今なら素直になれる。好きだった気持ち、思い出してみない?

あなたにはどんな恋愛の思い出があるでしょうか。楽しい恋愛の思い出が多いでしょうか。後悔している恋愛が多いでしょうか。今回はみんなの恋愛の思い出から、後悔したことや失敗したこと、忘れられない恋愛などを紹介します。新しい恋を始める時の参考にしていきましょう。

今なら素直になれる。好きだった気持ち、思い出してみない?のイメージ

目次

  1. あの時の気持ちを思い出しちゃった…
  2. 好きだったのに、と思い出す後悔がある?
  3. 今でも好きだった人のことが忘れられない?
  4. 付き合ったら、好きだった気持ちがなくなった?
  5. 楽しかったことも、後悔も大切な思いを抱えて。

あの時の気持ちを思い出しちゃった…

あなたには素敵な恋愛の思い出があるでしょうか。もしも今、あの時の恋愛をしていたら。そんな風に考えることはないでしょうか。今回は、あの時には素直になれなかったけれど、今ならもっといい恋愛ができたかもしれないと思う、みんなの恋愛をみていきます。

みんなが良かった・失敗したと思う恋愛の方法から、新しい恋をする時の参考になることをみつけていきましょう。

自分の過去の恋愛を思い出して、今の恋愛に活かせることや、これからの恋愛に活かせることも思い出してみてください。

好きだったのに、と思い出す後悔がある?

恋愛には良い思い出はたくさんあるけれど、後悔をしてしまうということもたくさんあります。あなたが思い出す恋愛の後悔にはどんなものがあるでしょうか。

まずはみんなが恋愛で後悔をしていることについてまとめていきましょう。本当は好きだったのに、どうして素直になれなかったんだろう。そんな後悔を紹介します。

好きだったのに、思いを伝えられなかった

恋愛で1番後悔をしていることが多いというのが、好きだったのに、好きだという気持ちを相手に伝えることができなかったという後悔です。

ずっと片思いをしていて、今日こそは告白をしよう、明日こそはと思っているうちに、卒業の日になってしまったとか、相手に恋人ができてしまって、告白をする前に恋が終わってしまうということがあります。

ラブレターまで書いて、あとは渡すだけだったのに、どうしても手紙を渡す勇気がなくて、そのまま机の引き出しにしまったままになっているという人もいるかもしれませんね。

振られてもいいから、あの時しっかりと気持ちを伝えておけば良かったと後悔をしている人は多いようです。

好きだったのに、ちゃんと向き合わなかった

好きだったのに、好きな人への気持ちとちゃんと向き合うことができなくて後悔をしている人も多いようです。

受験前で勉強に集中しなくてはいけなかったから、部活が忙しかったから今は恋愛なんてしている暇はないと思っていたとか、友達の手前、恋人を作ることが恥ずかしいことだと思っていたなんて理由もあるようです。

好きだという気持ちを持っていたのに、その気持ちを自分の中で殺してしまったということに、とても後悔している人もいます。

勉強がどんなに大変でも、部活で時間がなくても、好きだという気持ちと向き合ってできれば相手に気持ちを伝えるべきだったと考えている人も多いようです。

友達の手前、好きな人がいるということが恥ずかしかったという人は、どうしてそんなことを思ってしまったのか、思い出すと今でもその理由がわからず複雑な気分にもなるようです。

好きだったのに、諦めてしまった

好きだったのに、好きであることを諦めてしまったという人もいます。片思いをしていたけれど、相手には恋人がいるから自分は無理だろうと諦めてしまった人や、どうせ告白をしても振られてしまうだろうと告白することを諦めてしまったという後悔です。

好きだったのに、告白もしないで、相手の気持ちをしっかりと聞く前に、自分で恋を終わらせてしまったことに後悔をしてしまう人もいます。

気持ちを伝えることを恥ずかしいと感じてしまっていたことが原因になっているようです。どうせ振られてしまうというネガティブな気持ちがあったので、本当に振られるかどうか確認する前に諦めてしまったのです。

付き合えないとわかっていても、気持ちだけでも伝えておけば良かった、アプローチしてみれば良かったと後悔をすることもあるようです。

好きだったのに、タイミングが合わなかった

恋人がいる時に好きになってしまったり、卒業する1週間前に出会って好きになってしまったなど、なぜ今なんだろうというタイミングで好きになってしまったという相手もいたようです。

大学進学で引っ越すことが決まっている1ヶ月前に出会って好きになってしまったけれど、告白をした。気持ちは伝えることができたけれど、付き合うことはできなかった、なんてエピソードもあるようです。

恋をするタイミングが悪いと、誰が悪いという訳ではないけれど後悔することもあるようです。今だったら、まだ付き合っていたかもしれないなと思う相手も思い出の中にはいるかもしれません。

好きだったのに、進展しなかった

好きだったのに、恋が進展しなかったことを後悔しているという人もいます。告白をして付き合うことになったのに、デートもしなかったしキスもしなかったというようなカップルもいるようです。

学生の頃の恋愛あるあるですが、どうやってキスをするのかタイミングがわからなくて、関係が進展しなくてそのまま自然消滅なんてこともあるようです。

始めての恋人だったからこそ、どうやって恋を進展させたらいいのかわからずに、好きだったのにそのまま終わってしまって後悔をしてしまうということもあるようです。

今でも好きだった人のことが忘れられない?

たくさんの恋をしてきたけれど、あの恋だけは忘れることができないという恋はないでしょうか。色々な理由で、あの時の恋愛を忘れることができないという恋があります。みんなが忘れることができない恋愛とはどういう恋愛なのでしょうか。

初恋の人だった、初めての好きだった気持ち

何歳になっても忘れることができない恋愛に、初恋があります。初恋はレモンの味とかいちごの味とか言われますが、どの人にとっても初恋というのは特別なものでしょう。

始めて異性のことをきにした時の、ドキドキというか心臓をぐっと捕まれるような感じを最近は感じていないななんて考えている人もいるかもしれません。

初恋だった人のことは、少し美化されて覚えているかもしれません。気持ちを伝えることができたという人も、初恋だったけど思いを伝えることができなかったという人も、どちらでも良い思い出として記憶に残っていることが多いでしょう。

大好きだった彼への、好きだった気持ち

今は別れてしまったけれど、今思い返してみてもあの人ほど好きになった人はいない。そんな彼氏がいるという人もいます。

楽しいことばかりではなくて、辛いと感じることもあったけれど、あんなにも心から好きになったことは思い返してみるとないかもしれない、そんな大好きだった彼のことは、何年経っても忘れることができない恋愛になります。

運命的な出会いをして、情熱的な恋愛をしたなど、普段の自分であればそんな恋愛はしなかったのにというような相手のことも、恋愛の素敵な思い出として残っていることもあります。

あの人への思いを無理やり抑えた、好きだった気持ち

好きになった人には、もう決まった人がいたという時に、好きだけど気持ちを抑えなくてはいけなかったという恋を経験した人もいるようです。

恋人がいると知っていたけれど好きになってしまったという時や、結婚しているとわかっていたのに好きになってしまったという苦しい気持ちを経験したことがある人も多いようです。

好きだという気持ちを伝えて振られてしまった人も、好きだという気持ちを伝えずに、自分の気持ちの中に閉まった人も、抑えなければいけない気持ちだったからこそ今も忘れることができないということがあります。

初めてのことが多かった彼への、ドキドキした気持ち

初恋ではないけれど、初めてキスをした相手や、初めて旅行に行った人、初めて同棲した人など、初めてのことが多かったという人のことは、忘れることができないということもあります。

恋人だからこそできる「初めて」はたくさんあります。その初めてが多かった人ほど、忘れることができない相手になっているのです。

恋人とロマンチックなキスをするのが理想だったという人が、理想通りの初キスができた時には、何年経っても忘れることができない思い出になることもあるようです。

彼が大好きだったけど、離れることを決断した気持ち

学生時代の恋愛は、2人の気持ちだけではどうにもならないということもあります。進学や就職などで、遠距離になってしまうことから、お互いとても好きだったけれど、別れることを決断しなくてはいけないということもあります。

好きだったけれど環境の変化で別れざるを得なかったという恋も、何年も忘れることができない切ない恋の思い出になります。

学生でなければとか、何かの理由がなければ別れなかったのにという辛い気持ちも、忘れられない原因です。

▼関連記事:好きな人に彼女がいたらどうする?

好きな人に彼女がいたら諦める?略奪する?脈あり可能性をチェック

付き合ったら、好きだった気持ちがなくなった?

素敵な恋を忘れることができないという思い出もありますが、付き合うことになったら、気持ちが落ち着いてしまった恋をした経験があるという人もいます。

付き合ったら好きだった気持ちがなくなってしまった、気持ちが薄れてしまったというのは、何が原因だったのでしょうか。

付き合ったことに満足してしまう

付き合ったら好きだった気持ちが薄れてしまう原因には、付き合ったことに満足してしまったことが原因になっていることがあります。

告白をしてOKをもらうところがゴールだと思ってしまって、そこから先が大変だということがわかっていなかったから、気持ちが冷めてしまったのです。

恋愛をしたかったわけではなくて、ただ恋人と呼べる人が欲しかっただけという場合にも付き合うことに満足してしまって気持ちが冷めてしまうこともあるようです。

思っていたような人ではなかった

あまりよく相手のことを知らなくて、付き合ってみたら思っていた人と違ったなんてこともあるようです。面白い人だと思っていたのに、2人きりになると全然話さない人だったというようなタイプです。

付き合う前に、相手のことを良い人だと思ってハードルを上げすぎてしまっていたことで、「この程度の人だったのか」とガッカリしてしまうことが原因になっています。

理想通りの人ではなかったという、一方的な思い込みで残念な恋になってしまう結果です。

友達といる方が楽しいと思ってしまう

恋人といると楽しいことが目白押しに違いない、そんな風に考えて付き合ってみると、意外と面倒くさいことが多かったという場合も、気持ちが冷めてしまう原因になります。

恋人といるよりも、友達といるほうが気が楽だと思ったり、友達といる方が自分がしたいことができるから楽しいと感じてしまうことが原因で、付き合ったら好きな気持ちが薄れていってしまうこともあります。

別れても別れなくても変わらない

付き合ってみたら、好きな気持ちが薄れてしまったけれど、別れないというカップルもいます。好きかどうかわからないのに付き合っているのは、別れても別れなくても変わらない存在だからということが多いようです。

付き合っている時から、自然体になりすぎてしまって、まるで兄弟のような関係になってしまうことで、恋愛相手に対する好きという気持ちは薄れてしまうということがあるようです。

楽しかったことも、後悔も大切な思いを抱えて。

今回は恋愛をこれまでの恋愛を思い出してみて、後悔していることや、失敗したなと思うこと楽しい思い出があったことも思い出していただけたでしょうか。

後悔していることも失敗したことも、今の恋愛に繋がっているはずです。もう同じ後悔や失敗をしないように、あの時の気持ちを忘れないように、今の恋を大切にしていきましょう。

これから新しい恋愛をしようとしている人は、思いを伝えない後悔をしないように、新しい恋に向かっていきましょう。

恋の話をもっと知りたい人はこちらも!

「恋バナ」とは?話題のネタや男女の内容の違いまで徹底解説!
男子の恋バナってどんな感じ?女子との違いは?
恋も仕事もカンペキなはず…結婚できない高学歴女子のリアルな恋愛話

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ