夢の意味を解説!夢で未来がわかる!よく見る夢15選!

夢というものは深層心理の表れと言われ、不安や願い、願望や未来予知に至るまで様々な意味が含まれています。目覚めて昨夜見た夢が気になって夢の意味を知りたくなることがあるでしょう。そこで、夢の意味を紐解いてスッキリ解決していきましょう。未来が垣間見えるかも?!

夢の意味を解説!夢で未来がわかる!よく見る夢15選!のイメージ

目次

  1. よく夢を見る?見ない?
  2. 夢占いによって知る夢の意味
  3. その1「神夢」
  4. その2「霊夢」
  5. その3「雑夢」
  6. その4「怖い夢」
  7. その5「好きな人の夢」
  8. その6「願望夢」・・・夢に出てくる人は誰でしたか?
  9. その7「予知夢」・・・夢に現れた知らない人の正体とは?!
  10. 印象に残った夢の中の会話や言葉
  11. 夢診断をするために
  12. 夢日記をつけてみよう
  13. その8「白昼夢」・・・これって何?
  14. その9「正夢」とその10「逆夢」
  15. その11「明晰夢」の不思議
  16. その12「ストレス夢」
  17. その13「不安夢」
  18. その14「過去夢」とその15「前世夢」・・・ロマンのある夢
  19. まとめ

よく夢を見る?見ない?

眠っている時、人の脳はレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。レム睡眠のときに人は夢を見るのですが、朝起きて夢を覚えている人覚えていない人がいますよね。夢はみんな見ているものだと言われますが、もしも夢が未来予知をしてくれているのであれば見た夢を忘れたくないものです。
夢占いなんて信じない!という人も、夢に意味があるのであればちょっと気にかかるのではないでしょうか。

見た夢の意味を知ることで、もしかしたら不安から解消されるかもしれませんし、見た夢が悪い夢だと思っていたのに逆の意味を持つ夢かもしれません。見る夢によって意味は異なるのですから、気になったら夢占いをチェックしてみませんか?心が軽くなるかもしれませんよ。

夢占いによって知る夢の意味

夢にでてくるストーリーはメチャメチャなはずです。なんの繋がりも無いシーンが無理やりくっついているような、そんな夢が多いはずです。しかし、見た夢の中で印象に残るシーンはあるのではないでしょうか。
それこそがその夢の持つ、夢の意味であり未来からのメッセージなのです。
夢占いではいいことも悪いことも伝えられてきます。見た夢が悪い夢ならば回避方法を考え、メッセージの意味をよく考えて見た夢と向き合っていきましょう。

その1「神夢」

神夢の意味とは?

神夢とは、読んで字のごとく『神様が見せてくれる夢』のことです。夢で神のお告げがあった、なんていう言葉を聞いたことがあるかと思いますが、それこそが神夢なのです。
見た夢が神夢かどうかは内容にもよるでしょうが、こればかりは夢を見た本人にしかわかりませんよね。

神夢を見るのは一生に一度あるかないかという程度だとされています。神様はそんな簡単にお告げを出してはくれないのです。
しかし、もしも見た夢が貴重な神夢であったなら、迷わず神様の指示に従ってみたいですね。迷っている時こそ、見た夢を信じ、夢占いを信じ、未来へ向かってほしいものです。

その2「霊夢」

霊夢の意味とは?

霊夢と聞くと、幽霊でも出てくる夢かと思うかもしれませんが、確かに霊的な意味もありますが霊夢は自分の潜在意識によって見る夢のことをいいます。
自分では意識していないことや、敢えて意識しないようにしていることはないでしょうか。それが夢となって表れてくるのです。それは自分にとって見たくない部分かもしれません。考えないようにしていることかもしれません。しかし、意識がない夢の中にそれは通用しないのです。

見た夢の中では自分はどうあったか、夢占いではその夢によって潜在意識を掘り下げてきます。夢の意味を知ることは楽しいことばかりではありませんが、見た夢によって歩む方向を示してくれる夢もあることを忘れないでいただきたいですね。
霊夢は、自分自身に潜む何かが自分に向けて告げている夢なのです。

その3「雑夢」

雑夢の意味とは?

雑夢とは、見た夢に一貫性のない、物事のパーツをつなぎ合わせたような夢のことを指します。コロコロとシチュエーションが変わったり、夢に出てくる人が次々に変わっていったりして、目覚めたときに「わけのわからない夢」と感じるような夢ですね。

雑夢は、ストレスが溜まっている時や心身が疲れている時に見る夢とされています。また、心配事を抱えている時にも見る夢と言われています。一貫性のない夢を見た朝は、スッキリ目覚められないですよね。それこそが心身の疲れなわけですから、気分転換が必要かもしれませんね。

その4「怖い夢」

怖い夢の意味は?気になる夢!

怖い夢を見てうなされて目が覚めることがありますよね。怖い夢の内容はどんな感じだったでしょう。その怖い夢は自分に無関係の夢でしたか?それとも、自分が巻き込まれて怖い思いをするというような怖い夢だったでしょうか。
怖い夢もまた自分の抱えている心配事や悩みが潜在意識の中にあることによって見る夢です。
うなされた怖い夢に、心当たりはないでしょうか。もしかしたら…と思う事柄があるのであれば、それは夢からのメッセージかもしれません。

気がかりなことが夢にでてきて、それはわけのわからない「怖いもの」となって表れることがあります。正体がよくわからないのに怖いと感じたり、見えない何かが怖いと感じたり、怖い夢のパターンはいろいろありますが、それらの怖い夢には原因があるのです。
でも逆に言えば、見た夢が怖い夢だったのであれば、対策もしやすいですよね。怖い夢を見た本人には、少なからず思い当たる節があるでしょうから、思い切って行動を起こしましょう。やるべきことがあるのに延ばし延ばしにしていても、何の解決にもならないのです。

■関連記事:怖い夢について知りたい方はこちらもチェック!

【夢占い】怖い夢の意味や心理31パターン
怖い夢ばかり見る原因7つとその対処法を解説!

その5「好きな人の夢」

好きな人が出てくる夢の意味とは?ハッピー?

夢の中に好きな人が登場したら、目覚めたときはドキドキしてウキウキして、ちょっと得した気分になれますよね。自分の潜在意識に、それほど好きな人が入り込んでいる証拠ですね。
しかし気を付けなければいけないのは、夢の終わり方です。好きな人が出てきて、結局はどういう夢だったのでしょう。

好きな人と仲良くしていた、好きな人とケンカした、いろんなパターンがありますが、終わりよければ全てよしという感じで、好きな人が出てきた夢の終わり方がハッピーならばそれは吉夢です。好きな人とケンカした夢なら、不安の表れかもしれませんね。それほど好きな人を想う気持ちが強いということでしょう。

夢の中で好きな人とどう会話し、どういう局面を迎えたかが重要ですが、好きな人とケンカしたけど仲直りできたというような夢であれば、この先待ち受ける困難を乗り越えられる予知夢でもあります。
未来からのメッセージをしっかり受け止めてくださいね。

■関連記事:好きな人の夢について知りたい方はこちらもチェック!

好きな人が夢にでてきた!【夢占い】その意味を徹底調査!

その6「願望夢」・・・夢に出てくる人は誰でしたか?

登場人物にも夢の意味がある

見た夢を思い返して、不思議に思うことは無いでしょうか。知っている人が出てくるのが当たり前なのに、知らない人が出てくるってどういうこと?と思ったことがあるでしょう。
「知らない人が出てくる夢」は、とても不思議ですよね。会ったことのないSNS上での知り合いが普通に夢に登場して会っている夢を見たとしても、会ったことが無いのだから「○○さんと名乗る人」という認識でしかないはずです。

願望夢

夢に出てくる人は、その人そのものの姿で登場したり、または別の形で登場したりするとされています。
知らない人が登場した場合、潜在意識の中で持つイメージが形となって表れているのです。会ったことのない人に夢で会ったなら、その人へ持つイメージが人物像となって登場したというわけです。願望が表現される夢でもあり、願望夢といわれています。

その7「予知夢」・・・夢に現れた知らない人の正体とは?!

知らない人が出てくる夢の意味、誰?予知夢の可能性も

夢の中に出てきた「知らない人」。でも実際には「知っている人」なのです。
夢は潜在意識から作り出されているので、自分の中で持つイメージが形となります。顔も声も姿もよく知っている人でも、イメージ優先で形となって登場することがあるのです。
これから見る夢で知らない人が出てきたら、よく思い起こしてみてください。誰かを彷彿とさせませんか?
もしかしたら、近々会えるのかもしれませんね。

印象に残った夢の中の会話や言葉

会話や言葉に含まれる夢の意味

見る夢によって、ストーリーがあやふやだったり、とりとめのない夢だったりしますが、不思議と会話や言葉だけは覚えていたりするものですよね。夢の中の自分にストレートに向けられた言葉や、意味は分からないけど印象に残った言葉があるとき、その夢の中の言葉にも意味があるのです。
だからなのか、夢に出てきた会話や言葉を憶えている確率も非常に高いのです。

文字や言葉をしっかり覚えている場合、夢占いではそれをメッセージと位置付けています。
例えば、源氏物語の世界では、女性の夢に男性が出てきた場合、その男性が自分に好意を寄せている夢だと信じられていました。相手の強い想いが自分に夢を見させたのだという捉え方ですね。
このように、相手からのメッセージを夢で受け取るというのが、夢占い的な見解なのです。

夢占いのなかで、夢に出てきたメッセージの役割はとても重要とされています。自分へ向けたメッセージがあるのなら受け止めてあげてほしいですね。異性からの想いなのか、友人からの相談なのか、仕事上の手助けなのか、ちょっと考えてみましょう。
もしかしたら、現在ではなく、これから起こる未来からのメッセージかもしれません。見る夢から未来のメッセージを受け取れるなんて、ちょっと素敵ですよね。

夢診断をするために

リラックスして自分を見つめ直して夢の意味を知ろう

目覚めて、見た夢が気になって夢占いで調べたとき、聞き入れる姿勢ができていないと正しい判断はできません。夢占いを信じる信じないは別にして、物事を見極めるには緊張感を解かなくてはいけませんね。
物事を片面からしか見られない心境のときは、夢占いをするのに向かない時です。

夢占いは、自分の内面を晒し、そして未来からのメッセージや未来からの警告をもたらすとされています。かたくなになっているときは、きっと夢占いであろうと他人からの忠告であろうと聞くことができない時でしょう。
自分の潜在意識を夢占いで知ることによって、今まで見えなかったものが見えてきたりするものです。それを未来へと役立てるのが夢占いなのです。

夢日記をつけてみよう

夢の意味を知るきっかけに?!

目が覚めたときは確かに覚えていたはずなのに、気付くと昨夜の夢を忘れてしまっているものですよね。まるで切り取られていくかのように、所々抜け落ちていき、終いには全て忘れてしまっていたりして、ちょっとガッカリした経験はないでしょうか。
そんなときのためにおすすめなのが「夢日記」です。つけている方もいらっしゃるでしょうが、これこそが自分と向き合える最高のアイテムなのです。

見る夢は様々ですから、一貫したストーリーがあればそれを詳しく、途切れ途切れにしか覚えていなくても、覚えている言葉や物、出てきた人などを書き留めておくのです。あとで夢占い診断してみれば、思わぬメッセージを拾うことが出来るかもしれません。
見る夢によって書き留めることがいろいろありますから、後で読み返すのも楽しいのではないでしょうか。

その8「白昼夢」・・・これって何?

白昼夢?夢ならその夢の意味は?

白昼夢という言葉を聞いたことのある方は、どう理解されているでしょう。夢という文字は付きますが、これは寝ていて見る夢ではありません。まさか昼寝で見る夢だと思っている方はいないでしょうが、白昼夢とは起きているときに妄想が度を越してどこかに飛んでしまうことを指します。

なにか心に秘めていて、その妄想が次第に大きくなり、まるで現実逃避のように妄想の世界に入り込んだような状態のことです。起きているのにまるで夢を見ていたかのような気持ちになってしまうこの白昼夢ですが、妄想の一種なので一般に言う「夢」とは別物なのです。

その9「正夢」とその10「逆夢」

どちらも後で気づくその夢の意味とは

何らかの出来事が起きたとき、いつか夢でみたことを感じることがあります。それが正夢で、実際に起こった時に予知夢であったことがわかりますね。未来の暗示を夢から受けていたことになります。
そして逆夢は、実際には逆のことが起こる夢ですが、こちらは不安からの願望が夢となって表現されていることが多いとされています。

その11「明晰夢」の不思議

明晰夢とは?その夢の意味

夢の中では、夢に沿ったストーリーの中にいますよね。でも、夢の中の現実を「夢の中」ととらえていることもたまにあるのではないでしょうか。夢の中で、ここが夢の中であるということを認識している夢を明晰夢(めいせきむ)と呼びます。

明晰夢の場合、夢の中でどんな状況に置かれていたとしても、夢だとわかっているので怖いことはないのが特徴です。冷静にやりすごして、やれやれといった感じではないでしょうか。
明晰夢は、浅い眠りのときに見る夢で、そのために眠っていながらも自分をコントロールできるとされています。
そして夢の中で明晰夢だということを認識したら、どうせ夢だから…と、到底できないようなことをやってみるのです。すると明晰夢を見やすくなると言われていますので、興味のある方はチャンスをものにしてくださいね!

その12「ストレス夢」

神経が疲れているときに見がちなのがストレス夢ですが、夢でまでストレスを感じるなんていただけませんよね。
せめて夢の中くらいは元気に楽しくありたいものですが、夢は現状を反映します。夢でまで嫌な思いをしないためにも、日頃のストレス解消は大事なのです。

その13「不安夢」

その名の通り、不安が夢となって表れるもので、普段我慢していることを夢の中にまで持ち込んで夢の中でも現実と同じ不安を抱えている夢です。
夢に見てしまうほどの我慢が限界まできているのでしょう。我慢することは大事ですが、ストレスを抱えすぎないようにしましょうね。

その14「過去夢」とその15「前世夢」・・・ロマンのある夢

過去夢とは、記憶の中に眠っていたものが引き出されて見る夢の事で、自己の成長が停滞しているときに見ると言われています。幼い頃の記憶や、過去の出来事など、現実から離れたい気持ちが過去夢を見せてくるのでしょう。
そういうときは、ちょっと立ち止まって自分の中で気持ちを整理するといいかもしれないですね。嫌なことは、そう長くは続かないものです。

ロマンを感じさせる前世夢ですが、初めて見る景色なのに懐かしく感じたり、夢の中ではよく知っていることになっていたり、それが前世夢です。前世の記憶なんて誰にもありませんし、全世そのものを信じない人もいるでしょう。夢にみた誰かを強く慕っていたとしたら、それは前世での恋人なのかもしれませんね。
もし前世というものが本当にあったとしたなら、あなたはいったいどんな前世夢をみるのでしょう。

まとめ

夢にはたくさんの思いやメッセージが込められているのがお解りいただけたのではないでしょうか。
夢だから、と一蹴せず、夢から与えられたヒントを未来に生かしてみましょう。
ちょっとでも心が軽くなったなら、それは夢のおかげかもしれません。

もっと「夢」について知りたいあなたへ!

予知夢をよく見る人の特徴と見る方法を解説!
正夢と予知夢の違いとは?正夢を見る方法は?正夢徹底解説
夢日記は危険な理由は?効果がある書き方をすればメリットもある!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ