失敗しない前髪の縮毛矯正!自然&キレイな髪型で大人女子になる♡

前髪の縮毛矯正はどうしていますか?かかりすぎて失敗するという人もいれば、前髪だけ縮毛矯正をしたいという人もいるでしょう。前髪の縮毛矯正でよくある失敗の対処法から、流しにくい前髪の流し方、大人女子におすすめの髪型まで紹介します。

失敗しない前髪の縮毛矯正!自然&キレイな髪型で大人女子になる♡のイメージ

目次

  1. 前髪の縮毛矯正!どんな人におすすめ?
  2. 縮毛矯正とストレートパーマは「抑えるパワー」と「持ち」が違う!
  3. クセ毛の強い人は縮毛矯正がおすすめ!
  4. 後ろ髪と一緒に前髪も縮毛矯正する?しない?
  5. 前髪だけの部分矯正もアリ!部分クセ毛、朝のスタイリングにお悩みの方に◎
  6. 前髪の縮毛矯正を上手にかける方法は?どんなオーダーすればいい?
  7. ①ぺったん前髪は嫌…!毛先に自然なカールを残してもらおう
  8. ②縮毛で前髪がチリチリに…!あなたの髪のダメージ状況を伝えよう
  9. ③カウンセリングが大切!あなたの髪質を理解してくれる美容師を探そう
  10. 【前髪の縮毛矯正後】こんなお悩み&失敗談も…!どう対策すればいい?
  11. お悩み失敗談①前髪が浮いてしまう…縮毛矯正のかけすぎ注意
  12. お悩み失敗談②まっすぐすぎて、前髪が流れない?ボリュームダウンも…
  13. お悩み失敗談③毛先が痛みすぎてチリチリに…!
  14. もし失敗したら…まずは美容師さんに相談しよう!
  15. 前髪の縮毛矯正を上手に活かす方法とは?アフターケア&アレンジ方法!
  16. 当日のシャンプーはNG。型崩れの原因に…!
  17. 前髪縮毛をかけ直す頻度は2ヶ月〜3ヶ月程度が理想!
  18. トリートメントが大切!気になるときは「切る」という選択も…
  19. カールを作りたいなら、毛先まで縮毛矯正をしない選択肢も◎
  20. ヘアアイロン&コテの使用はOK!でも、ダメージには気を付けよう
  21. 縮毛矯正した前髪を上手に流す方法!
  22. 【前髪の縮毛矯正】チャレンジしたくなる大人可愛い髪型3選
  23. 大人可愛い髪型① ショートボブ:重めバンクのボブスタイル!
  24. 大人可愛い髪型② 前下がりボブ:OLに人気の大人モテ髪に♡
  25. 大人可愛い髪型③ ミディアムヘア:抜け感×ナチュラルヘア
  26. 前髪×縮毛矯正で素敵な髪型になっちゃお♡

前髪の縮毛矯正!どんな人におすすめ?

クセ毛でお悩みの方、前髪への縮毛矯正は考えてみたことありますか?前髪だけ縮毛矯正したいという方もいれば、まっすぐになりすぎて前髪だけ縮毛矯正を避けたいという方もいるかもしれませんね。

縮毛矯正がいいのか、ストレートパーマがいいのか迷っているという方もいるでしょう。両者の違いについても説明します。

前髪に縮毛矯正をすると垢抜けヘアも簡単にできますが、流し前髪にしにくい、チリチリになるなどの縮毛矯正特有のお悩みも出てきますよね。そんな悩みの対処法にも触れつつ、大人可愛い髪型も紹介します!

縮毛矯正とストレートパーマは「抑えるパワー」と「持ち」が違う!

美容院のメニューでは一般的に縮毛矯正よりストレートパーマのほうが安いですね。「お金がかかるし、ストレートパーマでよくない?」と考えている方もいるでしょう。

しかし、ストレートパーマはくせ毛を直すためのメニューではないのです。パーマをかけた髪をストレートに戻すのがストレートパーマです。

サラサラのまっすぐな髪の毛にしたいという方は縮毛矯正を受けるのが正解。ストレートパーマでクセ毛のボリュームを落とすことはできますが、髪のクセはいくらか残ってしまうのです。


◆関連記事:ストレートパーマと縮毛矯正の違いはこちらも参考に!

ストレートパーマと縮毛矯正の違いは?縮毛矯正とは何なの?

クセ毛の強い人は縮毛矯正がおすすめ!

髪に強いクセのある方は、ストレートパーマによるボリュームダウンだけでは髪をまっすぐにはできません。サラサラヘアに憧れるなら、縮毛矯正がおすすめです!

料金は安いお店でも1万円以上してしまいますし、時間も2時間~2時間半と長めにかかりますが、別人のようなストレートヘアになれて持続力も長めです。

前髪だけでも縮毛矯正をすることで、スタイルが決まりやすくなり、印象もがらりと変わります。後ほど説明しますが、矯正をすることで髪がまっすぐになりすぎてスタイリングできない、という事態もポイントを押さえれば回避できます。

後ろ髪と一緒に前髪も縮毛矯正する?しない?

縮毛矯正をするとき、前髪も一緒に縮毛矯正をするか否かは、目指すスタイルに合わせて美容師さんともよく相談して決めましょう。

前髪に縮毛矯正をかけると、カールさせにくくなるのは事実です。前髪のクセがさほど強くないなら、前髪を残して縮毛矯正し、前髪はナチュラルなカールでおしゃれ感を出すというのも女性らしい素敵なヘアスタイルですよね。

前髪の縮毛矯正にはメリットとデメリットがあるので、以下の記事も読みつつ美容師さんと相談して、後悔のないプランを決めてくださいね。

前髪だけの部分矯正もアリ!部分クセ毛、朝のスタイリングにお悩みの方に◎

逆に後ろはナチュラルなクセ毛でいいけれど前髪が決まらず、前髪にだけ縮毛矯正をかけるというのもありです。部分クセ毛の方もいますよね。

女性のヘアスタイルは前髪で大部分の印象が変わってしまうもの。朝のスタイリングがうまくいかない…、とお悩みなら、前髪だけ縮毛矯正をかけてみましょう。

以下では美容院でどうオーダーすればいいのかを見ていきます。失敗例や注意点にも触れるので、ポイントを押さえてなりたいスタイルを目指してください。

前髪の縮毛矯正を上手にかける方法は?どんなオーダーすればいい?

前髪の縮毛矯正したい…。でも、初めての方は、どうオーダーしたらいいかわからないかもしれませんね。失敗を避けて上手にかけるためのポイントを見ていきます。

縮毛矯正後に悩みがちなポイントもまとめましたので、前髪の縮毛矯正を成功させるために、ぜひ参考にしてみてください。

①ぺったん前髪は嫌…!毛先に自然なカールを残してもらおう

縮毛矯正をかけると前髪がぺったんこになってしまうことも…!いかにも「縮毛矯正しちゃいました!」という感じで逆に垢抜けない雰囲気になり、スタイリングも決まらない…なんていう失敗は避けたいですね。

そんな失敗をしないように、あらかじめ美容師さんに相談をするようにしましょう。縮毛矯正では、毛先に自然なカールを残すこともできるのです。毛先と根本に使用する薬を使い分け、毛先にはカールが残るようにします。先にどんな髪型にしたいかをじっくり相談してみましょう。

②縮毛で前髪がチリチリに…!あなたの髪のダメージ状況を伝えよう

縮毛矯正で前髪だけチリチリになるケースもあります。前髪は毛が細く、日ごろからダメージを受けやすい部分。縮毛矯正でダメージが決定打となり、髪がボロボロになることも…。

日々のヘアアイロン、カラーリング、パーマなどあなたの前髪のダメージ状況を整理して伝えましょう。ダメージが深そうなら、縮毛矯正を見合わせるという選択肢も出てきます。


◆関連記事:ビビリ毛は修復できるの?

ビビリ毛は修復できる!原因は縮毛矯正の失敗?

③カウンセリングが大切!あなたの髪質を理解してくれる美容師を探そう

髪の悩みやダメージの状況は人それぞれ。縮毛矯正は時間がかかるから早く終わらせたい、と思うかもしれませんが、美容師さんとのカウンセリングの時間も大切です。

不慣れな美容師さんや機械的にさっさと終わらせようとする美容師さんではなく、あなたの髪質を見て理解してくれる美容師さんを選びたいものです。

髪が傷んでボロボロになってからでは遅いので、信頼できる美容院や美容師さんのもとで縮毛矯正の施術をしてもらいましょう。

【前髪の縮毛矯正後】こんなお悩み&失敗談も…!どう対策すればいい?

前髪の縮毛矯正にこんなお悩みや失敗例も…!一体、どう対処したらいいのでしょうか?もしできるなら、予防できる段階なら予防したいですよね。前髪縮毛をした後に起こる悩みを紹介します。もし「失敗した!」と思っても、落ち着いて美容師さんに相談し、対処するようにしましょう。

お悩み失敗談①前髪が浮いてしまう…縮毛矯正のかけすぎ注意

根本ギリギリまで縮毛矯正がかかっていると、前髪がピンと立って浮いてしまう状態に…。前髪が浮くのは、根本から髪がまっすぐなためです。

前髪が伸びてくれば落ち着きますが、縮毛矯正のかかりすぎには要注意。根本は少し残して縮毛矯正をかけてもらえるように美容師さんに相談しておきましょう。

もし浮いてしまったら、毎朝のドライヤーで直せます。前髪を濡らして、根本を寝かせた状態で手で押さえながら根本から完璧に乾かしましょう。これで自然な形にクセづけできます。

お悩み失敗談②まっすぐすぎて、前髪が流れない?ボリュームダウンも…

縮毛矯正をすると髪が上から下までまっすぐになり、流し前髪を作りにくくなるのは事実です。毛先だけ薬剤を変えたり、薬剤をつけた状態でロッドを巻くという方法があります。

縮毛矯正をしてから前髪が流れないことに気づいても、カールアイロンを使うことで流し前髪にできます。ぐるぐる巻かずワンカールさせるだけでOKです。

お悩み失敗談③毛先が痛みすぎてチリチリに…!

すでにカラーやパーマをしていたり、2回目以降の縮毛矯正だと、髪がチリチリになってしまう失敗も…!施術前に美容師さんに、カラーやパーマ歴、傷みの気になる箇所を伝えましょう。

施術前にトリートメントをして傷みを防ぐという方法もあります。カラーやパーマをしているから縮毛矯正は見合わせになるとは限りません。まずは、正直に伝えて自分の髪の状況を見てもらいましょう。

もし失敗したら…まずは美容師さんに相談しよう!

「失敗したかな…?」と思ったら、再び美容院に行って美容師さんに相談しましょう。縮毛矯正のかかりが弱い場合はやり直しをしてくれる場合もあります。ただし髪のダメージが増えるのには気をつけてください。

縮毛矯正が上手くいかなかった原因によって、その後の対応は異なります。元に戻るとも限りませんが、とにかくもう一度美容室に行って、相談してみることが大事です。


◆関連記事:縮毛矯正を失敗した際の対処法は?

縮毛矯正が失敗しない方法と失敗した時の対策まとめ!

前髪の縮毛矯正を上手に活かす方法とは?アフターケア&アレンジ方法!

せっかく前髪に縮毛矯正をしたなら、アフターケアもしっかり行っておしゃれな髪型を楽しみたいですよね。縮毛矯正後は髪をどうケアしていけばいいのか見ていきます。

また、単にまっすぐなだけの前髪では飽きてしまうもの。カールを作ったり流したりするにはどうしたらいいのかも必見です。

当日のシャンプーはNG。型崩れの原因に…!

縮毛矯正をしたその日のシャンプーはNGです。実は美容院で縮毛矯正をかけた後も薬剤が働いていて、ストレートのスタイルが定着するのに24時間かかります。

汗が気になるからとシャンプーしてしまうと、クセの残った前髪に…。また、髪のダメージも気になります。縮毛矯正をかける前にシャンプーしてもらうのも一つの手段ですね。

お風呂に入る際は髪を濡らしてしまわないように、シャワーキャップをかぶって入りましょう。当日のお風呂も、縮毛矯正のかかり具合を左右します。

前髪縮毛をかけ直す頻度は2ヶ月〜3ヶ月程度が理想!

一度縮毛矯正をかけても、一定の期間がたてば髪も伸びてきますし、縮毛矯正の効果もゆるんできます。そのため、またストレートにしたいなら縮毛矯正のかけ直しが必要です。

個人差はありますが、髪は1ヶ月で1センチ伸びるとされています。前髪の縮毛矯正のかけ直しは、2~3か月に1回が目安。前髪だと2、3か月もすると根本のクセ毛やボリュームが気になりだすころでしょう。

全体を縮毛矯正した場合だと、最初の2、3か月ならまだサイドや後ろの髪は気にならない、という方も多いはず。前髪だけ縮毛矯正をし直すのもありですよ。

トリートメントが大切!気になるときは「切る」という選択も…

2ヶ月〜3ヶ月で前髪の縮毛矯正をかけ直すと、当然ながら再度縮毛矯正をかける部分も出てきて髪が傷みやすくなります。縮毛矯正をかけたら、洗い流さないトリートメントを毎晩するなどのヘアケアは必須。

繰り返し縮毛矯正をかけたことにより、毛先がチリチリになる人も出てきます。失敗というよりも、2度目、3度目ならやむを得ない部分もあるでしょう。

どうしても傷みが気になるなら、毛先を切るというのも選択肢に入れておいてください。チリチリになるほどのダメージを受けると、トリートメントでは回復しないのが現実です。

カールを作りたいなら、毛先まで縮毛矯正をしない選択肢も◎

前髪に縮毛矯正をするとまっすぐになりすぎて髪型のバリエーションが限られてしまったり、繰り返しの縮毛矯正で毛先が傷んでしまったり。デメリットもありますね。

ナチュラルなカールを作りたいなら、あえて毛先は縮毛矯正をかけないという選択肢もありです。ただ、元々のクセのつき方によっては望んだ仕上がりにならない場合もあるので、美容師さんと相談して髪型もシミュレーションし、じっくり決めましょう。

縮毛矯正をかけるとコテで巻いてもカールを定着させにくくなりますが、毛先だけ残しておけばカールしやすくなるというメリットがあります。

ヘアアイロン&コテの使用はOK!でも、ダメージには気を付けよう

縮毛矯正後の髪にもヘアアイロンやコテの使用はOKです。ただ、弱っている髪に熱を加えるので、ダメージを受けやすいことは確かです。

ヘアアイロンをする前にヒートプロテクト効果のあるトリートメントやスタイリング剤をつけると、熱から髪を守る効果が期待できます。

ヘアアイロンやコテの熱を長時間当てると髪が傷みやすくなるので、素早くスタイリングできるように心がけてください。

縮毛矯正した前髪を上手に流す方法!

縮毛矯正をした前髪は流し前髪にできないって本当…?いやいや、そんなことはありません。コツを押さえれば、アイドルのような可愛い流し前髪も作れます!

まずは、流し前髪をナチュラルに仕上げるためにセルフカットを。動画を参考に、前髪を流した際に飛び出てくる箇所をカットします。すると滑らかな流し前髪を実現できちゃうんです!

毛先を弱めに縮毛矯正をかけてもらうと、流し前髪にしやすいでしょう。基本的にはまっすぐに仕上がるので、ストレートアイロンを使って流し前髪にセットします。

前髪の真ん中ぐらいの長さのところから、ストレートアイロンでワンカールさせると前髪が自然に流れていきます。

【前髪の縮毛矯正】チャレンジしたくなる大人可愛い髪型3選

前髪や髪全体の縮毛矯正をしたら、ぜひチャレンジしてみたい大人可愛い髪型を紹介します。まっすぐすぎない髪を生かすのが大人女性の髪型のポイントに!

ショートからミディアムまで3つの髪型を選びました。縮毛矯正をしていればスタイリングも楽々で、大人女性の魅力を存分に引き出せますよ!

大人可愛い髪型① ショートボブ:重めバンクのボブスタイル!

縮毛矯正をナチュラルにかけてもらったら、自然なショートボブにするのも素敵です。前髪を厚めに取って重めバングにすると、全体がソフトなイメージになりますよ。

毎朝のスタイリングで髪を内巻きワンカールにするような感覚でブローすると、自然な丸みが増します。ストレートアイロンで内側にクセづけするのでもOKです。

ショートにしたいけれど髪の量が多くてまとまりに自信がない…、という方にもショートボブはおすすめです。ふんわり感が大人可愛いですね!

大人可愛い髪型② 前下がりボブ:OLに人気の大人モテ髪に♡

縮毛矯正を全体にかけて念願のストレートヘアを手に入れたら、OLに人気の「前下がりボブ」もおすすめしたい髪型です。前髪やサイドにも縮毛矯正を当てているため、前下がりの長さ感覚が十分に生かせますよ。

スタイリング時はブローまたはストレートアイロンで、やや内側に髪の流れを作るとうまく決まります。髪のハネを防止してきれいなシルエットを保つためにスタイリング剤を軽くつけておくのも効果的です。

大人可愛い髪型③ ミディアムヘア:抜け感×ナチュラルヘア

ミディアムストレートヘアも大人可愛い髪型に。長すぎないストレートというだけで抜け感が出ますよね。ただ、ストレートだと髪に重さが出てしまうため、顔周りにレイヤーを入れるのもおすすめです。

前髪なしでレイヤーを入れてもよし、前髪を作っても清楚で可愛らしいスタイルになります。ナチュラルで健康的な印象ですね!


◆関連記事:縮毛矯正をかけている人におすすめの髪型はこちらにも!

縮毛矯正をかけている人におすすめの髪型55選!【長さ別】

前髪×縮毛矯正で素敵な髪型になっちゃお♡

前髪はその人の印象を決める大事な部分。前髪のヘアスタイルが決まらないと、髪型全体を失敗したような気分になりますよね。おすすめな髪型も参考に、縮毛矯正でなりたいヘアスタイルに近づいてください。

縮毛矯正で前髪を失敗した!という方も、まだ対処法はあるかもしれません。慌てずに、美容師さんとも相談してみましょう。

縮毛矯正についてもっと知りたい方はこちらも!

縮毛矯正に時間はどのくらいかかる?暇なときしかいけない?
縮毛矯正の値段の平均相場は?値段による質の違いはある?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ