クリスマススワッグの作り方・飾り方!リースよりもおしゃれ?

クリスマスにはツリーやリースを飾って...ハロウィンが終わると街は一気にクリスマスモードに突入。クリスマスのオーナメントはどれも素敵で見ているだけでドキドキ。でも今年はクリスマススワッグを手作りしてみませんか?クリスマススワッグの作り方と飾り方を紹介します。

クリスマススワッグの作り方・飾り方!リースよりもおしゃれ?のイメージ

目次

  1. 【クリスマススワッグ】クリスマススワッグっていったい何?
  2. 【クリスマススワッグ】リースより簡単なクリスマススワッグ
  3. 【クリスマススワッグ】クリスマススワッグの材料
  4. 【クリスマススワッグ】クリスマススワッグの作り方
  5. 【クリスマススワッグ】クリスマススワッグに適した植物
  6. 【クリスマススワッグ】おすすめの材料
  7. 【クリスマススワッグ】クリスマススワッグのコツ
  8. 【クリスマススワッグ】100均でもできるクリスマススワッグ
  9. 【クリスマススワッグ】プリザーブドフラワーのスワッグ
  10. 【クリスマススワッグ】オールグリーンで花嫁のブーケ風
  11. 【クリスマススワッグ】半月スワッグは部屋のアクセントに
  12. 【クリスマススワッグ】ホワイトベースは冬の朝に似合う
  13. 【クリスマススワッグ】幼子イエス様のゆりかごをイメージして
  14. 【クリスマススワッグ】アーティフィシャルフラワーで鮮やかに
  15. 【クリスマススワッグ】オリジナリティはシェイプで出す
  16. 【クリスマススワッグ】ブーケ風に
  17. 【クリスマススワッグ】クリスマススワッグの飾り方
  18. 【クリスマススワッグ】まとめ

【クリスマススワッグ】クリスマススワッグっていったい何?

クリスマスの季節。
イルミネーションもきれいで、店をのぞくと今年もクリスマスオーナメントがたくさん並んでいます。
クリスマスってどうしてこんなに気分があがるんでしょうね?

おうちのクリスマスデコレーションにも気合が入ります。

そんな中、最近ちらほら耳にするのが「クリスマススワッグ」という言葉。
なにやらおしゃれな香りがしますぞ...

おしゃれなクリスマススワッグとは一体なんぞや?
ここではクリスマススワッグの作り方、作り方のコツから飾り方まで一気に紹介します。
クリスマススワッグは自由なところが一番の魅力。

クリスマススワッグのいろいろなアレンジ方法、100均で手作りなど、たくさんのアイデアを紹介していくので今年のクリスマスはぜひクリスマススワッグに挑戦してみてください。
一味違ったおしゃれなクリスマスを体感できますよ。

【クリスマススワッグ】リースより簡単なクリスマススワッグ

クリスマススワッグの作り方・飾り方の前にクリスマススワッグとは何か説明しましょう。
クリスマススワッグは「クリスマス」に飾る「スワッグ」の事。
スワッグとはドイツ語で「壁に飾るもの」という意味です。

つまり、クリスマスに飾る壁飾りの事をクリスマススワッグというのです。
壁に飾る物なら何でも基本的にはクリスマススワッグです。
クリスマスリースもスワッグの一つ。

リースは輪っかという意味があるので、スワッグの中でも円状のものをリース、そのほかのものをスワッグと区別すると覚えておくと良いでしょう。

さて、クリスマススワッグの作り方ですが、形は自由。
ただ束ねただけのものもあれば、きれいな形に整え、リボンや木の実でアクセントをつけるものまでいろいろあります。
クリスマススワッグの材料は作り物を使って手作りすることもできますが、基本は生花で作るのが一番おしゃれ。
特にスワッグは壁に逆さまに吊るして飾るので、イメージとしてはドライフラワーのような感じ。
(ドライフラワーもスワッグです)

だから最初はみずみずしい豊かな植物の香りを、乾いてくるとポプリのような控えめな香りでアンテイークのような風合いに変わっていく様をずっと楽しむことができるのです。
水も替えなくて良いし、ただ吊るしておくだけでずっと1か月間楽しむことができるクリスマススワッグはおしゃれな手作りガーランドとしてとっても人気なのです。

■参考記事:クリスマスグッズを手作り!コチラもチェック♪

クリスマスガーランドを手作りで!おしゃれな作り方解説!【簡単】
クリスマスの壁面飾りは手作りで!保育園の先生必見!【無料】

【クリスマススワッグ】クリスマススワッグの材料

クリスマススワッグを手作りするときの基本材料は

・麻ヒモ
・ワイヤー
・グルーガン(あれば)
・ハサミ
・植物

これが基本の材料です。

植物は何でも好きな物を。
でも、クリスマススワッグなので、基本的にはクリスマスカラーの材料で仕上げましょう。
緑を基調に、赤やゴールド(シルバー)をアクセントカラーに入れると一気にクリスマスっぽくなりますよ。

クリスマススワッグを手作りする際に余った植物を使ってミニのクリスマススワッグを作っても可愛い↓

小さなスワッグはルームライトに結び付けたり、カーテンのタッセル代わりに使うなど、小さいからどこにでも飾れてしかもおしゃれ。
クリスマススワッグを手作りするときは、必ず材料にあまりが出ますから捨てずにかわいらしくリボンでまとめてみてくださいね。

【クリスマススワッグ】クリスマススワッグの作り方

材料が揃ったところでまずは植物を重ねていきます。

長いグリーンからまず始めます。
長いグリーンならどんな植物でも良いですがクリスマススワッグということで

・バーセリア
・ヒペリカム
・ユーカリ
・ヒバ

などを使うとまとまりがよく、クリスマスらしいフレッシュな香りを運んでくれます。

長いものから順に重ねていき、短いものへ。
ちょうど色や長さがグラデーションになるように重ねていきましょう。
重ねてまとまったら、麻ヒモで固定します。

できあがり。

作り方はとっても簡単です。

【クリスマススワッグ】クリスマススワッグに適した植物

クリスマススワッグの材料に適した植物たち。

・ユーカリ
・シルバーブルーニア
・西洋ヒバ
・コットンフラワー
・ニッコリー
・ブルーダイナマイト
・モミの木

材料に、ドライになっても花の色をきれいに保ってくれる草花もおすすめです。
クリスマススワッグですが、色とりどりのお花をいれてもお部屋が華やぎます。

・ビバーナムティナス
・コニファー
・ケイトウ
・千日紅
・リューカデンドロン
・ハイブリッドスターチス
・スターチス
・フォルモーサ
・バラの実

クリスマススワッグの作り方はとても簡単であっという間に出来上がってしまいます。
そして作り方は簡単なのに、部屋中にグリーンの爽やかな香りが広がって、空気までもがきれいになる気分...

この香りがクリスマスまで楽しめるクリスマススワッグ。
今年は手作りするしかなさそうです!

【クリスマススワッグ】おすすめの材料

クリスマススワッグを手作りするときに、植物以外の材料をアクセント使いするととてもクリスマスらしくなります。
例えば

・鈴
・リボン
・オーナメントボール

などなど。

あなたのアイデア次第でオリジナルのおしゃれなクリスマススワッグが手作りできるのがクリスマススワッグのおしゃれな所。

この他にも松ぼっくりや木の実、ヒイラギの赤い実などを使うととってもクリスマスぽくなりますよね。

赤い実にはこんな種類があります。作り方の参考に。

・サンキライ
・ヒペリカム
・バラの実

クリスマスの飾りに赤い実がよく使われるのはイエス様が十字架にへ磔にされたときに流した血を表しています。
そしてグリーン(ヒイラギ)を使うのはイエス様がかぶっていたイバラの冠を模したもの。

クリスマスはイエス様の誕生の祝い。
飾り一つひとつにも意味があるのです。

変形型スワッグならこんな土台に花やグリーンを差していくととっても簡単に出来上がります。
グリーンを差すときのコツは放射線状に。

変形型スワッグはアクセントカラーをたくさんいれるととても華やかになります。
スタンダートなものよりも鮮やかな色を入れる方がまとまりが良くなるので参考にしてください。

【クリスマススワッグ】クリスマススワッグのコツ

クリスマススワッグのおしゃれな作り方のコツはふっくらと空気感を出すこと。
窮屈にギュウギュウに植物をまとめてしまうとガサツにみえてしまいますから、量も長さもグラデーションを考えてふっくらと。

そしてスタンダートなクリスマススワッグの形なら紐で縛ってある部分と、先端が尖る形にするとおさまりが良くなります。
扇状にするよりも、だんだん広がってそしてまたすぼんでいく形が清楚に見えてインテリアによく映えます。

この形を基本にしてアレンジを加えていくと、とってもおしゃれなクリスマススワッグが手作りできますよ。

【クリスマススワッグ】100均でもできるクリスマススワッグ

100均でクリスマススワッグの材料をそろえることもできます。
100均の場合は生花とはいきませんが、100均でもおしゃれなクリスマススワッグができるのでぜひ試してみて。

まず向かうのは100均の造花コーナー。
造花コーナーにはいろいろな100均の造花がありますよね。
その中でちょっと長めのグリーンをチョイス。
これが100均クリスマススワッグの土台になります。

おすすめはユーカリの造花。
100均でもユーカリを使えばおしゃれ感がUP。
すごくかわいくなります。

そしてユーカリをベースに何本か束ねたらワイヤーもしくは麻ヒモで結びます。
結び終わったら完成。
あとは同じく100均でリボンやオーナメント類を購入しつければおしゃれなクリスマススワッグに。

今の時期、100均にもクリスマスオーナメントがズラっと並びます。
100均とは思えないクオリティのものもありますから、宝探しのようにして、スワッグに合いそうな物を探すのも楽しいですよ。

【クリスマススワッグ】プリザーブドフラワーのスワッグ

ここからはいろいろなクリスマススワッグのアレンジメントを紹介していきます。

ドライフラワーのように束ねる形が定型なら、下の写真のように長い基本の植物をベースに(この場合は麦の穂)、中央からやや上にかけてボリュームを出してクリスマススワッグ。
ラベンダーの紫が鮮やかなアクセントになっています。
また、麦の穂を使うことで少しお正月のしめ縄飾りのような印象もあり、クリスマスからお正月にかけて飾れるスタイルになっています。

プリザーブドフラワーのバラが、スタンダードなクリスマススワッグとはまた違う風合いをだしていますね。

【クリスマススワッグ】オールグリーンで花嫁のブーケ風

アクセントカラーなしでボリュームたっぷりに作られたクリスマススワッグ。
同じグリーンでもグラデーションや、表情の違いがステキなアレンジメントに仕上げてくれています。

清潔感のあるグリーンのクリスマススワッグはとってもおしゃれですよね。

【クリスマススワッグ】半月スワッグは部屋のアクセントに

変形型クリスマススワッグ。
半月の形をしたこのクリスマススワッグも、人気のスタイルです。

玄関のドアや、玄関だけでなく、タペストリーのアクセント、ルームライトのオーナメントとしてもおしゃれに飾ることができる形になっています。

【クリスマススワッグ】ホワイトベースは冬の朝に似合う

クリスマススワッグは、クリスマスらしくグリーンベースが人気ですが、こんな風にホワイトで統一するのもおしゃれ。

都会風の洗練された感じのクリスマススワッグになります。
ホワイトだけだと寂しいから、ツリーのオーナメントボールなどでおめかししています。
玄関のドアに飾るとクリスマスを待っている感じが出ますね。

【クリスマススワッグ】幼子イエス様のゆりかごをイメージして

下の写真のような、揺りかごのようなスタイルもクリスマスらしくておしゃれ。
どちらかワンサイドを起点にして、グリーンを少しずつずらしながら、重ねて行くとバランスが取りやすいですね。

このような揺りかごスタイルは、両端にリボンを結んで上から吊るすタイプです。
これなら玄関以外でもいろいろな飾り方が楽しめそうですね。

【クリスマススワッグ】アーティフィシャルフラワーで鮮やかに

クリスマススワッグはフレッシュグリーンを使って、香りの良いオーナメントを楽しむ事が本来の姿ですが、アーティフィシャルフラワーを使ってアレンジメントを楽しむと、まったく、表情の違うクリスマススワッグが出来上がります。

クリスマススワッグは、玄関やリビングに飾り、だんどんとドライフラワーになっていく変化を楽しみますが、アーティフィシャルフラワーなら、クリスマスの当日まで美しい鮮やかな花を楽しむことができるのです。

玄関は来客が1番に目にする場所。
玄関の飾り方には鮮やかなアーティフィシャルフラワースワッグが似合うと思われる人も多いのではないでしょうか?

枯れることのないアーティフィシャルフラワーだからこそ、来客の目を玄関で楽しませる、クリスマスの一興という印象です。

【クリスマススワッグ】オリジナリティはシェイプで出す

クリスマススワッグは自由なスタイルが魅力。
自分の感じたとおりにグリーンを重ねていけばよいのです。

だから、下の写真のように放射状にした、まるで「星」のような形のスワッグも素敵。

個性的なシェイプだから、あえてアレンジはシンプルに。
こういった個性的なスワッグは玄関よりもリビングにぴったりです。
飾り方としてはボリュームのあるオーソドックスなスワッグを玄関に、個性的なスワッグはリビングにと使い分けましょう。

【クリスマススワッグ】ブーケ風に

オーソドックスなスワッグだけど、花束のように包んでいるブーケタイプもあります。
ブーケタイプは包み込むのでこじんまりしますが、華やかさよりもかわいらしさを演出したいときにピッタリです。

包む布を麻ではなくペーパーにしたり、色で遊んでみると、よりクリスマスらしく、また違う場面でもインテリアとして使うことができます。
ブーケタイプスワッグの飾り方は玄関でお客様のお出迎えというよりも、リビングでかわいく、また窓辺で爽やかに...そんな飾り方が素敵です。

【クリスマススワッグ】クリスマススワッグの飾り方

クリスマススワッグの飾り方にルールはありません。
玄関に、窓際に、そしてリビングの壁に...スワッグを手作りしたら自分のイチ押しの場所に飾りましょう。

マントルピースがあるおうちなら、マントルピースを縁取るように横にはわせるガーランドも素敵ですよ。
いろいろな飾り方、そしてスタイルがあり、自由自在に自分のスタイルを作れるスワッグはどこのお家でも似合う素敵なクリスマススオーナメントです。

吊るすタイプはドアフックを使うと釘を打たなくても簡単に飾ることができます。

窓際に横に這わすタイプは押しピンなどを使ってひっかけましょう。
リビングなど壁に穴を開けたくない場合は、スタンドタイプのオーナメントフックを活用すると良いでしょう。

玄関の非常灯にもかわいらしく、そしてさり気なくクリスマススワッグを吊るすのもおしゃれ。
こんなディテールにもクリスマス色を持ってくるところが素敵ですよね。
ライトと同じくらいの小さいサイズで作ってみて下さい(余った材料をここで活用)

【クリスマススワッグ】まとめ

いろいろな形で遊べるクリスマススワッグは今年イチ押しクリスマスアイテム。
そしてできれば生花のグリーンでぜひ作ってみてください。

リースよりも簡単に手作りできるので、お子さんと一緒に手作りを楽しむのも良いですね。

クリスマスについてもっと情報を知りたいアナタに!

クリスマスの日にちはいつ?24と25どっち?イブとの違いは?
千葉のイルミネーションスポット特集!クリスマスデートならここ!
クリスマスのカップルの過ごし方13選!一番のおすすめは?
クリスマスの告白の成功率をあげる方法!タイミングはいつがいい?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ