バーテンダーってどんな仕事?1年働いた経験からやりがいや給料事情まで詳しくご紹介します!

バーテンダーってどんな仕事?1年働いた経験からやりがいや給料事情まで詳しくご紹介します!

バーテンダーはお酒を作るだけの仕事と勘違いしている人が多いですが、実際はそうではありません。今回は音楽バーでバーテンダーとして働いた経験を元にどんな仕事なのか、お給料はどれくらいなのかなど詳しくご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

記事の目次

  1. 1.バーテンダーの仕事内容ってどんな感じ?
  2. 2.バーテンダーの1日のスケジュールは?
  3. 3.バーテンダーの仕事の給料・年収は?ボーナスはある?
  4. 4.バーテンダーのやりがいや魅力は?
  5. 5.バーテンダーの仕事に向いている人は?
  6. 6.バーテンダーの仕事に就くために資格は必要?
  7. 7.バーテンダーの仕事を始めるためには?
  8. 8.まとめ

お酒に関する資格

「バーテンダー呼称技能認定試験」以外にも、以下の色んなお酒に関する資格があります。

  • HBAカクテルアドバイザー
  • スピリッツアドバイザー
  • ビアアドバイザー
  • 唎酒師(ききさけし)
  • ソムリエ(日本ソムリエ協会)

各種類のお酒に関する資格を取ることで、お酒について無知ではない証明となります。未経験からバーテンダーの仕事に就きたい人は、持っておくと有利な資格といえるでしょう。

バーテンダーの仕事を始めるためには?

出典: https://girlwork.tokyo/wp-content/uploads/2020/12/interview.jpg

バーテンダーになるための方法はいくつかあります。

自分の現状や働き方によっても変わってくるので参考にしてみてください。

専門学校に進学して就職する

あまり身近ではないかもしれませんが、バーテンダーの専門学校も存在します。

グラスの種類やお酒の知識、作り方などバーテンダーに必要なものを学校で教えてもらえるのでしっかりと事前に知識をつけておきたい人におすすめです。

また、専門学校に行くことで関連した資格を取得できたり、専門学校でしか見つけられない求人に出会えることもあります。

求人情報サイトを使って応募する

社会人や今から学校に行くのは時間も金銭的にも厳しいという人は求人情報サイトを使うのが一番です。

地域や待遇で検索が可能なので自分の住んでいる場所で自分の理想にあったお店を探せます。

お店によっては正社員募集をしていることもあるので、憧れの職業で就職することも夢ではありません。

しかし、完全未経験の場合は1から覚えなくてはいけませんし、アルバイトからしか働けないというお店もあるので注意してください。

私のおすすめは、「フーズラボ・エージェント」です。エントリーから入社までのサポートが完全無料で、5,000件を超える業界最大求人数と、年間20,000万人を超える転職相談実績があります。

すぐの転職でなくても大丈夫なので、一度無料相談をしてみるのもいいと思います。

まとめ

出典: https://girlwork.tokyo/wp-content/uploads/2020/12/liquor.jpg

バーカウンターでシェーカーを振る姿は誰が見てもかっこいいですよね。

働くお店の立地やコンセプト、系統によって少し働き方は変わってきますが、常に覚えることがたくさんあるので毎日新鮮でルーティーン化してしまうことがありません。

特に、お酒に関係する知識はかなり増えるのでお酒好きの人にはぜひおすすめしたい職業です。

しかし、お店の営業時間的にどうしても昼夜逆転生活になることは避けられません。昼夜逆転生活になることで不規則になり、体調不良を起こして辞めてしまう人もいます。

メリットがある分デメリットもありますが、毎日刺激的で人とは違う生き方をしたい人はぜひ1度バーテンダーとして働くことを考えてみてはいかがでしょうか。

Lovely編集部
ライター

Lovely編集部

編集部レポや最新情報など皆さんの「知りたい」をお届け!よろしくお願いします♡

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely