全身性感帯になろう!自己開発すべき7つのポイントまとめ!

セックスでは性感帯を責められることで快感が得られます。性感帯は体のいろいろな場所にあります。これらを全て開発することで全身性感帯の体を作ることはできるのでしょうか?また、性感帯と呼ばれない部分も開発して、本当に全身性感帯にしてしまうことはできるのでしょうか?

全身性感帯になろう!自己開発すべき7つのポイントまとめ!のイメージ

目次

  1. 全身性感帯になろう
  2. 全身性感帯を開発する方法 (1)クリトリス
  3. 全身性感帯を開発する方法 (2)Gスポット
  4. 全身性感帯を開発する方法 (3)乳首
  5. 全身性感帯を開発する方法 (4)スペンス乳腺
  6. 全身性感帯を開発する方法 (5)首と耳
  7. 全身性感帯を開発する方法 (6)アナル
  8. 全身性感帯を開発する方法 (7)性感帯と呼ばれない部分
  9. 快感脳の開発 (1)興奮度を極限まで高める
  10. 快感脳の開発 (2)スローセックス
  11. セックスを楽しむ

全身性感帯になろう

人の体にはいくつか性感帯があります。セックスのときには、その性感帯を中心に責めることで快感を得たり、得られたりすることができます。性感帯と呼ばれる部分にはGスポットやクリトリス、乳首などの定番の場所から、耳や首が弱いという人もいたり、背中やお腹、手まで、人によっていろいろです。

しかし、多くの場合、性感帯は開発をされていないと、セックスやオナニーのときに刺激したとしても気持ち良いと感じることができません。逆に言うと、上記や、またそれ以外にも性感帯として開発できる部分があるので、極端な話、全身性感帯の体を作ることもできます。

では、どのような方法で性感帯は開発することができるのでしょうか?また、髪や、手のひら、足先など、性感帯と呼ばれない部分まで性感帯として開発することはできるのでしょうか?

全身性感帯を開発する方法 (1)クリトリス

全身性感帯として体を開発するのであれば、まずは定番の性感帯が開発されていないことには次のステップに進むことができません。性感帯の代表となるのはクリトリスです。クリトリスは何もしなくてもある程度は快感が得られる部分です。

しかし、クリトリスは非常に敏感な部分なので、刺激されることに慣れていないと痛みを感じてしまったり、刺激を強く感じすぎてしまうことがあります。なので、クリトリスの場合は開発をするというよりは、刺激に慣れることを目指しましょう。

また、クリトリスを刺激したときに痛みを感じる人は、クリトリスが十分に濡れていない可能性があります。クリトリスを十分に濡らすだけでなく、クリトリスを触る指や道具もしっかりと濡らすようにしましょう。どうしても痛みを感じるときはローションなどを使って滑りを良くしましょう。

全身性感帯を開発する方法 (2)Gスポット

Gスポットも性感帯としては有名です。しかし、開発しきれていない女性は多く、セックスやオナニーではクリトリスによる刺激でしかオーガズムに至らないという女性も意外と多いです。Gスポットは膣口から4、5cmの深さでお腹側の膣壁を圧迫することで刺激をすることができます。

Gスポットは膣壁の内側にあるため、擦るようなイメージではなく、圧迫するように刺激します。Gスポットがある部分の膣壁は指の腹で触るとザラザラしています。このザラザラの部分の範囲が少し広い女性もいます。ザラザラの範囲内でも、どの部分をどのくらいの強さで刺激すると気持ち良いかを把握しておきましょう。

Gスポットが開発されていないと、Gスポットの刺激だけでオーガズムに至ることは難しいです。なので、クリトリスや乳首など、他の性感帯も一緒に刺激して、Gスポットを刺激することで快感を得る感覚を身につけましょう。

全身性感帯を開発する方法 (3)乳首

乳首も性感帯として定番です。乳首はGスポットやクリトリスに比べると快感が弱いと思っている人が多いです。しかし、乳首はしっかり開発すると、乳首への刺激だけでオーガズムに至ることができる可能性を持っています。実際に乳首だけでオナニーを楽しむチクニーという言葉もあります。

乳首を開発するには興奮度を高める必要があります。興奮度が高まると感度も上がります。興奮度を上げるためには、まずはゆっくりとした刺激から始めます。なので、いきなり乳首を直接刺激するのではなく、服の上から刺激しましょう。

興奮して感度が上がってきたら、直接乳首を刺激しましょう。オナニーのときに意識して乳首を刺激していれば徐々に乳首の感度は上がっていきます。また、セックスのときにパートナーにお願いして、乳首への愛撫に時間をかけてもらうようにお願いしておいても良いでしょう。

■関連記事:チクニーについて気になる方はこちらもチェック!

チクニーのやり方7選!乳首オナニーは最高に気持ちいい!

全身性感帯を開発する方法 (4)スペンス乳腺

胸には乳首以外の性感帯があります。それはスペンス乳腺です。スペンス乳腺は胸の側面と脇の間くらいにあります。このスペンス乳腺は胸のGスポットと呼ばれています。セックスのときに丁寧に時間をかけて、手で摩ったり、揉んだり、舌で舐めてもらったりすると、胸全体の感度が上がります。

全身性感帯を開発する方法 (5)首と耳

首や耳は自分では開発することが難しい部分です。なぜなら、自分で触ることしかできず、舐めたりすることができないためです。また、首や耳に特化したグッズなどもあまりありません。なので、首や耳を性感帯として開発するのであれば、パートナーが必要です。

首や耳を性感帯にするためには雰囲気が大切です。首や耳は敏感な部分ではありますが、クリトリスやGスポットなどに比べると刺激の感じ方が弱いです。そのため、雰囲気で興奮度を上げたり、他の性感帯を愛撫して感度を上げながら、首や耳も愛撫してもらいましょう。

全身性感帯を開発する方法 (6)アナル

セックスでアナルに手をつけることに抵抗を持つ女性は多いです。しかし、アナルセックスまでしなくても、アナル周辺には性感帯として開発できる部分があります。その1つが蟻の戸渡りと呼ばれる部分です。

蟻の戸渡りはアナルから女性器の間の部分です。この部分も自分ではなく、パートナーに愛撫をお願いすると良いでしょう。Gスポットやクリトリスのような強い快感はありませんが、ジワジワと湧き上がるような、ゆっくりとした快感を得ることができます。

■関連記事:アナルセックスについて興味を持った方はこちらもチェック!

アナルの指入れの気持ちいい方法7選!指入れしてくる男の心理も解説

全身性感帯を開発する方法 (7)性感帯と呼ばれない部分

全身性感帯にしようと思っても、髪や手、足など性感帯とは呼ばれない部分もあります。このような部分は性感帯としての開発をすることはできません。しかし、性感帯のように触ったり、舐めたりすることで気持ち良いと感じることができるようにはなります。

そもそも、性感帯を刺激されて気持ち良いと感じるのは、脳が快感の信号を出しているためです。なので、性感帯でない部分を触っても、脳さえ気持ち良いと判断してくれれば、性感帯を刺激されているかのように快感を得ることができます。

このように性感帯以外の部分の刺激で、脳が快感を感じるようになることを快感脳と言います。この快感脳もGスポットやスペンス乳腺のように開発をすることができます。性感帯の開発と、快感脳の開発によって全身性感帯が完成します。

快感脳の開発 (1)興奮度を極限まで高める

セックスやオナニーのときに興奮度を高めると、感度が上がります。この興奮度と感度を極限まで高めることで、快感脳が開発されることがあります。しかし、ただ気持ち良いセックスをするだけでは、快感脳を開発することはできません。

女性がセックスのときに興奮したり、快感を得るためにはパートナーのテクニックも大事ですが、それ以上に雰囲気も大切です。セックスしている相手がセフレでは、女性の本当の意味の興奮を引き出すことができません。

また、大好きな彼氏とのセックスでも、彼氏からの愛情が感じられないセックスではいけません。女性が安心して、身を委ねられる男性で、セックスの快感に集中できるという当たり前の状況が女性の感度を大きく上げてくれます。

快感脳の開発 (2)スローセックス

快感脳を開発させるセックスの仕方として、スローセックスはおすすめです。通常のセックスでは、男性もしくは女性がオーガズムを迎えることで終わります。しかし、スローセックスの場合はお互いの感度を極限まで高め合うということで終わりを迎えます。なので、スローセックスの場合、男性が射精しないまま終わることもあります。

スローセックスではとにかく前戯を丁寧にして、時間をかけます。相手の感度が高まるように尽くすことだけを考えます。男性器を挿入することもありますが、激しくピストン運動はせずに、ゆっくり動かしたり、また挿入だけして腰は動かさないということもあります。スローセックスでは挿入も、お互いの感度を高める方法の1つというだけです。

このようにお互いの感度を極限まで高め合うと、最終的には体のどの部分を愛撫しても、気持ち良く感じるようになります。これも快感脳が開発されている状態です。なので、快感脳を開発するためにスローセックスを繰り返すという手もあります。

セックスを楽しむ

性感帯を開発すると、それだけセックスのときに気持ち良いと感じるポイントが増えるということです。セックスのときに気持ち良いと感じることができないと、セックスが嫌になってしまいます。

セックスをしなくなると、2人の関係が悪くなってしまい、最悪の場合は破局してしまうこともあります。なので、セックスが楽しく続けられるように、また楽しいセックスをするためにも性感帯の開発に挑戦してみましょう。

もっとセックスに関する情報について知りたいあなたへ!

会社でセックスしたことはある?男性・女性別に調査してみた!
一日中セックスするためのアイデア11選!こうすれば飽きない!
セックスでのローションの使い方とおすすめローションを解説!
朝勃ちした彼氏とのセックスを楽しむ方法7選!朝から楽しい!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ