前髪巻き方講座!流すコツは?コテなどアイテムごとに説明!

印象が大きく変わるのが前髪ですが、そんな前髪は上手な流すやり方や巻き方が難しいと感じている人も多いでしょう。一工夫するだけでもっと可愛くなれる前髪の流す方法や巻き方、道具によっても違うやり方とポイントについてご紹介していきます。

前髪巻き方講座!流すコツは?コテなどアイテムごとに説明!のイメージ

目次

  1. 伸ばしかけ前髪はもっと可愛くなれる!
  2. 前髪は流す・巻き方でイメージが大きく変わる
  3. 甘辛ヘアスタイルは前髪をふんわりとした巻き方で流すと◎
  4. 【前髪を流す・巻き方】イメージしやすい短い前髪
  5. 【前髪を流す・巻き方】イメージしやすい長い前髪
  6. 【前髪を流す・巻き方】イメージしやすい伸ばしかけ前髪
  7. 道具別の前髪を流す・巻き方【コテ編】
  8. 道具別の前髪を流す・巻き方【アイロン編】
  9. 道具別の前髪を流す・巻き方【ドライヤー編】
  10. 道具別の前髪を流す・巻き方【カーラー編】
  11. 前髪を流す・上手な巻き方にするためには乾いた髪で!
  12. 前髪を流す・上手な巻き方にするためには鏡を活用
  13. 前髪を流す・上手な巻き方にするためには力を入れすぎない
  14. 前髪が崩れてしまったら…
  15. 前髪は流すことで更に可愛く!上手な巻き方で女子力を上げよう

伸ばしかけ前髪はもっと可愛くなれる!

ヘアスタイルはその人のイメージを大きく左右するものですが、前髪もそんな一つの大切な要素ですよね。前髪までバッチリ決まったヘアスタイルは手を一切抜いていない女子力抜群さが溢れます。

しかし、外出する際にヘアスタイルがバッチリでも意外と前髪には手を付けない…という女性も多いようです。

バックのヘアスタイルが決まると前髪はどうでもいいや…と思ってしまう人がいますが、前髪こそしっかりセットしなければそのヘアスタイルは活かせません。ふんわりと手が加えられた前髪は誰が見ても魅力満点となるので今まで前髪に構ってあげられなかった人はぜひ前髪にも注目して可愛い前髪の作り方を知っていきましょう。

また、前髪に手を付ける際は女性らしいふんわりとしたカールの作り方を覚えると良いでしょう。カールが少し入っているだけでも印象は大きく異なり、ヘアスタイルバッチリでその後の扱いも楽になります。パッツン前髪などよりも手のみでまとまる前髪ふんわりカールは、外出してからもヘアスタイルを保つことができます。

前髪は流す・巻き方でイメージが大きく変わる

ヘアスタイルの中に前髪は含まれない…という前髪にあまり着目していない人にとってはたかが前髪だと感じますが、今の時代はほとんどの女性が前髪にもしっかりとヘアスタイルが活きるアレンジをきかせています。真っ直ぐストレートから新しくふんわり前髪を作るのが面倒だという人も中にはいますが、そういった人は予めパーマをかけていたりと何らかの工夫をしています。

テレビに出演する女優もしっかりと前髪を作っていますよね。バラバラでまとまりのない前髪でいることは決してないのでそういったところも女子力の見せどころでしょう。ストレートで真っ直ぐと伸びた前髪ももちろん魅力的で可愛いですが、更に上の上級者前髪になるためにはやはり少しでもカールさせた方が可愛く見えます。

甘辛ヘアスタイルは前髪をふんわりとした巻き方で流すと◎

普段から可愛い服装を好んでいる人はふんわり前髪と聞くと自分のイメージとは合わないと感じますが、カッコイイ服装をしている人にもふんわり前髪がおすすめです。辛口コーデをしているとどうしてもとっつきづらい印象に見え、時にはまとまり過ぎが原因の単調になってしまうこともあります。

そんな辛口コーデの人がふんわり前髪をプラスすると一変して甘辛コーデに大変身します。ただカッコイイだけ、ただ可愛いだけのコーデには飽きたという人や、もっと他にもインパクトを入れたいという人にもふんわり前髪は良いアクセントになるのです。

【前髪を流す・巻き方】イメージしやすい短い前髪

前髪と一口に言っても人によって様々な長さの前髪がありますよね。例えば伸ばしかけでもまだまだ短い前髪の場合はこれ以上前髪をいじるの?と不安になってしまいますが、短い前髪でも下記の画像のようにふんわりカールを意識してあげれば短い前髪でも艶のある不自然のないふんわり感を持たせることができます。

tricca_daikanyamaさんの投稿
41816208 353752432034727 4349132685817522921 n

短い前髪は短いまま通常のカールを入れてしまうと、どうしてもおでこが広く見えてしまいます。バサバサとしたまとまりのない前髪は短いタイプの人には少々不向きでセットもしづらいため、短い前髪の人は向きを合わせてみたりするとふんわり感を出しつつ男っぽさを消してくれます。

bm_hairsalonさんの投稿
40756799 330878451014351 8539993405832512578 n

【前髪を流す・巻き方】イメージしやすい長い前髪

短い前髪とは反対に伸ばしかけがどんどん伸びてしまっている長いタイプの前髪を持つ人もいるでしょう。長い前髪は多少バサバサとしたセットになってしまっても手ぐしのみでまとまるので扱いやすいです。長い前髪は何もしなくても十分可愛いですよね。しかし、長いからこそ手のかけ方がいくらでもあります。

そんな長い前髪は目が隠れてしまうほどだったり、長い期間伸ばしかけだった人は顎にまで届く長さの場合もありますよね。

yukkoo1216さんの投稿
10254234 494505057345675 509508025 n

長い期間伸ばしかけで前髪を放置していた場合はおでこの正中線から真ん中に分けるだけでも良いですが、それでは大人っぽ過ぎる印象を与えることもあるので可愛いイメージで前髪を作りたい人は、長い前髪を流してカールさせてみると良いでしょう。長い前髪は二つに分けてふんわりカールで下に向かって流してみたり、一つにまとめて長い前髪を活かすヘアスタイルでも可愛く仕上がります。

hiroyahamaokaさんの投稿
30890688 216680438922139 4268011132062531584 n

【前髪を流す・巻き方】イメージしやすい伸ばしかけ前髪

上記では長い前髪と短い前髪に触れましたが、その間を取る長すぎず、短すぎず…の典型的な伸ばしかけ前髪が最も多いのではないかと思います。伸ばしかけの前髪はそのままでは特徴のない前髪に見えるのであともう一工夫欲しいところですよね。伸ばしかけはそのままにしておくとだらしない印象に見え、伸ばしかけだということを一目見て悟られてしまいます。伸ばしかけでは目に入ることもありますし、衛生面でもあまり良いとは言えません。

didisuga_larry_by_balloonhairさんの投稿
30085796 1610197275700530 6788309937198989312 n

しかし、伸ばしかけ前髪はふんわりカールを入れることによって可愛くもなり、ときにはセクシーに見えることもあります。伸ばしかけの前髪は少しカールを入れると髪と髪の隙間から目が見えて色気のある印象を与えることが可能です。また、短いでもなく長いでもない前髪はヘアスタイルを作るのが苦手な人でも比較的上手にまとめられる利点があります。

伸ばしかけ前髪に耐えられなくなった人は伸ばしかけ前髪だからこそ広がる前髪ヘアスタイルを楽しんでみましょう。

shin.hayashさんの投稿
28156372 709844245890530 329668070299664384 n


□関連記事:もっと前髪について知りたいあなたはこちらもチェック

前髪留め方アレンジ集!簡単にかわいくできるピンの使い方紹介!
帽子の時の前髪の作り方は?おしゃれなかぶり方も解説します!

道具別の前髪を流す・巻き方【コテ編】

続いてふんわり可愛い前髪の作り方に移っていきましょう。前髪のヘアスタイルを作ったことがある人はご存じの通り、前髪カールやアレンジは少しコツがいりますよね。どういったアイテムを使えば上手な前髪の作り方ができるのか分からないといった人もいますが、あまり前髪をいじったことがないという人はまず巻くことに長けているコテを使ってみましょう。使用するコテは19mm~26mm程度を目安にします。

このコテの大きさが細すぎると前髪に強く力がかかり、違和感のある変な前髪になってしまいます。大きすぎるコテでは前髪を巻きづらいといった不都合が起きるのでこの大きさのコテを選ぶとやりやすいですよ。

lys_ynさんの投稿
41640161 337708640310899 8972343372073115782 n

コテを使ったキュートな前髪の作り方は、まず前髪を綺麗にブラッシングしてから根元の毛束までしっかりと固定して熱を入れます。あまり長い時間巻き続けていると後で修正がきかなくなるので数秒経ったら一旦離して鏡で確認し、まだカールが弱いようであれば再度コテで固定しながら巻いていきます。

また、中央に集まるような上記のふんわりカールよりも横に流したカールの方が好みの人は前髪の巻く位置を中央に集めるのではなく、流したい方向に向かって斜めにコテを入れてみましょう。

coms_recruitさんの投稿
41796059 1132260590255721 6332275001806359759 n

また、短い前髪の人はコテが相当熱くなっているので皮膚に当たらないように十分注意しながら行ってください。前髪が短いとコテでふんわりカールを作るのは難しいですが、作り方の基本は「巻く」ことなので火傷しないように力を抜いて優しいカールを入れてあげるようにしましょう。

それでもふんわりカールの作り方が難しいと感じたら、いっぺんにたくさんの毛束をカールさせるのではなく、小分けにした毛束を一つずつ巻いていく作り方でも上手にできます。

道具別の前髪を流す・巻き方【アイロン編】

主にうねってクセが付いた毛髪をストレートにする機能に長けるストレートアイロン。ふんわり前髪はこのアイロンでも作ることが可能です。コテは初めから丸みがあるので巻くのも比較的簡単ですが、アイロンは少しコツが必要になるので注意しながら進めていきましょう。

アイロンを使ったふんわり前髪の作り方はカールさせたい前髪の部分のみにアイロンを当て、ゆっくりと流したい方向に向けて手首を内側にひねりながら作っていきます。

hikaruhoritaさんの投稿
41978086 107207380199595 6572341823365297007 n

アイロンは同時方向に向いているヘアアイテムなので、ふんわり前髪を作る際は絶対に強い力で過度な方向の流しは避けてください。アイロンは流す方向に向けてそのままの形で残ってしまうため、強い力で当てていると直しが難しい仕上がりになってしまいます。

また、伸ばしかけの前髪を全て一つにまとめてアイロンをかけると熱が当てられていない箇所が出てくるので、正面から見て前髪を横に何等分かしてピンなどで留めながら少しずつ進めていくとやりやすいです。ヘアアイロンは伸ばしかけ前髪を簡単にアレンジできる反面、一度クセ付いてしまうと修正が大変なので弱い熱に設定して行うことも忘れずにしましょう。

aivil___さんの投稿
41610848 291134228374125 3931027777794791845 n

道具別の前髪を流す・巻き方【ドライヤー編】

髪を乾かす用途の他にも、自然な熱で髪を形作るドライヤーでもふんわり前髪を作ることができます。ドライヤーとクシを使って毎朝ヘアスタイルを作っているという人も多いのではないでしょうか。ドライヤーは直接熱を与えるコテやアイロンよりも髪に優しいヘアアイテムになります。

sunflower.love820さんの投稿
42742849 170849787126471 2279681646297648202 n

前髪をセットするときのドライヤーは髪を乾かす際の強風ではなく、セット用の中風程度からふんわり前髪の作り方を始めていきます。髪から10cm程度離して使うと髪に受けるダメージも抑えられるので、大きく毛束をまとめることができるブラシでカールさせたい髪を取り、流したい方向に向かってドライヤーをかけていきます。

このとき、根元までしっかりドライヤーの風が当たっていないと根元の部分のみ浮いて変に見えるのでブラシを前髪の根元まで入れ込んでからドライヤーの熱を与えていきましょう。理想のクセが付いたらすぐに冷風を当ててあげることでしっかりとそのクセを定着させることができます。また、ドライヤーセットで使用するブラシは難しいという人はクルクルドライヤーと呼ばれるものを使ったり、髪をとぐ部分が丸い形状になっているものを使ってもOKです。

aya.takagicanvasさんの投稿
42600101 2208221709467289 7379059741133814432 n

道具別の前髪を流す・巻き方【カーラー編】

前髪ふんわりカールと聞いてまず初めにイメージしたのはカーラーだという人も多いことでしょう。巻くことに優れたカーラーはコテやアイロンのように直に熱を与えることがないのでカールを初めて作るという人におすすめです。カーラーを使ったふんわり前髪の作り方のコツは、ただ前髪をしっかり巻き込めるかどうかだけです。

16__akanenさんの投稿
38420274 1955311077823709 667594091399217152 n

今は100円均一にも前髪カーラーが販売しています。マジックカーラーなどであればピンで留める必要もありません。カーラーは使い始めの慣れない時期だと髪を巻き込むのが難しいですが、前髪を一つにまとめて少し強い力で巻けばカーラーに上手に巻くことができます。

夜寝るときにカーラーを巻いてクセ付けするという人が多いですが、時間がないときや、よりカールを長持ちさせたい場合はカーラーで前髪を巻いてからドライヤーの風を少し当てると短時間でふんわりカールが手に入ります。その後はドライヤーの手順と同様に冷風を当ててクセ付けを行ってください。

haaaru613さんの投稿
39301465 242557246449874 787791633100832768 n

前髪を流す・上手な巻き方にするためには乾いた髪で!

可愛くふんわりとした前髪カールは作り方ばかりに集中してしまいがちですが、最も大切なことは、どの道具を使う前にも必ず乾いた髪で行うようにしましょう。少しぐらい濡れた髪でも…と思ってしまいますが、濡れた髪にヘアアイロンやコテなどの直接熱が加わる道具はダイレクトに髪のダメージに直結します。ドライヤーで前髪カールを作る際にも濡れた髪のままではいくらブラシでカールの道筋を作っても上手な作り方には繋がりません。

ドライヤーも初めはある程度湿った状態の髪になるまで乾かす必要があるのでドライヤーを使わないアイテムを使用する場合は特に乾いた髪であるかをまず最初に確認しましょう。濡れた髪はカールが上手な作り方ができないばかりか、クセが付いてもすぐに取れてしまうので上手なカールの作り方を実践したい場合は乾いた髪で行うのが一番です。

前髪を流す・上手な巻き方にするためには鏡を活用

前髪カールがふんわりできた!と思っていても、実は第三者からの目線では笑われてしまう対象になっているかもしれません。街中で前髪が異常にこんもりとした人を見たことがある人も多いでしょう。ふんわりを意識しすぎてカールを大きく作ると、時としてあなたの前髪に合わない不自然な前髪になっている可能性があります。

そういったボリュームがありすぎな前髪は鏡から横を向いて確認してみると判断ができるので、仕上がりの後にはカールの出来と共に確認してみると安心できます。ボリュームのあるカールは細いコテを使っていたり、短い前髪の人に多いのでそんなところも気を付けながら行っていきましょう。

前髪を流す・上手な巻き方にするためには力を入れすぎない

上手なふんわり前髪の作り方で注意したい点は他にも力を入れすぎないということも挙げられるでしょう。特にヘアアイロンは手を止めてしまったり力を入れすぎるとその線で跡が付いてしまいます。コテの場合も力を入れすぎるとカクカクとなったふんわり前髪とはほど遠い仕上がりになることも多いので、力加減を覚えることも大切です。

ふんわり前髪はヘアアレンジの中でも難しい分類なので初めは弱すぎるかな?というぐらいの力加減にしても問題ありません。一度強い力で定着されるともう一度頭を洗ってリセットしなければならないので、初めの頃は弱すぎる力から始めてみましょう。

前髪が崩れてしまったら…

せっかくふんわり前髪が出来ても時間が経つとバラバラとしたり、崩れてカールの形自体が消失してしまうことも少なくありません。クセを付ける際の力が足りなかったということですが、外出先でカールが取れてしまったら大変ですよね。そんな緊急事態にはシングルピンで崩れた前髪を三等分にしてそれぞれ丸い円のカールを作ってピンで留めます。時間がないときはドライヤーを使って前髪全体を温め、ピンを外すとすぐにふんわり前髪が復活します。

また、熱を与えられるアイテムが何もないのに前髪カールが崩れてきたというときには、コットンとピンさえあればまた前髪カールが復活します。崩れた前髪を二等分に分け、前髪に対して縦にコットンを二枚挟んでそのまま前髪をクルンとねじります。前髪の根元にピンを挟み、少し時間を置いたら簡単にカールが復活するので、いつどこでカールが崩れても良いようにコットンとピンは持ち歩いておくと安心ですよ。

前髪は流すことで更に可愛く!上手な巻き方で女子力を上げよう

伸ばしかけ前髪、短い前髪、長い前髪をふんわりさせる前髪の作り方などをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。ヘアスタイルはその人の印象を決定付ける大切な要素です。ヘアアレンジは数多く体験しても、前髪を流す、巻くといったアレンジは意外としていなかったという人も多いので、伸ばしかけの前髪は好きになれない…という人は少し手をかけるだけで格段に可愛くなる前髪巻き流しの作り方をぜひ実践してみてくださいね!

もっと前髪について知りたいあなたはこちらもチェック

アイドル前髪で小顔になろう!失敗しない崩れ知らずの作り方!
前髪ぱっつんショートヘアがキュート♡スタイル・アレンジ15選!
チョッピーバングの前髪がトレンド!切り方やヘアスタイルをご紹介!

関連するまとめ

ももこ◯
ももこ◯
様々な角度から女性の悩みを解決できるような記事作りを目指しています。ダイエット、恋愛、美容、健康などに興味を持ち、毎日輝けるような人になれるように日々奮闘中です。よろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ