一緒に寝る時に彼氏が彼女に望むことは?同じベッドで寝る男性の気持ちを調査!

彼氏が一緒に寝るということは、彼女のことが好きなのに間違いはないだろうけど、一体どんな心理状態なの?カップルが一緒に寝る時、彼氏が思うこととは?そんな簡単には聞けない、一緒に寝る時の男性心理を読み解いていきます。彼氏の気持ちがわからない女性は必見です!

一緒に寝る時に彼氏が彼女に望むことは?同じベッドで寝る男性の気持ちを調査!のイメージ

目次

  1. 一緒に寝る時の男性の頭の中は?
  2. 一緒に寝る時の男性心理【カップル・彼氏彼女の関係】
  3. 一緒に寝る時の男性心理【友達・付き合ってない】
  4. 一緒に寝る時に彼氏が彼女にしてほしいこと
  5. 彼氏が愛しい彼女に一緒に寝る時にする行動は?
  6. 彼氏が彼女と一緒に寝るメリット
  7. 彼氏が彼女と一緒に寝るデメリット
  8. カップルが一緒に寝ると幸せいっぱい!

一緒に寝る時の男性の頭の中は?

女性は好きな男性や、彼氏と認定した男性でないと一緒に寝ることはできませんが、男性は関係性がカップルであれ友達であれ、一緒に寝ることはできるようです。

ただ、同じベッドや布団で一緒に寝るというのは、いくら男性と言えど、やはりそれなりの好意や感情がないとできないことです。

関係性はどうであれ、女性と一緒に寝る時の男性の心理はどんなものなんでしょうか?まずは、カップルの場合と友達の場合に分けて探っていきます。

また、彼氏が彼女と一緒に寝る時に望むことや、一緒に寝ることのメリットやデメリットについてもお話していきます。

■参考記事:添い寝は愛情表現?コチラも参照!

添い寝してくる彼氏の心理!添い寝は愛情表現の証なの?

一緒に寝る時の男性心理【カップル・彼氏彼女の関係】

カップルが一緒に寝るというのは、それだけで十分癒し効果があります。特に付き合い始めたばかりの初々しいカップルであれば、その効果は倍増することでしょう。

実際、一緒に寝ることで幸せホルモンがたくさん分泌され、反対にストレスホルモンは少なくなることが、科学的にも解明されています。

ベッドや布団などの寝る場所は、無防備な姿をさらす場でもあります。普段仕事や対人関係で、緊張感バリバリの男性であれば、心理的に彼女に癒しや安らぎを求めるのは当然と言えます。

愛しい彼女と一緒に寝ることで、普段の緊張感や闘争心が和らいでいき、心理的に安定するのです。カップルとしての絆や愛情も強まるという、まさにいいこと尽くめなんです。

■参考記事:幸せホルモンについてはコチラも参照!

オキシトシンとは?効果は何?食べ物で増やすことができるの?

一緒に寝る時の男性心理【友達・付き合ってない】

まだ付き合っていない友達同士なのに、一緒に寝るシチュエーションになってしまった…男性は友達でも好意があれば一緒に寝ることができますが、友達から彼氏・彼女の関係に進むかどうかは別問題です。

そんな男性心理はずばり、女性に癒しを求めている場合がほとんどで、ギュッと抱き合うだけで心の疲れが取れるようです。

近年は、一緒に寝てもまったく手を出さない男性も増えてきたと言います。

その場合の心理としては、「自分に自信がなさすぎる」「体力がない」「相手の女性は友達であって、異性を感じない」といったことが考えられます。

恋愛が自由になってきた分、「据え膳くわぬは男の恥」ということわざは、もはや遠い昔の考え方になってしまったようですね。

■参考記事:新時代の男女の事情、「ソフレ」とは?

ソフレとは?一緒に寝るだけじゃない?彼氏よりおすすめ?

付き合ってないのに一緒に寝てキスしてくる男性が考えていることは?

ソフレであればともかく、付き合っていないけれどもキスをしてくる男性の気持ちがわかりませんよね。

あなたは少なからず男性に好意を持っていたのでしょう。男性とそんな関係になったことが嬉しくなってしまうかもしれません。

しかし、男性の場合は「付き合う前の確認」と「付き合う気はない興味本位」の2種類の気持ちに分かれています。前者であれば嬉しい限りですが、後者の場合は少し落ち込んでしまいますよね。

これを見極めるには手を繋いだりキスをしてきたりした時の相手のペースを思い出してみてください。恐る恐る手を伸ばしてきたり、あなたの反応を確認したり、見つめたりしてきたという時は相手の「好意を確認」していることが多いです。

一方で、あなたの反応を気にせずキスが続いたりエッチに流れてしまったときはその場の雰囲気でなんとなく男性が手を出してしまったということが考えられます。

彼女持ちの男性は一緒に寝た時に何を考えてるの?

親しい間柄であればあなたといることや密着していることがそもそも抵抗がないのかもしれませんが、そこには好意ではなく女性のぬくもりや安心感といったものを求めている傾向が強いでしょう。

もし彼女持ちの男性が彼女と上手くいっていなくて寂しさを感じているようであればその寂しさを埋めるための添い寝に過ぎないでしょう。

とはいえ、もし彼に付き合う気があればその後の日常でのアクションが変わるかもしれません。

一緒に寝る時に彼氏が彼女にしてほしいこと

男性は女性に対して一緒に寝る時に何を望んでいるのでしょうか?

彼氏の様子を見て、今までやっていなかったことがあれば実践してみてください。

ただし、男性が疲れているのかによっても求める行動は変わってくる点は要注意です。

他愛ないおしゃべり

いきなりベッドや布団に直行して、すぐに眠りに落ちる…というのは、ちょっと味気ない感じがしますよね。ちょっと抱いて満足できる犬やネコじゃないんですから、ベッドに入るまでの時間を少しは味わいたいものです。

ベッドや布団の上に座って、おたがいの顔を見つめながら他愛ないおしゃべりをくり広げるのも、カップルにとっては至福の時間のはず。

おたがいの関係がかなり打ち解けていないと、和やかにリラックスしておしゃべりするなんてできません。付き合う前の女性や、友達関係との女性とはまずムリです。

他愛ないおしゃべりをすることで、よりふたりの距離が密接になり、おたがいの存在がより強く感じられるというメリットがあります。

ベッドや布団に入った時には、もうふたりの世界は幸福で満ち溢れているかもしれませんね。

■参考記事:二人きりでいて話題が尽きたら?コチラも参照

デート中の会話で話題に困った時の対処法!

甘えてほしい

ベッドの上は部屋の中でも特に密着度が高い場所。そして素の自分をさらけ出す場所でもあります。

そんな場所で素の女性に対して全身で甘えてほしいと思う男性も多くいます。

もし男性が引き寄せてきたり腕枕をしてくれたり、頭をなでてくれたりしてきたときは女性も思う存分甘える仕草をしましょう。

彼の胸に顔をうずめたり、彼にくっついたり、顔を向けるのが恥ずかしいという場合は背中をくっつけたりしてみてくださいね。

彼女に甘えたい

先ほどとは逆で、ベッドという自分をさらけ出す環境の中では、彼女に対して甘えたいという気持ちになる男性も珍しくはありません。女性特有のぬくもりや柔らかさに安心感を抱いている男性も多いのです。

特に、普段はリードするタイプだったりなかなか甘えるそぶりを見せない男性に対しては、時には立場を逆転して抱き寄せてあげたりなでてあげたりしてみるとよいでしょう。

ベッドの上であれば身長差も関係なく、彼のことを包み込んであげることもできるはずです。

ちょっとした気配り

女性がステキなレストランでロマンチックな演出を好むように、男性は寝る前に女性からのちょっとした気配りがほしいと思っています。

では、どんなことがちょっとした気配りなんでしょうか?

たとえば、「ベッドサイドでリラックスできる香りのアロマを炊く」「ホットミルクやホットココアを入れる」「髪をなでなでする」など、思ったより女子的なことのようです。

おそらくリラックスすることで、女性に安心感や母性を感じることができるんでしょうね。もちろん女性もいっしょにリラックスできることうけあいなので、演出もこめてリラックス空間を作ってみるのはいかがでしょうか?

くっついてほしい

人肌のぬくもりは安心感を与えてくれます。それが愛しい人のぬくもりであれば、安心感といっしょに幸福感も味わえます。

おしゃべりがひと段落ついたら、おたがいに肩が触れ合うくらいに寄り添い、どんどんその距離をつめていくといいでしょうね。

肩が触れ合うことに始まり、手をつなぎ、体を寄せ合い、いっしょにベッドや布団に入っていくことは、適度な緊張感も与えてくれます。

少しずつおたがいのぬくもりを確認し合うことで、特に男性は穏やかに眠りに落ちていくことができるというメリットがあります。

男性が安からに寝入る瞬間まで、ぴったりとくっつくように添い寝してあげてはどうでしょうか?

静かに寝させてほしい

愛しい彼女と一緒に寝ることは、男性にとっては至福の時間です。寝入る時や寝入った後も、リラックスしながら静かに眠りたいという思いがあります。

決してひとりになりたいというわけではありません。彼女を腕の中に置いて、かつ楽な姿勢や状態で眠りたいのです。ちょっと欲張りな感じもしますね。

どうすればいいかと言うと、布団からはみ出していれば、そっと布団をかけ直したり、腕枕をしていれば、何も言わずに頭をどけるといったことです。

「ちょっとくらい起きて、構ってくれたらいいのに…」と寂しくなる女性もいるかもしれませんが、それはベッドや布団の中以外でおねだりするようにしましょう。

彼氏が愛しい彼女に一緒に寝る時にする行動は?

多くのカップルが一緒に布団に入るとその近さからムードが高まってイチャイチャが始まってしまうかもしれません。

しかし、彼の愛情表現は体を求めあうだけではありません。

手を出してこない彼の気持ちがわからない、という人は彼の行動に注目してみましょう。

頭や頬をなでなで

まるで子供やペットにするように大事そうに頭や頬、首筋などを撫でてくれるのは愛しさがあふれている証拠。

もし本命でない女性であればお尻や太ももなど自分が触りたい部分を触ってくることが多いでしょう。

ぎゅっと抱きしめる

ぬいぐるみや布団などでない限り、少なからず人を抱きしめながら寝るのは態勢自由を制限されることになりかねません。

それなのにわざわざ彼女を抱きしめて寝ようとしている、もしくは寝てしまっているという場合は、くっついて寝る以上の煩わしさよりも彼女のぬくもりや抱き心地を優先しているといえます。

彼を気遣って動かないでいるとあなた自身の寝不足にもなりかねないため、暑かったり、態勢が疲れる、息苦しい場合はそっと彼の腕を抜けるのをおすすめします。

腕枕をしてくれる

寝づらい体勢であるにも関わらず、男性が腕枕を提供するということは、彼女を「守ってあげたい」「自分の腕で安心してほしい」「甘えてほしい」という心理があります。

一緒に寝る時以外でも、男性のがっしりした腕を見て、胸がドキドキした経験のある女性もいるのではないでしょうか?

男性が腕枕をしてきたら、女性もそれに応えるようにちゃんと甘えちゃいましょう。深い信頼感や安らぎとともに包み込んでくれることでしょう。

ただし、男性が腕を疲れさせている様子が見受けられたら、その時はスッと頭をどけるようにしましょうね。

彼氏が彼女と一緒に寝るメリット

彼氏が彼女と一緒に寝るメリットと言えば、もちろん「精神的な充足」を得られるからです。

愛しい彼女のぬくもりを感じられる、甘い気分に浸れる、おたがいの関係をより深められるなど、精神や気持ちへの影響は計り知れません。

本来なら、ひとりで寝る方が体勢や格好など何も気にしなくていいし、だれに気遣いすることもないので、精神的にはずっと楽で、デメリットはないはずです。

それをあえて一緒に寝るからには、気遣いをしなくていいというメリット以上に、得られるものが大きいということでしょう。

彼氏が彼女と一緒に寝るデメリット

彼女と一緒に寝ることで幸福感や精神的充足を得られる一方で、物理的にはデメリットとしか思えないようなこともあります。

いびきや寝返り、寝言

ダントツの1位は「いびきや寝返り、寝言」といった、本人にはどうしようもないことが挙げられます。

相手のそういった音を聞いたとしても、最初のうちは気を遣って何事もなかったふりをするでしょう。ですが、そうした気遣いがどんどん精神的に負担になっていくと、一緒に寝ると考えただけで気づかれしてしまいます。

感じる温度に差がある

また、次によく挙げられるデメリットが「感じる温度に差がある」ということです。女性と男性は、基本的に体感温度が全然ちがいます。夏のエアコンの温度設定がいい例です。暑がりさんと寒がりさんが共存することはできません。

そうなると本末転倒です。一緒に寝るメリットはほとんどなく、むしろデメリットしか目に付かなくなります。

何より体をリラックスさせることができず、おたがいの関係が悪化する場合もあります。

カップルが一緒に寝ると幸せいっぱい!

カップルが一緒に寝ることは、メリットもデメリットもあります。万が一デメリット要素が大きいのであれば、一定期間ひとりで寝たり、1ヶ月に2,3日だけ一緒に寝ることを選択してみるのもいいのではないでしょうか?

そうすることで、おたがいのぬくもりがいかに大切かがわかり、少ないながらも一緒に寝る時間を満喫することができるでしょう。

カップルであるからには、おたがい幸せを感じていたいもの。一緒に寝ることが至福にあふれた時間になるといいですね!

カップルの過ごし方についてもっと情報を知りたいアナタに!

カップルですると楽しい遊びを7つ紹介!仲良くなること間違いなし!
カップルでイチャイチャする方法!思いっきりイチャイチャしたい!
彼氏が欲しい料理と彼女が作ってあげたい料理は違うかも?【要注意】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ