クリスマスツリーの飾り方のコツ!飾り付けとオーナメントでおしゃれに!

クリスマスツリーの飾り付けやオーナメントで迷う人も多いと思います。コツさえ知れば、個性的でおしゃれ・豪華な飾り付けができるんです。クリスマスツリーの飾りと飾り付け方をまとめました。手作りや折り紙、北欧風ののオーナメントなど、参考にしていただければ幸いです。

クリスマスツリーの飾り方のコツ!飾り付けとオーナメントでおしゃれに!のイメージ

目次

  1. クリスマスツリーの飾り方特集!オーナメントでおしゃれに!
  2. クリスマスツリーの飾り/オーナメントは様々!人気は?
  3. クリスマスツリーの飾り付けのコツは?配色・バランス?
  4. カラー別:ゴールド・ホワイト中心の飾り付け/オーナメント
  5. カラー別:シルバー中心の飾り付け/オーナメント
  6. カラー別:赤・緑の中心の飾り付け/オーナメント
  7. カラー別:赤・ゴールド中心の飾り付け/オーナメント
  8. カラー別:ブルー中心の飾り付け/オーナメント
  9. カラー別:ピンク中心の飾り付け/オーナメント
  10. カラー別:北欧風・和風・南国風テイストの飾り付け/オーナメント
  11. クリスマスツリーの飾りつけ/オーナメント:「ツリーの組み立て」
  12. クリスマスツリーの飾りつけ/オーナメント:「台」
  13. クリスマスツリーの飾り付け/オーナメント:「ボール」
  14. クリスマスツリーの飾り付け/オーナメント:「LED」
  15. クリスマスツリーの飾り付け/オーナメント:花屋を利用
  16. クリスマスツリーの飾り付け/オーナメント:100円ショップを利用
  17. クリスマスツリーの飾り付け/オーナメント:「ファイバーツリー」
  18. クリスマスツリーの飾り付け/オーナメント:「折り紙・手作り」
  19. クリスマスツリーの飾り付け/オーナメント:「レンタル」
  20. クリスマスツリーのオーナメントで飾り付けを楽しもう

クリスマスツリーの飾り方特集!オーナメントでおしゃれに!

クリスマスツリーの飾り方を検討中ですか。手作りや北欧風、折り紙を取り入れるなど飾り方の幅が広がって、おしゃれなオーナメントも多くなっていますが、飾り方にもコツがございます。今回は、クリスマスツリーの飾り方をまとめました。今年どんなクリスマスツリーにするかの参考にしていただければ幸いです。

クリスマスツリーの飾り/オーナメントは様々!人気は?

このように、クリスマスツリーの飾り付けは、最近、多種多様になっており、とてもおしゃれになりました。レンタルや折り紙の手作りなども見られます。家庭の雰囲気や好みで自由に変えられるんです。また、卓上から業務用まで、ネットなどで購入できる大きさも豊富になりました。ここでは、雰囲気やテーマごとに、それぞれのクリスマスツリーの魅力や飾り方のコツをご紹介いたします。人気の北欧スタイルなど、参考になれば幸いです。

また、シルバージュエリーやサンタクロースのキャンドルなど、様々なオーナメントを至る所で手に入れることができます。サイズや分量など、飾り方を参考にして選べば、かなりオリジナル感の高いおしゃれなクリスマスツリーを作ることもできます。折り紙などクラフト・手作りクリスマスツリーもデザイン次第で北欧風にも和風にもなります。準備を楽しむのがコツなんです。

フクロウなど動物をモチーフにしたオーナメントや、北欧風のウッド製のツリー、ボールでハート型や星型、同じ大きさでも色や柄が微妙に違うセットなど、本当に豊富ですし、おしゃれで迷ってしまいそうです。おしゃれでかわいいものが多いですが、買う前に参考になる写真などを見てテーマや飾り方を選び、予算や必要な種類を考えてお買い物計画を立ててみましょう。

ゴールド・シルバー・ピンクなどが人気?

クリスマスツリーの飾り方は様々ですが、最近人気の北欧風のものなど、流行もあるようです。金色やシルバー、ホワイトなどで配色し、ボールなどのオーナメントを多用したゴールドやシルバーのツリーは海外でも高級デパートなどで見られます。豪華かつ上品な色合いと飾り方がなんともいえない高級感・おしゃれ感を生み出しており人気です。

ヌードツリーも様々

また、モミの木の良さを生かして、北欧のような生のままの木や、雪がかかったようなホワイトパインツリーは、白っぽい枝葉がシンプルで、まるで北欧の森のような雰囲気です。オーナメントなど飾りなしでもお部屋を暖かく演出します。業務用の大きなツリーや、逆にスリムなツリーなど、ヌードツリーの種類も様々です。自宅のインテリアが北欧風なので北欧風のツリーにするなど、インテリアに合わせるのがコツです。

クリスマスツリーの飾り付けのコツは?配色・バランス?

飾り方のテーマやイメージを絞る

今年のクリスマスツリーの飾り付けはどうしようかと考える際にはイメージするのがコツです。ゴールド・シルバー・赤といったカラー、北欧風や手作りといったオーナメントについてのイメージなど、なんでも構いませんが、何か参考になるクリスマスツリーがあれば、写真を参考にしたり、頭にイメージするのが、飾り付けを成功させるコツでしょう。

飾りの分量は?

飾り・オーナメントを付ける場合は、その分量は多すぎず少なすぎず、適量にするのがコツです。さらに、色も、多すぎず、とにかくごちゃごちゃさせてはいけません。また、オーナメントなどを買いすぎて無駄にしないためにも、どんなものをどのように飾り付けするのか決めておくのがコツになります。最初に北欧風にしようなどと計画したり、買い物の際もすぐにイメージできるようにツリーのサイズなどをよく確認しておきましょう。

バランスが良く見える飾り方は?

飾り方といってもルールが決まっているわけではないので、たくさん飾り付けたいなら全体的にぎっしり飾り付けたり、少な目にするなら、等間隔で飾り付けするなど、自由な飾り方でいいんですが、おしゃれに見える飾り方はございます。バランスがよく、格好いいクリスマスツリーになる飾り方のコツは、上半分に小さめの、下半分に大き目の飾り/オーナメントをを付けるという事なんです。

また、同じ種類のものが上下にジグザグになるように配置するのがコツです。そして、大き目のオーナメントからつけていき、間に小さめのオーナメントで埋めていくのがコツです。全体にまんべんなく飾りが見られるようにします。また、全く同じ飾りが連続して並ばないように、点在するように留めましょう。同系色のキラキラとツヤなしなど、同系色で並べる飾り方もきれいです。シンプルでも温かみのある、サンタクロースの本場・北欧スタイルを真似たりするのもコツです。

飾り付けを豪華に見せる仕上げ方

お店に置いてあるような大きなクリスマスツリーに見せたり、より豪華にみせる仕上げ方は、足元にプレゼントボックスを重ねて外国の本場のクリスマスのインテリアを再現してみたり、キラキラ光る大き目の飾り/オーナメントを飾り付けてみたりすると、存在感のあるものに仕上がります。また、逆にシラカバなど木にこだわって、何も飾り付けないでシンプルにしても、北欧の森の中のようで目を引きます。

カラー別:ゴールド・ホワイト中心の飾り付け/オーナメント

クリスマスツリー

最近、おしゃれな場所で、ゴールド・ホワイト中心に配色されたクリスマスツリーをよく見かけます。日本だけではなく、シンガポールなど海外の高級デパートなどでも見られ、高級感とおしゃれさが、なんとも大人っぽく上品なんです。大き目の飾り/オーナメントを多くすれば大胆で豪華に、小さめのものをたくさん飾り付ければ清楚で上品なイメージではないでしょうか。

カラー別:シルバー中心の飾り付け/オーナメント

シルバーや銀と言えば雪やシルバーアクセサリー、銀幕やコインなど煌めく、クールなイメージでクリスマスや冬にぴったりではないでしょうか。白と合わせれば、一層豪華になりますが、すっきりとシンプルで、インテリアにも合いそうです。さらに、上品に仕上がります。また、シルバーや白の飾り/オーナメントはおしゃれなものも多いので、ボールやリボン、コットンで雪や結晶のイメージを作るのも簡単です。

カラー別:赤・緑の中心の飾り付け/オーナメント

赤と緑の組み合わせは、外国らしい色でもあり、クリスマスのカラーとして浸透しています。元気になれそうな、赤いリボンやポインセチアを中心にするのもクリスマスらしい仕上がりになりそうです。モミの木の葉の緑を利用して、真っ赤っかになるくらい、赤を多用するのもおすすめです。ぜひ、一度、試してみてはいかがでしょうか。

カラー別:赤・ゴールド中心の飾り付け/オーナメント

飾りを赤・ゴールド、または赤のみにするのもおすすめです。赤い飾り/オーナメントにも様々なものがあり、色は一色でも、大胆なイメージやかわいいイメージなど、工夫することができます。特に、大きなリボンを全体にかけたり、多めに赤いボールを付けたり、1つ大ぶりなものを入れると、可愛く大人っぽい、おしゃれなクリスマスツリーができます。ぜひ、挑戦してみてはいかがでしょうか。

カラー別:ブルー中心の飾り付け/オーナメント

ブルーのみやブルー・シルバー・ホワイトの組み合わせなら、クールで、雪や氷の結晶ような冬にぴったりのクリスマスツリーができそうです。さらに、赤・ブルー・ゴールドの組み合わせも鮮やかです。色を増やすときは、中間色の水色や黄緑なども入れて、どっさりと飾り付けするのが、にぎやかでおすすめです。

カラフルで、お菓子のような可愛いものになり、子ども部屋においてもしっくりとなじみます。サンタクロースのオーナメントや紫色のフェイクリーフなど、なんでも合わせられるのが楽しいんです。アナ雪のイメージにもなり、女の子は喜ぶのではないでしょうか。参考にしていただければ幸いです。

カラー別:ピンク中心の飾り付け/オーナメント

濃いピンク・薄いピンク、ピンクのLEDなどピンクのクリスマスツリーもありです。ピンクの色合いによって、にぎやかにも清楚にもなります。女の子らしい雰囲気になります。紫がかったピンクや、ゴールド・シルバーも加えると、可愛いだけではなく大人っぽい雰囲気になります。飾りの分量でも雰囲気が変わります。

カラー別:北欧風・和風・南国風テイストの飾り付け/オーナメント

クリスマスツリー

飾りやオーナメントによっては、北欧風・和風・南国風といった雰囲気にもなるんです。何を飾り付けるかは自由ですし、個性も出せます。手作りのものでもいいんです。気に入った海外のオーナメントなどがあればつけてみてはいかがでしょうか。世界に一つのオリジナルなクリスマスツリーができそうです。

クリスマスツリーの飾りつけ/オーナメント:「ツリーの組み立て」

クリスマスツリーは、分解されていて組み立てて使う事が多いと思います。組み立て方は、まず、土台を出し、上につないでいきますが、枝葉がある部分は先にある程度広げておきます。てっぺんまで立てたら、枝葉のバランスを見ながら全体的に仕上げて完成です。意外と、バランスよく広げるのが難しいかもしれませんが、参考にしたい写真などを見て、手際よくやってみてください。

クリスマスツリーの飾りつけ/オーナメント:「台」

クリスマスツリーの台は、プラスチックの鳥の足のような形状のものがほとんどですが、そこへ鉢やブリキの箱を履かせて本物の鉢植えのようにしてみてはいかがでしょうか。クリスマスツリーの根元にプレゼントボックスをたくさん並べたり積み重ねて置いたりするのも雰囲気が盛り上がります。

さらに、クリスマスツリーの足元に、ゴールドの布をふんわりと巻いたり、オーナメントが赤や緑中心のクリスマスツリーなら足元が見えないくらい小さなポインセチアの鉢を並べるのも豪華に見えるんです。また、鉢などがない場合は、暖かそうなマットの上に置いたりするだけでも、よい雰囲気になります。

クリスマスツリーの飾り付け/オーナメント:「ボール」

オーナメントの丸いボールは、色もサイズも種類豊富ですが、やはりバランスの良い分量の目安というものがございます。クリスマスツリーの高さが90㎝の場合、ボールの直径が4㎝から6㎝のものを24個、高さ120㎝ならは60個、150㎝から180㎝は60個から80個ほどを目安に飾り付けしてみてください。クリスマスツリーの枝葉に着ける際には、ワイヤーを軽く枝に巻きつけるだけで大丈夫です。巻きすぎると、外すときに大変です。

クリスマスツリーの飾り付け/オーナメント:「LED」

LEDの個数

LEDは何メートルのものが良いのか、いくつくらい電球が必要か、悩むと思いますが、50球から100球ほどで、クリスマスツリーと部屋の大きさで調整してみましょう。クリスマスツリーの高さを基準に目安を挙げるとすると、120㎝で50球、150㎝から180㎝のものはで100球から150球、ニトリなどで家庭用最大クラスの200㎝のクリスマスツリーでも、200球あれば十分だといいます。

LEDの飾り付け方

リボンを付けるときと同じように、斜めにぐるぐると巻いていきます。どの段も等間隔にするとどこから見ても見栄えもきれいに仕上がります。また、半面だけなど、見える側だけに飾り付ける方法もございます。半面だけの場合でも、斜めにジグザクと上から下までつけるようにすると見栄えがよくなります。さらに、部分的に分ける方法もございます。

上と下、二種類の電球を使う場合、バランスをとるのが難しいですが、プロはよく使う方法のようです。そして、実際に留める段階では、先端部分を奥の枝や幹に巻き込んで、見えないように隠します。土台の部分まで来た場合は、土台に巻きつけましょう。途中の使用の部分でも、余分に垂れ下がる場合、枝に巻いたり、奥に押し込むようにすることで、スッキリさせることができます。

LEDの電飾は様々

LEDといっても、電球がたくさんついたもの以外にも、星型やキャンドルのLEDや電飾も種類豊富にございます。電飾は、バランスを考えるのが難しいと感じたら、オーナメントのLEDを取り入れるのも良いのではないでしょうか。単独でテーブルなどにおけるタイプや、天井や壁に吊るすタイプもありますので、検討してみてください。

クリスマスツリーの飾り付け/オーナメント:花屋を利用

花屋のクリスマスツリー

クリスマスツリーは、パーツを合わせて作るもの、というイメージが普及してきているようですが、日比谷花壇など大手の花屋さんでは、ポインセチアやクリスマスのフラワーアレンジメント以外にも、様々なクリスマスツリーやクリスマスリースを販売しています。さらに、オンラインショップもあり、全国から注文できるんです。

和風の盆栽風のものや、花屋さんならではの豪華なフラワーアレンジメントが施されたツリーなど、素人には真似できない美しく個性的な飾り付けのツリーが用意されています。スイーツとセットにしたギフトはネットで注文して宅配で届けてもらえ、手軽で人気なんです。クリスマスのプレゼントにいかがでしょうか。

クリスマスツリーの飾り付け/オーナメント:100円ショップを利用

100円ショップやホームセンターが便利♪

ニトリなどホームセンターや100円ショップでも、様々なクリスマスツリーや飾り/オーナメントが売られています。クリスマスツリーの本体でも、150㎝の大型が税込み1990円など、とても安いんです。TRAD、SPARKLE、NOWY、COZY、PINKなど、テーマ別に飾られていて、見るだけでも参考になります。

クリスマスをモチーフにしたガーラントやLEDキャンドル、ランチョンマットやクッションなど、クリスマスやパーティグッズの品ぞろえが豊富です。白やベージュを中心とした、優しい雰囲気のものばかりで、コレクションしたくなる品々です。オンラインショッピングもできますので、ホームページをのぞいてみてはいかがでしょうか。

クリスマスツリーの飾り付け/オーナメント:「ファイバーツリー」

クリスマスツリーの枝葉自体がLEDで発行するファイバーツリーも人気です。枝葉にピンクやブルーなどの色がついているものでも、光ると様々な色に変わるのでお得感もあります。最近のカラフルなLED電飾と合わせて使えば、部屋が楽しいムードに早変わりします。子どもさんも喜ぶのではないでしょうか。夜間も光って、部屋を暗くして楽しめます。

また、できれば近くにコンセントが必要ですので、どこに置くのか、買う前に置き場所も検討してみてください。LEDの良さは、電気代の安さと耐久性です。電気代は1日8時間点灯したとしても、1円から2円、1ヵ月でも30円から60円です。さらに、飾り付けといっても、シンプルですが発光が最大の魅力ですので、光り方を活かすためにも少な目にするのが普通で、色々買いそろえる必要はありません。

クリスマスツリーの飾り付け/オーナメント:「折り紙・手作り」

お弁当カップ・プチケーキカップで作る

海外のコーヒーペーパーを使って、ライフコーディネーターのマーサ・スチュアートという人がクリスマスツリーを手作りしています。日本のブラウンのコーヒーフィルターではなく、真っ白なので、雪がかかったような優しい雰囲気になります。日本で同じコーヒーペーパーを手に入れるのが大変な場合は、お弁当のカップやお菓子の型の紙製のものを使えばできます。

作り方は、カップを反対にして、そこの部分をとんがり帽子のようにつまんでねじっていき、大きさを一段階ずつ変えて、いくつも作っていきます。ずべてがツリーのように重なるように大きさを考えながらとんがり帽子を作っていくのがコツです。手作りのホームパーティやプレゼントにいかがでしょうか。

また、紙カップの横の、ガタガタしたギャザーの部分にハサミで縦に細い切れ目をぐるりと入れていけば、ひらひらのモミの木の枝が出来上がります。緑色のカップでクリスマスツリーの雰囲気を出したり、赤いチェック柄などでポップにアレンジしてもかわいいんです。素敵なカラーを見つけたら、作ってみてはいかがでしょうか。

折り紙で作る

いま、人気なのは、折り紙を何枚も重ねてツリーの枝葉を表現した手作りのクリスマスツリーです。緑色の折り紙でモミの木の枝と葉の部分を作って重ねていき、竹ぐしとお皿で幹と土台を作ります。全体をのりなどでくっつけてみると、少し本格的なクラフトになります。大きなクリスマスツリーもよいですが、子どもさんと手作りしたら喜んで楽しい思い出になるのではないでしょうか。

さらに、平面の手作りクリスマスツリーやリースも、幼稚園や小児科などの壁に貼ってありそうで、可愛らしいです。色とりどりでそろえたり、小さなサンタクロースを作って間に置いたりしても子どもが喜びます。また、ツリーだけではなくクリスマスリースも折り紙で作れます。折り紙の平面リースは、壁に貼る以外にも、コップやグラスを置くコースターにしたりすると可愛いのではないでしょうか。

また、モービルやリボンのような吊るすタイプの折り紙作品を作る人もいます。最近は折り紙やペーパーも様々なものが手に入ります。メッセージカードやプレゼントボックスも手作りをして、お友達に渡せば、お互いに手作りとおしゃれが両方楽しめるんです。折り紙で気持ちも十分に伝わりそうです。折り紙やクラフトが好きな方に、ぜひおすすめです。

シンプルに、緑や赤の折り紙で作るのはもちろん、チェックやピンクなど自分のオリジナルな感性で子どもと作るのもおすすめです。2色ツリーやピンクのトナカイ、スターを作って実際にツリーに飾るなど、全く自由です。大型作品に挑戦したり、卓上の小さなものにしたり、クリスマスの思い出作りに、意外と和風な柄での折り紙はいかがでしょうか。

切り絵

黒い模造紙やカラーセロファンを使って、クリスマスツリーの切り絵や影絵はいかがでしょうか。窓に貼ると、シルエットが美しいんです。大型にして、窓一面に貼っても迫力があり、おすすめです。作り方は、黒い模造紙でツリーの型を取り、オーナメントの部分を丸などに切り抜きます。切り抜いた部分にカラーセロファンを貼っていきます。全部貼らずに一部だけ貼ってもきれいで良いです。

ツリーの足元に、プレゼントボックスなどを切り抜くと雰囲気抜群です。丸の部分はプリンカップなどを当ててカッターでくりぬく必要があり、小さな子どもは難しいのでけがには注意しましょう。また、窓ガラスには、はがせる両面テープなどで貼るとスッキリします。影絵のように、サンタクロースやトナカイを置いたりしてもよいのではないでしょうか。切り絵なので場所も取らず、個性的な演出もできます。

クリスマスツリーの飾り付け/オーナメント:「レンタル」

インターネットで、クリスマスツリーとオーナメントをセットでレンタルすることもできます。毎年異なるクリスマスツリーにしたい場合や、収納場所に困る場合に便利です。さらに、どのようなツリーにするか、どうしても決められない・迷ってしまう場合も、簡単にセットできます。店舗などでも人気です。

クリスマスツリーのオーナメントで飾り付けを楽しもう

クリスマスツリーの飾り付けはいかがでしたでしょうか。店舗に並んでいるのを見ると、あまりに多すぎて、迷いますが、テーマを決めてしまえば楽しく選べそうです。また、手作りに挑戦したり、子どもと折り紙や切り絵の手作りクリスマスツリーにするなど、楽しみが広がるので、様々なクリスマスツリーを検討していただければと思います。ぜひ、今年のクリスマスの参考になれば幸いです。

もっとクリスマスの飾り付けについて知りたいあなたへ!

クリスマスのインテリア特集!飾り付けで玄関や部屋をおしゃれに!
クリスマスリースを手作りで!簡単な作り方を解説!【おしゃれ】
クリスマスの飾りを手作りで!可愛いアイデアまとめ!
クリスマスの飾り付けは100均でおしゃれに!手作りアイデア13選!

関連するまとめ

新着一覧
最近公開されたまとめ