「好きになった人がタイプ」ってどういう意味?男女の裏の心理とは

異性に好きなタイプを聞いたら「好きになった人がタイプ」と答えられたことはありませんか?どういう意味なのか、そして結局どんな人がタイプなのか、判断に困ってしまいますね。「好きになった人がタイプ」と答えるのには、裏の心理があるかもしれません…

「好きになった人がタイプ」ってどういう意味?男女の裏の心理とはのイメージ

目次

  1. 「好きになった人がタイプ」ってどういうつもりで言ったの?
  2. 「好きになった人がタイプ」と言ってしまう理由
  3. 結局どういうタイプ?相手の「好きなタイプ」を探る方法
  4. 「好きになった人がタイプ」と言う男性の裏の心理
  5. 「好きになった人がタイプ」と言う女性の裏の心理
  6. 付き合うとリスクが…?好きなタイプを言わない人の性格
  7. もしかしたら遊びの可能性も…相手の心理を見極めて!

「好きになった人がタイプ」ってどういうつもりで言ったの?

気になる異性に好きなタイプを聞いてみたら「好きになった人がタイプ」と言われた…。これではどんな人がタイプなのかよくわからないですよね。

「好きになった人がタイプ」と言う裏にはどんな理由や心理が隠れているのでしょうか?実はあまり近寄らないほうがいい人なのでしょうか?

男女別に「好きになった人がタイプ」と言う心理や、好きなタイプをそれとなく探る方法、気をつけたいポイントを見ていきましょう。

「好きになった人がタイプ」と言ってしまう理由

ではまず最初に、好きなタイプを聞かれて「好きになった人がタイプ」と答える理由について見ていきます。人によって理由は様々、思わず納得してしまう理由も隠れています。

①自分の理想のタイプがわかっていない

自分の理想のタイプがわかっておらず、結局のところ「好きになった人がタイプ」なのかな、と思って答える人も多いです。タイプをあまり気にしたことがない、という声もあります。

過去に好きになった人や付き合った人を思い返しても、特に共通点がないという人も実は多いそう。まさに「好きになった人が好き」ただそれだけです。

また、「自分を好きになってくれた人を好きになる」という人も少なくありません。この場合、特に「タイプだから付き合う」ではないですよね。

「改めて、タイプって聞かれても…」と内心困惑している部分も。どんな人を好きになる傾向があるか、別の質問で迫ってみましょう。

②自分のタイプとは違う人を選びがち

好みのタイプは一応あるけれど、実際のところタイプとは違う人を好きになったり、全然タイプではなかった人と付き合ったり。それはそれで楽しいけれど…、という人もいます。

テレビや映画によく出てくるような女優さんが好みのタイプだとしても、現実ではなかなかそこまでキレイな人には出会えませんよね。付き合うとなったらやっぱり身近な女性の誰かです。

好みのタイプを正直に答えたとしても「実際違う人と付き合ってるじゃん」と周りから突っ込まれるのも気まずいもの。あまりに理想が高いと角が立つ場合もありますね。

そのため無難に「好きになった人がタイプ」と答えてしまいます。実はストライクゾーンが広めの人でもありますよ。

関連記事:好みのタイプと好きな人は違うの?

好みのタイプと好きな人は違う?決定的な違いを解説します!

③フィーリングで選んでいるから

好きな人や付き合う相手はその都度フィーリングで選んでいるから、特に好みがない、「好きになった人がタイプ」な人もいます。

どちらかというと気分屋さんで、その時その時の自分の感性を大事に生きています。おおらかな性格の人に多いといえるでしょう。

また、フィーリングで選んでいる場合で要注意なのが、遊び目当てでほぼ誰でもいいと思っている人もいるということ。付き合うに至っても浮気され、長くは続かないかもしれません。

もし好きな人に答えられたのなら、その人にどういう交友関係があるか、異性関係のトラブルが過去になかったか、アプローチする前に探っておきたいですね。

④異性を好きになることに特に理由はない

異性を好きになることに特に理由はないため、こう答えるしかないという意見も。特に男性に多いようです。彼らは異性を見た瞬間、好きになれるかなれないかが瞬時に分かれるのだそう。

なぜ好きなのか、あるいは好きでないのか、自分の中で明確にするのは難しいこと。タイプと言われても、線引きが難しく、結局のところ好きになったらタイプなんじゃないか、という結論に。

そんな彼を好きになっているのなら、好きなタイプを聞くよりは脈ありかどうかをさりげなく確かめるほうが早そうですね。

関連記事:脈あり男性の出すサインとは?

脈あり男性のサインまとめ!好きな女性への行動・LINE・会話は?

⑤好きなタイプをはっきり言うのが恥ずかしい

好きなタイプを正直に言うのが恥ずかしいため、「好きになった人がタイプ」と言ってお茶を濁す人もいます。恥ずかしい理由は様々です。

例えばスレンダーな人がタイプだけれど、聞いてきた相手や周りの人がぽっちゃりしていたら、やはり気を遣ってしまいます。

理想が高いと思われてドン引きされるのでは?との心配から、好きなタイプを言わない人も。二次元が好みのタイプだったら、同じ趣味の人相手でないと答えるに答えられません。

男たるもの、好きなタイプなど人前で口にするのははばかられる、と考えている硬派な男子も。答えづらそうにして答えたのなら、あまり責めないであげましょう。

結局どういうタイプ?相手の「好きなタイプ」を探る方法

好きになった人がタイプ、と答えられてしまっては、結局答えていないのと一緒ですね。相手は実のところどういうタイプが好きなのでしょうか?

相手の好きなタイプを探るのに有効な聞き方を見てみましょう。また、あまり近づいてはいけない人かもしれない一面も垣間見えるかもしれません。

嫌いなタイプ・付き合いたくないタイプを聞いてみる

好きなタイプがはっきりしないのなら、逆に嫌いなタイプや付き合いたくない人のタイプを聞いてみましょう。そのタイプを反面教師にすることで、好きなタイプに近づける可能性があります。

好きなタイプが自分ではよくわからない人でも、嫌いなタイプなら答えやすいです。「それを避けたらいいんだな」と参考にできます。

過去の恋人の性格や外見を聞いてみる

過去にどんな人と付き合っていたか、その性格や外見を聞いてみましょう。特に好きなタイプがない人だと性格も外見も一貫性がないかもしれませんが、過去に恋人にしたタイプならアリの可能性が…!

ただし、ひどい別れ方をした等で過去のタイプが今は嫌いなタイプになっている場合もあるので要注意。口ぶりやどんな印象で語っているか、じっくり観察しながら聞きましょう。

好きな芸能人を聞いてみる

相手が男性なら好きな女優や女性芸能人を聞いてみると、その人のタイプが見えてくることもあります。芸能人の話題なら、比較的答えやすくなりますね。

あまり一貫性がないなと思ったら、「その女優さんのどんなところが好き?」「あのドラマの役かっこいいね」と話題を広げてみるとヒントが掴めるかもしれません。

「モテたい」と言う人は遊び人の可能性も

好きになった人がタイプ、と答える人で、要注意なのが「モテたい」と口にする人です。結局は誰でもいいけれど遊びだけ、という可能性が…。

いい雰囲気になると流されやすく、付き合ったとしてもすぐに浮気し、長続きしません。妙にノリがよく、女慣れしている男には警戒したほうがよさそうです。

「好きになった人がタイプ」と言う男性の裏の心理

ではここから、「好きになった人がタイプ」と言う人の裏の心理を見てみましょう。まずは男性から。男性ならではの心理が垣間見られそうです。

いろんな女性と恋愛したい

好きなタイプを正直に答えてしまうことで、タイプを絞り込むことになります。いろんな女性と恋愛できる可能性を残しておきたいという裏の心理が働き、曖昧に答えている男性も実は多いですよ。

男性の本能としては、いろいろな女性と関係を持てる可能性を残しておきたいもの。体の関係までなら、女性と違ってストライクゾーンはかなり広めです。

また、聞いてくれた女性か近くにいる女性のことが気になっていて、タイプを答えたら「自分は違う…」と謙遜して身を引いてしまったら困る、という心理も。

いずれにしてもタイプをはっきり答えるのは男性にとってはリスクに。内心タイプな人がいたとしてもその場では答えず、別の方法でアプローチをかけます。

好きになってくれた女性とだけ付き合っている

草食系な男性で、自分を好きになってくれた女性とだけ付き合っているという場合も。待ちのポジションで、好きになってくれた女性の見た目や性格がよほどひどくなければOK、という心理です。

本来の好みのタイプはありますが、それは理想が高くて巡り会えないか、出会えてもハードルが高すぎて諦めるパターンがほとんど。付き合うのはアプローチしてくれる身近な女性だけです。

女性に対して積極的に出られないので、自分を「好き」と言ってくれた女性に惚れやすいです。好きになった人がタイプというよりは、好きになってくれた人が好き、が正確なところですね。

「好きになった人がタイプ」と言う女性の裏の心理

一方で、「好きになった人がタイプ」と言う女性にはどんな裏の心理があるのでしょうか。女性ならではの計算もありますし、人間関係の配慮からそう答えることもあるようです。

聞いてきた相手に気になってもらいたいから

好きなタイプを聞いてきた相手がちょっと気になる人の場合、好きなタイプを素直に答えてしまうのは野暮に感じられます。気になってもらいたくて、謎めいている感を演出してしまうという心理もあります。

また、聞いてきた相手やその周りの男性をまだよく知らないものの悪くは思っていない場合、このように答えることも。

男性と似た理由でもありますが、好みをはっきり答えることで恋愛対象を絞り込んでしまいかねません。特に合コンなどではいろいろな人との可能性を残しておきたいため、対象を狭める発言は控えたくなります。

関連記事:好きなタイプ、どう答えたら好印象に?

好きなタイプを聞かれた時の答え方!こう言えばモテる!

相手にタイプを知られたくない

タイプを知られたくなくて、曖昧に答えてしまう場合も。相手にタイプを知られたくない心理に至るのにはいくつかの理由があります。

ナンパ目的で聞いているな、と察して口をつぐむことも。「ほら、俺ってまさにそのタイプじゃん」と絡まれるのが面倒なので、無難にはぐらかしたくなります。

勘違いされたくない相手にも同様です。「優しい人」といったアバウトな返答だと、多くの男性が当てはまってしまいます。思い込みの激しい異性は、男性も女性も面倒ですよね。

逆に気になる相手に聞かれて、タイプを正直に答えたらはしたなく思われるのでは?と配慮しているケースも。よりによって好きな人では、好みのタイプなど言いづらいものです。

付き合うとリスクが…?好きなタイプを言わない人の性格

好きなタイプをはっきり言わない人の中には、付き合うとリスクがある性格の人も…。近づきやすいな、と思ってすんなり付き合えたはいいものの、後悔する展開に陥る場合もありますよ。

気になるあの人にアプローチをかける前に、どんな点に注意が必要なのかチェックしておきましょう。

押しに弱く、浮気の可能性も

好きになった人がタイプの人は、押しに弱く、誰かと付き合っていても他の異性からアプローチされたらあっさり浮気してしまう可能性もあります。

自分へ好意を持ってくれたことが嬉しくてついなびいてしまい、罪悪感なく二股、三股になってしまうことも…。パッと見はおとなしそうな人でも、承認欲求の強いタイプもいます。

ムードに流されやすそうな人も要注意です。あっさり付き合えたと思ったら自分が浮気相手だった、というのは避けたいですね。

他の人に目移りしがちで長く続かない

押しに弱くなくても、自分から「あの子いいな」「あっちの人もいいかも」と目移りしがちで、付き合っても長く続かないタイプの人もいます。

付き合っている相手がいても、良さそうな異性と出会うと「やっぱりこの人だ」と乗り換えてしまうことも。まさに好きになった人がタイプですし、意図して可能性を残そうとしている心理も垣間見えます。

遊びだと割り切る分にはいいですが、付き合うつもりでいる身としては痛手が大きい相手。浮気性かも、と気づいたら避けて通るのが無難です。

関連記事:浮気する男の見分け方は?

浮気する男の特徴と行動は?これでしっかり見分けよう

もしかしたら遊びの可能性も…相手の心理を見極めて!

いかがでしたでしょうか。「好きになった人がタイプ」と答える人の心理には様々あることがおわかりいただけたかと思いますが、遊び目当ての可能性も否定できないのは心配な要素です。

その人に接近するつもりなら相手の心理をじっくり見極めて、後悔しない恋愛をしてくださいね!

好きな人へアプローチ、気になる方はこちらも!

好きな人と付き合いたい!気になる彼へのアプローチの仕方教えます!
好きになってほしい!好きな人に好きになってもらう方法9選!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ