クリスマスキャンドルを手作りで!作り方と飾り方解説!

手作りのクリスマスキャンドルを作りたいと思いませんか? オリジナルのクリスマスキャンドルの作り方と飾り方を紹介します。 クリスマスキャンドルを綺麗にデコレーションして、お部屋に飾ると素敵ですね。 クリスマスキャンドルの飾り方もお伝えします。

クリスマスキャンドルを手作りで!作り方と飾り方解説!	のイメージ

目次

  1. クリスマスキャンドルの作り方5選 可愛いキャンドル
  2. クリスマスキャンドルの作り方① キラキラキャンドル
  3. クリスマスキャンドルの作り方② ゴールデンキャンドル
  4. クリスマスキャンドルの作り方③ デコレーションキャンドル
  5. クリスマスキャンドルの作り方④ ムーンキャンドル
  6. クリスマスキャンドルの作り方⑤ ハートフルキャンドル
  7. クリスマスキャンドルのアレンジ3選 アイデアで素敵に!
  8. クリスマスキャンドルのアレンジ① 花でエレガントに飾る
  9. クリスマスキャンドルのアレンジ② ローズで華やかに!
  10. クリスマスキャンドルのアレンジ③ 真っ赤な薔薇がゴージャス
  11. クリスマスキャンドルの飾り方3選 北欧風にロマンチック
  12. クリスマスキャンドルの飾り方① アルミの容器でシンプルに
  13. クリスマスキャンドルの飾り方② 植木をキャンドルホルダーに
  14. クリスマスキャンドルの飾り方③ オーナメントを作ろう
  15. クリスマスキャンドルの作り方は楽しめましたか?

クリスマスキャンドルの作り方5選 可愛いキャンドル

クリスマスは、1年に1度の子供から大人まで楽しめるイベントです。
クリスマスキャンドルは、お部屋に温もりを与えて、見た目も綺麗で素敵ですね。
手作りできるクリスマスキャンドルの簡単な作り方を、ご紹介します。
素敵なアイデアを取り入れて、クリスマスキャンドルを作ってみましょう。

■参考記事:クリスマスは24日?25日?コチラもチェック!

クリスマスの日にちはいつ?24と25どっち?イブとの違いは?

クリスマスキャンドルの作り方① キラキラキャンドル

ホワイトキャンドルを使って、クリスタル風にデコレーションします。
絵の具でキャンドルに色を付けて、楽しく制作できるでしょう。
キラキラキャンドルに必要な材料は、ホワイトキャンドル、絵の具、ボンド、エプソムソルトです。
キラキラキャンドルは、クリスタルキャンドルと呼ばれています。

➀キャンドルの飾りつけする範囲の境目に印をつけます。
➁好きな色の絵の具で、キャンドルの印までに色を塗ります。
赤や緑、クリスタルなイメージのスカイブルーやピンクなども可愛いカラーですね。
➂絵の具を乾かします。
絵の具が乾いたら、ボンドかスプレーグルーをつけます。
➃エプソムシルトをボンドの上にのせて、付けます。

エプソムソルトとは?

エプソムソルトは、バスソルトのことです。
エプソムソルトも、様々な種類やカラーがあります。
エプソムソルトを使って、クリーンイメージのキャンドルが完成します。
マリン風の手作りクリスマスキャンドルになるでしょう。

クリスマスキャンドルの作り方② ゴールデンキャンドル

ゴールデンキャンドルは、グリッターキャンドルと呼ばれています。
赤色のキャンドルを使って、ゴールドの輝きを取り入れた豪華な手作りキャンドルです。
ゴールデンキャンドルに必要な材料は、赤のキャンドルとグリッター、両面テープです。
手作りのクリスマスキャンドルらしい、簡単で手軽な方法です。

①赤のキャンドルに、両面テープを張ります。
張り方は、ぐるぐる巻きで良いです。
テープの太さに変化を付けたり、アイデアでを取り入れて張り付けましょう。
②両面テープに、グリッターを振りかけます。
グリッターが、ランダムになるように張り付けると綺麗です。
③刷毛で、テープ以外にかかったグリッターを取り除きます。
④完成です。

キャンドルナイトにも、手作りキャンドルが活躍

キャンドルナイトとは、1年で最も日が長い夏至の日と、1年で最も日が短い冬至の日の8時から10時の2時間の間で、その間は電気を消します。
キャンドルナイトの冬至の日に、手作りキャンドルで良い雰囲気に包まれても素敵ですね。
キャンドルナイトは、クリスマスと同様に1年に1回だけです。
手作りキャンドルが、キャンドルナイトのような特別な日に使われると、良い感じがしますね。
また、手作りキャンドルをたくさん使って、あなただけのキャンドルナイトを作っても良いですね。
キャンドルナイトは、手作りキャンドルが活躍できる夜だと思えます。

■参考記事:クリスマスにイルミネーション!千葉でおすすめのスポットは?

千葉のイルミネーションスポット特集!クリスマスデートならここ!

クリスマスキャンドルの作り方③ デコレーションキャンドル

デコレーションキャンドルは、好きな写真や色々な絵のある包装紙を使ってクリスマスキャンドルを作ります。
デコレーションキャンドルは、デコパージュと呼ばれています。
必要な材料は、キャンドル、ナプキン、ドライヤーと文房具ノリです。
デコパージュは、見た目も華やかで可愛いです。

➀キャンドルの側面に合わせて、包装紙やナプキンをカットします。
➁ナプキンの場合は、無地の面をめくって、絵がある面だけにします。
➂キャンドルの幅2~3㎝の部分に縦にノリを付けます。
➃ノリのついた部分に、ナプキンや包装紙の片側の端を張り付けて、キャンドルをぐるっとナプキンや包装紙で巻きます。
➄最後に、もう片方の包装紙の端を糊付けしたら、ドライヤーで乾かして完成です。

手作りキャンドルを、スパンコールでアレンジ

クリスマスキャンドルや手作りキャンドルのアレンジに、スパンコールやビーズを使うと煌びやかで可愛いです。
クリスマスキャンドルは、華やかでキラキラしたアレンジが似合います。
キャンドルのアレンジとして、キャンドルを置くキャンドルスタンドや容器にスパンコールを散らばして張り付けます。
ガラスのコップにスパンコールを張り付けてからキャンドルにかぶせるアレンジも、キャンドルの明かりでスパンコールが綺麗に見えます。

クリスマスキャンドルの作り方④ ムーンキャンドル

ムーンキャンドルは、仏具用のロウソクを使って手作りする作り方です。
ムーン型やスター型など好きな形のクッキー型にロウを流し込みます。
ムーンキャンドルに必要な材料は、仏具ロウソク10本、クレヨン、空き容器、クッキーの型抜きです。
ロウソクを溶かしたら、芯は使うので置いておきましょう。

①好きな色のクレヨンを、細かく刻みます。
②ボウルに仏具用のロウソクを割り入れて、湯煎にかけて溶かします。
③ロウが溶けたら、芯を取り出して真っすぐになるように、乾かします。
④ロウが溶けきったら、クレヨンを混ぜて色を付けます。
⑤容器にロウを流し込みます。
ロウは、熱いので気を付けて、ゆっくり流し込みます。
ムーンやスター型で作ると、クリスマスのイメージがしますね。
⑥ロウが固まってきたら、真ん中に竹櫛で穴をあけて芯を入れます。
⑦芯が傾かないように、割りばしで芯を挟んで固定します。
⑧固まったら、型から丁寧に外します。

キャンドルナイトにピッタリなキャンドルは?

キャンドルナイトに使いたいキャンドルは、ロウを溶かしてクレヨンで色を付ける方法が良いですね。
クリスマスカラーの赤や緑、白のキャンドルでなくて、キャンドルナイトのカラーのキャンドルを手作りしましょう。
キャンドルナイトは冬至なので、暖色のカラーのキャンドルが良いですね。
キャンドルナイトには、オレンジや黄色、夜をイメージしたブルーやパープルなどのカラーのキャンドルが似合いそうです。
手作りのキャンドルで、思い出になるキャンドルナイトを演出して楽しめます。

クリスマスキャンドルの作り方⑤ ハートフルキャンドル

ハート型の型を使った、可愛くて温かいキャンドルです。
カラフルなロウを使って、クリスマスらしいイメージに仕上げてください。
必要な材料は、大きさがランダムなハート形の型、ロウや油粘土です。
カラフルなキャンドルを溶かして、ロウを作れば簡単です。

①一番小さいサイズのハート形の型を、油粘土の上に載せます。
②カラフルなキャンドルを削って、湯煎で溶かします。
③ロウを流し込みます。
④大きいハート型を小さいハート型にかぶせて、隙間にロウを流します。
⑤またさらに大きいサイズのハート型を合わせて、ロウを流します。
⑥油粘土は、ハート形の底になるように、ロウが漏れないようにして使います。
⑥ロウが固ま適たら、芯を真ん中にさして完成です。
ハート型のサイズによって、ロウのカラーを変えると、カラフルな3重奏のハートフルキャンドルになります。

■参考記事:クリスマスのカップルでの過ごし方、コチラも参照!

クリスマスのカップルの過ごし方13選!一番のおすすめは?

クリスマスキャンドルのアレンジ3選 アイデアで素敵に!

クリスマスキャンドルは、デコレーションやカラーなどにこだわってアレンジしたいですね。
アイデアは、次から次へと浮かんでくるはずです。
自分だけの手作りクリスマスキャンドルは、特別な思い出になります。
豪華に飾りつけしたり、可愛くアレンジしたりして楽しみましょう。

クリスマスキャンドルのアレンジ① 花でエレガントに飾る

クリスマスキャンドルを、たくさんのお花で飾ります。
テーブルに飾れると綺麗なイメージのする、お花のクリスマスキャンドルデコレーションです。
必要な材料は、薔薇、ガーベラ、トルコキキュウ、コットンツリー、姫リンゴ、マツカサ、クジャクヒバ、花器、花器のサイズに合うオアシス、細長いキャンドル1本、18番と24番のワイヤー、フローラテープです。

①花器に水を含ませたオアシスを入れます。
オアシスの少しの幅を、花器からはみ出させると花がさしやすいです。
②18番のワイヤーを5㎝にカットして、クリスマスキャンドルに貼り付けます。
③オアシスの真ん中に、キャンドルを差し込みます。
④クジャクヒバをカットして、オアシスに差し込みます。
オアシスには、茎だけを差し込み、小さな葉を取り除きます。
⑤オアシスの真ん中から左右へと広がるように、ヒバを差し込みます。
⑥姫リンゴに18番ワイヤーか楊枝を指します。
⑦マツカサに24番のワイヤーをさします。
⑧キャンドルの周りを取り囲むように、花を飾って完成です。

クリスマスキャンドルのアレンジ② ローズで華やかに!

造花を使って、クリスマスキャンドルをアレンジします。
造花は薔薇やリーフなど選びます。
花器のカラーはホワイトやピンクなど、優しいイメージにしてください。
クリスマスらしい、華やかで輝きのあるアレンジになります。

①花器にオアシスを入れます。
オアシスを花器にピッタリはまるようにセットします。
②ガーランドタイプを真ん中にセットして、U ピンなどで固定します。
④造花は、ワイヤー入りのものを選べば、曲げられて変形できるから便利です。
⑤スプレータイプの薔薇をつぼみと花が咲いているものに分けて、オアシスの上にアレンジして飾ります。
花器から薔薇がはみ出してもOKです。
⑥オアシスの隙間に、姫リンゴをさします。
⑦キャンドルにワイヤーを3本さして固定します。
ワイヤーが刺さらなかったら、フローラルテープを巻いて固定します。
⑥真ん中にキャンドルをさします。

クリスマスキャンドルのアレンジ③ 真っ赤な薔薇がゴージャス

クリスマスカラーの赤を使って、華やかなアレンジにしましょう。
キャンドルも薔薇も赤を使っているのが、ポイントです。
必要な物は、コンポートかマグカップ、オアシス、キャンドル、クリスマスの飾り(サンタやベル、リンゴの実や松ぼっくりなど)です。

①オアシスに水を含ませて、コンポートに入れます。
②キャンドルに楊枝を3本張り付けて、オアシスの刺せるようにします。
③オアシスの真ん中にキャンドルをさして、周りにビバ横向けてをいくつかさします。
④薔薇を4本、ビバの間にさしてバランスを見ます。
⑤ヒペリカムを薔薇のそばにさします。
⑥松ぼっくりなどにワイヤーを取り付けて、オアシスにさして飾ります。
⑥カスミソウやサンタのオーメントなどを飾って、完成です。

クリスマスキャンドルの飾り方3選 北欧風にロマンチック

クリスマスキャンドルを綺麗に飾ると、とってもロマンチックムードになります。
クリスマスキャンドルは、カラーが白、赤、緑があるので、カラーを選んで飾りつけすると良いですね。
北欧スタイルのクリスマスキャンドルの飾り方は、とっても可愛くて楽しみながら飾りつけできます。
クリスマスキャンドルは、シンプルでもお洒落に飾れます。

クリスマスキャンドルの飾り方① アルミの容器でシンプルに

アルミ素材やスチール素材の容器に重石を入れてキャンドルを立てるだけです。
アルミ容器は、パウンドケーキ型や小物入れ、キッチン用品で使われているもので大丈夫です。
容器のサイズや形は好きなものを選んでくださいね。
クリスマスキャンドルの色やサイズも好みで選びます。

重石とともに、砂やパール、ビーズなどを入れると綺麗です。
キャンドルは、重石の間に挟んで固定します。
長い容器なら、キャンドルを数本立てられます。
クリスマスキャンドルの飾りは、シンプルで静寂なイメージが似合いますね。

クリスマスキャンドルをテーブルに

クリスマスキャンドルの飾り方で、人気があるのはテーブルの上に置くことです。
クリスマスキャンドルの定番の飾り方は、棚の上に並べたり、カウンターテーブルに並べたりします。
クリスマスディナーとともに、クリスマスキャンドルを置く飾り方は、とっても素敵です。
クリスマスキャンドルをたくさん並べる飾り方は、キャンドルの明かりだけでお部屋を明るくできます。
ロマンティックで幻想的な飾り方をして、雰囲気を大いに盛り上げましょう。

クリスマスキャンドルの飾り方② 植木をキャンドルホルダーに

小さなサイズの植木を選びます。
コケや実にある植木を選ぶと、いい雰囲気のキャンドルホルダーになります。
小さな植木鉢を購入して、自分で土や花を植えて小さな植木を作っても良いです。
キャンドルを小さな植木の真ん中に置くだけです。

小さな植木をキャンドルホルダーにして使って、テーブルに置いたりします。
キャンドルホルダーが植木なので、窓辺に置いても素敵ですね。
冬の植木は、クールなイメージでキャンドルの明かりが似合います。
植木とキャンドルの異色の組み合わせで、お洒落な感じに仕上げてください。

クリスマスキャンドルの飾り方③ オーナメントを作ろう

空き瓶のラベルをはがして、瓶をよく洗ってクリスマスオーナメントを作ります。
クリスマスキャンドルを、瓶の蓋になるところに差し入れるだけです。
クリスマスキャンドルともに、ヒダやモミの木、松ぼっくりも瓶に差して完成です。
クリスマスキャンドルは、白でも赤でも構いません。

空き瓶の蓋の部分にキャンドルが入らなかったら、キャンドルの底を削ってください。
瓶の底まで、キャンドルが沈んで入る必要はありません。
キャンドルは、細くて長いものを選びましょう。
空き瓶の形にこだわって選んだり、キャンドルと一緒に飾れるアイテムも必要です。
キッチンカウンターに飾ったり、テーブルに飾ると素敵です。

クリスマスキャンドルの作り方は楽しめましたか?

クリスマスキャンドルの作り方は、キャンドルをデコレーションしたり、ロウを溶かして型に流し込む方法などがあります。
今年のクリスマスは、手作りのキャンドルでお部屋に温かい明りを灯しましょう。
クリスマスキャンドルのアレンジや飾り方も、あなたのアイデアで美しさをアップできるはずです!

クリスマスに手作り♡もっと情報を知りたいアナタに!

クリスマスガーランドを手作りで!おしゃれな作り方解説!【簡単】
クリスマスの壁面飾りは手作りで!保育園の先生必見!【無料】
クリスマススワッグの作り方・飾り方!リースよりもおしゃれ?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ