化粧品の使用期限!未開封と開封後で使用期限は違うの?

化粧品には使用期限があるのをご存知でしょうか。未開封のものと開封後でもその使用期限には違いがあるのです。今回は化粧品の使用期限をまとめてみました。それぞれの化粧品の使用期限も解説してあります。使用期限ギリギリまで使える保管方法も参考にしてみてくださいね。

化粧品の使用期限!未開封と開封後で使用期限は違うの?のイメージ

目次

  1. 化粧品の使用期限!使用期限がある?
  2. 化粧品の使用期限!未開封のもの
  3. 化粧品の使用期限!開封後のもの
  4. 化粧品の使用期限!無添加のもの
  5. 化粧品の使用期限がすぎたものは危険①酸化が進む
  6. 化粧品の使用期限がすぎたものは危険②雑菌の増殖
  7. 化粧品の使用期限がすぎたものは危険③肌トラブル
  8. 化粧品の使用期限!スキンケアアイテム
  9. 化粧品の使用期限!化粧下地、コンシーラー
  10. 化粧品の使用期限!パウダーファンデーション
  11. 化粧品の使用期限!チーク
  12. 化粧品の使用期限!マスカラ
  13. 化粧品の使用期限!アイシャドウ
  14. 化粧品の使用期限!リップメイク
  15. 番外編!化粧品の使用期限!試供品
  16. 化粧品の使用期限!使用期限内でも捨てるタイミング
  17. 化粧品の使用期限!保管のポイント
  18. 化粧品の使用期限!開封後の保管
  19. 化粧品の使用期限!冷蔵保管は良いのか
  20. 化粧品の使用期限!まとめ

化粧品の使用期限!使用期限がある?

女性の多くの人が毎日のように使う化粧品。
フェイスパウダーやボディクリームは、お店に買いに行きますよね。
その時、食品を買う時のように製造年月日や使用期限を見ながら購入していますか?
そもそも、化粧品には使用期限なんてあるのでしょうか。

実は化粧品にはちゃんと使用期限についてのルールが決められています。
使用期限と、化粧品の成分は必ず表示しなくてはいけない決まりがあるのです。
ではそれらの表示がない場合は、薬事法に違反した化粧品ということになるのでしょうか?
個人的には、使用期限の書かれている化粧品を見た記憶がありません。
未開封のものの箱のどこかに書かれているのでしょうか?

使用期限の表示義務は、通常保管で3年以内に成分が変質するものになります。
ほとんどの化粧品が、この表示義務のある化粧品になります。
表示義務のないものは、3年以内に成分の変質がないとわかっているものです。

多くの化粧品メーカーの製品が、「未開封」であれば3年以上成分の変質がないと定めているようです。
3年以上成分の変質がないため、使用期限が表示されていない化粧品が多いのです。
ポイントは、未開封の状態であることが条件でも、3年という期限をクリアすれば、使用期限を表示しなくてもいいということです。
購入する時には、当然使用することが前提で購入しています。
未開封のまま置いておくことは、ほとんどないですよね。
ですから、使用期限が表示されていないから、3年は保管できる、と考えるのは間違いです。
未開封のものであれば3年保管できるのです。

化粧品の使用期限!未開封のもの

先ほども書きましたが、未開封で使用期限が表示されていない場合は、製造から3年が使用期限となります。
しかし困ったことに、化粧品の多くに製造年月日がかかれていません。
製造年月日を表示しなければいけない、という法律がないからです。
ですから、未開封であったとしても、万が一その商品が3年より前に製造されていたものの場合、使用期限が切れていることになります。

購入後、しばらくしてから使用する化粧品は、まず臭いや変色がないかを確認してみてください。
フェイスパウダーやボディクリームなど、じっくりとみてみてください。
特に異常がないようであれば、使用しても問題ないと思います。
しかし、購入後またはお土産などでいただいて1年以上が経過したものに関しては、使用しないほうが良さそうです。

化粧品の使用期限!開封後のもの

開封後の化粧品に関しては、使用期限が表示されていないものでも、使用期限は短くなると考えてください。
フェイスパウダーやボディクリームなど、3ヶ月から長くても半年程度で捨てて新しいものに交換することをおすすめします。
考え方は食品と同じです。
空気に触れることで、化粧品も酸化してしまうのです。
3ヶ月では使いきれないからもったいない、と考える人も多いとは思いますが、お肌のためにも捨てることをおすすめします。

化粧品の使用期限!無添加のもの

無添加の化粧品の場合、使用期限が3年以内であるものが多いので、おそらく使用期限の表示がされていると思います。
使用期限の表示のないものは、普通の化粧品と同じく3年になりますが、これもあくまで未開封の場合の使用期限になります。
フェイスパウダーやボディクリームなど、無添加の化粧品は多くなりました。
無添加の化粧品の場合、当然防腐剤などがはいっていません。

使用期限に関しては、普通の化粧品よりも早いと考えたほうがいいでしょう。
無添加の化粧品を使っている人は、お肌の弱い人が多いのではないでしょうか。
使用期限が表示されていない場合でも、使いきれないからと取っておかずに、3ヶ月から半年で、新しいものに変えるようにしましょう。

化粧品の使用期限がすぎたものは危険①酸化が進む

化粧品の使用期限がすぎたものはどうして使ってはいけないのでしょうか。
もちろんお肌に良くないからです。
フェイスパウダーやボディクリームなど、3ヶ月や半年では使い切れないという人が多いですよね。
それでも、使い切れないからもったいないと残しておくのは危険です。

化粧品は使用期限がすぎる前から、どんどん酸化をしています。
わかりやすいのは、食べ物のりんごです。
皮をむいてほかっておくと、どんどん茶色になっていきますよね。
この状態が酸化です。
化粧品にも、これと同じことが起こっています。
化粧品には、お肌に密着させるための成分として、油分が含まれています。
油分は空気に触れると酸化しやすく、油分が酸化すると、お肌の炎症や色素沈着を起こす成分に変わってしまうのです。

化粧品の使用期限がすぎたものは危険②雑菌の増殖

化粧品は、お肌に直接触れるものです。
例えばフェイスパウダーはどのように使用しているでしょうか。
多くの人が、パフでパウダーをつけて、それをお肌にのせているのではないでしょうか。
すると、パフを通じて化粧品とお肌行き来するわけです。
お肌についている、自然界には必ずいる菌を化粧品に紛れ込ませていることになります。

生活している中で普通にいる菌なので、普通に生活している分には全く外の無い均です。
しかし、それが増殖すると害がでることがあります。
好ましくない菌には、黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌があります。
黄色ブドウ球菌は、健康であれば全く問題がない菌です。
しかし怪我をしたりした傷口にその菌が入ると、菌が増殖して化膿してしまうことがあります。

表皮ブドウ球菌は、皮膚の表にある菌で、通常は美肌に良い菌だといわれています。
しかしこの菌は、体内へ入ってしまうと病原性の菌に変わってしまうのです。
菌を増殖させないためにも、使用期限前の化粧品であっても、使い切れないからもったいないなど言わずに、新しい化粧品と取り換えるようにしてください。

化粧品の使用期限がすぎたものは危険③肌トラブル

使い切れないからもったいない、と使用期限をすぎた化粧品をとっておいた結果、お肌にトラブルがあったら、せっかくキレイになるための化粧品なのに、残念な結果になってしまいますよね。
こんなお肌のトラブルがみられるようなら、化粧品の使用期限を確認したほうがいいかもしれません。

①シミや色素沈着ができた
②ニキビや吹き出物が多くなった
③かぶれやかゆみがでてきた

これらの原因は、もしかしたらフェイスパウダーやボディクリームなど使用期限のすぎた化粧品を使っているからかもしれません。
使っている化粧品はいつごろ購入したものなのかを確認してみましょう。
購入時期が3ヶ月以上前のものであれば、新しい化粧品に変えることで症状が治まっていくこともあります。
特に②と③に関して、症状がヒドイ人は、皮膚科の受診をおすすめします。

化粧品の使用期限!スキンケアアイテム

それでは、具体的にそれぞれの化粧品の開封後の使用期限についてまとめていきたいと思います。
使用期限の表示されていない化粧品で、平均的な使用期限になります。
使用していて、ちょっと色がおかしいなとか、臭いがおかしいと思った場合は、それより早く新しいものに交換をしてください。
くれぐれも使い切れないからもったいない、とは思わないでくださいね。

洗顔料やクレンジング剤、化粧水や乳液、ボディクリームなどは、使用期限の表示がない場合、開封後3ヶ月から6ヶ月以内に新しいものへ交換をしたほうが良さそうです。
化粧水や乳液は使い切ることができそうですが、ボディクリームは使い切れないかもしれませんね。
イロイロなスキンケア商品を使うのではなく、できるかぎり1つの商品を使って3ヶ月以内には使い切るように心がけてください。
ボディクリームなどのスキンケアアイテムは、特にお肌に直接触れるものです。
こまめに新しいものに交換ができるといいと思います。

化粧品の使用期限!化粧下地、コンシーラー

化粧下地やコンシーラーは、使用期限の表示がない場合、開封後から6ヶ月以内に新しいものに交換したほうがよさそうです。
リキッドタイプのファンデーションの場合も、同様に6ヶ月以内には交換しましょう。
使い切れないですよね。
リキッドタイプのファンデーションは、UVカットなど季節の物なども出ているので、残しておいて来年使おう、と考える人もいるかもしれません。
でも来年には、すっかり酸化してしまっていて、しっかりとした効果はでないかもしれません。

化粧下地やコンシーラーも、お肌に直接触れるものです。
顔の多くの面積を覆うものになるので、使用期限をすぎたものを使うのは危険です。
開封後はできるかぎり早めに使い切るようにするか、使い切れない場合は、思い切って捨てるようにしましょう。

化粧品の使用期限!パウダーファンデーション

パウダーファンデーションやフェイスパウダーはリキッドタイプのファンデーションよりは使用期限を長くとることができます。
それでも開封後、パウダーファンデーションやフェイスパウダーは1年以内には新しいものに交換するようにしましょう。
1年ではパウダーファンデーションやフェイスパウダーは使い切れないですね。
使い切れないですが、パウダーファンデーションやフェイスパウダーは1年で変えましょう。

パウダーファンデーションやフェイスパウダー、リキッドタイプのファンデーションも、季節によってリニューアルされることが多い商品です。
可能であれば、そのタイミングで新しいものに交換していけるといいですね。

化粧品の使用期限!チーク

パウダーチークの場合は、頬にしか使用しないという点で、使用期限は長めに考えられています。
フェイスパウダーとよく似ていますね。
開封後1年から2年で交換をするのがおすすめです。
2年あれば使い切れないことはなさそうです。

クリームチークの場合、唇にも使っているタイプであれば、2ヶ月から6ヶ月の間に新しいものへ交換したほうが良さそうです。
唇と頬の両方に使っている場合は、菌が増殖する可能性が高いです。
使用期限に限らず、早いサイクルで交換をしていったほうがいいでしょう。
使い切れないからと残しておくのは危険です。

化粧品の使用期限!マスカラ

マスカラは化粧品の中でも、特に使用期限が短い化粧品です。
開封後、3ヶ月以内には新しいものに交換をしましょう。
使い切れない状態でも、必ず新しいものにしてください。

マスカラの使用期限が短いのは、目の粘膜に近いところで使う化粧品だからです。
粘膜に近いところで使用するので、菌が繁殖しやすいのです。
しかも目に近いので、目にもその雑菌がはいってしまう恐れがあります。
そうなると、目や目の周りへも悪影響がでてしまいます。
キレイな目を保つためにも、マスカラはこまめに新しいものへ代えるようにしたいですね。

化粧品の使用期限!アイシャドウ

アイシャドウもクリームタイプとパウダータイプがあります。
クリームタイプの場合、開封後の使用期限は6ヶ月です。
パウダータイプの場合は、開封後の使用期限は1年です。
パウダータイプはフェイスパウダーと同じですね。
どちらの場合でも、全部は使い切れないと思います。
それでも、目の周りに使う化粧品なので、できる限り早めのサイクルで新しいものに交換できるといいですね。

化粧品の使用期限!リップメイク

口紅、グロス、リップクリームなどのリップメイクの化粧品は、開封後3ヶ月ほどが使用期限になります。
唇の皮膚は、他の部分に比べてとても薄くなっています。
そのデリケートな部分の化粧品です。
できるかぎりストレスのかからない、新しい化粧品を使うように心がけましょう。

口に近いことから、菌も増殖しやすいと言われています。
6ヶ月をすぎたリップメイクの化粧品は、使い切れないからと残しておかずに、必ず捨てるようにしてください。

番外編!化粧品の使用期限!試供品

雑誌の付録や、新色の発売イベントなどで化粧品の試供品をもらうこともありますよね。
この試供品にも、使用期限が表示されていないことがあります。
しかし、試供品の場合は使用期限が表示されていない場合でも、未開封で1年以内には使用するようにしましょう。
そもそも、長い期間保管するための容器に化粧品が入っていないため、想定される保管方法で保管できない場合が多いのです。

フェイスパウダーやボディクリームなど、化粧品の試供品をもらったら、できるかぎり早く使い切るのがおすすめです。
少しの間保管をする場合は、未開封のまま、高温多湿の場所は避けて保管をしてください。
使い切れない場合は、1年以内には捨てるようにしましょう。

化粧品の使用期限!使用期限内でも捨てるタイミング

それぞれの化粧品について、開封後の使用期限の目安をまとめてきました。
しかし、目安の使用期限内であっても捨てたほうがいいタイミングがあります。
ちょっとこの化粧品おかしいな、と思ったら使用しないでください。
未開封のものでも、開封後、次のような状態のものは使用せずにそのまま捨ててください。

分離している

液体の化粧品、乳液やボディクリーム、リキッドファンデーションなど、分離が起きているものは、使用せずに捨ててください。
使用期限がすぎているだけでなく、腐ってしまっている可能性があります。

臭いが変

化粧品の匂いではなく、腐ったようなにおいになっている場合などは使用せずに捨ててください。
ボディクリームなどクリームタイプのものも、臭いを確認するようにしましょう。
臭いが変なのかどうかを確認できるように、購入前にはテスターなどで匂いを確認しておけるといいですね。

色が変

ボディクリームなど、クリームタイプの化粧品に多いのが変色です。
パウダータイプのものの色が変な場合は、確実に腐っています。
使用せずに捨てるようにしましょう。
臭いが無い場合でも、色がおかしいということはあります。
必ずチェックをするようにしてください。

化粧品の使用期限!保管のポイント

化粧品の保管の方法に気を付けることで、使用期限ギリギリまで使うこともできます。
未使用の化粧品であっても、開封後の化粧品であっても気を付けるポイントは、日当たりの良い場所に置かないことと、高温多湿の場所に置かないことです。
特に、お風呂場に乳液やボディクリームなどを置いている人は要注意です。
保存状態をよくするために、化粧品専用の収納箱やドレッサーを利用できるといいですね。

未使用を未開封だと勘違いしている人もいるかもしれませんが、未使用は開封後と同じ扱いだと考えてください。
未使用で、フタをしっかり閉めて保管していたとしても、開封後は空気が入りやすくなっているのです。
空気が入れば酸化が始まります。
未使用であっても、ちょっとパフなどに触れてしまっていた場合は、そこから菌が繁殖している可能性もあります。
未使用だから3年は大丈夫、と安心するのは危険です。

■参考記事:無印良品のアクリルケースできれいに整理!

無印良品のアクリルケースの収納術!化粧品収納にぴったり!

化粧品の使用期限!開封後の保管

未開封と未使用は違うということを書きましたが、開封後の化粧品はどのように保管すると、使用期限ギリギリまで使うことができるのでしょうか。
少し手間になる部分もありますが、使い切れるように気を付けてみてください。
基本的には、化粧品をキレイに清潔に使うことが、使用期限ギリギリまで使うコツになります。

パフやブラシは定期的にお手入れをする

パフやブラシは、使いづらくなったら新しいものに変える人は多いと思います。
でも定期的にお手入れをしている人は少ないようです。
お手入れは1週間に1度、キレイに洗うことが大切です。
パフには汗や皮脂、涙が付いています。
ブラシには唾液などついているかもしれません。
そこから菌が繁殖するのです。
できるかぎり、清潔なパフやブラシを維持するようにしましょう。

リップメイクは、直接ではなくブラシを利用する

リップメイクは、口紅やグロスを直接塗るのではなく、ブラシを使うようにしましょう。
全く菌が付かないわけではありませんが、少しは菌の繁殖を抑えることができます。
ただしそのブラシが清潔でなくては意味がありません。
ブラシのお手入れも忘れずに行うようにしましょう。

クリームはヘラを利用する

ボディクリームなど、プッシュタイプではないクリームを使う時は、ヘラなどを利用しましょう。
使い捨てのスプーンを使うのも良いようです。
直接肌で触れないほうが、菌の繁殖を防ぐことができます。

とりすぎても容器に戻さない

一度手にとったり、ブラシでとったけど、ちょっと量が多かったな、と容器に戻すのはやめましょう。
もったいないですが、捨ててください。
一度取ったものには菌が付いていることがあります。
それをそのまま容器に戻すのは危険です。
そこで菌を繁殖させてしまうことになります。

フタはしっかりと閉める

基本的なことですが、化粧品のフタはしっかりと閉めましょう。
空気に触れることで、化粧品が酸化をしてしまいます。
どんなに清潔にしていても、酸化させてしまっては意味がありません。

■参考記事:メイクブラシの洗い方・お手入れ方法をチェック!

メイクブラシの洗い方!乾かし方や洗う頻度も解説します!

化粧品の使用期限!冷蔵保管は良いのか

保存方法に、高温多湿を避けるということを書きましたが、食品で考えると冷蔵庫にいれればいいのではないかと考える人もいるかもしれませんね。
温度が低くて良さそうな感じがします。
しかし、冷蔵庫の保管はベストではありません。

まずは、冷蔵庫へ化粧品を保管することで、使用する時に冷蔵庫から出した場合、温度差が生まれてしまうことです。
1回程度なら問題がないのかもしれませんが、何度も温度差が繰り返されると、化粧品の成分が変質してしまいます。
長く保存できるどころか、早く劣化してしまう恐れがあるのです。

また冷蔵庫に保管することで、もともと冷蔵庫に入っているものへの影響も不安視されます。
野菜など、容器に入っていないものもあるので、化粧品についた外からの菌が入ることで、食品へ悪い影響が出てしまうかもしれません。
食の安全という点でも、あまり良くはなさそうです。
化粧品を冷蔵庫で保管することは、デメリットの方が多そうです。
できれば、専用の化粧品入れかドレッサーの購入を検討してください。

化粧品の使用期限!まとめ

今回は化粧品の使用期限について、未開封のもの、開封後と、化粧品別に解説させていただきました。
使い切れないからといって、残しておくのは良くないことなのですね。
フェイスパウダーやボディクリームなどは、使用期限内に使い切るのは難しそうです。
未開封のものでも、あまり長く置きっぱなしにしておくのは良くなさそうですね。
お肌のためにも、新しい化粧品でキレイになりましょう。

もっと化粧品について知りたいあなたへ!

メイク方法と順番!初心者向けに基本を解説!化粧品の選び方は?
化粧品はコットンと手どっちでつける?パッティングの正しいやり方!
コストコの化粧品・コスメがおすすめ!コスパ最強のブランドは?
顔の皮むけは乾燥が原因!対策におすすめの化粧品9選紹介!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ