お正月の折り紙の折り方まとめ!お正月飾りを簡単に手作りで!

も~いくつ寝ると~お正月♪年末はクリスマスだけではなく、お正月の準備も大変ですね。クリスマスもリースや飾りに沢山手作りした皆さん、お正月の飾りも折り紙で作ってみませんか?リースの他にも箸袋や立体の飾りも折り紙でできますよ。是非ご家族で作ってみてくださいね!

お正月の折り紙の折り方まとめ!お正月飾りを簡単に手作りで!のイメージ

目次

  1. クリスマスの後は、すぐお正月です!
  2. キラキラや模様付きの折り紙も豊富!まずは100均へ
  3. 子供と手作りできる平面飾りを作ろう!折り紙の折り方
  4. お正月モチーフの立体飾りを作ろう!折り紙の折り方
  5. お正月にあると便利!折り紙の折り方
  6. たまにはみんなで折り紙も♪

クリスマスの後は、すぐお正月です!

もう師走。1年で最後の月に入りますね。街並みはクリスマス一色ですが、クリスマスの後は1週間ほどで、すぐにお正月になるのですが、お正月の準備も進んでいますか?

おせち料理など食べ物はもう少しお正月が近くならないと準備できませんが、飾りつけの準備なら、今からでもできますね。

小さな息子がいる我が家では、今折り紙がブームです。せっかくブームなので、今年のお正月は家族で手作りの飾りを作ってみようと思います。とはいえ、ブームと言ってもまだ全然形にならないので、私たちが手作りすることになるのですが、私たちが調べた中で、簡単にできる飾りの折り方・作り方をご紹介してみます。

キラキラや模様付きの折り紙も豊富!まずは100均へ

最近は折り紙と言っても、昔ながらの無地やキラキラホイル折り紙の他に、水玉や星、キャラクターものをはじめ、本当にデザインが豊富です。

特にお正月なら和柄や和紙素材の折り紙がお似合いですが、そういった折り紙も現在では100円ショップで簡単に手に入ります。ですから、失敗を恐れずに家族みんなで手作りしてみてくださいね!

子供と手作りできる平面飾りを作ろう!折り紙の折り方

ではさっそく、お正月飾りの折り方・作り方をご紹介していきますね。

まずは、お子さんと一緒に飾りを手作りする方、もしくは手作り初心者向けに平面パーツの作り方からご紹介していきます。

平面パーツといえども、壁に貼ったりリースにしたり、ポチ袋に貼ったり…と沢山アレンジできますよ。

平面コマ

お正月飾りの定番である、コマの折り方です。

折り方自体は簡単なのですが、自分で形のバランスを取りながら折る必要があるので、折る人によって形の個性が出ますが、ご家庭用であれば味があって良いのではないでしょうか。

小さなお子さんと一緒なら、このコマに絵を描いたり、シールを貼っても楽しいですね。

羽子板

こちらもお正月の定番飾り、羽子板です。セットで羽根の折り方もありましたので、合わせてご紹介していきます。

羽子板はぜひ花柄の折り紙や和柄の折り紙で、羽根はグラデーションの折り紙か、ホイル折り紙があるといいなぁ。リースの飾りとか女性らしい雰囲気が欲しいところに手作りしたいですね♪

ダルマ

まだまだ定番が続きます。次はダルマです。ダルマも縁起物ですね。特に受験生がいるお宅にオススメ。願掛けもこめて、手作りしてみてください。

顔や模様は、リアルにしなくてもカワイイと思います。

絵馬

おみくじと合わせて手作りしたい絵馬。こちらもとても簡単に折り紙で作れます。

家族みんなで一つずつ手作りした絵馬に、実際に絵馬っぽくイラストを描いたり、「健康に過ごせますように」など、願いごとを書いて飾るのも良いですね。

鏡餅

子供も大好きな、みかんが載っている鏡餅。

複数色の折り紙を用意する必要がありますが、折り方はどれも比較的簡単です。まずは、オーソドックスな台付きの鏡餅からご紹介します。

また鏡もちは、お正月のモチーフとして、大人の女性にも人気がありますね。

なので、こんな少し大人デザインの平面鏡餅の折り方もご紹介します。リースなどに貼ってもカワイイですね。

門松

こちらもお正月の定番としてなくてはならないモノ、門松です。

松・竹・梅、土台と4色の折り紙が必要ですが。とても簡単に折ることができます。折り方が2本に分かれていますので、合わせてご覧ください。

2019年の干支・猪

まずは折り紙初心者さんや、子供と一緒に作る人向けに、定番の平面飾りパーツの作り方をご紹介してきました。

次に、2019年の干支・猪の折り方を平面・立体あわせてご紹介していきます。

まずは、カワイイ顔だけの簡単折り方をご紹介します。

折り紙初心者のお子さんには少し難しいかもしれませんが、風船など比較的簡単なものを折ることができる方なら手作りできます。

もし小さなお子さんと一緒に作るなら、顔だけお子さんに書いてもらえば良いでしょう。

今度は、同じ猪でも全身作れる猪です。大人可愛いデザインなので、お子さんがいない人でも活用できます。
立体というには簡単すぎますが、単独で立ちますので玄関などの起き飾りにしてもカワイイですね。

こちらも、顔の表情次第で、かわいくもお洒落にもできそうな折り紙です♪

そしてもう一つ。本格的な猪を作りたい方はこちらも見てみてください♪

こちらも立体モチーフとしておくことが可能です。

お正月モチーフの立体飾りを作ろう!折り紙の折り方

ここまでは平面のモチーフを中心に折り方をご紹介してきました。平面のモチーフは、単体では飾るのが難しいですが、リースやポチ袋などにアクセサリーとして付けることができますので、是非手作りしてみてくださいね。

ここからは、少々難易度の高い、立体飾りの折り方をご紹介していきます。

お正月に出てくる立体の折り紙といえば、鶴ではないでしょうか。

普段の折り鶴ももちろん素敵ですが、今回はお正月ということで特別に、祝い鶴の作り方をご紹介します。普段の折り鶴と違うのは羽根の部分です。少しゴージャスな感じに仕上がります。

下に少し難しいですが、もっと華やかな祝い鶴の折り方もご紹介しておきます。

獅子舞

獅子舞の顔は折り紙だと複雑そうに感じますが、ポイントを押さえれば簡単に獅子舞の顔が作れます。また、顔と体のパーツを分け緑の渦巻き模様の体を作れば本格的に見える獅子舞ができちゃうんです!

また、さらに難易度を下げたものなら折り目で顔を表現せず、ペンで書き足すのもよいでしょう。

梅の花

お正月のお花としてよく使われるのは、梅、桜、椿…位でしょうか。

ここでは、梅の花の作り方をご紹介します。ハサミもノリも使いますが、親子で簡単に作ることができますよ。

お正月が過ぎても使いたくなるような可愛さですね♡

椿の花

お正月の代表的な花と言えば椿も挙げられます。

可愛らしい梅の花と対照的に、シンプルでカッコいい椿を作りたい場合はこちらを参考にしてくださいね!

こちらもお正月の飾りによくある、扇です。お正月の飾りに華やかさをプラスします。台も折ると、単独で立体飾りとして使用できます。

キラキラ折り紙や柄もの折り紙で折ると、より華やかで素敵になりますね。

しめ縄風リース

最近ではしめ飾りだけではなく、お正月用のリースもよく見かけます。折り紙リースなので、室内にしか飾ることができませんが、一度作ってみたいものです。

上のリースのように、平面・立体関係なくいくつか飾りを手作りして、飾りつけするも良し、下のリースみたいに、柄物折り鶴だけでまとめると、大人の雰囲気たっぷりの素敵なリースに仕上がりますね。

鶴のリースは、単色折り紙で折ったバージョンもありましたので、サンプルとして見比べてみてください。

左のパステルカラーのリースは、普段使いの雰囲気ですが、紅白ならお正月に飾ってもキレイですね。

■関連記事:折り紙を使ったリースについてはこちらの記事もチェック!

折り紙でクリスマスリースを作る!簡単な折り方解説!【必見】
クリスマスの折り紙の簡単な折り方!飾り・リース・サンタなど!

お正月にあると便利!折り紙の折り方

お正月の飾りだけではなく、お正月に使える実用的なものも折り紙で出来てしまうんです。

手作りは温かみがあって、心が伝わる感じがしませんか?ぜひ挑戦してみてくださいね♪

ポチ袋

お年玉を渡すときのポチ袋。安いモノでも3個とか5個しか入っていなくても数百円もするなら、いっそのこと手作りにするのがオススメ。お正月飾りのために用意した折り紙で一緒に手作りしてしまいましょう!

折り紙に慣れている方なら、こんなワンポイント付きのポチ袋もありますよ。縁起物の鶴が付いています。

柄物の折り紙で簡単に素敵に作れますよ。

お箸袋

お正月に折り紙で準備できるモノ…まだありますよ。次はお箸袋です。割りばしを買ってもこういうお箸袋に入っていることがありますが、わざわざお正月用に用意しなくても大丈夫!普段使っている自分たちの箸も特別な日だけ、こんなお箸袋に入れても良いと思います。

柄を変えればお正月用でも普段の来客用でも、どちらも楽しめます。

お箸置き

もうひとつ人数分を折り紙で準備できそうな物をご紹介します。箸置きです。

まずは、年代問わずおじいちゃんおばあちゃんがいても納得してもらえる、鶴の箸置きからです。両面色が付いた折り紙を使うととてもキレイです。

その他、少しカジュアルなものを。若い世代が多いご家庭や、形式ばったものが苦手なご家庭向きのお正月用箸置きはコチラ。一富士二鷹三茄子…の富士です。

せっかく手作りだからオリジナルをと考えているアナタへオススメします。

たまにはみんなで折り紙も♪

お正月の折り紙飾りの折り方をまとめてみました。最近はお正月でも普段の祝祭日と同じ感覚で過ごすご家庭が増えましたが、おせちもすべて手作りする家庭で育った私には、少し寂しく思います。

おせちはお金もかかるし、面倒…と思う方も、小さなことからでもお正月を楽しんでいただければ嬉しいです♪

お正月を実家や旅先で過ごす皆さんも、ぜひ玄関などに飾ってみてくださいね。

もっとお正月に関する情報について知りたいあなたへ!

おせち料理の簡単レシピ特集!手作りでお正月料理を作ろう!
正月遊び13選!子供に伝えたい伝統的な遊びまとめ!
門松の意味は?いつからいつまで飾るの?正しい飾り方解説!
元旦と元日と正月の違いは?年賀状にはどれを使う?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ