ブレスレットの付け方のコツ!片手でつけにくいものも簡単につけられる!

可愛いブレスレットを買ったのに付け方が難しくて困ったという経験がある人はいませんか?ブレスレットは基本的に片手だけで付け外しをするため不器用な人にとってはとても難しいと感じる事もよくありますよね!今回は片手でつけにくいブレスレットの簡単な付け方をご紹介します♪

ブレスレットの付け方のコツ!片手でつけにくいものも簡単につけられる!のイメージ

目次

  1. 不器用さん必見!ブレスレットの付け方が下手な人の特徴とは?
  2. ブレスレットの付け方が下手な人の特徴(1)体勢が悪い
  3. ブレスレットの付け方が下手な人の特徴(2)固定できていない
  4. ブレスレットの付け方が下手な人の特徴(3)手元が暗い
  5. ブレスレットの付け方が下手な人の特徴(4)長さが短すぎる
  6. とっても便利!ブレスレットの付け方のコツをご紹介♪
  7. ブレスレットの付け方のコツ(1)クリップを使ってつける
  8. ブレスレットの付け方のコツ(2)ゴムで先に滑り止めにする
  9. ブレスレットの付け方のコツ(3)ひじを固定する
  10. どうしても難しい時は簡単な留め具のものを♪
  11. まとめ

不器用さん必見!ブレスレットの付け方が下手な人の特徴とは?

手元のおしゃれアイテムの1つであるブレスレット。

ブレスレットといっても革紐タイプやベルトタイプなど様々なデザインの物がありますが、その中でもパワーストーンブレスレットなどの留め具を引っかけて使うタイプのものは片手で付けるのが面倒だなと感じてしまうことはありませんか?

手先が不器用な人にとってはそんなパワーストーンブレスレットのような繊細な金具のブレスレットは「もういいや」と諦めてしまうほどストレスになってしまうことも少なくありません。

ここではまずブレスレットの付け方が下手な人に見られる4つの特徴から順番に詳しくご紹介していきます。ブレスレットなどのアクセサリーが上手く付けられない不器用さんはぜひ1つずつしっかり確認してみましょう!

ブレスレットの付け方が下手な人の特徴(1)体勢が悪い

ブレスレットの付け方が下手な人の特徴の1つめは、体勢が悪いことです。

ブレスレットの留め具がなかなか付けられないと悩む人の多くが、立ったままブレスレットを付けようとしていることがよくあります。

ブレスレットの留め具のような小さい金具を触る時は立った体勢のまま作業しているとどうしてもバランスが不安定になってしまい手元が狂ってしまうことがありますよね。

お出かけの前や仕事に行く前など時間の無い時にブレスレットなどのおしゃれなアクセサリーをつけたい時でも、一度椅子に座って落ち着いて作業した方がかえって早く付けられる場合もあります。

ブレスレットの付け方が下手な人の特徴(2)固定できていない

ブレスレットの付け方が下手な人の特徴の2つめは、固定できていないことです。

ブレスレットを付けるのに時間がかかってしまう人はよく片手を伸ばしてその上からブレスレットを引っかけ、金具がユラユラしている状態で留め具を付けようとしている人も多いのではないでしょうか。

金具をしっかり固定せずに横着をして付けようとすると、やはりちょっとした衝撃で手先が震えて上手くいかないこともよくあります。

おしゃれなパワーストーンブレスレットやワイヤーブレスレットなどを気軽に楽しむためには簡単に付け外しできるのが絶対条件です。

毎回イライラしながらブレスレットなどのアクセサリーを付けている人はちょっとした動作を面倒くさがってしまう性格がそのイライラの原因になっている可能性もあるかもしれませんね。

ブレスレットの付け方が下手な人の特徴(3)手元が暗い

ブレスレットの付け方が下手な人の特徴の3つめは、手元が暗いことです。

ブレスレットの留め具がすぐに付けられない場合は、部屋の暗さが原因で手元がよく見えていない場合もあります。目が悪い人の場合は手先の留め具をよく見ようと手元を覗き込むことで自分の顔の影が邪魔になってしまっている可能性もありますね。

ブレスレットやネックレスなどのアクセサリーはお出かけの直前にドレッサーや洗面所の前で付けることも多いと思いますが、少し面倒でも電気をつけて手元を明るくした方が片手で早く留め具をつけることができるようになります。

目が悪い人は他にもメガネやコンタクト付けてからブレスレットを付けるようにするのも良いですね。

ブレスレットの付け方が下手な人の特徴(4)長さが短すぎる

ブレスレットの付け方が下手な人の特徴の4つめは、ブレスレットの長さが短すぎることです。

ブレスレットにはパワーストーンブレスレットやビーズブレスレットなど色んなおしゃれな種類のものがありますが、自分で手作りするような時もありますよね。

市販のパワーストーンブレスレットの場合でも手作りの場合でも、伸縮性のないブレスレットの場合は自分の手首の太さに対してブレスレットの長さが短すぎると実際に使う時に片手で付けにくくなってしまうものです。

リーズナブルな雑貨屋などで購入できるブレスレットではなく、少し高価でおしゃれなブランドのブレスレットの場合は自分で長さが調整できるタイプの商品もありますので、あまりに付けにくいと感じる時は長さを少し調整してみるのもおすすめかもしれませんね。


◆関連記事:自分で作れば愛着もわきます♡

ダイソーのビーズでアクセサリーを手作り!100均セリアより可愛い?
ワイヤーアクセサリーの作り方!可愛い手作りのコツは?

とっても便利!ブレスレットの付け方のコツをご紹介♪

ブレスレットの付け方が下手な人の特徴をご紹介しましたが、知らず知らず無意識でしてしまっているクセなど思い当たるところはありましたでしょうか?

次はどんな不器用さんでも簡単に片手でブレスレットを付けられる非常に便利なアイデアやコツを3つご紹介していきます。

大切なパワーストーンや思い入れのあるおしゃれなブレスレットなどが「付けにくい」「付けるのに時間がかかる」という理由だけで宝の持ち腐れになってしまうのは非常に勿体ない話です。

ブレスレットなどのアクセサリーの付け方で悩んでいる人やストレスを感じている人は、ぜひ下記のの画期的なアイデアやコツも合わせてチェックしてみましょう!

ブレスレットの付け方のコツ(1)クリップを使ってつける

ブレスレットの付け方のコツの1つめは、クリップを使ってつけることです。

こちらの方法はまず針金クリップを1つ準備します。最初に怪我をしないように注意しながら指でクリップの先をまっすぐに伸ばしていきます。

クリップの片方の先をブレスレットの留め具の穴に通し、そのままブレスレットをつけた方の指でクリップを持って固定します。しっかり固定できたら後はもう片方の手で金具をつけていくだけで簡単にブレスレットの金具を留めることができます。

こちらのクリップを使った付け方はポケットや財布にクリップを1つ入れておくだけで外出先でも使えるアイデアになりますのでぜひ覚えておくと便利ですね!

ブレスレットの付け方のコツ(2)ゴムで先に滑り止めにする

ブレスレットの付け方のコツの2つめは、ゴムで先に滑り止めにすることです。

ブレスレットを付けるのに苦労してしまうのはブレスレットの先がしっかり固定できず動いてしまうからだとご紹介しましたが、それを防ぐためにはゴムを利用するのも1つの方法です。

ゴムを利用する方法は、まず最初にヘアゴムや輪ゴムなど滑り止め効果のあるものを手首に巻き付けます。その上にブレスレットを巻いて先の留め具をゴムの下に差し込みます。しっかり留め具を固定したら後はもう片方の手で金具をつけていくだけでOKです♪

パワーストーンブレスレットやおしゃれなビーズブレスレットなど手首の上で滑りやすいアクセサリーを付ける時はぜひ利用したいアイデアですよね。

ブレスレットの付け方のコツ(3)ひじを固定する

ブレスレットの付け方のコツの3つめは、ひじを固定することです。

ブレスレットやアクセサリーをを付ける時に簡単に手早く付けたい時は、まず姿勢から正していくことも大切です。テーブルの前に座ってその上に両ひじをつくと指先が揺れにくくなりサッと留め具が付けられる場合もあります。

両ひじをテーブルについて固定するためには前かがみになってしまうような低すぎるテーブルはあまりブレスレットを向いていません。ブレスレットを付ける時はダイニングテーブルなどを使うと高さもちょうど良く作業しやすくなりますよ♪

どうしても難しい時は簡単な留め具のものを♪

ブレスレットの簡単な付け方をご紹介しましたが、上記の方法を見てもそれでもどうしても難しいという人もいるかもしれませんね。

ブレスレットを付けるのがどうしても難しいなと感じる場合は、両端を合わせるだけの簡単な留め具のブレスレットなどを探してみるのもおすすめかもしれません。

簡単な留め具のパワーストーンブレスレットなどであれば右腕でも左腕でも自由自在に付け替えることができますし、外出先で手を洗う時や食事をする時などにも手早く付け外しが可能になります。

簡単な留め具のブレスレットでもおしゃれなアクセサリーや商品はたくさんありますので、気になる人はぜひ色々と探してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ブレスレットの付け方が下手な人の特徴や、ブレスレットの付け方のアイデアやコツについてご紹介しました♪

ブレスレットを付けるのが苦手な人は次第にアクセサリーをつけるのが億劫になってしまう場合もありますが、上記でご紹介したアイデアやコツを使えば比較的どんな不器用さんでも簡単にブレスレットを付ける事が出来るようになります。

水回りの家事をする時やお手洗いに立って手を洗う時など、ブレスレットの付け外しが気軽にできるようになると毎日のストレスも大幅に軽減できます。今日からさっそく試してみてはいかがでしょうか。

皆さんの周りでブレスレットを付けるのが苦手な人がいる時も、ぜひ上記の方法を教えてあげましょう!

もっとアクセサリーについて知りたいアナタはこちら

100均でアクセサリーを簡単手作り!ダイソーアイテムがかわいい!
セリアのレジンが優秀!100均レジン液でアクセサリーを手作り!
100均ダイソーのプラバンで作るおしゃれなアクセサリー・作品紹介!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ