チャクラの7つの色と意味を解説!チャクラを開く方法とは?

みなさん、チャクラという言葉を聞いたことがありますでしょうか?スピリチュアルなものが好きな人であれば知っている人も多いでしょうこのチャクラには、7つの色があると言われています。今回は、チャクラのもつ7つの色や、チャクラを開く方法などについてご紹介します!

チャクラの7つの色と意味を解説!チャクラを開く方法とは?のイメージ

目次

  1. チャクラって何?7つの色の意味とは?
  2. スピリチュアル!チャクラの色の意味①【赤色】
  3. スピリチュアル!チャクラの色の意味②【オレンジ】
  4. スピリチュアル!チャクラの色の意味③【黄色】
  5. スピリチュアル!チャクラの色の意味④【緑色】
  6. スピリチュアル!チャクラの色の意味⑤【青色】
  7. スピリチュアル!チャクラの色の意味⑥【藍色】
  8. スピリチュアル!チャクラの色の意味⑦【紫色】
  9. 各色の”チャクラが開く”ってどういうこと?
  10. 各色のチャクラが開くとどうなるの?効果は?
  11. チャクラの 7つの色と、パワーストーンの関係は?
  12. チャクラを開く方法!『ヨガをする』
  13. チャクラを開く方法!『何も考えない』
  14. チャクラを開く方法!『無理に開こうとしない』
  15. チャクラの 7つの色や、開く方法のまとめ

チャクラって何?7つの色の意味とは?

みなさん、チャクラというのは聞いたことがありますでしょうか?

占い好きや、健康のためやダイエットのためにヨガをしているという方などでしたら聞いたことがあるかもしれませんが、一般的な生活ではあまり耳にしないことばですよね。

このチャクラというのは、いわゆる私たち人間の活動の元となるエネルギー(波動)が出入りする場所といったところになります。

私たち人間がエネルギー(波動)を必要とするものとして、肉体的なエネルギー、そして精神的なエネルギーなどがありますが、これらの働きをコントロールするためにも、このチャクラを開いてエネルギーの流れを良くすることが必要なのですね。

チャクラを開いて波動をコントロールすることで、肉体的にも精神的にも落ち着き、そして活気に満ち溢れて幸せな毎日を過ごすことができるのですが、チャクラが閉じてしまっていると波動が乱れてしまい病気がちになってしまったり、不幸を招いてしまう原因にもなってしまいます。


最近悪いことが続くな…というときは、もしかしたらこのチャクラが閉じてしまっているからかもしれませんね。

今回は、そんな私たちの生活に必要なエネルギーの出入り口であるチャクラを開く方法や、チャクラが存在する7つの場所とそれぞれがもつオーラの色についてご紹介していきたいと思います。

幸せで活気に満ち溢れた、心身共に健康的な生活をしたい!そんな方は是非、読んでみてくださいね。

スピリチュアル!チャクラの色の意味①【赤色】

スピリチュアル:チャクラの持つ7つの色の名前や意味!『ルビー(赤)』

チャクラのもつ7つの色、まずは赤色のチャクラについてご紹介します。

赤色のチャクラの正式な名前はルビーで、パワーストーンなどでも馴染みのある名前ですよね。

このルビーの色をしたチャクラは第一のチャクラと言われていて、波動をコントロールするチャクラは尾てい骨に存在しています。

ルビーのチャクラが表している意味は主に生命力です。

第一のチャクラであるルビーのチャクラはベースチャクラと言われていて、全てのチャクラの基本となるような大切な存在になるのです。

ですので、このルビーのチャクラの波動がコントロールできていないと、肉体的にも精神的にも病んでしまいやすいと言われています。

足と密接な関わりのあるルビーのチャクラは、大地からのエネルギーの波動を受け取ることができるチャクラとも言われていますから、常に正常に保っていたい場所だと言えますね。

スピリチュアル!チャクラの色の意味②【オレンジ】

スピリチュアル:チャクラの持つ7つの色の名前や意味!『オレンジ』

チャクラのもつ7つの色、お次ははオレンジのチャクラについてご紹介します。

第二のチャクラであるオレンジのチャクラですが、色の名前はオレンジで聞き馴染みのあるものの、色の名前では細かく表すことはできない温かみのあるオレンジの色をした色が第二のチャクラの色だと言われています。

このオレンジの第二のチャクラが表す意味は、自信や自立の心、広い意味での自己確立というものです。

第二のチャクラであるオレンジのチャクラはおへの下あたりに存在していて、感情や性を司るチャクラです。

ですから、女性らしいだとか、男性らしいだとか、そういった性別の意味でも自己確立を意味するチャクラなのです。

このチャクラの波動がコントロールできていないと、男女関係や人間関係がうまくいかないことが多くなってしまう可能性があるのです。

スピリチュアル!チャクラの色の意味③【黄色】

スピリチュアル:チャクラの持つ7つの色の名前や意味!『黄色』

チャクラのもつ7つの色、お次は黄色のチャクラについてご紹介します。

黄色のチャクラは第三のチャクラと言われていて、場所は臓器である胃に存在しているチャクラなのです。

またチャクラの色である黄色ですが、この黄色もまた色の名前で細かくは言い表せないものの、温かみのある黄色が第三のチャクラの色になります。

この黄色の第三のチャクラは、自分の思想や活力などを意味するチャクラで、協調性などとも関わりの意味を持ちます。

黄色のチャクラの波動がコントロールできていないと、やけに色々なことに不安を覚えてしまったり、自分の気持ちや考えと体の調子がうまくリンクせずに疲れてしまいがちになってしまう可能性がありますので、

自分を見失いそうになったときにはこの黄色のチャクラを意識してみるといいでしょう。

スピリチュアル!チャクラの色の意味④【緑色】

スピリチュアル:チャクラの持つ7つの色の名前や意味!『エメラルドグリーン(緑色)』

チャクラのもつ7つの色、お次はエメラルドグリーンのチャクラについてご紹介します。

こちらもまたパワーストーンなどでよく知られている色の名前です。沖縄の綺麗な海の色もエメラルドグリーンと例えられますから、縁起の良さそうな色の名前ですね。

そんなエメラルドグリーンのチャクラは第四のチャクラと言われていて、心臓に位置しています。

心臓で波動をコントロールするエメラルドグリーンのチャクラの持つ意味は、広い意味での愛情です。

心臓に位置するということで、自分自身の感情だったり愛、そして情緒などに関する波動をコントロールします。

このエメラルドグリーンのチャクラの波動が乱れてしまうと、人との関わり合いの中で愛情が感じられにくくなってしまう可能性があり、現代を生きる人々にはこのエメラルドグリーンのチャクラが閉じている人が多いと言われている場所でもあるのです。

スピリチュアル!チャクラの色の意味⑤【青色】

スピリチュアル:チャクラの持つ7つの色の名前や意味!『サファイアブルー(青色)』

チャクラのもつ7つの色、お次はサファイアブルーのチャクラについてご紹介します。

パワーストーン以外では、宝石なんかでも有名な色の名前であるサファイアというブルーですが、このサファイアブルーの色をしたチャクラは第五のチャクラと言われていて、体の部位的には喉や首あたりに位置しているチャクラになります。

サファイアブルーのチャクラのもつ意味は、人と関わる上で必要不可欠なコミュニケーションです。

このチャクラの波動のコントロールが乱れてしまうと、チャクラの世界でよく登場する”霊界”からの伝言がうまくキャッチできなくなってしまい、日常との調和をとるのが難しくなってしまいます。

もちろん人間同士のコミュニケーションにも支障が出てしまいますので、チャクラを開く方法を学んで、波動のコントロールは常に良好にしておきたいですね。

スピリチュアル!チャクラの色の意味⑥【藍色】

スピリチュアル:チャクラの持つ7つの色の名前や意味!『藍色』

チャクラのもつ7つの色、お次は藍色のチャクラについてご紹介します。

藍色と聞いて、皆さん色のイメージはしっくりときますでしょうか?色を言葉で説明するのはなかなか難しいですが、藍色とは簡単に言えば青色よりも濃い、深い色味の青だと言えます。

藍色のチャクラは第六のチャクラと言われていて、その第六のチャクラが宿っているのは眉と眉の間である眉間だと言われています。

脳にかなり近い場所に位置するこの藍色のチャクラが表している意味は、直感です。

目の前で起こる出来事や人から聞いた話などを、邪念を介さずに直感で感じ、判断できるかどうかということに関わります。

ですので、この藍色のチャクラの波動が乱れてしまうと集中力が保ちにくかったり、何事も邪念を交えて考えてしまうため他人の気持ちを思いやれなかったりする場合があるです。

スピリチュアル!チャクラの色の意味⑦【紫色】

スピリチュアル:チャクラの持つ7つの色の名前や意味!『紫色』

チャクラのもつ7つの色、お次は紫色のチャクラについてご紹介します。

最後に紹介する紫色のチャクラですが、こちらは第七のチャクラと言われていて、頭の一番てっぺんに位置するチャクラになります。

チャクラのもつ7つの色のなかでも一番先端にあるこの紫色のチャクラですが、このチャクラは実は現実の世界とはあまり関わりがありません。

ではどういうチャクラなのかというと、このチャクラは守護霊や神などとのコミュニケーションを司るチャクラなのです。

故に、このチャクラの波動がコントロールできていなければ、紫色のチャクラよりも下部にある他の色の全てのチャクラに守護霊や神からの伝言を伝えられず、孤独に自分の感覚だけを頼りに生きていかなければならなくなります。

大地に宿る霊や守護霊、神による恩恵を受けられなくなってしまうということですね。

各色の”チャクラが開く”ってどういうこと?

ここまで、チャクラの持つ7つの色について各チャクラの名前や意味をご紹介してきましたが、ここで気になるのが”チャクラを開く”という表現について。

チャクラという聞き馴染みのないものを開くと聞くと、未知の力を解放させるような、特定の人が持てる超能力のような気がしてしまいますが、実は私人間は、生きている以上ほとんどの人のほとんどのチャクラが開いている状態なのです。

チャクラが開くというのは、そのチャクラが活性化していて、波動をコントロールしている状態にあるということになります。

これは特定の人間だけが持つ特別なものではなく、人間がみんな持っているものになります。

しかしこのチャクラはとってもデリケートで扱いが難しく、例えば「人とコミュニケーションがうまく取れないから青色のチャクラを開きたい」と一部のチャクラばかりを意識して開きすぎてしまうことによって、チャクラ全体のバランスが崩れ、他のチャクラの持つ波動に影響を与えてしまう場合もあるのです。

ですので、チャクラを開く時の理想としては、できるだけバランスよくチャクラの波動を整えるということが大切になりますね。

各色のチャクラが開くとどうなるの?効果は?

では、ここまでご紹介しましたようなチャクラを実際に開く方法を試したり、チャクラが閉じかけてしまっていたりすると、私たちの心身に一体どのような影響があるのでしょうか?

ヨガを始めとした様々な方法でチャクラを開くことによって、チャクラが呼吸をするようにエネルギーとなる気の出入りが活発になるのです。

気を取り込むだけでもいけませんし、放出するだけでもいけません。チャクラのバランスを保つためにはいい気を取り入れて悪い気を外に出すとい循環が大切なのですね。

この循環を作り出し、波動の流れをコントロールして安定させること、各チャクラの宿っている体の器官が健やかに保たれたり、気持ちを前向きにすることで運を引き寄せる体質へと導いてくれるのです。

チャクラの 7つの色と、パワーストーンの関係は?

チャクラについてみていると、パワーストーンとの関係も断てないということに気づくことができるかと思います。

チャクラとパワーストーンには関係性があり、チャクラそれぞれの色や意味に合うパワーストーンを身につけることでもチャクラの活性化に効果を得られる可能性があります。

例えば、第一のチャクラならルビーやトルマリンのパワーストーン、第二のチャクラならアンバーのパワーストーン、第三のチャクラならムーンストーンのパワーストーン、第四のチャクラならエメラルドのパワーストーン、第五のチャクラならターコイズやアクアマリンのパワーストーン、第六のチャクラならアクアオーラのパワーストーン、第七のチャクラならアメジストなどが挙げられますよ。

■参考記事:アクアオーラ、アメジストについてはコチラも参照!

アクアオーラの意味・相性・効果は?石言葉も解説!【パワーストーン】
アメジストの意味・効果と浄化方法!【パワーストーン】

チャクラを開く方法!『ヨガをする』

では最後に、チャクラを開く方法についてもご紹介したいと思います。

いい状態を保つことで様々な恩恵を受けることのできるチャクラを開く方法として、おそらく初心者でも一番取り入れすい方法がヨガです。

ヨガというのは体の深層からパワーを感じ、ゆったりとした動きで体の様々なパーツにフォーカスしていきます。

ヨガは体が柔らかくないとできない、ヨガは難しいというイメージがある人もいるかもしれませんね。

確かに、プロのヨガインストラクターのように綺麗なようにヨガのポーズをとるには相当な練習量が必要です。

しかしヨガの目的は自分の呼吸や体の動きに注目すること。心と体の動きを一体化させて、自分を取り戻すことがヨガの大事な精神なのです。

ですので綺麗なヨガのポーズができなくても、チャクラを開く方法としてまずは見た目を気にせず自分の体をしっかりと感じながらヨガを行なってみましょう。

慣れるまではヨガのレッスンに通ってみたり、慣れてくれば書籍やDVDを購入して自分でヨガを行うというのも良いですね。

■参考記事:初心者にもできるヨガのポーズは?

ヨガポーズ一覧45選!初心者でもできる基本簡単ポーズ!効果は?

チャクラを開く方法!『何も考えない』

チャクラを開く方法として、何も考えないという時間を持つこともとても大切です。

毎日の生活の中で、仕事のことや勉強のことを忘れて何も考えない時間というのは、みなさんきちんと確保していますでしょうか?

何かを考えている時というのは、その考えている内容のことやものによって自分が支配されている状態にあるといえます。

そのような支配から解放され、自分の今の状態を感じるというのは、チャクラをバランスよく活性化させるためにもとても重要なのです。

何も考えない時間を確保するためには、瞑想がおすすめです。座禅を組んで目を瞑り、ただ呼吸や臓器の動きに耳を傾けます。

はじめは色々な邪念が入ってきてしまって難しいかもしれませんが、瞑想ができるようになると気持ちもスッキリしますし、チャクラのバランスも整えやすいですよ。

チャクラを開く方法!『無理に開こうとしない』

これはチャクラを開く方法というよりは、どちらかと言うとチャクラを開くということに関して注意してほしいことなのですが…。

いくらチャクラを活性化させることによる恩恵を受けたいと思っても、決して無理矢理チャクラをこじ開けようという気持ちを持ってはいけません。

チャクラは見えるもの、触れられるものではありませんから、無理して開けようとしたとことで開くものでもありません。

それに、チャクラを無理矢理開こうとすることで、「チャクラが開かない…」とマイナスな感情にもなってしまいますし、ストレスの原因にもなってしまうでしょう。

ストレスはチャクラの波動を乱れさせる大きな原因の1つです。

ですからチャクラは無理して開こうとするのではなく、「自分のチャクラは開いているんだ」と自分を信じてみるという考え方をしてみるといいかもしれませんね!

チャクラの 7つの色や、開く方法のまとめ

いかがでしたでしょうか?

チャクラについてや、チャクラの持つ7つの色。そしてチャクラを開く方法はお分かり頂けましたか?

自分を感じ、見つめて、ぶれない芯を作り上げるためにも、このチャクラの状態について自分で考えてみる習慣を是非作ってみて下さいね。

スピリチュアルについてもっと情報を知りたいアナタに!

パワーストーンの効果は本当にあるの?実際に効果があったもの13選!
ヒーラーとは!スピリチュアルヒーラーになるには?必要な素質は?
誕生日のエンジェルナンバーをよく見る意味15選!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ