ダニエルクレイグの私服ファッション調査!おしゃれすぎる!

ダニエルクレイグの私服ファッション調査!おしゃれすぎる!

ダニエルクレイグといえば世界的に有名な俳優です。国際的な人気を持つ彼ですが実は私服ファッションもとってもオシャレ。普段はどんなコーデをしているのかスーツはもちろんスニーカーやベルトなど、ダニエルクレイグの私服ファッション、ブランドについてまとめました!

記事の目次

  1. 1.【はじめに】ダニエルクレイグってどんな人?
  2. 2.ダニエルクレイグの見た目にはどんなファッションが似合う?
  3. 3.ダニエルクレイグの私服ファッション① ジャケットコーデ
  4. 4.ダニエルクレイグの私服ファッション② スーツスタイル
  5. 5.ダニエルクレイグの私服ファッション③ メンズカジュアル
  6. 6.ダニエルクレイグの私服ファッション④ Vネックにこだわり
  7. 7.ダニエルクレイグの私服ファッション⑤ ダウンジャケット
  8. 8.ダニエルクレイグの私服ファッション⑥ 紳士カジュアル
  9. 9.ダニエルクレイグの私服ファッション⑦ アメカジスタイル
  10. 10.ダニエルクレイグの私服ファッション⑧ カーディガンスタイル
  11. 11.ダニエルクレイグの私服ファッション⑨ コートも似合う
  12. 12.ダニエルクレイグの私服ファッション⑩ ブランドは?
  13. 13.ダニエルクレイグの私服ファッション⑪ 小物は?
  14. 14.ダニエルクレイグの私服ファッション⑫ 足下は?
  15. 15.貫くジェントルマンスタイルがダニエルクレイグの魅力!

ダニエルクレイグの私服ファッション⑦ アメカジスタイル

オフィシャルな雰囲気を持っていたジェントルマンスタイルとはうってかわり、ラフなアウターとデニム、スニーカーというアメカジスタイルもダニエルクレイグの得意とするところです。とはいえ、比率で見るとアメカジスタイルの私服コーデをすることは少なく、スニーカーを履く機会は若干少なめです。ボトムスは一貫してストレートのデニムを採用しており、シルエットを引き締めています。スニーカーと共にカジュアルな雰囲気によせてきており、デニムの色落ち具合も他のスタイルとは違います。

年をとっても外さないスタイル

ダニエルクレイグのアメカジスタイルの魅力は50歳という自分の年齢と私服のコーデのあいだに齟齬が起きないようなファッションスタイルだといえます。自分の年齢や背丈、髪型にあっていないファッションをしても背伸びをしているように見えたり逆に若作りが痛々しく見えることも芸能人にはよくあることです。ですが、ダニエルクレイグは自分の見せ方を分かっており、周りのみんなが期待するようなダニエルクレイグ像をしっかり把握していると言えます。スーツのみならずアメカジスタイルでもスニーカーやベルトなどブランドにも違和感を感じさせません。

ダニエルクレイグの私服ファッション⑧ カーディガンスタイル

次に紹介するダニエルクレイグの私服ファッションはカーディガンを用いたコーデです。深みのあるグレーのシャツにデニムのコーデはカーディガンがなくても充分魅力的にうつるでしょう。カーディガンはブラックを取り入れ、シックな大人の魅力が味わえます。ベルトやサングラスもブラックに統一しており、これらのアイテムがより全体的な印象を引き締めています。

私服ファッションでもカーディガンが好き

ダニエルクレイグは私服のファッションでもカーディガンを好んで着ることが多く、カーディガンの襟を立てて着ることもよくあります。下の画像はファンがダニエルクレイグにサインを頼んだ場面のようですが私服でも有名人オーラが出ているコーデといえるのではないでしょうか。基本的に靴やカバンなどはブラックやブラウンなど落ち着いた色をよく使う傾向にあります。

ダニエルクレイグの私服ファッション⑨ コートも似合う

ここまでジャケットスタイルやスーツスタイルなどダニエルクレイグには男らしい大人の魅力に溢れたコーデが多くあることがわかりました。Pコートを着用するダニエルクレイグの姿もよくネットにあげられており、こちらも紹介したいと思います。元々Pコートは19世紀末にイギリス海軍が使用しはじめたものとありやはりイギリス人が着ると抜群に似合う!気がします。ダニエルクレイグの長身にもしっかりあっていますね。

自分のサイズをキッチリ把握

リーファーカラーを立てて着用することもおおく、こういったコートスタイルも祖国イギリスでの寒さに合っているスタイルではないでしょうか。ダニエルクレイグはテーラードジャケットの時などもそうですがアウターを着用したときのXのシルエットが非常に美しいです。彼の鍛え上げられた肉体を存分にいかす長身痩躯のシルエットが活きていますね。色合いについてはブラックが圧倒的に多く、明るい色は全く見ません。

ダニエルクレイグの私服ファッション⑩ ブランドは?

初期のスーツはブリオーニ(Brioni)

ここで気になってくるのがダニエルクレイグの愛用しているブランドは何かということだと思います。手足の長さや顔の大きさなどを考えるとアジア人にはちょっと厳しいかもしれませんが気になりますよね。まずはスーツですがこれに関しては代表的な出演作、007からのものを取り上げていきます。

スーツはイタリアの最高級ブランドであるブリオーニを長らく着用していました。007 カジノロワイヤルまでの作品で使用されており、ジェームズ・ボンドに魅了された人は世界中にいます。

スペクターまではトムフォード(Tom Ford)

しかしカジノロワイヤルが終わり、次回作である「慰めの報酬」から「スペクター」までは一貫してアメリカのブランドであるトムフォード(Tom Ford)のオートクチュールとなっています。ジェームズ・ボンドはスマートなイギリス人であるという原作でのポイントを最重要視し、スーツから靴、小物、プライベートシーンのスニーカーにいたるまで全てを限定でつくっているとのこと。すごい!と思ってしまいますが世界的な興行収入も莫大な作品でなおかつ紳士なヒットマンを題材にした映画なのですから当然なのかもしれませんね。

ダニエルクレイグの私服ファッション⑪ 小物は?

次のページ

ダニエルクレイグの私服ファッション⑫ 足下は?

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely