9歳の壁とは?乗り越えるために保護者ができること7選!

子育てをしていると必ず訪れる9歳の壁。以前は発達障害のある子供が、学習面や言語面で困難にぶつかることを指していましたが、今はどの子供にも訪れるものと認識されています。子供が9歳の壁を乗り越えるために、保護者ができることを7つお伝えします。

9歳の壁とは?乗り越えるために保護者ができること7選!のイメージ

目次

  1. 19歳の壁とは?乗り越えるために保護者ができることは?
  2. 29歳の壁にぶつかる理由や心理1【抽象的思考が育ち始める】
  3. 39歳の壁にぶつかる理由や心理2【自分を客観視し始める】
  4. 49歳の壁にぶつかる理由や心理3【ギャングエイジ】
  5. 59歳の壁にぶつかる理由や心理4【第二次性徴が始まる】
  6. 69歳の壁にぶつかった時の具体例1【勉強についていけなくなる】
  7. 79歳の壁にぶつかった時の具体例2【自信をなくす】
  8. 89歳の壁にぶつかった時の具体例3【社会性に乏しくなる】
  9. 99歳の壁にぶつかった時の具体例4【他者への劣等感が強くなる】
  10. 109歳の壁を乗り越える!保護者ができること1【ほめる】
  11. 119歳の壁を乗り越える!保護者ができること2【親離れさせる】
  12. 129歳の壁を乗り越える!保護者ができること3【自分で考える力をつけさせる】
  13. 139歳の壁を乗り越える!保護者ができること4【そっと見守る】
  14. 149歳の壁を乗り越える!保護者ができること5【勉強の楽しさを伝える】
  15. 159歳の壁を乗り越える!保護者ができること6【とことん遊ぶ】
  16. 169歳の壁を乗り越える!保護者ができること7【子供の話を聴く】
  17. 179歳の壁を乗り越えることで、子供の可能性を開いて行こう!

9歳の壁とは?乗り越えるために保護者ができることは?

9歳という年齢は、子供たちが大きな転換期を迎える時期です。誰もが9歳で直面する様々な問題のことを、「9歳の壁」と呼ぶのです。

心理学では「自分以外の人」を認識し始める時期と言われており、それによって子供たちは大きな不安や心理的ストレスにさらされ、保護者からすると、「うちの子、発達障害かしら?」と疑ってしまうことも…。

maccomaccooさんの投稿
27576665 933274346836720 2664899814143033344 n

実際のところ、発達障害でない子供でも、この9歳の壁はほぼ必ず経験することです。その過程において、「育て方が悪い?公文式に行かせた方がいい?」など、子育てに自信をなくす保護者もいるかもしれません。

壁は乗り換えることができれば、生涯に渡って大きな自信になります。この記事では、9歳の壁にぶつかる理由や心理、具体例、そして保護者が壁を乗り越えるためにできることをお伝えしていきます。

9歳の壁にぶつかる理由や心理1【抽象的思考が育ち始める】

9歳は小学校3年もしくは4年に当たる年齢です。この時期は子供の成長の節目と言われており、学習面や運動面で心理的に様々な変化が起こります。

たとえば、小学校1年生・2年生の時の算数は、学校や公文式でも、「足す・引く」「九九を覚える」といった、目で見てわかる具体例が多いものでした。

umenoshoutenさんの投稿
27890546 191627304925569 4450668450414592 n

しかし、学校でも公文学習でも、3年生からは「分数の計算」「小数点」など、普段の生活ではなじみがない抽象的思考を必要とする学習へと進みます。

こうした学習環境の変化は心理的にも変化をもたらします。それと同時に抽象的思考も育ち始めるとされているのです。

ryoma.maさんの投稿
26869149 937314159766504 2576948826770243584 n

9歳の壁にぶつかる理由や心理2【自分を客観視し始める】

ひと昔前であれば、近所にはおじいちゃんおばあちゃん、兄弟姉妹、同年代の子供たちがいて、そうした人たちとコミュニケーションしながら、他者と共存する能力を自然に高めることができました。

地域全体で子育てを行っていたようなものです。

ryou_kaeriさんの投稿
27574895 220388725174945 848899195132706816 n

ですが、現代の子供たちは核家族が増えてきたこともあって、まわりの人とコミュニケーションをとって、自分を客観視する機会が減ってきました。

コミュニケーション能力を鍛える具体例がなくなってきているのです。

それゆえ9歳で自分を客観視し始めても、どこか孤独を感じ、ひきこもりや発達障害の子供を生み出すきっかけになってしまうのです。

noa_saxさんの投稿
27576292 331552600663332 5404666319914139648 n

9歳の壁にぶつかる理由や心理3【ギャングエイジ】

発達心理学では、9歳頃の子供の特徴を挙げる言葉に「ギャングエイジ」があります。

ギャングエイジとは、親や教師など、まわりの大人から一線を画し、子供同士で徒党を組んで社会を形成していくことを指します。

syouruaさんの投稿
27880505 528889670825002 8025745506154053632 n

この友達同士の徒党は、決まったメンバーであるため、独自のルールがどんどん出来上がって、閉鎖性が強くなっていきます。

子供とは言え、それなりにトラブルも起こります。喧嘩やぶつかり合いを繰り返しながら、社会性や道徳観念を身につけて行ける大切な時期と言えます。

kumikoendさんの投稿
12346194 530515240456428 1427674321 n

9歳の壁にぶつかる理由や心理4【第二次性徴が始まる】

子育てをする中で、子供の成長は親にとって何よりの喜びです。ですが、9歳の壁にぶち当たった子供は、早すぎる第二次性徴に悩むこともあります。

現代では9歳で初潮が来る女子もいます。自分だけやたらと成長が早いことは、劣等感や自信のなさにつながることもあります。

milk85percentさんの投稿
25014122 503671606677154 5159816754129534976 n

9歳の壁にぶつかった時の具体例1【勉強についていけなくなる】

2年生までは難なく勉強についていっていた子供が、3年生になって普段の生活に関わりのない、抽象的思考が問われる問題が増えてくると、勉強についていけなくなることがなります。

具体例としては、算数なら分数や少数の計算、国語なら文章問題といったもの。理科の化学実験のように、イメージがしづらい上に、幾通りにも答えがあるものは最たるものです。

pantoviscoさんの投稿
26184205 1814091418610695 6935614095542452224 n

個人差はあるとは言え、子供によっては勉強に対して完全な拒否反応を示すこともあります。

また、この時期に勉強へのモチベーションが下がってしまうと、ますます勉強をしなくなる…という悪循環に陥ることもあり得ます。

そうなると、いくら公文式や優秀な塾に通わせても、意味がなくなってしまうのです。

buu_825さんの投稿
26187515 1757148447915463 4763582566257131520 n

9歳の壁にぶつかった時の具体例2【自信をなくす】

8歳くらいまでは、保護者がほめたり励ましたりするだけで、素直に「うれしい~」と喜んでいたのに、9歳くらいを境に、「別に…」と自信なさげな言動に変わって行った…。

そんな具体例は、星の数ほどあります。親は突然の我が子の豹変ぶりに戸惑い、悲しい気分になるかもしれませんね。でも、それ以上に子供は不安を感じ、自分に対する自信をなくしていっています。

mionelilyさんの投稿
27880942 960750177422821 778641295471017984 n

親としては、「うちの子は発達障害かもしれない」「公文式に通わせた方がいいのかしら?」など様々な心配が押し寄せてくるでしょうが、子供が自信をなくすのは、大人になる上では乗り越えるべき壁なのです。

過度に心配せず、また叱咤したり否定することなく、見守ってあげてください。放っておいても、子供はちゃんと成長していきますよ。

mine_ryusakiさんの投稿
27576183 2011781465803989 2444898807419240448 n

◆関連記事:危険信号を見逃さないで!

夫婦喧嘩の子供への影響7つ!かなりの悪影響が?
愛情不足の子供の特徴とサイン11選!そんな子に大人はどう接すればいいの?

9歳の壁にぶつかった時の具体例3【社会性に乏しくなる】

今までは自分と親の世界だけで生きていればよかったけれど、9歳ともなると、まわりの人とどんどん関わるようになってきます。

仲良しグループのできるこの時期は、一見何も問題なさそうに見えますが、当の子供にとっては、少なからずストレスやモヤモヤ感を覚える世界に放り込まれたような状態です。

kiyura021207さんの投稿
26869733 146789782788423 8544242165809676288 n

9歳の壁につまずくと、そうした外界の世界よりは、自分一人の世界にこもってる方が楽だということで、社会性に乏しくなることがあります。

具体例としては、発達障害を発症したり、他人に対する共感力やコミュニケーション能力が落ちていってしまうのです。

yuuki167aさんの投稿
1517058 590785817691723 1229291535 n

9歳の壁にぶつかった時の具体例4【他者への劣等感が強くなる】

自分の意識が変わり、心も体も大きく変わるこの時期は、本人が望む望まないに関わらず、他者への劣等感が強くなります。

他者と比べることで、自分のいいところも悪いところも知ることになり、子供によっては自己否定につながることもあり得ます。

yoich1969さんの投稿
14128904 1074740265927561 1674221786 n

具体例としては、「あの子は勉強ができるのに、自分はいつもさえない成績…」「アイツは運動神経抜群でうらやましい」といったことです。

一度ドツボにはまると、発達障害や引きこもり状態になることも…。劣等感もまた、9歳という年齢に与えられた試練なのです。

chika.gomagomaさんの投稿
22860223 138017920254624 5204033914888257536 n

9歳の壁を乗り越える!保護者ができること1【ほめる】

学校の宿題を時間をかけてやっても、公文教室に通っても、学習の成果がすぐに出ないことがあります。それどころか、あまりにも成果が出ずに、「自分は何をやってもダメなんだ…」と、自分の殻に閉じこもってしまう恐れもあります。

「発達障害かしら?」と疑う前に、子供が頑張っている姿をくみとり、ほめてあげるようにしましょう。

neko_to_asoboさんの投稿
25013281 176060096316663 9111879315825360896 n

「結果が出ないとほめてもらえない」と子供が思ってしまうと、失敗や挫折に対して、過度の恐れを抱くようになってしまいます。

失敗や挫折は、大きく成長するためにはとても大切なことです。それは子育てにおいて、保護者自身も実感していることではないでしょうか?

同じように、「失敗することは怖くない」ということを、子供にもきちんと伝えてあげましょう。そうすれば、子供は自然と失敗しても乗り越えていける強さを身につけてくれますよ。

hagal10さんの投稿
23498971 503057876747798 880903942802767872 n

9歳の壁を乗り越える!保護者ができること2【親離れさせる】

9歳ともなると、自然と親や家族よりも友達との付き合いを優先させるようになります。つまり、親離れが始まるのです。

友達関係も今までと違ったタイプの子供たちと仲良くすることもあり、保護者としては心理的に戸惑いを隠せないことも多々出てくることと思います。

よかれと思って口出ししているのに、子供が反抗しているようにしか見えないこともあるでしょう。

haccipinkさんの投稿
26866646 164392204283156 10128086934749184 n

ですが、そこで子供のすること為すことを押さえつけてしまってはいけません。いつまで経っても、子供に自主性が育たなくなってしまいます。

心理的に寂しく感じるのはわかりますが、子供のやることに口出しするのは、極力控えるようにしましょう。子供が親離れするには、まず親が子離れすることが大切です。

子離れできれば、子育てはどんどん楽になっていきますよ。

yuki_l2agoさんの投稿
27574557 1920197061627418 8751391749915541504 n

9歳の壁を乗り越える!保護者ができること3【自分で考える力をつけさせる】

子供より何十年も先に人生を歩んでいる親としては、子育てにおいて子供が悩んでいること、ぶち当たっている物事に関して、つい口出ししたくなることもあるでしょう。

時には、「なんでこんな簡単なこともわからないの?」「やり方はアレしかないに決まってるじゃない!」と思うこともしばしばです。さらに、自分の考えを言わない子供を発達障害だと疑い始めることすらあるかもしれません。

yksm.shs.famさんの投稿
22639173 372645169834893 2067892891778285568 n

でも、そこは公文教育のように、子供を信じてあげましょう。まずは自分で考えさせるのです。そうすることで、将来何か問題が起こっても、他人任せにすることはなくなります。

何より、自分でかみ砕いて理解したことは、大きな達成感や充実感を感じさせてくれます。子供が問題解決できないようなら、公文でも行われているように、まずはヒントや具体例を与えてあげるといいでしょう。

これは自主性を引き出すためのトレーニングになりますよ。なんなら、公文式に通わせることも考えてみるといいかもしれませんね。

ai_ike92425さんの投稿
21568808 148955755701032 501998912882606080 n

9歳の壁を乗り越える!保護者ができること4【そっと見守る】

子育てをする中で、世間の目が気になるシーンは多々あると思います。「子供がテストや公文の問題が解けないのはカッコ悪い。だからすぐに答えてを教える」など、子供につい手を差し出してしまうのは、当然の親心と言えます。

でも、何でもかんでも手を差し出していては、子供の自立心を奪い、自ら発達障害にさせてしまう元です。また何かあると、すぐに逃げ出すクセがついてしまいます。

yo.k.koさんの投稿
27578592 2029352517338177 2292130802135203840 n

「失敗は成功の母」です。そして、失敗をたくさん経験させてあげられるのも、子育ての醍醐味です。

保護者がすべきことは、先回りして失敗させないようにするのではなく、温かい目でそっと見守ることです。大切なのは、「自分は何があってもあなたの味方である」と、子供にわかってもらうことです。

何があっても子供の一番の味方、理解者として、子育てを楽しんでみましょう。自身の肩の力も抜けますよ。

kuu0816さんの投稿
17661902 1462147077175737 5690427386223394816 n

9歳の壁を乗り越える!保護者ができること5【勉強の楽しさを伝える】

1,2年生の頃から学習内容がガラッと変わり、ただでさえ勉強があまり好きでない子供にとって、3年生になって抽象的思考が求められるようになると、さらに勉強に対する苦手意識が沸いてくるでしょう。

「自分が子供の時も勉強は好きじゃなかった」という保護者も、自分の子供には勉強の楽しさを伝えてあげるようにしましょう。

na_5noさんの投稿
27878659 1981570528772687 1089910537623437312 n

何も問題の答えを教えるわけではありません。答えを導き出す過程を、子供といっしょに楽しむだけでいいのです。問題が解けたなら、めいいっぱい喜びを共有しましょう。

いっしょに楽しさや喜びを共有することは、子供のモチベーションをアップさせ、協調性を育むことにもつながります。

たとえ兄弟姉妹であっても、子供には個人差があって当然。親も子育ての過程を楽しむようにしましょう。

fxxin720さんの投稿
27575421 263133007558892 1118687149219119104 n

9歳の壁を乗り越える!保護者ができること6【とことん遊ぶ】

「子供はよく学び、よく遊ぶべき」という考えは、誰にでもあるものじゃないでしょうか?その思いとは裏腹に、塾や公文式に通わせるなど、勉強ばかりさせてしまうのが実情です。

「将来困ることがないように」という親心に他ならないのですが、塾も公文式も、子供自身に「為になる、やりたい」という気持ちがなければ、意味がないと考えましょう。

mrs_cup_cakeさんの投稿
27879693 1595580323859012 179480116294844416 n

子供の発想力は無限大です。発達障害の子供も、とことん遊ぶことで、次々と新しい世界を発見していきます。自由に遊ぶことで、自分で物事を発見し、自主性や自発性が養われて行くのです。

時には大人がびっくりするような遊び方を考案することもあるでしょうが、よほど危険を伴わない限り、口出しするのは避けましょう。

遊びの後に「こうするのもいいんじゃない?」とアドバイスしてあげるといいですね。

baby_yn227_krmさんの投稿
28150853 2080152132265435 8953343242477240320 n

9歳の壁を乗り越える!保護者ができること7【子供の話を聴く】

特に発達障害の子供に言えることですが、自分の考えていることや意見がうまく伝えられない子供がいます。

もし子供が何か話したがっていたら、まずは真摯に耳を傾けてあげるようにしましょう。9歳の壁を迎えて、得体の知れない不安が押し寄せているのかもしれません。

fucci_blueさんの投稿
27581717 1912707218739447 619874715523088384 n

大人が聴くと、ずいぶん独りよがりで自分勝手な言い分に聞こえることも多々あるでしょう。ですが、「そうじゃないでしょ!」と叱りつけるのではなく、まずは「うんうん」と話を聴いてあげましょう。

アドバイスや解決策がなくてもいいのです。何でも受け止めてくれる親に話をするだけで、不安が大きく軽減されることはよくあります。

子供の不安な心を受けとめることこそが、究極の子育てかもしれませんね。

sakunomamaさんの投稿
27890837 440191953066922 560554912153337856 n

9歳の壁を乗り越えることで、子供の可能性を開いて行こう!

9歳の壁は、どんな子供にも訪れるものです。子育てが大変さを増す時期ではありますが、子供と手を携えて、9歳の壁を乗り越えて行きましょう!

壁を乗り越えることで子供は大人になり、可能性あふれる道を自ら切り開く力を手にしているはずですよ。

umi115amachiさんの投稿
27578487 182822742490051 825439705804832768 n

もっと子供への影響について知りたい方はこちら

不倫相手の子供を妊娠した場合の対処法とは!【ピンチ】
離婚したい新婚夫婦が増えている理由!子供ができる前がいい?
離婚の子供への影響!離婚の際に子供にできることって?

関連するまとめ

ななみささみ
ななみささみ
恋愛に結婚に生活に…共感できる記事を書いていければと思っています。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ