盛り塩のやり方は?置き場所や捨て方も解説します!

魔除けをしたい時などに部屋や玄関に置く盛り塩。実際に今でも盛り塩を家に置いているという人も多いのでは?この盛り塩には、ちゃんとしたやり方が存在しているのですがご存知でしょうか。今回は、盛り塩の正しいやり方、そして使用後の盛り塩の捨て方などをご紹介します。

盛り塩のやり方は?置き場所や捨て方も解説します!のイメージ

目次

  1. 盛り塩の正しいやり方、捨て方を知っていますか?
  2. スピリチュアル!盛り塩のやり方、置き場所①玄関
  3. スピリチュアル!盛り塩のやり方、置き場所②部屋
  4. スピリチュアル!盛り塩のやり方、置き場所③机
  5. スピリチュアル!盛り塩のやり方、NGな場所はトイレ?!
  6. スピリチュアル!盛り塩のやり方は、山盛りを意識して
  7. スピリチュアル!盛り塩のやり方、お皿は陶器がマスト
  8. スピリチュアル!盛り塩のやり方、交換のタイミングは?
  9. スピリチュアル!盛り塩のやり方、捨て方も大切なポイント
  10. 盛り塩は正しく取り扱いましょう!

盛り塩の正しいやり方、捨て方を知っていますか?

なんだか最近色々と良くないことが続いたり、良くない霊などが取り憑いているかもしれないと感じたとき、運気アップや除霊を目的として盛り塩を置いたことがあるという人は多いのではないでしょうか?盛り塩と言えば、神社などの神聖な建物だったり、お店や古いお家などでみたことがあるという人が多いかと思いますが、その見よう見まねで盛り塩を自分の家にも置いたことがある、もしくは今も置いているという人もいるでしょう。

このような運気アップや除霊を目的とした盛り塩ですが、これにはちゃんとした正しいやり方というのが存在するのです。使う塩もなんでも良いわけではありませんし、どこに置いても良いわけでもありません。そして、使い終わったからといってゴミ箱にポイ…なんていう捨て方も本当は良くないのです。スピリチュアルなアイテムだけに、そのやり方や捨て方はきちんと行わないといけない部分がいくつかあります。

今回は、そんな盛り塩の正しいやり方や、盛り塩を置くのに適した場所、そして使い終わった盛り塩の捨て方など、盛り塩に関する様々な基礎知識や豆知識をご紹介したいと思います!これから盛り塩を置こうか迷っている人も、すでに盛り塩を置いているという人も、間違ったやで盛り塩の交換を失ってしまわないよう是非読んでみて下さいね。

■参考記事:盛り塩の作り方はコチラも参照!

盛り塩の作り方は?綺麗で正しい作り方を解説!

スピリチュアル!盛り塩のやり方、置き場所①玄関

ではまずは、盛り塩を作ったらどこに置くのが良いのか、盛り塩を置く場所について見ていきましょう。盛り塩を置く場所として適しているところは、まずは玄関です。玄関というのはお家の出入り口になります。人が玄関から出入りするように、悪い運気や良い運気もこの玄関を通ってお家から出たり入ったりします。この盛り塩を玄関に置くことで、良い気を呼び寄せ、悪い気は寄せ付けないという効果を期待することができるのです。

また盛り塩には人寄せの交換もあるといわれているのですが、この人寄せについても良い人を寄せ付け、悪い人は遠ざけるという効果が期待できます。そしてそれは除霊にもなるのです。家に災いをもたらすような悪い霊を除霊することで、悪霊などによる災害から家族やお家を守ることができるのです。このように人や気など全ての出入り口となる玄関に盛り塩を置いて、良い気を呼び寄せる家にしたいですね。

■参考記事:盛り塩をするとどんな効果が?

盛り塩の効果や意味は?逆効果になることもなる?【要注意】

スピリチュアル!盛り塩のやり方、置き場所②部屋

盛り塩を置くのに適している場所、お次は部屋です。部屋に盛り塩を置くといのは、もしかしたら玄関に盛り塩を置くことよりも馴染みがあるかもしれませんね。部屋の隅に盛り塩を置いているのを見たことがあるという人も多いのではないかと思いますます。この部屋に盛り塩を置く場合ですが、部屋へ盛り塩を置くなら部屋の床の四隅に置くのが理想とされています。

なぜ部屋の四隅に置かなくてはいけないのかというと、四隅に盛り塩を置くことで盛り塩が囲いを作っているような状態になり、それが結界となって部屋全体を悪い気から守ってくれます。もちろん除霊として部屋に盛り塩を置くのもOKですよ。ですが、四つも盛り塩を置くというのは掃除や交換が大変ですから、そういう場合は棚の上などに一つだけ置くという方法でも問題ありませんよ。

スピリチュアル!盛り塩のやり方、置き場所③机

盛り塩を置くのに適している場所というのは、主に先ほどご紹介した玄関や部屋の四隅というのが代表的な場所になるのですが、特にネット社会に生きる私たちにとって、机の上というのも盛り塩を置くのに適している場所だと言えるのです。どうして机の上が盛り塩を置く場所として適しているのかというと、机の上にパソコンなどを置いている場合、そのパソコンから様々な情報を得ますよね。そのパソコンを使ってネットから情報を得るときには、私たちにとって悪影響を及ぼすような情報を受け取ってしまう可能性もあるのです。

そのようなネットの情報による悪影響から自分を守るためにも、パソコンの置いてある机の上に盛り塩を置いておくというのはとても効果的な盛り塩の置き方だと言えます。また、ネットからの悪影響を避ける以外にも、除霊効果によって邪念や悪い気を浄化することによって、仕事や勉強に集中しやすくなるといった効果も期待できますから、勉強机や作業台に盛り塩を置くというのも是非試してみて下さいね!

スピリチュアル!盛り塩のやり方、NGな場所はトイレ?!

ここまで盛り塩を置くのに適している場所を3つご紹介させていただきましたが、実は盛り塩というのはお家に置くのに適さない場所もあるのですが、そちらはご存知でしょうか?盛り塩を家に置きたいと思ったときに、その場所として避けるべきなのが、トイレです!しかしこれを知らずにトイレに盛り塩を置いているという人も、意外と多くいるそうですよ。

なぜトイレに盛り塩を置くのが良くないのかというと、トイレは水が常に張っている場所ですよね。このことから盛り塩の塩が湿気てしまいやすく、劣化が早まるというのもそうですが、何より水というのは悪い気を溜め込んでしまう性質があります。そんな水のあるトイレに盛り塩を置くと、盛り塩にも悪い気がたまってしまいやすくなり、効果が得られにくいのです。ですから、トイレの除霊や運気アップをしたい場合は、盛り塩を置くのではなくトイレを清潔に保つことでトイレの邪気を祓うことができますよ。

■参考記事:風水の鬼門対策、トイレはどうする?

鬼門の対策16選!玄関や風呂・トイレなど水回りは要注意【風水】

スピリチュアル!盛り塩のやり方は、山盛りを意識して

さて、盛り塩を置くのにてきしている場所についてや、逆に盛り塩を置くのは避けた方が良い場所についてご紹介させていただきましたが、これらについてはしっかりとマスターすることが出来ましたでしょうか?盛り塩を置く場所について把握できたら、実際に盛り塩を置いてみるための盛り塩のやり方についても見て見ましょう!

盛り塩を作るときには、塩の型や盛り方に注意すべきだと言えます。

盛り塩は、お皿に山盛り盛るようなイメージでのせましょう。ただお皿に塩をささっと広げるだけでは盛り塩とは言いにくいですし、盛り塩としての効果も半減してしまうでしょう。盛り塩は、できれば三角錐の型で盛るのが理想です。この三角の型は気の波動を受け取るのに最も適した型と言われていますから、盛り塩の浄化効果や除霊効果をより引き出すためにも盛り方や型から意識してみて下さいね。

スピリチュアル!盛り塩のやり方、お皿は陶器がマスト

盛り塩は、お皿に盛るときの型に注意しなければならないということをご紹介させていただきましたが、盛り塩のやり方として注意しなければならない点は型以外にもう一つあります。それは盛り塩の塩を盛るためのお皿の選び方です。盛り塩を盛るお皿は、塩が盛れればなんでも良いのでは?と思う方もいるかもしれませんが、気の流れに影響するような敏感なものは些細なところまで気を使う方がおすすめです。

盛り塩を盛るときに使うお皿には、陶器製のお皿がベストでしょう。プラスチック製のお皿など、お皿の素材にに人工的な不純物が多く使用されているものは、盛り塩の効果に影響が出る可能性がありますので、できるだけ自然のもので出来ている陶器製のお皿に盛るのが理想の盛り塩です。陶器製であれば、色は何色でも構いませんので、インテリアに合わせたり好みの色を選ぶことが可能です!

スピリチュアル!盛り塩のやり方、交換のタイミングは?

盛り塩は一度置いたらどのくらいの頻度で交換すべきなのかについては、皆さんご存知でしょうか?人によっては毎日交換するという人もいるようですが、塩の消費量も多くなりますし、なにより毎日交換するというのはとても大変な作業ですよね。毎日する必要はありませんが、できれば1週間に1回は盛り塩の塩を交換してほしいところです。

1週間に1回でなくとも、少なくても1ヶ月に2回は交換すべきだと言えるでしょう。ちなみに、毎月1日と15日に新しい塩に交換するのが、縁起がいいと言われていますよ。これらの日数はあくまで目安なのですが、日にちが経っていなくても汚れが見られた場合や、湿気てしまっていることが確認出来た場合はすぐに交換するよう心掛けて下さい。

スピリチュアル!盛り塩のやり方、捨て方も大切なポイント

盛り塩は、できれば1週間に1回、少なくとも1ヶ月に2回は交換するようにするのが良いということでしたが、ここで疑問に思う方も多いでしょう古い盛り塩の捨て方についてですよね。盛り塩というのは言ってしまえばただのお塩ですので、ゴミ箱に捨てても本来ならば問題ないものなのですが、果たして盛り塩として使った塩をそのままゴミ箱に入れるという捨て方は、大丈夫なのでしょうか?


盛り塩の捨て方として、ゴミ箱に捨てても問題ではありません。しかし、ゴミ箱に捨てるという捨て方を選ぶ場合は、その日のうちにゴミに出しておきましょう。まだ数日はゴミに出す予定がない場合は、盛り塩が吸った悪い気が放出されてしまう可能性がありますのでこの捨て方は避けるべきです。その場合は、排水溝に流すという捨て方がおすすめです。水に流れた盛り塩は自然と浄化されますので、悪い気が外に放出されることはありません。

盛り塩は正しく取り扱いましょう!

いかがでしたでしょうか?盛り塩の正しい使い方は、おわかりいただけましたか?盛り塩には置くのに適している場所と適していない場所があり、また盛り塩の型や盛り方、そして捨て方にもちょっとしたルールがあるということでしたね。これらの知識を踏まえた上で、あなたのお家にも盛り塩を置いてみて下さいね。

スピリチュアルについてもっと情報を知りたいアナタに!

塩まじないのやり方・書き方!効果が出る期間は?
恋愛の縁をスピリチュアルで解説!恋愛成就させるには?
【玄関風水】表札で運気が上がる?開運する表札の選び方とは?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ