余興の意味とは!結婚式の余興のメリット・デメリットまとめ

結婚式には欠かせない余興。何するのか考えるのも楽しいものです。 でも結婚式の余興にはどんな意味があるんでしょう。 余興のメリットは?また、デメリットは? ご存知ですか? 今回は余興の意味と、メリットとデメリットについてご紹介します。

余興の意味とは!結婚式の余興のメリット・デメリットまとめのイメージ

目次

  1. 結婚式でする余興の意味は?
  2. 【余興の意味】楽しい結婚式にする為
  3. 【余興の意味】新郎新婦の交友関係を深めるため
  4. 【余興の意味】余興をしない結婚式が増えている?
  5. 【余興の意味】余興をしないメリットは?
  6. 【余興の意味】メリット①新郎新婦と話ができる
  7. 【余興の意味】メリット②余興の準備が必要ない
  8. 【余興の意味】メリット③落ち着いた結婚式になる
  9. 【余興の意味】メリット④余興が滑らない
  10. 【余興の意味】余興をしないデメリットは?
  11. 【余興の意味】デメリット①ゲストが楽しめない
  12. 【余興の意味】デメリット②心象の悪くなる年代がある
  13. 【余興のノウハウ】余興するならここは外せない
  14. 【余興のノウハウ】①余興は長くても10分以内
  15. 【余興のノウハウ】②全世代が楽しめる余興を
  16. 【おわりに】

結婚式でする余興の意味は?

結婚式は、新郎新婦の晴れ舞台。
沢山の友人や会社の同僚や、その他友人知人が集まります。
そこでする余興は、よくTVなんかで取り上げられていて、結婚式には関係無くても見ているととても楽しいですよね。
ただ、準備する方としては大変。

何する?という相談から始まり、ダンスや歌の練習をしたり、方々を回ってビデオを撮ったりサプライズをお願いしたり…。
祝いたい気持ちはあるけれど、余興をするのって結構大変です。
中には、なんで余興なんてあるんだろう…と悩んでしまう人もいます。
そんな結婚式の余興。
結婚式で余興をする意味には、大きく分けて2つあります。

【余興の意味】楽しい結婚式にする為

結婚式には、新郎新婦の沢山の友人や会社の同僚や、その他沢山の知人が集まりますよね。
そうした人たちが式の途中で退屈しないようにするのが結婚式の余興の役割です。
結婚式って結構長くて、2時間~3時間、長い時には4時間近くする式もあるようです。
そうした式を退屈させないために、クイズやビンゴをしたり、歌ったり踊ったりして、楽しいものにしているんですね。

【余興の意味】新郎新婦の交友関係を深めるため

前にも書いたように、結婚式には、新郎新婦の沢山の友人や会社の同僚や、その他沢山の知人が集まります。
そうした人たちとの交友のきっかけになるのが、この余興です。
「さっきのダンス素敵でしたね。」「新婦のお知合いですか?」なんて会話を広げることが出来ます。

また、新郎新婦のどちらかに向けたビデオからは、その人の人となりを知ることが出来、こういった人と結婚するのだなということを、周囲が理解することが出来ます。
結婚式の余興には、こうした楽しい結婚式にする為という意味と、新郎新婦の交友関係を深めるためという意味の2つの意味があるんですね。

【余興の意味】余興をしない結婚式が増えている?

しかし、実は今、結婚式をしている人たちで、余興をしないという夫婦が40パーセントを超えているということをご存知ですか?
結婚式といえば、TVでもよくとりあげられているように、余興が一番の楽しみのように思いますが、そうではないんです。
というのも、現代では、結婚式が新郎新婦のお互いの家を結ぶ式という意味合いよりも、夫婦の個人的なパーティーであるという意味合いが強まったからだと考えられます。

自分たちが結婚したことをお知らせして、みんなで楽しもうという風潮が強いようです。
また、余興はステージに立ったり、色々と準備が必要なもの。そうした負担をゲストにかけてまで余興をするよりも、テーブルを回って一人一人に挨拶をしたいという夫婦が増えているようです。
では、結婚式で余興をしないことによってメリットとデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

【余興の意味】余興をしないメリットは?

余興といえば、結婚式の場にいる全員が楽しめるもの。
結婚式だけじゃちょっと寂しいのでは?とも思いますよね。
しかしそこはウェディングプランナーの腕の見せ所。
退屈しない素敵な結婚式になるようにいろいろと工夫されています。

【余興の意味】メリット①新郎新婦と話ができる

余興はステージに立ったり、マイクを調整したり、着替えたり…あるだけで時間がとられるものです。
でも、もしその余興の時間が無ければ、新郎新婦は席を立ってゲストの席を回ったり、話をすることが出来ますよね。
せっかくおめかしもしているのですから、その姿を近くで見たり、一緒に写真を撮ったり、お祝いの言葉をかけたりしたいものです。
テーブルを回る時、キャンドルサービスなどを余興の代わりに取り入れることで、ゲストも退屈せずに済みますよね。

【余興の意味】メリット②余興の準備が必要ない

余興というとダンスをしたり思い出のビデオを撮ったり恩師からのメッセージを集めたり。
見ているだけなら楽しめますが、何するか決めるのも大変だし、何するか決まっても案外予定が合わなかったりしてなかなか準備が進まずに困ることもしばしば…。
ノウハウを知っている人が身内に居ればいいのですが、なかなか結婚式の余興のノウハウを知っている人なんていないものです。
余興がなくなれば、そんなゲストの負担を無くすことが出来ます。

【余興の意味】メリット③落ち着いた結婚式になる

余興は皆が結婚式を楽しむためのものですが、余興をすることが必ずしも全員を楽しませることになるとは限りません。
式に統一性がなくなってしまったり、なんだかうるさいだけの余興になってしまう可能性もあります。
そうした余興ではなく、ウェディングプランナーなどの結婚式のプロに頼むことで、余興よりも素敵で落ち着いた雰囲気の式にすることが出来るというメリットがあります。

【余興の意味】メリット④余興が滑らない

結婚式のノウハウを知っている人ってそんなに多くいるものではありません。
余興で何するか決めているうちに脱線していき、最後は身内ネタに走ってしまったり、全世代が楽しめないものになってしまう可能性も…。
しかし、新郎新婦がプロのウェディングプランナーに任せれば、結婚式で絶対に外さない、素敵な演出をすることが出来ます。
リスクがないのが余興をしないメリットといえるでしょう。

【余興の意味】余興をしないデメリットは?

余興があって当たり前の時代から、結婚式では余興がないのが当たり前の時代に変化しつつあります。
こうしてみると、余興が無い方がメリットが多いように思いますよね。
それでは、余興をしないことでどんなところにデメリットを感じるでしょうか?
今回は余興をしない大きなデメリットを2つご紹介します。

【余興の意味】デメリット①ゲストが楽しめない

結婚式の余興は、みんなが楽しめる時間です。
歌を歌ったりクイズをしたりすることで、長い式の中でも、退屈せず、楽しんで終えることが出来ます。
しかし、この余興が無いと、式が静かになりすぎてしまうかもしれないというデメリットが…。
このデメリットを無くすためには、ウェディングプランナーとの打ち合わせが大切になるでしょう。

【余興の意味】デメリット②心象の悪くなる年代がある

デメリットの2つ目は、余興をしないことで心象の悪くなる年齢層があるということです。
最近の結婚式で余興がほとんどないということを知らない世代の人たちは、余興が無いことに寂しさを感じたり、新郎新婦達の行く末を不安に思うかもしれません。
そうした印象を持たれないように、クイズなど簡単な演出をすると、違和感なく式を終えることが出来るでしょう。

【余興のノウハウ】余興するならここは外せない

こうして余興が減っていく中で、余興のノウハウがわからない人が増えています。
余興って何する?から始まり、何するのか決まらないままゲストに負担をかけてしまうorかけられてしまう余興はNG!
せっかく人生の晴れ舞台なのに、何するのか決まらないままぎりぎりになって時間を作って余興を作るなんてしんどい思いはしたくないですよね。
しかもその余興が式の雰囲気を壊す恐れもあるのだから責任重大です。
記事の最後に、余興で何するか決めるときのノウハウをご紹介します。

【余興のノウハウ】①余興は長くても10分以内

大好きな人の幸せを祝福する余興。
その余興は、式場に居るみんなが食事の手をとめたり、歓談しながら見るものです。
そうした余興は、ビンゴゲームやダンスなどの楽しい余興でも、10分が限度!
あまりにも長いとグダグダになってしまい、はじめは楽しい雰囲気でも、徐々に落ちてきてしまいます。
また、スピーチなどなら、長くても5分以内には納めないと、みんな退屈してしまいます。
準備の段階から、時間厳守で進めていきましょう。

【余興のノウハウ】②全世代が楽しめる余興を

当たり前ですが、結婚式は両家の親類から新郎新婦の友人の小さな子どもまでいろいろな世代の人たちが来ます。
そうした人たちのことを楽しませてこそ結婚式の余興。
新郎新婦のどちらかにしかわからないような身内ネタに走ってしまったり、下ネタなんて言語道断です。
特にお酒の席だからと気が大きくなるかもしれませんが、そうした場合は余興への参加を断った方が新郎新婦のためです。
新郎新婦の友人として2人の印象が悪くなってしまうような余興は絶対に避けましょう。

【おわりに】

以上、「余興の意味とは!結婚式の余興のメリット・デメリットまとめ」でした。
いかがだったでしょうか。
余興が無い結婚式でも、プロの演出家に任せれば結構素敵な結婚式になりそうですね。
ただ、プロの結婚式よりも、不器用でいいからやはり親しい人に祝ってもらいたいという人は、余興を頼んだ方がより素敵な結婚式になりそうです。
余興があってもなくても人生の門出の結婚式。
いいものにしてくださいね。

もっと結婚式について知りたいあなたへ!

結婚式におすすめの曲・BGM!洋楽まとめ
結婚式に出会いはある?友人の結婚式・二次会で出会う方法5選!
結婚式には着物で出席!マナーや着こなし解説します!
結婚式がめんどくさい!その理由11選

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ