベスト5」

「どうして今、泣いているの?泣いている理由がわからないんだけど」

と、思われやすい瞬間を5つご紹介しましょう。

泣いた女性には必ず、理由が存在するはずですが、泣かれた方は、女性の心理や理由をまったく理解できずに、途方に暮れてしまうケースがあるんです。

今回は、彼氏目線を中心に、「でたな!泣く女め」と、思われる場面をご紹介しますね。

【泣く女出現スポット】5位 予定をキャンセルした時

彼女とデートの約束をしていたけれど、急に仕事が入りキャンセルすることを彼女に伝えた。

すると、彼女は号泣。

「え~、一週間に一度は必ず会ってるじゃん…。今、そこで泣かれても‥」と、彼氏は戸惑うばかり。

可愛い彼女を演出したかったのか、本当に会えないことを悲しんで泣いてしまったのかは不明ですが、彼女が泣く姿を見つつ、彼氏の中では「彼女を好き」な感情よりも、「別れたい」意識がよぎった、なんてこともあるようです。

【泣く女出現スポット】4位 生理前後の不安定な時

女性は、体内のホルモンの影響を受けやすいため、精神が不安定になることもしばしば。

特に生理の前後などは、女性自身にも感情のコントロールができないこともよくありますよね。

普段なら我慢できる、同棲中の彼氏が脱ぎ捨てた靴下が、無性に腹立たしく感じ、涙を流しながら訴えてケンカに発展してしまった、なんてケースもあります。

【泣く女出現スポット】3位 共鳴泣きやうれし泣き

男性が理解に苦しむ、泣く女が出現する理由としてあげられるのが、

「人が泣いていたのでついもらい泣きした」とか、
「イルカショーを見ていてお姉さんとイルカの演技が素晴らしかったから泣いた」など、

男性からすれば、「そこって、泣くとこなの?」と、全然泣く理由がわからないケースがよくあります。

ですが、この場合は、彼女のことを好きでよかったと思える理由になるケースもありますし、まさかこのことが原因で、「別れたい」と思う男性は、ほとんどいないでしょう。

【泣く女出現スポット】2位 口喧嘩をした時

彼氏から不評が多い、泣く女出現スポットは、ずばり「口喧嘩をした時」です。

「泣いたら勝ち」っぽいムードにされるのが嫌だ。

「キレて泣かれるともう話し合いできない」

「飲み会に行った行かないだけで泣かれても意味不明」など、

彼女が自分の思いを伝えたくても伝えられずに泣いてしまったり、自分の形勢を維持するために涙を使ったりするケースに彼氏は、ウンザリしているようです。

あまりに話し合いができない「涙混じりの口喧嘩」が続くようだと、「好きな感情」が減り、「別れたい気持ち」が増えていくようですので、注意したいですね。

【泣く女出現スポット】1位 いきなり泣かれた

本当に、彼氏の立場からしたら青天の霹靂のように、いきなりの泣く女が出現することがあります。

「二人で美味しくランチを食べていたら、いきなり泣かれた」とか、

「普通に会話していただけなのに、横を見たらポロポロ涙を流していた」や、

「この前さ、飲み会で昔の知り合いにあってさ…って、え??なんで泣いてるの?!」など。

もう、何が何だかわからない、理由があるのか、ないのかすらわからない涙に、彼氏もオロオロせざる得ません。

大好きな彼女を「泣く女」にしてしまったと思い、自分の悪い部分を必死に探す哀れな彼氏。

彼女には泣く理由があったのでしょうが、ただ泣いて「気づいて」と思っていても、愛想を尽かされて、「もう無理だ、別れよう」なんてことになってしまうかもしれませんよ。

ちゃんと思うところがあるのなら、言葉にして相手に伝えるように努力しましょう。

できることならやめて!「泣く女がよく泣く場所」

周囲の人に「できることならココで泣くのはやめて欲しい」と、思われる場所についても調べてみました。

泣かない方が良いのに、泣く女はこんな場面でよく泣く。

周囲が感じる泣く女のイメージの悪さについても、まとめていきます!

1.泣く女は職場に現れる

仕事場で泣く女になることは、できるだけ避けた方が良いでしょう。

「仕事のミスを指摘されて悔しくて泣く」
「泣いたふりをして辛い仕事を変わってもらう」
「別れた彼氏のことをグチグチと仕事場で泣く」

どれも、最低と思われる泣く女の理由ですよね。

同性からも同情は得られないし、異性からも「メンドクサイ」と思われるだけです。

思い余って泣いてしまうケースもあるでしょうが、なるべくビジネスシーンでは、感情的になることを避けたいですね。

2.飲み会で泣く女が信じられない

お酒に弱い体質なのか、可愛いと思われたいから泣く女になるのかは不明ですが、たまに飲み会で「泣く女」に遭遇することがあります。

飲み会で泣くといえば、お酒に酔って「泣き上戸」になってしまう理由が考えられますね。

普段からフラストレーションがたまり気味の女性だと、飲み会で羽目を外して泣く女になるケースもあるでしょう。

一緒に飲み会に行った友達にも迷惑がかかりますし、まして男性がいるような飲み会だと、泣く女はかなりのマイナスイメージをもたれてしまいます。

飲み会の幹事からは、もう絶対に呼ばないと宣言されることもあり得るので、なるべく明るいお酒をたしなむように心がけたいですね。

特に「別れたばかり」な心境で飲み会に参加すると、図らずとも「泣く女」になってしまう、可能性が高まりますので注意しましょう。

3.彼氏の前で泣く女は大半が計算⁈

天然で、涙もろいタイプの泣く女以外は、ほぼ彼氏の前でみせる涙には、多少なりとも「計算」が含まれているのではないでしょうか?

口喧嘩の末、泣く女になったり、ちょっと泣く女の演出をして、女性側に有利なポジションを回してもらえるようにしたり。

彼氏とは本音でぶつかりたいからこそ、
その結果として泣く女になってしまう場合もあるけれど、

「泣く女になって彼氏の気を引きたい」

「泣く女になることで、別れを回避したい」

なんて、計算の下で涙を流しているケースもよくあるのではないでしょうか。

女性は、本能的に愛情を演出したり、計算したりすることができますから、本人の意識的か無意識的な行動なのかを判断することは、難しいところですね。

4.形勢逆転狙い・保守目的の涙は嫌いだ!

とにかく、泣かれる立場から言うと、泣く女の泣く目的が、浅ましいと感じれる時に、かなり「泣く女をうざい」と思う心境になるようです。

(1)仕事でミスをしてしまい、なんとか上司へ言い訳したい時に泣く女
(2)失敗のフォローを求めて、周囲へ無言の圧力をかける泣く女
(3)別れを決意した彼氏を前に、泣くことで気持ちを改めさせたい女

どれも、浅ましいと感じてしまう、「泣く女の理由」や「泣く女の行動」ですよね。

涙を堪えてグッと耐えていても、感情が高ぶってしまい、どうしようもなく泣いてしまうこともあるでしょう。

ですが、周囲は冷ややかにその状況を見守っているのを、忘れないようにしましょう。

そのままにしておくと、「うざい」と思われても仕方がないですよね。

うざいと思う女性の行動、他にも知りたい人はこちらも見てね!

うざい女あるある!特徴や行動まとめ!これはうざい!
彼女がうざい!別れたい!と思う瞬間11選!NGな行動・言動は?

【まとめ】流した涙の分だけしっかりフォロー

男性よりも女性の方が、感極まって涙を流しやすい心理を持っています。

いくら我慢していても、ホルモンの影響や、感情の昂りに自分の感情を持っていかれてしまうこともあるでしょう。

仕事場で涙を流してしまっても、その分だけしっかりとフォローすれば大丈夫ですよ。

頑張った人だからこそ流す涙に対しては、周囲の人も悪く受け取らないものです。

泣いてしまったことは、素直に謝罪して、明るく乗り越えることで、以前よりも人として好きになってもらえることもありますよ。

そして、彼氏の前でつい涙を流してしまう女性。

彼氏だからこそ、本音を言いたい。本心を理解してもらいたい。そう思うからこそ、泣いてしまうことも多くなるのだと思います。

でも、泣いた理由を彼氏に察してもらおうとするのは、タブーですよ。

しっかりと、泣いたことの理由はあなたから説明する方が、絶対に好きになってもらえます。

あなたの素直な気持ちを分かってもらいたいならば、ちゃんと相手に伝える努力をしましょうね。

あなたの素敵な恋愛を応援しています♪

気持ちの切り替え方やリフレッシュ方法について知りたい人はコチラも!

彼氏に疲れたかも?恋愛疲れを治してリフレッシュする方法とは?
ハグの効果!ストレス解消し大切な人と抱き合うことで幸せに!
メンタル弱い人の特徴13選!仕事や恋愛で上手くいくには?
恋愛で不安になる?原因と解消法を徹底解説!なんで不安になるの?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ