松の内の意味とは?期間はいつからいつまで?関西と関東で違う?

あなたは松の内の意味についてご存知でしょうか。 松の内の意味とは?という事から、松の内の期間とは?ということについても解説します。 そして松の内の期間は年賀状にも関わるっているのですよ。 松の内について詳しくなって、ちょっと知識をUPしちゃいましょう。

松の内の意味とは?期間はいつからいつまで?関西と関東で違う?のイメージ

目次

  1. 松の内とは何かを存知ですか?
  2. 松の内の意味とは?
  3. 松の内はいつからいつまでの期間?関東と関西で違うとは?
  4. 関東と関西の松の内の期間は違う!その理由とは?
  5. 松の内の期間は正月らしさを味わう
  6. 松の内を楽しむ!鏡餅の食べ方の工夫とは?
  7. 松の内とは年賀状の時にも使われる!その意味とは?
  8. 松の内を知ることで、正月も楽しく過ごせる?
  9. 正月の暮らしだからこそわくわくしたいものですよね
  10. 松の内で歳神様をおもてなしする行事とは?
  11. 松の内はいつからいつまで?地域によって差がありますが・・・
  12. 皆さんは、松の内の間にどんなことをしたいですか?
  13. 松の内についてはいかがでしたでしょうか

松の内とは何かを存知ですか?

皆さんは「松の内」というのをご存知でしょうか。松の内とは何だろうということから、
松の内はいつからいつまで飾るのかということについても述べていきます。
ですので、是非参考にしてくださいね。
年賀状も、松の内に関わってくるので年賀状についても是非お読みくださいね。

ここで、松の内について知ることで更に楽しく正月の暮らしを向上しませんか?
素敵な正月の暮らし方をすることで、幸せな1年の始まりにしましょう!
あなたは松の内についてどこまでご存知でしょうか。

松の内の意味とは?

では、まず松の内の意味について説明していきますね。
松の内というのは、「お正月で門松などの飾りを出しておく期間」のことになります。
それを松の内というのか!と初めて知る方もいるかもしれませんね。
また、歳神様という神様が家に迷わないようにする目印として正月飾りを出すのですよ。
歳神様の意味についてはまた後ほど詳しく述べていますのでそちらを参考にしてください。

松の内はいつからいつまでの期間?関東と関西で違うとは?

では、松の内というのはいつからいつまでなのでしょうか。
松の内とは、元旦から始まり、終わりは住んでいる地域にもよるみたいです。
関東ですと、1月7日までと一般的な長さになります。
しかし、関西ですと1月15日までと期間が長いようです。
では何故関東と関西で長さがこんなにも差があるのでしょうか。
また、いつから始まるかというのは同じなようですね。
それについて次で解説していきますよ。

松の内の期間とは、普通は7日までではないの?とお思いの方はびっくりするかもしれないです。
関東と関西というのは、言葉や文化も大きく違いますよね。
なんと、松の内の期間まで違ったようです。

関東と関西の松の内の期間は違う!その理由とは?

関東と関西の松の内の長さの期間が大きく違うのにはどんな理由があるのでしょう。
その理由について知ることで知識をまた増やしてくださいね。
関東と関西の松の内は、江戸時代に入るまでは同じだったようなのです。
江戸幕府の中心といえば関東になりますよね。

そして関東の方には松の内の長さを7日に変える事が伝わっていました。
しかし関西の方には松の内の長さを変える事が伝わっていなくて、15日まででした。
ですので、関東と関西では松の内の長さに違いが出てきてしまったのですね。
日本は意外と広いですし、全国に伝わらないのは仕方ない事かもしれないです。

松の内の期間は正月らしさを味わう

松の内の期間というのは、正月らしさを味わえるのがまたいいですよね。
正月らしさを味わえる暮らし方というのは、門松などを飾ることでしょう。
「ああ、新年を迎えたなあ」となりませんか。
新年を迎える時に、そうした気分を味わうことも大切です。
松の内は神様を迎える期間でもあるので、大事な正月での暮らしのポイントになりますよね。

そして、1月11日は、鏡開きの日でありお餅を食べる日でもありますよね。
鏡開きの日は、ぜんざいにして食べる家庭も多いのではないでしょうか。
鏡開きの日を心待ちにしている方もいるでしょうね。
鏡餅に歳神様が宿っているということで、鏡開きも松の内が終わってからになるようですよ。
ですので、鏡餅は松の内の期間中に食べるのはNGです!

松の内を楽しむ!鏡餅の食べ方の工夫とは?

松の内を最後まで楽しむためにも、鏡餅を工夫してみるのも面白いですよね。
鏡餅を工夫するというのは、鏡餅の食べ方をアレンジしてみるということです。
鏡餅の食べ方は家庭によっても色々あります。

どんな食べ方があるのか調べていた所とても美味しそうな食べ方を見つけたので紹介しますね。
それは「いちご大福」にすることです。お餅からいちご大福?と思われる方もいるかもしれません。
お餅を大福に見立てて、いちご大福のようにしているといった方がいいでしょうか。
お餅でスイーツもできるなら嬉しいですよね♡ちなみに下の画像は普通のいちご大福です!

あなたもせっかくの鏡餅ですし、美味しくアレンジして食べませんか?
そうすることで、正月の楽しみもまた1つ増えますよね。
それもまた正月の楽しい暮らし方の1つになることでしょう。

■関連記事:鏡餅について詳しく知りたい方はこちらもチェック!

鏡餅の食べ方は?カビはどうする?おいしいアレンジレシピまとめ!

松の内とは年賀状の時にも使われる!その意味とは?

また、松の内とは年賀状の時にも使われるものなのですよ。
年賀状というのはいつまでも出せるものではなく、寒中見舞いに途中から切り替わりますよね。
寒中見舞いというのは、1月5日以降になるようです。

ですので、5日以降に送る場合は寒中見舞いとして送るのがいいでしょうね。
年賀状を貰ったから送りたいけど、もう年賀状の時期じゃない日にちという事もあります。
その場合は、寒中見舞いとして送れば大丈夫でしょう。
年賀状で出したい!という場合は4日までには届くように書くようにするといいですよ。
年賀状も早めに出すというのは大変かもしれません。
ですが、新年の挨拶にもなりますし早く届くようにしたいものですよね。

松の内を知ることで、正月も楽しく過ごせる?

松の内を知ることは結構大事なことでもあるのですよ。
先ほど、「歳神様」いう単語が出てきましたが歳神様の意味をここで詳しく説明します。
歳神様とは、正月に家庭にくる幸福を持ってくる神様のことなのです。
そんな神様ならでも正月期間ずっといてほしいものですよね。

そして、正月は飾りや準備をしっかりするととてもうきうきした気分になりませんか?
それも歳神様効果なのかもしれませんね♪
歳神様の意味を知ってもっと正月を楽しく暮らしましょう。
そうすることであなたの今年の願いも叶うかもしれませんよ!

正月の暮らしだからこそわくわくしたいものですよね

また、正月の暮らしだからこそ、普段と違いわくわくしたいものですよね。
そこで、門松や正月飾りを作ってみたり、正月にしかできない遊びで羽子板などがあります。
正月らしいことをすることで、正月休みを満喫するのもいいですよね。
正月の暮らしというのは、色々あると思いますが楽しく過ごせるのが一番です。
仕事の方も家に、正月飾りを置いてプチ正月気分を味わうのはいかがでしょうか?
少しかもしれないですが、疲れを取るアイテムになるかもしれないですよ♪

■関連記事:正月飾りについて知りたい方はこちらもチェック!

正月飾り玄関の位置はどこ?いつからいつまで飾る?種類別解説!

松の内で歳神様をおもてなしする行事とは?

松の内は、歳神様をおもてなしする行事がたくさんあります。
先ほどから述べている正月飾りはもちろんのこと、おせち料理やお年玉もなのですよ。
お年玉は、子供たちはもらえて嬉しい!と思うものですよね。
なんとお年玉は、歳神様の魂からきているということでもあるみたいです。
まさに歳神様に感謝して、お年玉を受け取るしかないですよね。

歳神様をおもてなしするからこそ、正月行事は豪華で盛り上がるものが多いのでしょうね。
日本人は昔から神様を信仰していますが、その信仰心が行事にも現れているのかもしれません。
神様を大事にすることで、自分も幸せになれるのはとても嬉しいことでもありますよね。

松の内はいつからいつまで?地域によって差がありますが・・・

さて、松の内がいつからいつまでというのは、地域によって差もありますよね。
住んでいる地域や自分が幼い頃からの松の内はここまでと決まっているというのもあります。
それを参考にして松の内の期間は定めてしまってもいいでしょうね。
地域によって違うのも、理由があることが分かりました。
地域それぞれの松の内があるというのも日本らしくていいのではないでしょうか。

皆さんは、松の内の間にどんなことをしたいですか?

皆さんは、松の内にやってしまいたいということはあるでしょうか?
正月中にこれだけは終わらしていい仕事始めをしたいというのもあります。
また、おせち料理を豪華に作りたいなどありますよね。
正月というのは、年に1回というのと、1年の始まりの年でもありますよね。
年の始まりというのは頑張りたい!とかこれをやろうと意気込みができたりするでしょう。
それは、新しい年の始まりにとても良い事でしょうし、歳神様にも喜んでもらえそうです!

松の内についてはいかがでしたでしょうか

松の内についてはいかがでしたでしょうか。
松の内はいつからいつまでの期間だとか、意味についてもお分かり頂けたと思います。
関東と関西では期間が大きく違うため「そんなに違うのか」と驚いた方もいるでしょう。

歳神様を迎え入れるための大切な期間が「松の内」です。
あなたも素敵な松の内を過ごして素敵な1年の始まりを迎えてくださいね。
ここまで読んでくださりありがとうございました。
この記事が少しでもお役に立てば嬉しいです。

もっとお正月に関する情報について知りたいあなたへ!

おせち料理の簡単レシピ特集!手作りでお正月料理を作ろう!
元旦と元日と正月の違いは?年賀状にはどれを使う?
正月遊び13選!子供に伝えたい伝統的な遊びまとめ!
お正月の折り紙の折り方まとめ!お正月飾りを簡単に手作りで!

関連するまとめ

新着一覧
最近公開されたまとめ