ピアスで金属アレルギーになったら?症状や正しい対処法!

ピアスをしている人にとって、他人ごとではない「金属アレルギー」。今は大丈夫でも、いつ突然金属アレルギーになるかわかりません。過信は禁物!体調によって突然アレルギー反応が出ることはよくあるのです。ピアスによる金属アレルギーの症状と対処法のまとめです。

ピアスで金属アレルギーになったら?症状や正しい対処法!のイメージ

目次

  1. ピアスによる金属アレルギーの危険は誰にでもある!
  2. ピアスによる金属アレルギーが起きる原因とは
  3. 金属アレルギーの危険は全身に及ぶ?!
  4. ピアスの金属アレルギーを防ぐにはどうすればいい?!
  5. ピアスの金属アレルギー予防素材①チタンやステンレス
  6. ピアスの金属アレルギー予防素材②樹脂
  7. ピアスの金属アレルギー予防素材③プラチナ、金、銀
  8. ピアスの金属アレルギー予防素材④ニッケルフリー
  9. ピアスの金属アレルギー予防素材⑤ピアスコート
  10. 金属アレルギーに気をつけてピアスを楽しもう♪

ピアスによる金属アレルギーの危険は誰にでもある!

アレルギーは特別なものではなく、誰にでも発症の危険はあります。

アレルギーというのもは、個人個人の持つアレルゲンが容量オーバーになると起こる症状ですが、体調にも左右されるため、どこからが基準なのかは一概に言えません。金属アレルギーも花粉症も、アレルギーになる仕組みは同じなのです。

アレルギーは、生活環境によるものから遺伝的なものまで幅広く原因がありますが、どのアレルギーに対しても病院にさえ行けば症状は緩和されます。

しかし、まずは予防が大事ですよね。アレルギーの危険がある場合は、避けきれない場合を除いて何らかの対策を練っていることでしょう。突然起こるアクセサリーの金属アレルギーは、治ってもまた症状がぶり返す可能性があるのでしっかりと対策をとらなくてはいけませんね。

ピアスによる金属アレルギーが起きる原因とは

アクセサリーの中でも、最も金属アレルギー反応の症状が多いのはピアスです。金属アレルギーは、身体から出る分泌液や汗によって金属が溶解し、それによって金属イオンが出てくることから始まります。

出てきた金属イオンは、体内の蛋白質と結合し、アレルゲン物質という厄介なものになります。それが蓄積されていき、飽和状態になるとアレルギー反応の症状が起こるのです。

アレルギーは完治は不可能です。一度発症してしまったら、この先いかにアレルギーを起こさないように過ごすかが課題となります。

しかし、ピアスでアレルギーが起きたからといって、二度とピアスが付けられないというわけでもないのです。
アレルギー対策さえしていれば、これまでのようにピアスなどのアクセサリーを楽しむことが可能なのです。

金属アレルギーの危険は全身に及ぶ?!

ピアスによる金属アレルギーを起こしたことがある人ならおわかりでしょうが、ピアスによる金属アレルギーはピアスの穴を中心として、赤くただれたように炎症を起こし、ひどいかゆみと共に分泌液も出てきますよね。

簡単に言えば、赤く腫れてグチュグチュになる感じです。

昨日まで何ともなかったのに!と思う人が殆どですが、アレルゲンがとうとう満タンになって溢れてしまったわけですので、こうなると病院へ行くしかありません。ピアスに限らず、アクセサリー全般に言えることです。

そのまま放置して治るものでもなく、それどころか全身に金属イオンがまわってしまいます。耳たぶだけだった症状は全身に回ったことによって全身性皮膚炎となり、重症化してしまうのです。

痒いだけだからと放っておく人は多いですが、明らかに次第に症状が悪化していると感じたらすぐにピアスを外したうえで病院で受診してもらいましょう。その他のアクセサリーでも同じことが言えるので、まずは受診すること!

ピアスの金属アレルギーを防ぐにはどうすればいい?!

金属アレルギーに限らず、アレルギーはアレルゲン物質が飽和して起こります。自分は大丈夫!と思っていても、まだ飽和状態になっていないだけで、いつアレルギーが発症するかわかりません。
ピアスをしている人は、アレルゲン物質が溢れだすまでに個人差があるので油断はできないのです。

最近では、金属アレルギーの人も安心してつけられるような金属で作られたピアスもたくさんあります。金属アレルギーが発症していない人こそ、金属アレルギー予防のために安心できる金属仕様のピアスを普段用に使ってみましょう。

ピアスは見ていればどうしても欲しくなる可愛いものがいっぱい!好きなブランドもあるでしょうから、そういうブランドもののピアスはおしゃれ用にしてみたり、上手く工夫していけば金属アレルギーになりにくいはずです。

また、金属といっても、一定の金属にだけ反応したりするので、痒みがでたらすぐに外すこと。そして、その金属のピアスは使用しないことが大事ですね。

ピアスの金属アレルギー予防素材①チタンやステンレス

チタンの特性は溶けにくいところにあります。アレルゲン物質は、成分が溶けだして体にまわることから始まるので、溶けにくい物質であるということはそれだけでアレルギーになりにくいということになりますよね。

アクセサリー類は、本体部分と留め具部分で異なる金属を使用している場合があります。ピアスの場合、キャッチ部分もきちんと見て、キャッチ部分もチタンやステンレス製のアレルギー対応のものを選びましょう。

チタンピアスは、アレルギー対応ピアスとして各ブランド通販でも販売しています。

人気が高いブランドは、ティファニーやケイトスペード。18kでなければ可愛いものを買えないなんてことはないのです。ブランドもののピアスなら、デザイン性にも優れていて、ティファニーの場合ですとチタンのオープンハートもあります。これなら今まで通り通販でも安心して購入できますよね。

ブランドショップでのピアス探しも今まで通りできるのです。

ピアスの金属アレルギー予防素材②樹脂

金属アレルギーを心配しているなら最も安心してみんな使っているのがアレルギー対応の樹脂製ピアス。一定の金属にアレルギーを起こす人も、全てに反応してしまう人も安心の樹脂は市場に多く出回っています。

樹脂のピアスには、金属が一切含まれないため、今現在金属アレルギーを起こしていない人は、種類豊富な樹脂製ピアスに切り替えてみませんか?

樹脂製のピアスは、アクセサリーショップや雑貨屋さん、通販など数多く売られていて、しかも安価なピアスが多いです。普段使いのピアスには最適!特に通販は安くて可愛いピアスが多いので、安心のアレルギー対応樹脂ピアスでおしゃれを楽しんじゃいましょう!


◆関連記事:もっとピアスについて知りたいアナタはこちらもチェック

トラガスのピアスの開け方は?痛みはどのくらい?
軟骨ピアスのヘリックス・トラガスの開け方!痛みはどれくらい?

ピアスの金属アレルギー予防素材③プラチナ、金、銀

貴金属の中でも、金・銀・プラチナはアレルギーを起こしにくいとされています。しかし、これにも個人差があるので、今までにネックレスなどで金属アレルギーを起こしたことのある人や痒みを感じたことのある人は例外です。

アレルゲン物質の許容範囲を侮らず、少しでも痒みを感じたら外すこと、そして異常が現れたらすぐに病院に行くことが大事です。

金・銀・プラチナのピアスとなると通販は勿論、各ブランド可愛いものが揃っていますよね。

しかし、デザインだけにとらわれず、キャッチ部分の金属も確認するようにしましょう。アレルギー対応に見えて、実はポスト部分だけ・・・という場合が結構多いのです!

ピアスの金属アレルギー予防素材④ニッケルフリー

樹脂やチタンなどと比べると、まだ浸透率の低いニッケルフリー。その名の通り、ニッケル不使用ということですが、完全にゼロではないピアスも流通しています。ゼロではないけど限りなくゼロに近い、ということですね。

ニッケルフリーと表示されていてもそういう製品もあるので、ニッケルで金属アレルギーになったことのある人はフリーと書かれていても用心するに越したことはないでしょう。

しかし、本当にニッケルがゼロのアレルギー対応製品もちゃんとありますし、もしニッケルフリーと表示されているピアスを使うのであれば、短い時間だけつけてみて様子をみましょう。

体調にもよる場合があるので、短時間を何回か試してみて、その結果をみて判断していけばいいのです。使えるピアスは多いほうがいいですよね。

ピアスの金属アレルギー予防素材⑤ピアスコート

ピアスコートは、ニッケルから体を守ってくれるアレルギー対応のアイテムで、肌に触れる部分のニッケルに塗り金属アレルギーになるのを防いでくれます。

プレゼントされたものなどで、どうしても使いたい非アレルギー対応ピアスがあるときにとても便利です。

使い方は簡単で、肌に触れるところに塗り、乾くのを待てばいいだけ!これなら、突然金属アレルギーになって使えなくなったブランド物のピアスなどにも対応できますよね。

思い出の詰まったピアスや、やっと買えたお気に入りのブランド物のピアスなど眠らせておくだけではかわいそう!ただし、あまり長時間付けるのはおすすめしませんので、様子をみながら使っていきましょう。通販でも買えるので、ひとつ買っておくと安心ですね。

金属アレルギーに気をつけてピアスを楽しもう♪

いかがでしたでしょうか。アクセサリーショップを回ったり、通販でピアスを買ったりという楽しみはアレルギー反応が出ない人は気軽にできるものの、金属アレルギーの人はアレルギー対応のピアス探しをしなくてはいけませんよね。

特に通販は表示を信じるしかないので、出来る限り安心できる素材のピアスを選ぶしかありません。

貴金属店でピアスを買う場合は、プロであるお店の人にポスト部分やキャッチ部分の素材を再度確かめてから買うと安心です。

アレルギー対応ピアスで、快適なおしゃれを楽しんでくださいね♪

もっとピアスについて知りたいアナタはこちらもチェック

可愛いピアスブランド27選!おしゃれで大人におすすめ【大人気】
ノンホールピアスとは?落ちない痛くない付け方を解説します!
ピアスが入らない?簡単に入れるコツとは?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ