クリスマスの飾りを手作りで!可愛いアイデアまとめ!

幼児や子どもさんでも簡単に作れる、クリスマスの飾りをご紹介します。100均でも手軽に買える折り紙は、失敗を気にせずに手作りを楽しめるのでオススメです。今年のクリスマスは、手作りの飾りで部屋を思いっきりデコレーションしちゃいましょう!

クリスマスの飾りを手作りで!可愛いアイデアまとめ!のイメージ

目次

  1. 今年のクリスマスは、飾りを手作りしたい!
  2. 【クリスマス】手作りの飾りのアレンジをご紹介!
  3. 手作りのクリスマス飾り(1)雪の結晶
  4. 手作りのクリスマス飾り(1)雪の結晶【作り方】
  5. 手作りのクリスマス飾り(2)立体の雪の結晶
  6. 手作りのクリスマス飾り(2)立体の雪の結晶【作り方】
  7. 手作りのクリスマス飾り(3)クリスマスツリー
  8. 手作りのクリスマス飾り(3)クリスマスツリー【作り方】
  9. 100均のアイテムで、クリスマスの飾りを手作りできる!
  10. 100均で手作り!クリスマスの飾りをご紹介
  11. まとめ:クリスマスの飾りを、楽しく手作りしましょう!

今年のクリスマスは、飾りを手作りしたい!

もうすぐやってくるクリスマス。たくさんの飾りで部屋をキレイに飾り付けたいですね。もちろん、市販の飾りを使う手もありますが、幼児や子どもさんのいる家庭では、手作りの飾りを試してみるのもいいかもしれません。

幼児や子どもとのコミュニケーションにもなりますし、折り紙を使った飾りなら、費用もそれほどかかりません。
今は、折り紙にも様々な種類があり、折り方の種類もたくさんあります。手作りとは思えないくらいクォリティの高い飾りを作るのも、夢ではありません。

【クリスマス】手作りの飾りのアレンジをご紹介!

では早速、手づくりのクリスマス飾りをご紹介していきましょう。必要なのは折り紙とはさみなど、簡単に手に入るものばかりです。
失敗を気にせず、かわいらしい飾りをどんどん作っていきましょう!

手作りのクリスマス飾り(1)雪の結晶

まずは、折り紙を切って作る「雪の結晶」のオーナメントをご紹介します。こちらは折り紙の「折り方」というよりも「切り方」と言ったほうがいいかもしれません。
ほんの少しの工夫で、細かな雪の結晶細工が簡単に出来上がります。折り紙を広げたときの感動を、幼児や子どもさんにぜひ見せてあげてください。

ただし、ハサミを使う細工なので、幼児や子どもからはくれぐれも目を離さないよう注意しましょう。

手作りのクリスマス飾り(1)雪の結晶【作り方】

(1)まず、折り紙の裏(白色の面)が外側に来るように、三角形に2つ折します。
(2)更に半分に折り曲げ、真ん中に垂直の折り目をつけます。
(3)三角形の頂点から5.5cmのところに印をつけて、その部分から内側に折り曲げます。
(4)逆側も同じように折り曲げます。
(5)次に、その状態の中心線で2つに山折します。
(6)そして、折り曲げた中心線に雪の結晶の模様を書き、切り取ります。
(7)広げれば、雪の結晶の完成です。

一回折り方を覚えてしまえば、何通りもの雪の結晶を簡単に作り出すことができます。幼児や子どもさんに、切り方を一任してしまうのも面白いかもしれませんね。

一人ひとりの個性が出る雪の結晶の折り紙を、ぜひたくさん作ってみてください!

手作りのクリスマス飾り(2)立体の雪の結晶

次にご紹介するのは、立体になる雪の結晶です。「くるくる投網」とよばれるパーツを6つ作って、それをのりで貼り合わせれば完成です。ただ切るだけの雪の結晶よりも難易度は高めですが、パーツの作り方をマスターしてしまえば、あとは簡単です。
では「くるくる投網」の作り方をご説明しましょう。

手作りのクリスマス飾り(2)立体の雪の結晶【作り方】

(1)まず、折り紙の色面が表に来るように、直角三角形になるよう2回折り込みます。このとき、ピラピラした部分が左側に来るようにしてください。
(2)山折になっている部分(右側)から、底辺と並行にハサミを入れていきます。間隔は1cmほど。左側に1cmの幅を残すようにしてください。
(3)切ったら一度折り紙を開きます。
(4)一番外側の端にノリをつけ、対角線上の端とくっつけます。くっつけると、折り紙はXの形になるはずです。
(5)あとは順々に、内側へ向けておなじようにXの形をつくるようにノリでくっつけていきます。
(6)すべての切り込み部分をノリでくっつけられたら、「くるくる投網」の完成です。
(7)この「くるくる投網」を6つ作ります。
(8)6つのくるくる投網の端の中心にノリを付けて形成すれば、「立体の雪の結晶」の完成です!

折り方と切り方、そしてくっつけ方を覚えてしまえば、子どもでも簡単に作ることができます!できあがる複雑で美しい細工に、幼児も目を奪われてしまうことでしょう。

手作りのクリスマス飾り(3)クリスマスツリー

次はクリスマスツリーの作り方をご紹介します。こちら、なんと立体タイプでちゃんと自立してくれます。てっぺんには☆の飾りもついて、かなり本格的です。
しかも、作り方はとても簡単。幼児に手伝ってもらったり、小学生くらいの子どもなら1人ですべて仕上げることができます。

手のひらサイズのツリーですが、たった1つ作るだけでクリスマス気分が盛り上がるはずです。

手作りのクリスマス飾り(3)クリスマスツリー【作り方】

【ツリーの部分】

(1)まず、緑色の折り紙を縦・横・斜めに折って折りすじをつけます。計4本の折筋ができるはず。逆側にも折って、シッカリ折り目をつけると後の作業がやりやすいです。
(2)折り目に沿って、正方形になるよう折りたたみます。
(3)ペラペラとした部分を中央に立てて、ひし形になるように折り込みます。
(4)ペラペラした部分は4つあるはずなので、そのすべてをひし形の形に折り込んでください。
(5)次に、下部分に出ている白色の部分を、正方形が残るようにして切り取ります。左右対称になるよう、長さを測ってから切るとキレイに仕上がります。
(6)この状態で、縦に半分に折ります。そして、緑の部分の右側、直角三角形の斜辺の部分に3本の切込みを入れます。
(7)半分になっていた折り紙を一度戻して、3本の切り込み線の一番上に、斜めに小さな切り込み(左上がり)を入れます。
(8)(6)で切った3本の切り込み部分の端を、左斜め上へ向けて折ります。残っている部分が無いよう、すべての辺の切り込み部分を折りこみましょう。
(9)あとは、上の部分を広げて全体の形を整えれば、ツリーの部分は完成です。

【ツリーの鉢部分】
(1)ツリーの緑の部分で使用した折り紙の、1/4の大きさの折り紙を用意します。
(2)折り紙を、縦と横でそれぞれ3等分に分けて折り目をつけていきます。計9つの四角ができればOKです。
(3)次に、裏(白色)が表に出るように三角形に折って、端の部分をひし形に折込み、三角形から出る部分は内側に折ります。反対側も同じように。
(4)次に、すべての折った部分を一度広げてしまいます。
(5)まだ折り目の付いていない斜めの部分を一直線に折って、三角形を作ります。そして(3)~(4)の繰り返しです。
(6)折り紙の角に、複雑な折り目が付くようになりました。その線に合わせて、箱の形が出来上がるよう立体的に折り込みましょう。
(7)計4箇所の部分を立体的に折りこめば、ツリーの鉢部分が完成します。
(8)出来上がった鉢の中に、クリスマスツリーを入れれば「折り紙のクリスマスツリー」の完成です。

立体的なクリスマスツリーは、どこから見てもかわいく仕上がっています。子どもさんに、緑の部分に何か模様を描いてもらうと一層キレイに出来上がるでしょう。

100均のアイテムで、クリスマスの飾りを手作りできる!

クリスマスの時期になると、100均のショップでは様々なオーナメントやリースなどが販売されます。完成されている品物を買うのももちろん楽しいのですが、飾りを手作りする一手間を加えると、幼児や子どもさんとのコミュニケーションを図ることができます。

ここからは、100均で揃えられる材料をもとに、簡単に手作りできるクリスマス飾りのアイディアをご紹介します。

100均で手作り!クリスマスの飾りをご紹介

(1)クリスマスの簡単モニュメント
ガラスの器に、100均のシールやリボンを貼って、中にクリスマスカラー(赤・緑・白)のビー玉を入れます。その上から100均のクリスマスオーナメントを差せば、かわいらしいクリスマスのモニュメントが完成します。

(2)クリスマスのフェルトぬいぐるみ
100均には、簡単に作れるフェルトのキットがたくさん売っています。ツリーやサンタクロース・トナカイのかわいらしいぬいぐるみを作りたかったら、いますぐ100均へGO!

(3)手作りクリスマスリース
100均の木のリースに、ラメの入ったモールをくるくると巻きつけて固定。その周りに好きなクリスマスの飾りを付ければ、手作りのクリスマスリースが完成します。
材料のすべてを100均で揃えられますし、接着剤やハサミも不要です。子どもの個性が溢れるリースをたくさん作ることができるでしょう。
見栄えもよく、幼児の目に留まるところに置けばきっと喜んでくれるはずです。

まとめ:クリスマスの飾りを、楽しく手作りしましょう!

クリスマスの飾りを手作りするアイディアをいくつかご紹介しましたが、いかがでしたか?
子どもや幼児のいる家庭では、親と一緒に何かを作ることが何よりのコミュニケーションです。かわいくてキラキラしたクリスマスグッズは、出来上がったときの喜びも大きいものでしょう。

ただし、ハサミはもちろん、時に折り紙も子どもさんの手を傷つける原因になります。クリスマスの飾りを手作りするときは、幼児や子どもの手元をよく注意して進めるようにしましょう。

100均に行けば、所狭しとクリスマスグッズが販売されているはずです。自分なりのアイディアを加えれば、市販の飾りも手作りの材料に生まれ変わります。
今年のクリスマスは、手作りのクリスマス飾りでたくさんの思い出を作ってみてください。

もっと「クリスマス」「手作り」についての情報が知りたいアナタへ!

クリスマスパーティーの飾り付けを手作り!100均や折り紙でおしゃれに!
クリスマスの飾り付けは100均でおしゃれに!手作りアイデア13選!
クリスマスカードを手作り!簡単に子供と飛び出すカードを作れる!
クリスマスのインテリア特集!飾り付けで玄関や部屋をおしゃれに!

関連するまとめ

新着一覧
最近公開されたまとめ