イヤーカフの付け方・コツまとめ!痛くならない付け方はあるの?

イヤーカフの付け方・コツまとめ!痛くならない付け方はあるの?

とてもおしゃれなイヤーカフ♪耳に穴を開ける必要もなく好きな時に耳のおしゃれを楽しむことができる大人気のイヤーカフですが、長時間つけていると耳が痛くなってしまう事ってありますよね。今回はイヤーカフの上手な付け方のコツや、耳が痛くならない付け方などをご紹介します♪

記事の目次

  1. 1.テレビや雑誌でも話題沸騰!イヤーカフっていったい何?
  2. 2.イヤーカフは耳が痛くなりにくいって本当?
  3. 3.耳が痛くならない上手なイヤーカフの付け方のコツとは?
  4. 4.イヤーカフの付け方のコツ①フックはゆっくり挟む
  5. 5.イヤーカフの付け方のコツ②付ける位置を毎回変えてみる
  6. 6.イヤーカフの付け方のコツ③外す時も無理に引っ張らない
  7. 7.男性も女性も必見!イヤーカフのおしゃれな付け方とは?
  8. 8.おしゃれなイヤーカフの付け方①左右でデザインを変える
  9. 9.おしゃれなイヤーカフの付け方②ファッションに合わせる
  10. 10.おしゃれなイヤーカフの付け方③重ね付けしてみる
  11. 11.まとめ

テレビや雑誌でも話題沸騰!イヤーカフっていったい何?

最近テレビや雑誌でモデルさんや女優さんが身に着けているアクセサリーとしても人気急上昇中のイヤーカフ♪あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、イヤーカフとは耳に付けるアクセサリーでピアスやイヤリングに良く似たアクセサリーの1つです。

ピアスは耳にピアスホールを開ける必要がありますし、イヤリングは耳たぶにクリップで挟むため痛い人もいるのですが、イヤーカフはフックのような金具を耳に沿ってスポッとはめこむだけで付け方も実に簡単なのが魅力です。

イヤーカフはその金具の構造上、ピアスのようにワンポイントで控えめのデザインのものから耳全体を覆うことができる非常に豪華なデザインのものまで実に色々なデザインのアクセサリーが販売されています。

片耳だけに付けるのも良し、左右で付け方を少し変えて遊び心を表現してみるのも良し!イヤーカフの付け方を覚えておくとおしゃれの幅がかなり広がりますよ♪

■参考記事:ピアスとイヤリング、どっちがいい?

ピアスとイヤリングはどっちがいい?それぞれメリットを解説! | Lovely[ラブリー]のイメージ
ピアスとイヤリングはどっちがいい?それぞれメリットを解説! | Lovely[ラブリー]
皆さんは耳に付けるアクセサリーはピアス派ですか?それともイヤリング派でしょうか?ピアスとイヤリングはそれぞれ異なった特徴があり、どっちがいいというのは人によって好みが別れます。当記事ではピアスとイヤリングはどっちがいいのか、それぞれのメリットを解説致します!

イヤーカフは耳が痛くなりにくいって本当?

世間ではイヤーカフはアクセサリーの中でもピアスよりもお手軽に使えてイヤリングよりも耳が痛くなりにくいと言われていますが、それは本当なのでしょうか?

イヤーカフは確かにクリップで耳たぶを挟むイヤリングに比べると傷みはかなり少なくなりますが、人によってはやはり少し痛いと感じる場合もあるようです。イヤーカフは耳の色々な場所に付けることができるのですが、その時に耳の軟骨部分を傷つけてしまったり、または金具のフックがめり込んでしまって痛いと感じる場合もあります。

イヤーカフは指先でフックの幅を簡単に調整することができるのですが、人の耳の厚さというのはわずかではありますが厚みに違いもありますので、自分の耳に合ったフックの大きさや加減をよく分かっている必要がありますね。

左右で同じイヤーカフを付けていても、片耳だけ痛いという場合もあるようですので、そのような場合はイヤーカフを付ける位置を少しずらしてみたり、金具のフックを指で広げて調整するなどその都度付け方を工夫することも大切です。

■参考記事:イヤホンやマスクで耳が痛い時、どうする?

イヤホンで耳が痛い時の対処法は?つけすぎが原因? | Lovely[ラブリー]のイメージ
イヤホンで耳が痛い時の対処法は?つけすぎが原因? | Lovely[ラブリー]
イヤホンをつけている人は、耳が痛いと感じたこともあるでしょう。イヤホンをつけるとよく発生することですが、なぜ耳が痛くなってしまうのでしょうか。そして耳が痛いときの対処法はあるのでしょうか。今回はイヤホンをつけたときの耳の痛みについて紹介していきます。

耳が痛くならない上手なイヤーカフの付け方のコツとは?

耳のおしゃれを楽しみたいけどイヤーカフで耳が痛いのはイヤ!という方のために、次はイヤーカフで耳が痛くならないための付け方のコツについてご紹介致します♪

イヤーカフは一度使うと分かりやすいと思いますが付け方はとても簡単なアクセサリーです。そのぶん外れやすいのかな?と思う人もいるかもしれませんが、フックで耳を挟む時にしっかり固定すればそう外れるものではありません。

イヤーカフに慣れていない人はぜひ下記でご紹介する付け方のコツを見ながら、鏡の前などでその付け方のコツを練習してみてはいかがでしょうか?

イヤリングやピアスなど耳が痛いアクセサリーで悩んでいた人や、これまでなかなか耳のおしゃれをしたことが無い人は必見ですよ!

イヤーカフの付け方のコツ①フックはゆっくり挟む

耳が痛くならないイヤーカフの付け方のコツの1つめは、フックはゆっくり挟むことです。イヤーカフの付け方はまず片手で耳を支え、まず耳たぶのあたりにイヤーカフを挟みます。

そして自分の付けたい位置までイヤーカフを徐々にずらして持っていき、ちょうど良い場所でイヤーカフのフックを挟むようにキュッと指先で金具に力をこめれば簡単に固定することができます。

次のページ

イヤーカフの付け方のコツ②付ける位置を毎回変えてみる

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely