マウンティングする女の心理と対処法!職場でしてくる?

マウンティングする女の心理と対処法!職場でしてくる?

自分の方が格上だと言わんばかりにマウンティングしてくる女がいると、テンションが下がってしまいますよね。職場で増えつつあるマウンティング女は、一体どんな心理で攻撃してくるのでしょうか?マウンティング女の心理と特徴、そして対処法をずばりお伝えします。

記事の目次

  1. 1.恐るべきマウンティング女…その心理と特徴は?
  2. 2.マウンティング女の心理と特徴1【自分は幸せだと思いたい】
  3. 3.マウンティング女の心理と特徴2【自分を認めてほしい】
  4. 4.マウンティング女の心理と特徴3【自分の価値を上げたい】
  5. 5.マウンティング女の心理と特徴4【自慢したい】
  6. 6.マウンティング女の心理と特徴5【自分が正しい】
  7. 7.マウンティング女の心理と特徴6【自分はすごい人間アピール】
  8. 8.マウンティング女の心理と特徴7【本音を言いたい】
  9. 9.マウンティング女の心理と特徴8【自分が一番!】
  10. 10.マウンティング女の対処法1【受け流す】
  11. 11.マウンティング女の対処法2【別の話を振る】
  12. 12.マウンティング女の対処法3【褒めちぎる】
  13. 13.マウンティング女の対処法4【「マウンティングしないで」と伝える】
  14. 14.マウンティング女の対処法5【顔を合わせないようにする】
  15. 15.マウンティング女の対処法6【「それマウンティング!」と指摘する】
  16. 16.マウンティング女の対処法7【相手が変わると期待しない】
  17. 17.マウンティング女とはできるだけ関わらないで!

マウンティング女の心理と特徴4【自慢したい】

職場のランチタイムでよく聞く女同士の会話は、時にえげつないと感じさせるものがあります。

たとえば、「私、料理下手なんだよね」と言いつつ、立派なお弁当箱をドンとテーブルに出す、「私ってホント可愛くなくて、イヤんなっちゃう…」と言いつつ、SNSにはメイクも撮影角度もばっちりの写メをアップ。

だれがどう見ても、そこには自慢の意味が込められています。ただ、堂々と自慢してしまうと非難の的です。

いったん自分を卑下しているようにみせかけておいて、実は相手との格差をバッチリ感じさせ、自分の自慢へとすりかえているのです。

その証拠に「まずそうなお弁当だね」「たしかに可愛くないね」なんてことを言おうものなら、「なんでそんなこと言うの!?」と激怒します。自信がある分、否定された時の傷は深いのです。

マウンティング女の心理と特徴5【自分が正しい】

求めてもいないのに、やたら人のファッションやメイクに口出ししたがる女、職場に一人はいませんか?このタイプはあくまでアドバイスしているだけであって、悪気がないのが特徴です。

その態度の裏には「自分の言っていることは正しい」という根本心理があり、傍から見るとおせっかいそのものの自分の意見を強要してきます。

「チークの色、もっとピンクっぽくしたらいいのに、どうしてしないの?」「そんな地味な服、着ない方がマシじゃない?」など、そのアドバイスの仕方は上から目線そのもの。

その価値観がすべてのような言い草に、「誰がそんなアドバイス頼みました?」と言いたくなるのはごく自然なこと。でも、悪気がないので断りづらいのです。

マウンティング女の心理と特徴6【自分はすごい人間アピール】

「私の友達、某雑誌でモデルやっててさ…」「いいツテ知ってるから、紹介してあげようか?」

自分がその人脈を持っているすごさを通して、暗に「自分はすごい人間」だとアピールするマウンティング女。

すごい知り合いがいることで自分を大きく見せることができますが、それは自分に誇れる能力がないことを示しているも同然。

いざそのマウンティング女に「あなたがそれやってみせてよ!」と頼むと、「私よりプロがやった方がいいよ」と、急に謙虚になる傾向があります。

このタイプは肩書や学歴を人を判断することが多く、自慢する相手をある程度選んでいる節があります。「どうでもいい」と思っている相手には、自慢する意味がないと思っているのです。

マウンティング女の心理と特徴7【本音を言いたい】

職場でそれほど親しくもないのに、まるで旧来の友人のように馴れ馴れしい口をきいてくる女、いませんか?

旦那の写真を見せれば、「わあ、ドラえもんみたいに丸くて温厚そう~!」、香水をつけてくれば、「〇〇ちゃんって、トイレの芳香剤みたいにいい匂いしてるね~」…

思わず「それ、褒めてないよね?」とツッコミたくなる失礼っぷりです。

マウンティング女本人は、あくまで大の親友のつもりで接しており、いかに自分がズケズケと相手を傷つけているかというのは、まったく念頭にないのです。

むしろ「仲良しこよしの間柄だから、遠慮なく発言しても大丈夫!」くらいに思っています。あまりに相手の心情を読まない言動は、単に自分を正当化しているようにしか見えません。

マウンティング女の心理と特徴8【自分が一番!】

女性は会話が大好きな生き物です。楽しいと思える会話は、キャッチボールができてこそなのですが、マウンティング女は一方的に自分のことだけを話し、相手に相づちを打つ暇すら与えません。

マウンティング女以外の女に話を振ろうものなら、速攻で「私もそうなの~!」と言いながら、自分が中心になるがごとく、会話に割って入ってきます。

自分が中心にならないと、あからさまにブスっとした顔つきになるので、場の空気が壊れてしまうこともしょっちゅうです。

このタイプのマウンティング女は、職場でもプライベートでもズバズバ発言するので、まわりが気圧されてしまい、納得いかないにしても、強引に意見が通ってしまう傾向があります。

通話料無料・24時間相談できる「恋ラボ」

・通話料無料!
・キャンセル料一切なし!
・初回限定1,000円オフクーポンあり!

恋ラボはexcite(エキサイト)が運営する恋のカウンセリング専門サービスです。

恋ラボの魅力は相談にかかる費用の安さ。通常、電話相談は通話料+相談料がかかり、約10分電話しただけでも3000~5000円ほどかかってしまいます。

ですが、恋ラボの運営元exciteが提供する「エキサイト通話アプリ」を利用すれば通話料無料で相談可能です。

また、初回のみ使える1,000円クーポンを利用すれば恋愛カウンセラーのプロのアドバイスが受けられます。

>>1,000円オフクーポンをゲットして恋ラボに相談


また、電話相談が苦手な方に向け、チャットやメールでの相談もできるのも恋ラボの特徴です。

料金表(税込)

電話相談 110円~/1分
チャット相談 110円~/1分
メール相談 1,100円~/1通

・友達には相談しづらい悩み
・相談しても思うようなアドバイスを周囲からはもらえず一人で悩んでいる

そんなときは恋ラボの経験豊富な恋愛のカウンセラーに相談してみましょう。

>>1,000円オフクーポンをゲットして恋ラボに相談



次のページ

マウンティング女の対処法1【受け流す】

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely