ターバンのつけ方完全ガイド!長さ別かわいいアレンジも紹介します!

ターバンのつけ方完全ガイド!長さ別かわいいアレンジも紹介します!

おしゃれさんに人気のターバンは初心者からするとつけ方の難しそうですよね。実は、つけ方さえマスターしてしまえば不器用さんでも簡単にヘアアレンジを楽しめるアイテムなのです。今回は、ターバンが人気の理由と、ヘアスタイル別のターバンのつけ方アレンジを紹介します!

記事の目次

  1. 1.ターバンのつけ方をマスターしよう!
  2. 2.ターバンが人気の理由は?
  3. 3.ターバンの選び方は?
  4. 4.ターバンのつけ方アレンジ【ロング】ポイント!
  5. 5.ターバンのつけ方アレンジ①ロング×ウェーブ
  6. 6.ターバンのつけ方アレンジ②ロング×高めお団子
  7. 7.ターバンのつけ方アレンジ③ロング×くるりんぱ
  8. 8.ターバンのつけ方アレンジ【ミディアム】ポイント!
  9. 9.ターバンのつけ方アレンジ①ミディアム×ハーフアップ
  10. 10.ターバンのつけ方アレンジ②ミディアム×低めお団子
  11. 11.ターバンのつけ方アレンジ③ミディアム×編みこみ
  12. 12.ターバンのつけ方アレンジ【ボブ】ポイント!
  13. 13.ターバンのつけ方アレンジ①ボブ×ガーリーカール
  14. 14.ターバンのつけ方アレンジ②ボブ×ポニーテール
  15. 15.ターバンのつけ方アレンジ③ボブ×ギブソンタック
  16. 16.ターバンのつけ方アレンジ【ショート】ポイント!
  17. 17.ターバンのつけ方アレンジ①ショート×リネン
  18. 18.ターバンのつけ方アレンジ②ショート×リボン
  19. 19.ターバンのつけ方アレンジ③ショート×個性派
  20. 20.ターバンはつけ方次第で顔の悩みを解消できる!

ターバンのつけ方をマスターしよう!

ターバンを使ったヘアスタイルのアレンジは、一見難しそうで自分には似合わないかな?と避ける方も多いです。しかし、つけ方をマスターすれば最も簡単にヘアスタイルのアレンジを完成できるアイテムになります。似合わないことありませんよ。

ヘアピンやゴムを使ってヘアスタイルのアレンジを完成させるためには、どうしてもテクニックが必要です。ヘアバンドであればつけるだけで簡単です。時間が無い時でも、忙しい朝でも、ターバンひとつだけでいつもと違った自分に変身できます。

そんなお手軽なヘアスタイルのアレンジに欠かせない定番アイテムとなっているターバンですが、ターバンをただつけるだけでは似合わない場合もあります。つける位置を間違えると、洗顔前のヘアバンドをしているような印象でおしゃれとは程遠く似合わないのです。

そこで、今回はロング、ミディアム、ボブ、ショートのヘアスタイル別のターバンのつけ方のポイントとアレンジを紹介します。

ターバンが人気の理由は?

1.時短でヘアスタイルが完成する

ターバンが人気の理由のひとつは、先ほども説明したように、最も大きな理由は時短でヘアスタイルが完成することです。つけ方をマスターすれば、ヘアゴムを使ったヘアスタイルのアレンジと比較して圧倒的に時短でヘアスタイルが完成します。また、ヘアスタイルの問題をごまかしたい時にも活躍します。

朝の忙しい時に寝ぐせがどうしても直せない時にもターバンを使って隠すことができます。風邪が強い日は、せっかく気合いを入れてヘアスタイルをアレンジしても崩れてしまいますが、ターバンを使ったヘアスタイルのアレンジであれば比較的崩れにくいです。

崩れたとしてもサッと直せるので便利ですよ。ヘアカラーが抜けてきた時や、プリン状態に近付いているときもターバンをつけることで目隠ししてヘアスタイルをアレンジできます。似合わない人のいない、便利なアイテムです。

2.顔の補正効果が抜群!

似合わないかもしれないと手を出しづらいターバンですが、何故似合わないと考えてしまうのでしょう。もしかして、顔が前面に出ることでフェイスラインが丸出しになると考えている方いませんか?実は、それは誤解です。ターバンを使うことで逆にフェイスラインの輪郭コンプレックスを補正できる効果があります。

例えば、丸顔が気になっていてターバンが似合わないと思っている方は、ターバンを巻く位置を耳の上が少し隠れるようにしてみて下さい。すると、丸顔のフェイスラインが補正されて細長い印象を与えます。おかげで、丸顔が補正されて目立ちにくくなりますよ。

逆に面長な顔が気になってターバンが似合わないと思っている方は、ターバンを巻くときに前髪を出して、耳の横から後れ毛を引き出すようにして下さい。すると、縦方向に長細かったフェイスラインが前髪とサイドのボリュームのおかげで、面長のフェイスラインが補正されて丸みのある印象を与えます。

このように、つけ方を変えるだけでターバンを使って輪郭コンプレックスを解消できるので、根強い人気が続いているのです。似合わないと勘違いして使わないのは損ですよ。

ターバンの選び方は?

ターバンには、生地や形によって様々な種類があります。そのため選び方を間違えると似合わない場合があります。シンプルなファッションのアクセントとなるターバンなので、自分の髪色やファッション、季節に合わせて選ぶことが大切です。余りにもファッションと合わないターバンを選ぶと、ターバンだけが強調されて全体から浮いてしまって似合わないです。

ターバンの色を選ぶ時、髪色が暗めの方は明るめのターバンがおすすめです。逆に明るめの方は、悪目立ちすることを避けるために暗めのターバンを選びましょう。ターバンの素材はとしてはカジュアルなファッションを好む方はコットン素材、大人っぽいファッションを好む方はシルク素材、秋冬には季節感のあるベロア素材もおすすめです。

ターバンを選ぶ時は、似合う似合わないだけでなくつけ心地もチェックしましょう。ターバンを長時間つけているものなので、サイズ感が大切です。頭を締め付けない、けれど緩すぎてずれてしまわないものがベストです。頭の大きめの方はフリーサイズで収縮性がある生地のターバンがおすすめです。

次に、ターバンの幅もポイントです。初心者の方は、幅の広いターバンよりもヘアバンドやカチューシャに近い幅の細いターバンが扱いやすいのでおすすめです。どんな服装でも似合わないことが無いので、ロング、ミディアム、ボブ、ショートのどれにも合わせやすいです。

幅の広いターバンは上級者向きです。小顔効果が期待できるのですが、インパクトもあるので慣れてないとバランスが崩れて似合わない可能性もあります。ターバンのつけ方に慣れて、服装とヘアスタイルを合わせた全体のバランスがとれるようになってから挑戦しましょう。

ターバンのつけ方アレンジ【ロング】ポイント!

次のページ

ターバンのつけ方アレンジ①ロング×ウェーブ

Related article /

関連記事
Copyright (C) Lovely