アイロンビーズのクリスマス飾り図案特集!ツリー・リース・雪の結晶など!

今年のクリスマスは子供たちの為に、特別なクリスマスにしたいと思っている方には、是非アイロンビーズがオススメです。アイロンビーズは、専用のプレートとアイロンがあればいろんな飾り付けをお子さんでも簡単に作れるので、是非一緒に挑戦してみてください。

アイロンビーズのクリスマス飾り図案特集!ツリー・リース・雪の結晶など!のイメージ

目次

  1. クリスマスの楽しみ方に工夫を
  2. アイロンビーズって何?
  3. アイロンビーズでクリスマスの飾り付け
  4. アイロンビーズでの基本的な作り方
  5. アイロンビーズでクリスマスツリーを作る
  6. クリスマスツリーの図案
  7. アイロンビーズでクリスマスサンタ作り
  8. クリスマスサンタのアイロンビーズ図案
  9. アイロンビーズでクリスマスリース作り
  10. クリスマスリースのアイロンビーズ図案
  11. アイロンビーズでディズニーキャラクター作り
  12. クリスマス用ディズニーキャラのアイロンビーズ図案
  13. アイロンビーズで雪の結晶作り
  14. クリスマス雪の結晶アイロンビーズ図案
  15. 立体クリスマスオーナメントをアイロンビーズで作る
  16. 立体的なクリスマスツリーの図案
  17. 立体的な雪の結晶オーナメントの図案
  18. 立体的なクリスマスプレゼント箱の図案
  19. 手作りアイロンビーズで楽しいクリスマス
  20. いろんな場面でアイロンビーズを

クリスマスの楽しみ方に工夫を

毎年クリスマスになると、子供たちへ贈るサンタさんからのプレゼントを考えたり、どこに行くかプランを考えたり、とにかくクリスマスはお金を使うことばかり考えてしまいがちではないでしょうか。たまには、お家でクリスマスの雰囲気を手作りで出して見るのも、子供たちにとっては良い思い出になると思います。クリスマスオーナメントを家族みんなで考えて手作りしてみてはいかがでしょうか。

アイロンビーズって何?

今回紹介するアイロンビーズは、1960年にスウェーデンでリハビリ用として誕生したのが元々の起源になります。アイロンビーズは通常のビーズとは違って真ん中に大きな穴が空いていて、突起物がある専用プレートにピンセットでつまんでは型にはめていき、最後にアイロンの熱で癒着させて完成します。

平面的なオーナメントだけでなく、組み合わせ次第で立体的なオーナメントを作ることが出来るのも、アイロンビーズの大きな特徴です。まさか1960年代には、このリハビリ用の器具がクリスマスオーナメント作りに生かされて喜ばれるなんて思ってもみなかったでしょうね。

単色ビーズは必ず用意

アイロンビーズで一番困るのが、欲しい色がないときに探すのが大変なことです。特に白色や黒色は輪郭や肌の部分に多く使われるので、あらかじめ多めに用意しておく事が重要になります。アイロンビーズを購入する際は、一色セットだけでなく、多く使われる単色系を別で買っておいた方が良いでしょう。

アイロンビーズのピンセット

アイロンビーズのピンセットは通常のピンセットとは違い、独特な凹凸があり持ちやすくなっています。またアイロンビーズ自体を挟むのではなく、ビーズの穴にピンセットの先を通してプレートに置いていくので、挟み損ねて転がっちゃうなんて事も少なく、子供たちでも比較的簡単に作れる理由の1つとなっています。

アイロンビーズのプレート

アイロンビーズのプレートにも様々なものが売っていますが、よく目につくのはキャラクターごとのプレートがそのままアインロビーズと一緒に一式で売っている商品です。ディズニーキャラクターやクリスマスリース、サンタさんの図案が全て入っているのも多いので、最初はそういった一式を買って覚えていくのも良いかと思います。

だんだん慣れてくると、こだわりも強くなってくるので、汎用性のあるプレートと各色ごとに分けたアイロンビーズ入れで、立体的なディズニーキャラクターや複雑なクリスナスリースなどを図案なしで作れるようになってきます。

アイロンペーパー

アイロンビーズの仕上げとして、その名のとおりアイロンがけが必要です。専用プレート上に並べられたアイロンビーズの更に上にアイロンペーパーを強いて弱めの熱でアイロンをかけます。アイロンビーズが熱で溶けて、隣のビーズと癒着していく事で完成します。

この時の注意点としては、当然ですが必ず作業自体を親がする事と、アイロン熱を高すぎず低すぎず調整する事です。最初は難しいのですが、アイロンビーズにあてる熱が高すぎると、ビーズの形が変形して汚くなってしまいますし、低すぎると癒着しなくなります。出来ていると思ってひっくり返してガシャン!なんて事もあるので注意が必要です。

アイロン後の冷ます作業

アイロンビーズの仕上げには、アイロン後に冷ます作業も必要になってきます。アイロンビーズは、高い温度から低い温度になっていく段階で変形していく特性を持っているので、アイロンがけをして癒着が確認できたら、ペーパーを敷いた状態のままアイロンビーズの上に分厚い雑誌などの重しを置いて変形を防ぎます。

そうしないと折角つくったアイロンビーズオーナメントが、グニャッと湾曲した状態になってしまいます。ディズニーキャラクターの顔が曲がってしまったら台無しですよね。少し面倒と思うかもしれませんが、手作りの醍醐味の一つなので楽しんでやりましょう。

アイロンビーズでクリスマスの飾り付け

アイロンビーズは出来上がりの雰囲気がとても可愛く、手作り感があって色もカラフルなので、クリスマスオーナメントにはうってつけのアイテムです。サンタさんや立体的なクリスマスツリーも作ることが出来るので、作業が細かくても子供たちが喜んで出来るツールです。どことなくゲームのドットを彷彿とさせますよね。

■関連記事:クリスマスツリーの飾りつけについてはこちらもチェック!

クリスマスツリーの飾り方のコツ!飾り付けとオーナメントでおしゃれに!
クリスマスオーナメントを手作りで!簡単な作り方解説!

アイロンビーズでの基本的な作り方

前述のとおり、アイロンビーズは突起物がある専用プレートにピンセットでビーズをはめて行く作業になるので、出来上がりまでの過程をリアルタイムで確認しながら完成させることが出来ます。なかなかアナログな手作りのもので、作成の過程が目に見えるものは少ないのではないでしょうか。

子供たちにとってはブロックの組み立てに似ている感覚があるので、細かな作業でも楽しんで出来る理由の1つになっているようです。またアイロンビーズの数も1つのオーナメントに対して、そこまで多いわけではないので時間をかけずに、出来てしまう点も人気の理由になっているんだと思います。

アイロンビーズでクリスマスツリーを作る

クリスマスのシンボルとして一番大事なのは、やはりクリスマスツリーですよね。アイロンビーズで作るクリスマスツリーのコツは、緑部分を一色にしないことです。クリスマスツリーの葉の部分には黄緑や明るい緑、もしくは深緑などの深い色を混ぜることで立体感が出てきれいに仕上がります。黄色や赤色のアイロンビーズをアクセント的に混ぜるのも有効的です。

クリスマスツリーの図案

クリスマスツリーは大きく分けて「木」の部分と「葉」の部分に分かれるので、アイロンビーズの図案は緑と茶色に分けて考えます。木の部分は、そこまでこだわりがないのであれば茶色一色で良いですが、葉の部分については緑一色だと立体感がなく平べったい仕上がりになってしまうので、黄緑や黄色、赤色、青色などをアクセント的に散らばせると良いでしょう。

またクリスマスツリーの基本的な形は三角でOKですが、これも規則的に作りすぎるよりは凹凸をあえて付けてあげることで、立体感と可愛さが増します。但し、あくまで左右の対象は合わせておいた方が良いでしょう。

アイロンビーズでクリスマスサンタ作り

アイロンビーズで作るサンタさんも手作り感満載な上、可愛くて素敵です。クリスマスサンタをアイロンビーズで作る場合は、色に関して言えば意外とシンプルで赤、白、黒の原色3つと「うすだいだい色」で作ることが出来ます。アイロンビーズでの手作りサンタは、どことなく温かみがあり見た目も可愛いので、クリスマスオーナメントとしては最適ですね。

クリスマスサンタのアイロンビーズ図案

サンタさんをアイロンビーズで作る場合のポイントは、目の大きさとお髭の大きさです。目は黒いので大きくしすぎずに、お髭の白い部分を気持ち広めにとれば全体的にバランスよく仕上がります。

仕上がったサンタさんの全体の面積の内、白部分が意外と一番多くなりますが、赤色のインパクトがあるので自然に馴染んでバランスが良いオーナメントになります。またホッペに1個〜2個のピンク色のアイロンビーズを施してあげると、一層可愛いらしいサンタさんになります。

アイロンビーズでクリスマスリース作り

クリスマスツリーには、クリスマスリースのオーナメントも必須アイテムの1つです。クリスマスリースは、どこまでも複雑に作る事ができるオーナメントなので、シンプルなものから複雑なものまで様々です。本物に近い形を作る場合は、葉やお花を再現する必要があるので、アイロンビーズのパーツを幾重にも重ねて作り上げる事も可能です。

ここまで来ると手作りを通り越して、職人の域に達します。アイロンビーズにハマる大人たちは、最終的には恐らくこのアイロンビーズでのクリスマスリース作りに没頭してしまうことでしょう。笑

クリスマスリースのアイロンビーズ図案

本来クリスマスリースは葉やお花を輪っか状にしているので、どうしても複雑な感じになるイメージを持ってしまいがちですが、アイロンビーズで作るクリスマスリースではシンプルな図案もあるので安心です。

全体的なシルエットとしては円形をイメージして作成すると、それっぽく仕上がっていきます。規則的なリースもありですが、本物志向に作るのであれば敢えて不規則で複雑な感じにして、本物の葉やお花に近づけたアイロンビーズオーナメントにするのも良いでしょう。

アイロンビーズでディズニーキャラクター作り

クリスマスのキャラクターはサンタさんだけではありません。クリスマスにディズニーキャラクターをアイロンビーズで作ってみるのも、可愛くて面白いです。ディズニーキャラクターは可愛くて温かみのあるキャラクターが多いので、アイロンビーズの手作り感の雰囲気にとっても合います。またディズニーはシルエット的に丸みのあるキャラクターが多いので、形的にもアイロンビーズで雰囲気を出しやすいです。

クリスマス用ディズニーキャラのアイロンビーズ図案

ディズニーキャラクターの中では、ミッキーとミニーが比較的アイロンビーズで作りやすいです。色もほぼ2色で出来てしまうので、耳と目と鼻の配置バランスを考えれば何となく、それっぽい感じに仕上がってきます。

前述のとおりディズニーキャラクターは丸いシルエットが多いので、直径と外枠から目や鼻までの長さのバランスを考えて作りましょう。ディズニーキャラクターによっては、真ん中に寄せて作ると可愛くなるキャラもいますよ。

アイロンビーズで雪の結晶作り

雪の結晶はクリスマスのシンボル的なオーナメントです。雪の結晶といえば複雑な形をしていると考えてしまい、アイロンビーズで作る事自体を諦めてしまいがちですが、雪の結晶は規則性のある形をしているので、一度コツを掴めば難なくアイロンビーズで作る事ができます。クリスマスリースのオーナメントと合わせると、とても雰囲気が出て素敵です。

クリスマス雪の結晶アイロンビーズ図案

雪の結晶の大きな特徴は6つに伸びたパーツです。6方向に同じ模様が伸びていて、規則的な模様があります。アイロンビーズで雪の結晶を作る際は、この規則性のある形を利用して1つ作っては、その作ったパーツを見ながら次のパーツ作りをする事ができます。

立体クリスマスオーナメントをアイロンビーズで作る

アイロンビーズは平面的なオーナメントだけでなく立体的なオーナメントも作ることができます。最初は平面的に作っていき、あらかじめ結合部分を想定して凹凸を作っておきます。アイロンビーズでのパーツを作ったら、それをブロックのように組み合わせて立体的で可愛いクリスマスオーナメントの出来上がりです。

立体的なクリスマスツリーの図案

アイロンビーズで立体的なクリスマスツリーを作成する場合は、葉の三角部分を作るとこから始めるのがポイントです。最初に通常の平坦なアイロンビーズでの作り方でクリスマスツリーを作成しますが、この際に結合部分の穴を開けておくことが重要です。この部分が結合凹凸の凹部分になるので、そのまま作ると後から組み立てが出来なくなってしまいます。

アイロンビーズが立体的に作れる理由として、ビーズの形が円形になっている事が上げられます。このアイロンビーズ特有の円形が、空いた部分にうまくはまり抜けにくくなるので、組み立てだけを小さなお子さんに手伝ってもらうのも良いかもしれません。

立体的な雪の結晶オーナメントの図案

こちらの動画で紹介している3Dアイロンビーズの作り方は、また違うやり方で作っています。雪の結晶は、前述のとおり規則性がある形をしているので、各方向へ伸びている模様を合わせる必要があります。しかしながら、立体的なアイロンビーズの雪の結晶を作成する場合は、ある一箇所に中心まで伸びる穴(空白)を作っておきます。

その結果、パーツだけ見ると雪の結晶特有の各方向に伸びた模様が、1つ欠落した形になりますが組み合わせる事でもう片側のパーツが、模様の一部を補うような形に仕上がります。最終的に中心まで伸びている凹部分同士を組み合わせる事で、立体的な雪の結晶オーナメントがアイロンビーズによって出来上がります。

立体的なクリスマスプレゼント箱の図案

クリスマスプレゼントの箱をアイロンビーズで作る場合は、3種類のパーツを2つずつ作っていく部分がポイントです。後から組み合わせる為に結合部分の凹凸を考えて作る必要がるので、専用プレートにアイロンビーズを並べていく時に、隣のパーツと互い違いになるような形を作っていき、全体の個数を合わせておく事がポイントになります。

クリスマスプレゼント箱のように立体的なオーナメントを作成する際は、組み立て段階を頭の中にイメージしながらパーツを作っていく事が重要になります。難しいようなイメージはありますが、一度作ってしまえばコツを掴んでいくので、色んな立体的オーナメント作成に生かす事ができます。

手作りアイロンビーズで楽しいクリスマス

手作りのオーナメントで飾るクリスマスは、とっても素敵で温かい雰囲気に包まれますよね。アイロンビーズは出来上がっていく過程が目に見えて分かりますし、針やハサミなどの危険な道具も使わないので、お子さんにも安心して使わせることが出来ます。

また立体的なアイロンビーズになるとパーツの組み立てから完成までを頭の中でイメージする事が必要になってくるので、脳のトレーニングとしても非常に有効です。前述のとおりアイロンビーズはもともとリハビリ用だった理由もなるほど納得です。

いろんな場面でアイロンビーズを

いかがでしたか?アイロンビーズについて大分知っていただけたかと思います。手作りでのオーナメント作りは、大人にとっても子供たちにとっても良い思い出になり、いつもより少し温かい気持ちでクリスマスを迎える事が出来るのではないでしょうか。

クリスマスオーナメントだけでなく、ハロウィンや大切な人のお誕生日の飾り付けにもアイロンビーズは活躍します。少し覚えれば、かなり凝った立体ディズニーキャラなんかも作れてしまうので、これから是非挑戦してみてくださいね。

クリスマスはハンドメイド♪こちらの記事もチェック!

クリスマスの飾りを手作りで!可愛いアイデアまとめ!
クリスマスツリーの折り紙の折り方!簡単に立体も平面もできる!
クリスマスリースを手作りで!簡単な作り方を解説!【おしゃれ】
クリスマススワッグの作り方・飾り方!リースよりもおしゃれ?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ