霊能力者に本物はいる?本物の特徴を知って偽物と見分ける方法!

占いなどが好きな人は霊能者に鑑定を依頼する人も多いことでしょう。しかし実は霊能者には本物の霊能力を持っている人と、本当は霊能力を持っていない偽物がいるっていうことはご存知ですか?この記事では本物と偽物の霊能者の見分け方についてお伝えします。

霊能力者に本物はいる?本物の特徴を知って偽物と見分ける方法!のイメージ

目次

  1. 霊能者には本物と偽物がいるから要注意!!
  2. 霊能者とはどんな能力を持つ人?!
  3. 本物の霊能力がないのに霊能者として活躍していた人も!!
  4. 本物の霊能者でなくても占いやヒーリングはできる?!
  5. 本物の霊能者には特徴がある!
  6. 【本物の霊能者の特徴①】適正な料金
  7. 【本物の霊能者の特徴②】不安をあおらない
  8. 【本物の霊能者の特徴③】穏やかな態度
  9. 【本物の霊能者の特徴④】モノを売りつけない
  10. 【本物の霊能者の特徴⑤】痛いことはしない
  11. 【本物の霊能者の特徴⑥】謙虚な態度
  12. 【本物の霊能者の特徴⑦】真剣に相談に乗ってくれる
  13. 本物ではない偽物の霊能者にも特徴がある!!
  14. 【本物ではない偽物の霊能者①】ぼったくり料金
  15. 【本物ではない偽物の霊能者②】派手な服装
  16. 【本物ではない偽物の霊能者③】モノを売りつける
  17. 【本物ではない偽物の霊能者④】不安をあおる
  18. 【本物ではない偽物の霊能者⑤】アドバイスが的外れ
  19. 自分に合った霊能者の探し方とは?
  20. 本物の霊能者を見つけて本当の幸せを掴みましょう

霊能者には本物と偽物がいるから要注意!!

何か人生の問題で困ったことを抱えてしまった時に、人によっては霊能者に相談したり、お祓いをお願いしたりしますよね。

霊能者の力というのは、私たち一般の人間には見えないスピリチュアルな世界を体現したものなので、その力が本物ならば、とても凄い恩恵を私たちに与えてくれます。

ところが霊能力というのは、私たちの目には見えないスピリチュアルな世界のパワーを扱うものなので、中には本物の霊能者のフリをした偽物の霊能者もいるのが現実です。


霊能者には日本最強とか、東京で一番の力を持っていると宣伝して活動している人もいますが、それは本物なのでしょうか?!

なかなか本物の霊能者はいないと言われていますが、どうすれば本物の霊能者を探すことができるのでしょうか?

この記事では私たちの目には見えないスピリチュアルなパワーを扱うという、霊能者の本物と偽物に見分け方についてお伝えします。

ぜひ本物の霊能者を見分けて、本物のパワーをもらいたいものですよね!!

霊能者とはどんな能力を持つ人?!

霊能者とはいったいどういう人のことを言うのでしょうか?!

同じようにスピリチュアルなことを扱う職業には占い師もいますが、占い師と霊能者は違うのでしょうか?!

基本的に占い師と霊能者というのは全く違う職業です。

占い師が人の運勢を占う時に使っている、タロットや四柱推命などの方法は、実は古代から綿々とデータを積み重ねてきた上で構築された統計学に基づいた学問によって導き出された方法です。

一方で霊能者というのは、特殊な霊能力を使って、ある人の過去から未来までの様子を透視したり、レントゲンのように体内の様子を透視して病気を言い当てたりします。

守護霊やご先祖様と話をすることで、その人の運勢やこれから起こることを予言することもあります。

占い師というのは勉強すれば誰にでもなれる職業なのに対して、霊能者というのは生まれ持った霊能力が必要になる仕事なのです。


◆関連記事:霊感があれば霊能者になれるかも!?

霊感占いとは?霊感があるのか簡単にわかる!

本物の霊能力がないのに霊能者として活躍していた人も!!

以前から、テレビ等では霊能者として出演して有名になった人がたくさんいました。

中には本物の霊能者もいて、本人も知らない出生の秘密を言い当てたり、生放送のテレビの公開捜査で、警察も見つけ出せなかった子供の遺体を透視で発見してしまった、ということも実際にありました。

しかし、中には霊能力を持っていないのにもかかわらず、霊能力があるようにふるまって、霊能者として有名になった人もいるのが現実です。

霊能者らしくそれらしく振舞って、お告げや亡くなった有名人の言葉などを本物らしくいうことで、多くの視聴者を騙してきましたが、結局は自分には霊能力はないと後に認めています。

霊能者を名乗っている人の中には、このような偽物もたくさんいるので要注意です!!

本物の霊能者でなくても占いやヒーリングはできる?!

霊能者と同じようなスピリチュアルなことを扱う人に、占い師やスピリチュアルヒーラーがいますが、占い師やスピリチュアルヒーラーの中には、霊能者がない人もたくさんいます。

占いは前の方でも書いたように、統計学に基づいた学問なので、勉強さえすれば誰でもできるようになります。


スピリチュアルヒーラーの中には、霊能力を利用してヒーリングを行っている人もいますが、マッサージの方法などやレイキと一種の気功を勉強することで、ヒーラーとして活動している人もいます。

スピリチュアルなことを扱う仕事でも必ずしも霊能力が必要だという訳ではありません。


◆関連記事:スピリチュアルヒーラーになりたい方はこちら

ヒーラーとは!スピリチュアルヒーラーになるには?必要な素質は?

本物の霊能者には特徴がある!

もしも何か人生で行き詰ってしまったことがあり、現世の力ではどうしても解決することができない場合には、霊能者に頼りたくなることもありますよね。

特に霊障などに悩まされてしまった場合には、なかなか現実の力ではどうにもならないものです。

霊能者のスピリチュアルな力に頼るしかありません。

しかし、霊能者には本物の霊能力がない人が、本物の霊能力がある人を装って活動していることが本当に多いのが現実です。

霊能者を名乗っている人の中には、本物の霊能力を持っている人も当然たくさんいます。

でも、そういった本物の活動を妨害して、偽物の力を広めているような悪徳な偽物の霊能者もいるのが現実なのです。

なかなかスピリチュアルな世界のことというのは、私たちの目で見たり肌で感じたりすることができないことなので、本物なのか偽物なのか見分けがつきません。

しかし、霊能者が本物か偽物か見分ける見分け方はあります。

ここからは本物の霊能者を見分ける見分け方についてみていきましょう。

【本物の霊能者の特徴①】適正な料金

本物の霊能者の特徴や見分け方の1つ目は、鑑定やヒーリングの料金が適正価格であることです。

本物の霊能者の人は、自分の能力に絶対の自信を持っているので、必要以上にお金をもらう必要がありません。

もちろん自分の時間や気力体力を削って、スピリチュアルな鑑定やヒーリング、お祓いを依頼してきた人のために、その能力を提供するのですから、提供するための対価としての料金は必要になります。

また、他の誰にもできないことを、他の誰も持っていない能力を使ってやるのですから、それなりに料金も高くなります。

しかし、能力を全く持っていない人のような、とんでもないぼったくり料金を提示したり、効果があるのかないのかわからないようなモノを買わせたりと行った事は一切行わないのが本物の霊能者の特徴です。

【本物の霊能者の特徴②】不安をあおらない

本物の霊能者の特徴や見分け方の2つ目は、鑑定をしている中で、依頼者の不安をあおることを言わないということです。

自分のスピリチュアルな霊能力で感じることができる事実のみを淡々と依頼者に告げて、アドバイスをします。

日本最強とか東京最強とか、そういった派手な看板も出さずに、お金儲けを考えない、自分が持つ霊能力に正直な本物の霊能者の中には、本当に霊能力で見えること、感じる事だけを告げることを信条としている霊能者もいます。

時にそのアドバイスが依頼者の気持ちに沿わないこともあったりして、真実は見えているのに、なかなか評判が上がらずに廃業してしまう人もいるほどです。

中にはその辺のバランスも考えて、どんな事実が霊能力で見えたとしても、より鑑定を依頼してきた人の心情に沿ったアドバイスができる様にと、カウンセリングやコーチングを学ぶ人もいます。

しかし、本物の霊能力を持っている人は事実に基づいて話をします。

だから余計な不安をあおるようなことはしません。


◆関連記事:霊媒師にも本物と偽物がいるんです

霊媒師とは?本物の特徴7つ!偽物との見分け方はこれ!

【本物の霊能者の特徴③】穏やかな態度

本物の霊能者の特徴や見分け方の3つ目は、鑑定を依頼してきた人に対して、穏やかな態度で接する人が多い、ということです。

これは本物のスピリチュアルな霊能力がある人は、鑑定を依頼されても、自分に見えている真実に基づいて話をすればいいので、それ以上の演出を施す必要がありません。

服装も東京最強とか日本最強と行った看板を出している占い師のように派手な華美なものではなく、普通の普段着やスーツで話をしてくれる人が多くいます。


というのは、本物の霊能者にとっては自分に授けられた霊能力を使って、他の人のために働くことは、当たり前すぎるミッションなので、それをただ単に普通に誠実にこなせばいい、そういう思いで鑑定をしている人が多いからです。

言葉遣いも不安をあおるような激しい言葉ではなく、心理カウンセリングを受けているような穏やかな言葉や口調で話をしてくれるものです。

【本物の霊能者の特徴④】モノを売りつけない

本物の霊能者の特徴や見分け方の4つ目は、モノをやたらと売りつけるようなことはしない、ということです。

時には本物の霊能者の人も、お札やパワーストーンなどを鑑定を依頼してきた人に勧めることももちろんあります。

しかしそれは本当にその人の問題を解決するのに必要があると思うから勧めるのであって、自分がお金儲けをするための勧めるのではありません。

本物の霊能者というのは、自分のスピリチュアル的な能力や鑑定によるアドバイスに絶対の自信を持っています。

日本最強とか東京最強とか派手なことは言わなくても、自分の鑑定やアドバイスこそが最高の商品であるという確固たる自信を持っています。

だから、鑑定を依頼してきた人の不安をあおって、高価なものをやたらめったら売りつける必要がありません。

だから依頼者に本当に必要だと思うものを勧めて、それもいらないと言われたら無理やりには買わせるようなことはしません。

【本物の霊能者の特徴⑤】痛いことはしない

本物の霊能者の特徴や見分け方の5つ目は、本物の霊能者は痛い思いをする儀式やマッサージはしないということです。

霊能者の儀式や、ヒーリングのマッサージの中には、依頼をしてきた人が痛い思いをするようなひどい儀式やマッサージがありますよね。

凝りがほぐれる程度の心地いい痛みならいいのですが、依頼者が悲鳴を上げて逃げ回るような儀式やマッサージを施す霊能者は、日本最強とか東京最強とかいった看板を上げているような人でも、本物ではないと思った方がいいでしょう。

儀式やマッサージが本当に必要な場合でも、本物の霊能者というのは、その人の潜在意識や背後霊、守護霊と対話をしながら儀式やヒーリングを勧めるものです。

その人の守護霊はその人を苦しめたいとは決して思っていないので、痛い儀式をやるように霊能者には指示を出すわけがありません。

【本物の霊能者の特徴⑥】謙虚な態度

本物の霊能者の特徴や見分け方の6つ目は、鑑定を依頼してきた人に対して、謙虚な態度で接する、ということです。

本物の霊能者というのは、鑑定を依頼してきた人と同じ目線で話をしてくれるものです。

自分に見えていることや感じていることと、という事実をベースに話しをするだけなので、上から目線に立って相手の心理を圧迫するような話し方をする必要はありません。

謙虚な態度で接してくれる霊能者は本物だと思って間違いがないでしょう。

【本物の霊能者の特徴⑦】真剣に相談に乗ってくれる

本物の霊能者の特徴や見分け方の7つ目は、鑑定を依頼してきた人に対して、真剣に相談に乗ってくれる、ということです。

本物の霊能者というのは、自分が生まれ持った霊能力をこの世の中に活かして、人のために働くことを、自分の人生のミッションとして考えています。

だから、自分の霊能力を信じて頼ってきてくれた人に対しては、真摯な態度で、自分の力で出来る限り問題を解決するお手伝いをしたいと思っているものです。

だから鑑定を依頼してきた人の相談には真剣に乗ってくれて、解決に導いてくれようと一生懸命になってくれます。

ただし、霊能者には通じている霊にグレードがあります。

上級霊と通じている人の鑑定はよく当たり、アドバイスも適切なことも多いのですが、いたずら好きな下級霊との交信を、本物の霊能力だと思ってアドバイスしている人もいます。

下級霊のパワーを使っている人は、スピリチュアル的な能力としての霊能力は本物ですが、その鑑定は的外れになることも多いことを覚えておきましょう。

本物ではない偽物の霊能者にも特徴がある!!

ここまで本物の霊能者の特徴についてみてきましたが、やはり本物の霊能者に特徴があるように、スピリチュアル的な霊能力を持たないのに霊能者を名乗っている偽物の霊能者にも、本物とは違う特徴があります。

偽物と本物を見極めるための根本的な違いはいったいどこにあるのかというと、霊能力を駆使して働くことを、人生のミッションとして捉えているのかどうか、ということに尽きるのではないでしょうか。

生まれつきの霊能力を授けられた人は、その持って生まれた能力を世のため人のために使うことを自分の人生のミッションとして課しています。

もちろん自分も生活をしていくためにはボランティアでは働くわけにはいかないので、時間と手間を掛ける対価としての料金はもらいますが、それは必要なだけのお金でいいわけです。

しかし、霊能力があると騙って霊能力があるようにふるまう人の一番の目的はお金儲けと人の関心を誘うことです。

東京最強とか日本最強とかいう派手な看板を出して、目には見えない謎めいた霊能力があるかのように振る舞っているのは、霊能力が目に見えない謎めいた力で、本物か偽物かわかる人はほとんどいない、という点を突いてお金儲けをしようと企んでいるからです。

それでは具体的にそんな偽物の霊能力者の特徴というのが、いったいどんなところに出るのか、ここからみていきましょう。

【本物ではない偽物の霊能者①】ぼったくり料金

偽物の霊能者の特徴や見分け方の1つ目は、鑑定の料金がぼったくり料金になっているということです。

霊能力を持たない人が、霊能力者であるように振舞って、相談や鑑定を引き受ける1番の目的は、スピリチュアルとか霊能力とか、一般の人には見えていない、感じる事も出来ないれい世界の事を、あたかも本当に見えているかのように語ってみせると、簡単に信じてしまう人が多いからです。

霊能力者に鑑定や相談を依頼してくる人というのは、誰にも相談できずに、藁をもすがる思いでやってくる場合が多くあります。

そのために、どのくらいの料金が適正価格なのか、ということも考えずに、東京最強とか日本最強とかいう看板にだまされて、言い値を簡単に支払ってしまうものです。

本物の霊能力を持っている人は、それでも必要以上のお金を請求することはありませんが、偽物の霊能力者というのは、お金儲けが一番大切なので、高額な鑑定料を題してくるものです。

【本物ではない偽物の霊能者②】派手な服装

偽物の霊能者の特徴や見分け方の2つ目は、鑑定する時の衣装や部屋の雰囲気を派手に飾り立てていることが多い、ということです。

例えば、霊能力者ではなくても、占い師は派手な服装と、スピリチュアルな雰囲気の飾り部屋で占いをすることがあります。

東京最強とか日本最強とか言われて、人気がある占い師ほど、口調的服装と、荘厳な雰囲気の鑑定部屋で占いをしているものですよね。

占い師があのような衣装や部屋で占いをするのは、服装や部屋の雰囲気でスピリチュアルな雰囲気を醸し出すことで、占いに対する信頼度高めようとしているからです。

占い師には、もともと霊能力を持たない人も多いので、あのような衣装や部屋の雰囲気で演出をすることも大切な営業努力になります。


しかし、本物の霊能力を持っている人は、そのような演出をする必要がありません。

自分に見えていることだけを正直に依頼者に伝えることが、本物の霊能力者のミッションなので、服装や部屋の雰囲気で飾り立てる必要がないのです。

一方で偽物の霊能力者というのは、もともと見えていないものも、あたかも見えているかのように伝えることが仕事です。

自分の言葉だけで、説得力を持たせることは難しいと感じているので、服装や部屋の雰囲気をスピリチュアルティー溢れるものにすることで、説得力を持たせようとするのです。

霊能力者であるといいながら、東京最強とか日本最強の占い師の館のような雰囲気の部屋に通されたときには、ちょっと怪しいと思ったほうがいいでしょう。

【本物ではない偽物の霊能者③】モノを売りつける

偽物の霊能者の特徴や見分け方の3つ目は、高額なモノをとにかく売りつけようとしてくるということです。

本物の霊能者がお札やパワーストーンなどのモノを依頼者に勧めるときには、本当に依頼者にとって必要であると思う時です。

対価としての料金はもちろん貰いますが、それは適正価格になります。



しかし、本来は見えていない霊能力の世界を見えているかのように語ることでのお金儲けを1番の目的としている、偽物の霊能者というのは、相談者が相談したい事をじっくりと聴くことより、自分が売りつけたい高額な商品を売りつけることが1番大切なことになります。

東京最強とか日本最強と行った看板を出しているのに、相談に対するアドバイスはそこそこに、その問題を解決するためには、これを買いなさい、あれを買いなさい、と盛んに言ってくる人は怪しい偽物であると考えていいでしょう。

【本物ではない偽物の霊能者④】不安をあおる

偽物の霊能者の特徴や見分け方の4つ目は、相談をしていると、とにかく相談者の不安を煽ってくるということです。

偽物の霊能者にとっては、自分のところに相談や鑑定を持ちかけてきた依頼者というのは、格好のカモになります。

見えていない世界のことを語るのですから、カモを騙すのは簡単なことなのです。

カモからはできるだけたくさんのお金を巻き上げようと考えるのは、お金儲けを第一に考えている人が当然考えることですよね。

そのために、できるだけ自分に依存させて、相談する期間を長引かせることと、高額な商品をたくさん売りつけるために、相談者の不安を煽るような言葉を連発してきます。

東京最強とか日本最強という看板を信じて悩み事の相談に行ったはずなのに、帰るときにはますます悩みが深くなっていた上に、よくわからないお札や石や壺を買わされた、そんな霊能力者は、偽物だと考えた方が良いでしょう。

【本物ではない偽物の霊能者⑤】アドバイスが的外れ

偽物の霊能者の特徴や見分け方の5つ目は、アドバイスが的外れな事がほとんどだということです。

見えていない霊的な世界のことを、あたかも見えているかのように語るのですから、当然そのアドバイスや鑑定が当たることはありません。

心配なことや不安なことがあるので、霊能力者の力を頼ってアドバイスをもらいに行ったので、そのアドバイスで言われたことを実践しても、全く自分の周りの生活が変わらない、下手をすると前よりも状況がますます悪くなっている、そんなときには自分が頼った霊能力者というのは、偽物だったということになります。

偽物の霊能力者というのは、足がつかないように、頻繁に場所や連絡先を変えるものです。

そしてまた次の地方へ行って、東京最強とか日本最強とかいう看板を出すことで、次のカモが簡単に見つかるものです。

また、普通の感覚を持っている人なら、霊能力者に相談して騙された、と言う事は恥ずかしくて話すこともできません。

気がついたときには、全く効果がないお札やツボばかりが残るだけで、高額な鑑定料は露と消えてしまうのです。

自分に合った霊能者の探し方とは?

ここまで見てきて、霊能力者に頼りたいという人は、いったいどうすれば自分に本当に合った本物の霊能者を見つけることができるのか、わからなくなってきましたよね。

本物の力を持っている霊能力者の多くは、看板などを出さずに口コミだけでお客さんを呼んでいるものです。

そういった人とご縁があって、鑑定してもらえる機会が持てればいいのですが、そういった本当に力がある人というのは、一見さんお断りの場合も多いので、なかなか見てもらうのは難しいものです。

看板や広告を出して宣伝している霊能力者の中にも、本物の霊能力を持っているうえに、経営やカウンセリングなどについて勉強して、霊的な透視だけではなく、科学的な専門知識に基づいたアドバイスをしてくれる人もいます。



そういった本物の力を持って宣伝している人は、たくさんのお客さんを持つよりも、一人ひとりに丁寧な対応をしたいと思っているので、宣伝はしていても、東京最強とか日本最強と行った派手な看板は出していないものです。

いったいどんな人が自分に合っているのか見分けるためには、いろいろな霊能者に鑑定をしてもらうのが一番かもしれません。

自分の足で歩いて、自分の感性でこの人は本物だと思える人に出会うこと、それが一番大切な目安になるのではないでしょうか。

本物の霊能者を見つけて本当の幸せを掴みましょう

霊能力者を探している人にとっては、いったいどの人が本物で、どの人が自分に合った人なのかわからないものですよね。

本物の霊能力者を見つけても、自分が本当に欲しいアドバイスをしてくれる人はなかなかいないものです。

東京最強とか日本最強という看板を信じていってみたら、高い壺だけを買わされて返ってきた、という人もたくさんいますよね。

東京最強、日本最強という派手な看板は霊能者の世界ではやはり胡散臭いものです。

そういった派手な看板を出している人には本物はいないと思っていいでしょう。


本当に東京最強、日本最強の霊能力を持っている本物の霊能者というのは、静かに暮らしているものです。

そしてその人に鑑定してもらえる資格がある人には、その人の情報が行くようになっているようです。

中には看板や宣伝を一切出していないのに、自然とお客さんが全国から集まる、という霊能者もいます。

ぜひあなたも霊能者の力を必要としているのなら、そういった本物と出会えるように、自分自身の心がけを磨くところから始めてみてはいかがでしょうか?!

もっと霊感について知りたいアナタはこちらもチェック

霊感の強い人の手相!仏眼がポイント?
霊感占いとは?本当に当たるの?
霊感の強い人の特徴・性格11選!あなたは霊感体質?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ