金縛りの原因や前兆は?幻聴が聞こえることも!

あなたは金縛りになったり幻聴を聞いたことがあるでしょうか。金縛りになったり幻聴を聞いたときには怖いと思うものです。しかし落ち着いて対応すれば問題ありません。今回は金縛りの原因や前兆について解説していきます。金縛りになりやすい人は対策もチェックしてください。

金縛りの原因や前兆は?幻聴が聞こえることも!のイメージ

目次

  1. 怖い?金縛りや幻聴とは何?
  2. 金縛りに前兆がある?
  3. 金縛りの症状と言われるのは?幻聴も?
  4. 実は多くの人が金縛りや幻聴を経験している
  5. 金縛りや幻聴の原因は睡眠?
  6. 金縛りのときに幻聴が聞こえるのは?
  7. 金縛りのときに幻覚が見えるのは?
  8. 金縛りや幻聴の原因◎不規則すぎる睡眠
  9. 金縛りや幻聴の原因◎すごく体が疲れている
  10. 金縛りや幻聴の原因◎気持ちが高ぶっている
  11. 金縛りや幻聴の原因◎ストレス
  12. 金縛りや幻聴は病気ではない
  13. 金縛りや幻聴のときには◎気にしない
  14. 金縛りや幻聴のときには◎指先を動かす
  15. 金縛りや幻聴にならない対策◎寝る1時間ほど前に入浴をする
  16. 金縛りや幻聴にならない対策◎横向きで寝る
  17. 金縛りや幻聴にならない対策◎寝る前はスマホを見ない
  18. 金縛りや幻聴にならない対策◎軽くストレッチをする
  19. 金縛りや幻聴にならない対策◎落ち着ける音楽を聴く
  20. 金縛りや幻聴にならない対策◎生活習慣を変える
  21. ちょっと注意!金縛りは病気のサインの可能性も
  22. 金縛りの状態をつくることもできる
  23. 金縛りは霊的な現象ではない

怖い?金縛りや幻聴とは何?

あなたは金縛りにあったことがあるでしょうか。金縛りには怖いというイメージがあるでしょうか。雑学にはなりますが金縛りとは何かというと、意識ははっきりとしているのに、体が動かないという状態のことを言います。

しかし「金縛り」という言葉は、もともとは体が締め付けられている感覚の総称なのだそうです。寝ているときに限らず、ぎゅっと締め付けられているという状況であれば、金縛りにあっているということができるようです。

「金縛り」というのは、もともとは仏教で使われていた言葉でした。これも雑学ですが、人々を導く不動明王が持っている威力だと言われています。

人が欲に負けそうになると不動明王の緊縛法により動けなくなったという話があるのだそうです。この不動明王の使う力のことを、金縛りと呼んだのが始まりのようです。

金縛りに前兆がある?

金縛りにあうのはお昼寝のときよりも、夜眠るときのほうが多いと言われています。また金縛りになる前には、前兆を感じるという人も少なくないようです。金縛りになる前の前兆は、その人によっても違うと言われています。

金縛りの前兆の中には、耳鳴りのような音を聞くという前兆があるという人もいます。また小刻みに振動を感じるという前兆の人もいるようです。

金縛りの前兆を感じたあとに、体が動かない金縛りになってしまうのです。

金縛りの症状と言われるのは?幻聴も?

金縛りの前兆のあとに起こる、怖い金縛りにあったときの主な症状には、体を動かすことができないというものが主なものです。その他、声を出せないという症状や、上に誰かがのっているようで息苦しさを感じるというもの、耳鳴りや幻聴が聞こえるという症状もあります。幻聴だけではなく、幻覚や幽霊が見えるという症状もあるようです。

普通では起こらないような怖い症状が起きるので、金縛りは幽霊の仕業だと言われることが多いようです。

金縛りは日本だけではなく、海外でも同じような症状を訴える人がいるようです。そういう場合も幽霊や悪魔のせいだと言われることがあるようです。

実は多くの人が金縛りや幻聴を経験している

金縛りは霊的な怖い力が働くと思われているので、あまり金縛りにあったことがある人はいないのではないかと思われがちです。

しかし雑学を調べてみると、日本人の中でも約半数の人が人生に1度は経験をするという統計の結果がでているようです。

また金縛りの経験者は、何度も金縛りにあうというパターンが多いようです。金縛りに何度もあってしまうのは、何が原因になっているのでしょうか。

金縛りや幻聴の原因は睡眠?

金縛りの前兆のあとに、金縛りになるという人は多いようです。雑学のなかでは金縛りの正体は、怖い霊的なものではありません。金縛りの原因と考えられているのは、睡眠です。

睡眠の中でも、「睡眠麻痺」と言われているのが、金縛りなのではないかと考えられているようです。睡眠麻痺というのは、その言葉の通りの状態です。意識は覚醒していますが、体が眠ってしまっている状態、脳が中途半端に目覚めてしまったという状態ではないかと言われているのです。

ちょっと難しい雑学の睡眠の話をしていきます。睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があるというのを聞いたことはあるでしょうか。

レム睡眠というのは眠りが浅い状態です。レム睡眠のときに人は夢をみるとも言われています。逆にノンレム睡眠は深い眠りを意味します。人の睡眠は、浅い眠りと深い眠りを繰り返しています。

雑学をまとめてみると、浅い眠りであるレム睡眠のときに、金縛りも起きやすいと考えれています。眠りが浅すぎることで、体は眠っているけれど、脳は起きているときに近い状態になってしまっているのです。

つまり金縛りの前兆だと思われていたのは、脳がレム睡眠に入ったことで少し覚醒した状態のようです。体が震えるように感じる前兆も、脳だけが目覚めたことで、体の感覚を取り戻したというだけなのかもしれません。

金縛りのときに幻聴が聞こえるのは?

では金縛りのときに怖い幻聴が聞こえるというのはどういう状態なのでしょうか。雑学でははっきりとした答えはわかっていませんが、あなたが幻聴として聞こえたのは、実際の音や声であった可能性があります。

脳は起きているけれど、体は寝ているという状態は、脳が完全に起きているわけではありません。どこか遠くの音や声を聴いて、それがどこからともなく怖いものが聞こえてきたような気がするという場合があります。

実際には、窓の外で誰かが話している声なのかもしれませんし、隣の家の人が観ているテレビの音が漏れてきているだけなのかもしれません。

感覚が鈍感になっているからこそ起こってしまうのが、金縛りにあっているときの幻聴の正体のようです。

金縛りのときに幻覚が見えるのは?

幻聴と同じく、金縛りのときには怖い幻覚が見えたり幽霊が見えてしまうという場合があります。幻聴とは違って、目に見える幻覚や幽霊の正体は何なのでしょうか。

雑学の中では金縛りのときに見える幻覚などは、頭がパニックを起こしていることで見せるまさに幻覚である可能性が高いようです。

怖いお化け屋敷に入った時、いるはずもない幽霊におびえてしまったり、ただの雑巾が幽霊に見えるという経験をしたことがある人や雑学を聞いたことがある人もいるでしょう。

金縛りのときに「怖い!霊がいる」と思い込んでしまったときには、脳がパニックを起こして、ちょっとしたものも全て怖くて幽霊に見せてしまっていることが原因としてあるようです。

金縛りや幻聴の原因◎不規則すぎる睡眠

金縛りになってしまう原因としては、雑学では睡眠が不規則になっているということが金縛りにあう原因であることがあります。

たとえば寝る時間や起きる時間が毎日違うという人や、寝る時間は同じだけど起きる時間がバラバラであったり、起きる時間は同じだけど寝る時間がバラバラで睡眠時間が不規則であるという人も、金縛りになってしまう原因になります。

睡眠不足な日が続いたときに、金縛りにあうというのは、この不規則な睡眠が原因である可能性が高いでしょう。

また必ずお昼寝をしてしまうという人も、金縛りになりやすいようです。お昼寝をすることで、夜の睡眠が浅くなってしまうのです。

あまりにも頻繁に金縛りにあうと言う人は、あなたの睡眠を見直す必要がありそうです。

金縛りや幻聴の原因◎すごく体が疲れている

体が適度に疲れていると深い睡眠に落ちることができますが、体がすごく疲れている、疲れすぎているときには、金縛りになってしまう原因になります。

健康にいいからと突然ハードな運動を始めたすぐのタイミングなどは、雑学では金縛りにかかりやすいと言われています。

休みの日に珍しく山登りに行ったとか、海で1日泳いだとか、とても疲れが溜まってしまうことで、脳が活性化してしまいます。

体は休みたいのだけれど、脳が寝ることができないという状態になっているのが原因にあるようです。こういう場合は逆に、お昼寝をして少し疲れをとっておくと、夜はぐっずりと眠れるかもしれません。

金縛りや幻聴の原因◎気持ちが高ぶっている

金縛りになってしまう原因には、あなたの気持ちが高ぶってしまっていることが原因になっているかもしれません。

神経が高ぶっているときには、体は寝たいと思っていても、脳はぐるぐると働いている状態です。ゆっくりと睡眠をとることができずに、眠りが浅い状態が続いてしまいます。

眠りが浅い状態が続いてしまうことで、金縛りの状態になりやすい環境をつくってしまいます。あなたの気持ちの高ぶりも、雑学によれば金縛りの原因になってしまうのです。

眠る前には、できるかぎり気持ちを落ち着かせるといいのかもしれません。

金縛りや幻聴の原因◎ストレス

金縛りになってしまう原因には、過度のストレスがあります。現代社会に生きている人は10代のころからストレスを感じると言われています。あなたにはストレスはないでしょうか。

ちょっとしたストレスであれば、眠ることによって解消できる場合があるのですが、寝ても解消しないような深いストレスの場合、それが原因で金縛りになってしまうのです。

ストレスが金縛りになってしまう原因になるのは、ひとつは寝不足になりやすいことです。またストレスになることを考えてしまうことで、気持ちが落ち着かない状態、気持ちが高ぶっているという状態になることから、金縛りになりやすい環境になってしまいます。

ストレスが溜まっていることで、不安な感情になりやすく、金縛りになってしまったときにもびっくりして幻聴が聞こえたり幻覚が見えてしまうということにもつながります。

幻聴や幻覚が、さらにストレスをためる原因になることもとあるので気をつけましょう。

金縛りや幻聴は病気ではない

金縛りは怖い霊的なものではありません。しかし金縛りは病気というわけでもありません。これまで解説してきたように、金縛りの多くは、精神的なものによるものです。

ストレスが強くなれば、別の病気になってしまうことはあるかもしれませんが、金縛り自体は怖いものでも、病気でもありません。

怖いものでも病気でもない金縛りですが、やっぱり金縛りにあったときには少しびっくりするものです。金縛りにあったときには、どういう対応をすればいいのでしょうか。金縛りになってしまったときの対処法を考えてみましょう。

金縛りや幻聴のときには◎気にしない

金縛りにあったときには、一番大切なことはパニックにならないということです。体が動かないとビックリしてしまって、無理に体を動かそうとしてしまうことがあります。

無理に体を動かそうとすることで、何か悪いことが起こるわけではありませんが、不安な気持ちになってしまいます。

金縛りになってしまったときには、「浅い眠りの続きなんだ」と思って、気にしないということが一番です。もう一度目を閉じて、気持ちを落ち着かせることで、そのまま眠りに落ちることもできます。

体が眠っていて、眠りが浅くなりすぎただけだということを理解しておけば、それほど驚くこともないはずです。

金縛りや幻聴のときには◎指先を動かす

金縛りにあったとき、一度目を覚ましたいと感じたときには、指先や足先など、細かい部分を動かしてみてください。

一度深呼吸をして気持ちを落ち着かせたら、体を大きく動かそうとしないで、指先を曲げるとか足を少しずらそうなどと考えてみてください。

体は眠っていますが、脳は起きています。すぐにキビキビと動くことはできませんが、脳が体を動かそうとすれば徐々に動かすことができていきます。

しかし体を動かすと、脳だけではなく体も完全に起きてしまいます。脳も体も起きてしまうと、もう一度眠ろうとしたときに大変になることもあります。

金縛りや幻聴にならない対策◎寝る1時間ほど前に入浴をする

金縛りが霊的なものではないとわかっていても、やっぱり金縛りにあうとびっくりしてしまうものです。できれば金縛りにあわない対策をしたいと考える人も多いでしょう。

金縛りにならないための対策としては、寝る1時間から2時間前に入浴をするとよいと言われています。

寝る1時間から2時間前の入浴は、体を温めて精神的にもリラックスさせてくれるという効果があります。

体が温まることで、「これから眠るのだ」という準備を体がしてくれます。寝る前には、パジャマではなくてもいいので、しめつけないゆったりとした寝間着で休むことも大切です。

金縛りや幻聴にならない対策◎横向きで寝る

金縛りにならないようにする対策には、横向きで寝るという方法もあります。仰向けで寝ると、金縛りにあいやすいと言われています。

脳が上を向いた状態で、体にも変な圧力がかからないので、体はゆっくりと休める状態だけれど、脳が起きてしまうという状態を作りやすいのかもしれません。

横向きで寝ることで金縛りにかかりにくくなるので、よく金縛りになってしまうという人は、対策として横向きで寝る方法を試してみてください。

落ち着かないという人は、枕を抱き枕に変えてみるという方法もおすすめです。

金縛りや幻聴にならない対策◎寝る前はスマホを見ない

金縛りにならない対策には、寝る1時間くらい前にはスマホを見ないようにするということも大切です。

スマホのゲームが好きな人や、スマホで動画を観ながら眠るという人もいるかもしれませんが、雑学でも言われるように睡眠にはあまり良い影響を与えていません。

金縛りにはなっていなくても、スマホの画面をみて脳は興奮している状態です。睡眠が浅いものになってしまっていることに変わりはありません。

質の良い睡眠は、お肌の質や次の日の作業効率にも影響する大切なことです。寝る1時間前には、スマホの画面はみないように気をつけましょう。

金縛りや幻聴にならない対策◎軽くストレッチをする

金縛りの対策には、軽くストレッチをしてから眠るという対策方法もおすすめです。眠る前に軽くストレッチをすることで、血液の流れを良くして、体温を上げる効果があります。

また軽く体を動かすことで、気持ちを落ち着かせるという効果もあるようです。大きなストレッチではなく、軽いストレッチであるということがポイントです。

寝る前にやると良いと言われている、雑学的な軽いストレッチを紹介します。

全身の筋肉の緊張をほぐす

ちょっとストレスがたまっていて、全身がカチカチになっているというときに試してみてください。

まずは仰向けに寝転んで、両手を上げて万歳の恰好になります。そのまま肩甲骨を近づけるイメージで胸を持ち上げていきます。

限界まで肩甲骨を近づけることができたら、ゆっくりと力を抜いてください。この動作を3回繰り返します。背中がすっきりする感覚になります。

下半身のストレッチ

ちょっと歩いたというときにおすすめのストレッチです。

まずは仰向けに寝転んで、両足を伸ばします。片足を曲げて両手でひざを抱え込むようにします。その状態で10秒キープします。10秒たったら足をもとの位置に戻します。

もう片方の足も、同じように抱え込んで10秒キープします。10秒たったら足をもとの位置に戻します。太ももの裏がすっきりとするストレッチです。

金縛りや幻聴にならない対策◎落ち着ける音楽を聴く

金縛りにならない対策には、落ち着ける音楽を聴いてから眠るという対策もあります。このときに聞く音楽は、できれば歌詞のないクラシックなどの音楽が良いでしょう。

ストレスがとてもたまっているという人は、アロマなど香りを一緒に楽しんで気持ちをリラックスさせるのもいいかもしれません。

気持ちが高まって眠れないというときにも、音楽を聴きながらリラックスをして、横になって目をつむっているだけでも体が休まります。

ストレスが溜まっているから、このまま寝たら金縛りにあってしまうかもしれないと思えば思うほど眠れなくなってしまうかもしれません。眠れないときには無理に寝る必要はありません。その代わり、体と心をリラックスさせてあげましょう。

金縛りや幻聴にならない対策◎生活習慣を変える

金縛りにならない対策には、生活習慣を変えるということも大切です。お昼寝をしている人はお昼寝の時間をなくすなど睡眠時間を見直すだけでなく、食事の時間などもできるだけ規則正しいものに変えていけるといいでしょう。

規則正しい生活をするということは、健康的な心身をつくるためにも大切なことです。

また規則正しい生活ができるようになると、自分の時間をつくることもできるようになっていきます。自分の時間をつくれるようになれば、ストレスも若干軽減されるかもしれません。

ストレスを軽減すれば、金縛りになることも減っていくはずです。良いことばかりですので、ぜひ生活習慣を見直していきましょう。

ちょっと注意!金縛りは病気のサインの可能性も

先ほど、金縛りは病気ではないと書きましたが、金縛りが病気の前兆をあらわすことがあります。金縛りによくなってしまうという人は、ナルコレプシーという病気の前兆である可能性があります。

あまりにもよく金縛りにあってしまうという人は、神経科を受診してみてください。

ナルコレプシーの前兆である場合には、お昼寝をよくしてしまうという症状もあるようです。食後などにたまに眠気に襲われることがありますが、通常5分ほど仮眠やお昼寝をすれば目が覚めるものです。

しかしナルコレプシーの病気である人は、仮眠やお昼寝をしてもすぐに眠くなるという状態が続いてしまうようです。

症状が悪化すると、重要な仕事の最中でも寝てしまったり、運転中に寝てしまうというようなこともあるようです。

金縛りによくあい、昼寝の回数も多いという人は、一度病院を受診してみましょう。

金縛りの状態をつくることもできる

ここまで金縛りの回避方法などを紹介してきました。しかし中には金縛りになったことがないから、金縛りになってみたいという人もいるかもしれません。

そんな人におすすめの方法が、たっぷりとお昼寝をするという方法です。そもそも金縛りは眠りが浅くなりすぎることによって起こります。たっぷりとお昼寝をすることで、夜の睡眠はとても浅いものになるでしょう。

たっぷりとお昼寝をした日の夜に、仰向けで眠るようにすれば、金縛りにかかりやすくなるでしょう。

お昼寝をするのが難しいという人は、お昼寝をして睡眠を浅くするのではなく、いつもとは違う恰好で眠ることで睡眠を浅くして金縛りになりやすくするという方法もあります。

例えば足を組んで寝てみるとか、いつもとは違う枕で寝てみるという方法も有効になるかもしれません。

金縛りは霊的な現象ではない

今回は金縛りの原因や前兆、お昼寝との関係について雑学を解説させていただきました。幻聴が聞こえたり幻覚が見えたりすることはあるようですが、それは怖い霊的なものではありません。

どちらかというと精神的な要素で、金縛りが起こるということがわかりました。しかも多くの人が金縛りになった経験があるようです。

自分しか金縛りにあったことがないと思うと怖いですが、みんなも金縛りにあったことがあるとわかると、怖さも半減するものです。

雑学の中でも金縛りというのは特別なものではありません。金縛りにならないための対策もあります。もしも金縛りになったとしてもびっくりしないで、雑学を参考にゆっくりと気持ちを落ち着かせて眠りにつくようにしていきましょう。

金縛りや睡眠についてもっと知りたいあなたはこちらも!

金縛りで耳鳴りが起きる原因とは?解き方は?霊のせいではありません!
夢を見ない方法!これであなたも熟睡できる!
よく夢を見る理由・原因とは?睡眠との関係は?
分割睡眠とは?危険?健康に効果がある?
異常に眠い理由!スピリチュアルな意味7つ!

関連するまとめ

鈴子
鈴子
最近嬉しかったこと。 1位 指輪をもらったこと。 2位 ネックレスをもらったこと。 3位 チョコジャンボモナカを1日に2個食べたこと。 頑張って体型を維持します。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ