爪が割れたときの対処法!正しい応急処置の方法教えます!

ついうっかりで割れた爪、気になりますよね。 爪が割れていてもオシャレを楽しみたい!とにかく割れた爪を誤魔化したい!!そんな方に 爪が割れてしまった際の対処法や直し方、応急処置、修復改善までをご説明していきます。

爪が割れたときの対処法!正しい応急処置の方法教えます!のイメージ

目次

  1. ひとまず割れた爪を何とかしたい!応急処置の方法
  2. 割れた爪を100均にある物で対処!!
  3. 割れた爪をネイルグルー(接着剤)を使った治し方
  4. 割れた爪の治し方を動画で
  5. ネイル修復キットで割れた爪を治そう
  6. いきなり割れた!となる前に補強しよう
  7. 爪が割れる原因
  8. 偏った食生活の治し方
  9. 深爪やきつい靴が原因の爪への圧迫
  10. 割れた爪が実は病気が原因!?
  11. 割れた爪の原因が実はジェルネイル!?
  12. 正しいネイルケアが必要です
  13. 健康な爪とは・・・
  14. 正しいネイルケアとは
  15. かなり痛い!爪が割れた、剥がれた場合
  16. 割れた部分から血が出ている場合
  17. 割れた爪が痛い時の対処法
  18. 割れた部分が修復するまで・・・

ひとまず割れた爪を何とかしたい!応急処置の方法

割れた爪が気になって仕方がない!!
でも爪は切りたくない!!!もっとオシャレを楽しみたい!
そんなときの処置の方法をご説明します。

割れた爪を100均にある物で対処!!

ダイソー、セリア、キャンドゥといったいわゆる100均の店舗は比較的どこにでもあります。
身近なお店で応急処置ができればありがたいですね。

最近の100均ではネイル用品の品揃えが多くなってきています。
その中のネイルグルー、いわゆる接着剤を使って爪を修復する方法があります。
ネイル用の接着剤といってもいくつか種類が2種類あるので
種類別にご説明していきます。

チューブタイプ

●利点

チューブタイプの利点はジェルタイプになっていて粘り気があるので液だれしにくく処置がしやすいという点です。

●難点
チューブタイプの難点は粘度が高い分、一度開けてしまうと固まりやすくなってしまい、
処置が終わる前に固まってしまいます。
また、分量の調節も難しく扱いが難しいです。

ボトルタイプ

●利点

ボトルタイプの利点はチューブタイプと違ってサラサラしていますので塗りやすく、
分量の調節が比較的簡単で、修復しやすいです。

●難点

ボトルタイプの難点はすぐに乾燥してしまうという点です。
しっかり蓋を閉めていないと次の処置で使えなくなってしまいます。

割れた爪をネイルグルー(接着剤)を使った治し方

▽用意するもの

1.ネイルグルー(接着剤)
2.トップコート(できれば)
3.ピンセット
4.除光液(ネイルをしている場合)
5.やすり
6.爪楊枝


▼修復方法

1.まずネイルをしている場合はすべて落としてください。

2.爪が割れた部分の凹凸がひどい場合はやすりで凹凸を無くします。

3.ネイルグルー(接着剤)を爪の割れた部分に垂らします。
  この時、取れにくいのでほかの部分に付かないように注意してください。

4.ピンセットで割れた部分のネイルグルーがくっつくまで少し押さえておきます。

5.割れた部分がくっついたらトップコートを塗りおしまいです。

割れた爪の治し方を動画で

ユーチューブなどの動画で確認すると失敗が少なくて
おすすめです。

治し方は初めは難しいと思いますがコツを掴めば難なくできると思います。

ネイルグルーでくっつけるだけでも問題ないのですが、
修復後にトップコートを上から塗ることによって強度が増すうえ、
見た目もわかりにくくなります。

共通の難点も・・・

◎すぐに乾く

種類別の説明にもあった通りどちらもすぐに乾いてしまいます。


◎強度が弱い

元々爪を修復する目的で作られたものではありません。
したがって強度が弱く、ちょっとした衝撃で取れてしまいやすく、
初めの亀裂よりも深くなってしまう可能性があり、痛い思いをしてしまうので
注意が必要です。


◎爪への負担

ネイルグルーは爪への負担が強く、長い間付け続けることはお勧めしません。

◎治し方に慣れていないと難しい




ただし・・・




使った後すぐに乾いてしまうという点は今すぐ割れた爪をどうにかしたい!!という方には問題ないと思います。

また、強度の点でもネイルグルーでくっつけた上からトップコートを塗ることで
強度が増しますので、大きな衝撃を与えない限り問題なく、処置も
必要なくなります。

ネイル修復キットで割れた爪を治そう

先ほどは100円ショップの商品を使った治し方をご紹介しました。
実は、ネイル修復キットというものがあります。

グルーで爪をくっつけるところまでは同じなのですが、
こちらのキットにはパウダーがついていてこのパウダーが補強してくれます。

修復セットの使い方

1.まずは接着剤で割れた、取れた爪をくっつけます。

2.乾いたら付属のパウダーを付けて補強します。

3.パウダーの余分な部分を払ったら表面を整えます。

4.最後にトップコートを塗って補強すれば完成です。

補強キットは他にも

補強キットの種類は他にもあり、シルクを割れた部分に乗せて補強する
ものもあります。

この補強キットからコットンやガーゼといったものをシルクの代わりに
することも可能です。

ネイルグルーだけを使うより、シルクやコットン、ガーゼを使う方が
見た目も分かりにくくネイルを楽しみやすいです。
トップコートを塗るだけもかなり分かりにくくなるので、
ネイルをしない方でもおすすめです。

いきなり割れた!となる前に補強しよう

爪が弱かったり、割れやすい方は自覚があると思います。
なので、割れてしまう前に補強しておけばいままで
割れてしまっていた衝撃でも簡単には割れなくなり、痛い思いもしなくて済みます。

ずばり!爪強化ベースコート

この爪強化ベースコートはダイソーの商品です。

爪が弱い、でもマニキュアを塗りたい。
欠ける、割れる、二枚爪になるというトラブルをお持ちの方におすすめです。

使い方は簡単で普通のベースコートを塗る要領で大丈夫です。

爪が割れる原因

いくら修復できたとはいえ、油断すると何度も割れたりすると困ります。
そうならないためにも、爪が割れてしまう原因と対処方法を
チェックしてみましょう。

除光液や洗剤の刺激、乾燥

指先を守っている爪は、常に外からの刺激を受けています。
例えば、食器を洗うことで洗剤が爪への刺激となり、爪の表面に細かい割れが生じてしまうことがあります。
それが悪化すると、割れてしまうことも。
また、マニキュアの除光液も爪への刺激となります。
除光液を使った時に爪の表面が白くなったのを見たことがありませんか?
それは水分が奪われ乾燥し、割れやすくなっている証拠です。



この場合の乾燥の身近な治し方はハンドクリームです。
特に除光液を使った後はよく除光液を落とし、ハンドクリームで保湿をしましょう。

偏った食生活

偏った食生活はいい事がなく、爪が割れる原因の一つでもあります。
タンパク質が爪を作るうえで大切になってきます。
なので、大豆製品を取ることをおすすめします。

また、鉄分も割れやすい爪を修復するのに重要な成分ですので
レバーやほうれん草を積極的に取っていきましょう。

偏った食生活の治し方

参考程度に爪に必要な栄養素を見てみましょう。

タンパク質・・・魚、肉、乳製品
ビタミンA ・・・レバー、緑黄色野菜
亜鉛 ・・・牡蛎、小麦胚芽など
カルシウム・・・豆腐、乳製品
コラーゲン・・・鶏の皮、骨
ビタミンE・・・植物油、ナッツ類
ビタミンD・・・卵、きのこ類、魚
ビタミンB2・・・レバー、納豆、焼き海苔、とうがらし

比較的、普段の食生活で取れる栄養素ばかりですが、
ビタミンEや亜鉛、コラーゲンなどは普段から摂取するのは難しいのでサプリメントに
頼るのも一つの方法です。


◆関連記事:綺麗に伸ばしているつもりでも異性からしたら不潔!?

爪の長い女性は不潔に見える!長い爪は男性から不評ってほんと?

深爪やきつい靴が原因の爪への圧迫

きつい靴や先が細い靴を履いていると爪が皮膚に食い込んで
足の指が痛いことに耐え切れず短く切り、深爪にしてしまう方が多いです。
深爪だと乾燥しやすく割れやすくなるためかえって悪化する原因になります。

治し方や予防法はなるべくきつい靴は履かないようにすることです。

割れた爪が実は病気が原因!?

爪甲縦裂症(そうこうじゅうれつしょう)

爪甲縦裂症とは、爪が縦に割れてしまう病気です。
割れ目は非常に深く、爪が2つにわかれていることが、自分でもはっきりと確認できます。

治療方法は爪への負担を減らすことです。
この病気はネイルを落とすために除光液などを使うときに乾燥してしまい引き起こされます。
対処方法は除光液を使ったらハンドクリームをネイル部分にまで塗ることです。

他にも、抹消循環障害もあげられます。
乾癬、甲状腺機能低下症、内分泌異常、慢性肝傷害、糖尿病、高尿酸血症、
卵巣機能障害、貧血、神経疾患も甲縦裂症の原因になります。

病気の治し方は、医師へご相談の上、正しい処置を行うことです。

爪白癬(つめはくせん)

爪白癬とは、手足の白癬が進行し、爪の間に白癬菌が侵食して、
爪自体が白癬菌に感染した状態です。


足の爪などを不摂生に伸ばしていると、そこに汗や垢などの汚れが溜まり、
それが白癬菌の原因となります。
冬場、長時間ブーツなどを履いたり、雨でぬれたりすることで発症します。
最初は爪ではなく、指先が水虫となるケースが多く、そこから爪の間へと感染することで、
ゆっくりではありますが進行してしまいます。



対処方法は、外用品と内服薬の2種類となります。


外用品・・・爪の間に抗真菌薬を付けることで外側から滅菌します。
      朝晩1日2回するのが効果的で、可能であれば使う前に
      水虫用の石鹸で洗い、清潔なタオルで拭いておくことが
      望ましいです。

内服薬・・・通常の水虫であれば外用品だけでも大丈夫なのですが、
      爪白癬の場合は外用品と内服薬を兼用します。
      なので、内科、または皮膚科でテルビナフィン(ラミシール)などの
      薬を処方してもらい3~12ヶ月ほど服用することで治ります。


必ず医師に相談し正しい処置を行ってください。

爪甲剥離症(そうこうはくりしょう)

爪甲剝離症とは、爪の先端を発端として、爪が爪床から剥がれてゆき、
爪の白い部分が大きくなる症状のことです。

内的要因と外的要因があり、

内的要因とは、感染症(要因のほとんどはカンジダ菌の感染)、皮膚疾患、
体のどこかが病気の場合(例:内臓疾患)の影響、先天性の要因があります。



外的要因とは、単純に物理的にぶつけたりすることで剥がれたり異物が入ったり、
日光の紫外線による変化、薬の副作用です。

対処方法は、病院での検査をおすすめします。

割れた爪の原因が実はジェルネイル!?

上で説明した爪甲剝離症を引き起こす原因の一つにジェルネイルがあります。
最近ではセルフでできるジェルネイルがあります。
知識を持たないままセルフネイルをするのは大変危険な行為です。
知識を持ったネイリストの施術でも爪甲剝離症は起きてしまう場合もあります。

もしなってしまった場合の治し方は、ネイルを除去し、
爪を休めてあげてください。
いくらオシャレをしたくても痛い思いはしたくないですよね。

正しいネイルケアが必要です

日頃から正しいネイルケアを行っていれば病気が原因でない限り、
いきなり爪が割れた!なんてことが少なくなります。

なので正しいネイルケアの方法を学びましょう。

健康な爪とは・・・

ネイルケアを学ぶ前にそもそも健康な爪とは
どういう状態のことを言うのでしょうか。。
爪は健康のバロメーターで病気などを教えてくれる場合もあります

健康な爪というのは毛細血管の色が透けて見えるため、全体的に薄いピンク色をしており、
基本的に爪は1日に0.08~0.12mmほど伸びます。
そしてルヌラ(爪半月)がしっかりある場合が健康な爪といえます。
ルヌラとは、爪の根元にある白っぽい部分を指します。

正しいネイルケアとは

オシャレを楽しむために爪を伸ばしている方も多いと思います。
ただ、爪というものは適切な長さと形に保つことが大切です。

ならば付け爪を付ければいいのでは?
と思う方もいると思います。
付け爪に使われる接着剤は長時間使用することで爪への負担が大きく、
トラブルの原因となる場合があります。

一番危険の少ない方法はネイルサロンで爪の長さを出す技術を行っているので
専門の方に任せることです。


また、乾燥など割れの原因となりますので保湿を徹底的にしてください

かなり痛い!爪が割れた、剥がれた場合

スポーツをしている方や、仕事の関係上どんなに正しい対処をしていても
爪が割れてしまうことがあります。
痛い場合や剥がれてしまっている場合は、
対処法が変わってきますので注意してください。

割れた部分から血が出ている場合

丈夫な爪が割れて痛い場合はれっきとした怪我です。
大きな衝撃や力が加わって起こるため、かなり痛い場合が多く、血がでたり肉が丸見えになってしまい背筋が凍るような思いになることもあります。
 

爪が割れる怪我には痛い場合とそうでない場合があります。
 
状態にもよりますが、基本的に爪が割れてしまった場合の治し方は消毒を行い、
そのままにしておくのが最適です。
まだ肉とくっついているのに無理に取ろうとすると痛い状態が長引く危険があります。

割れた爪が痛い時の対処法

1.血が出ている場合は洗い流しましょう。まずは清潔に保つことが大切です。

2.血が洗い流せたら消毒液で消毒します。
  消毒をしないと怪我の部分から細菌が入ってしまい化膿や感染症などを
  引き起こすことがあるので気を付けてください。

3.剥がれた爪は元の位置に戻します。
  元に戻した状態で包帯やガーゼで固定しましょう。
  爪が割れている場合も同じように対処します。

4.絆創膏は粘着力で割れた爪が剥がれてしまったり、
  爪の下の皮膚を傷つけてしまう恐れがあるのでお勧めしません。

5.応急処置をしたら必ず病院で診てもらってきちんとした治し方を
  うかがってください。


◆関連記事:爪を綺麗にしたい方はこちら

爪を綺麗にする方法まとめ!綺麗な形でピカピカの爪に!【簡単】

割れた部分が修復するまで・・・

修復するまでは長い時間を要します。
その間はなるべく衝撃を与えないように過ごしてください。
特に爪が剥がれていたり、血が出ていた場合は要注意です。

完全に修復する前に衝撃を与えてしまうと正しい治し方で対処していても
治りが遅くなってしまいます。



痛い爪とはおさらばして健康な爪を保って、たくさんネイルを楽しみましょう!!

ネイルデザインについてもっと知りたいアナタはこちら

ハロウィンネイルデザインまとめ!【2017年】
【2017年秋】フットネイル・ペディキュアのデザイン集!人気順
秋ネイルをセルフで簡単に!やり方・デザイン27選!【2017】
人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ