ふたご座流星群が極大を迎えるのはいつ?【2017年12月】

冬の定番流星群、「ふたご座流星群」を毎年楽しみにしている方も多いのではないでしょうか? 毎年12月14日ごろに見られるふたご座流星群、今年2017年に極大に見られるのはいつでしょうか? ここでは、2017年のふたご座流星群について解説していきます。

ふたご座流星群が極大を迎えるのはいつ?【2017年12月】のイメージ

目次

  1. 2017年ふたご座流星群を見よう!
  2. ふたご座流星群とは?
  3. ふたご座流星群が極大を迎えるのはいつ?
  4. ふたご座流星群が見える数の予想
  5. 【ふたご座流星群の見方のポイント】①防寒対策
  6. 【ふたご座流星群の見方のポイント】②最低15分以上観察を!
  7. 【ふたご座流星群の見方のポイント】③安全で広い場所で観察を
  8. 【ふたご座流星群の見方のポイント】④月から離れた方角を見る
  9. 【ふたご座流星群の見方のポイント】⑤その他の注意
  10. まとめ

2017年ふたご座流星群を見よう!

毎年12月14日ごろに見られるというふたご座流星群。

空気が澄んだ12月はの空は、儚く消える美しい流れ星のみならず、ふたご座やしし座等の星座等の天体観測にバッチリの季節です。

今回は、そんなふたご座流星群についてまとめてみました。

2017年のふたご座流星群の極大のピークはいつなのか?

方角は?快適な見方は?など、これさえ押さえておけば、今年のふたご座流星群を思いっきり楽しめます!


■関連記事:12月生まれの星座が気になる方はこちら

12月生まれの星座は何?星座と誕生日早見表!

ふたご座流星群とは?

毎年、ほぼ決まった時期に、流れ星がまとまって流れる現象を流星群と言います。

流星群は現在、約100個位あるそうですが、そのうち、ふたご座流星群(12月)・しぶんぎ座流星群(1月)・ペルセウス座流星群(8月)を三大流星群と呼び、最も活動が盛んな流星群であると言われています。

その三大流星群の一つである、ふたご座流星群は、だいたい毎年12月14日ごろに観測されており、流れる時間帯は、早ければ20時ごろから見られ、それからほぼ一晩中流星が見られます。

他の2つの流星群が、夜中から未明までの時間帯に流れる事を思うと、ふたご座流星群は、流れる時間も長く、多くの方が観察しやすい流星群と言えます。

ふたご座流星群が極大を迎えるのはいつ?

2017年のふたご座流星群は、12月13日の夜から14日の明け方に最も多く流星が見られる予測です。

その前の12月12日の夜と、12月15日の夜も、流星群の活動が活発になるようで、その時もたくさんの流れ星を観察できそうです。

そして、2017年のふたご座流星群が極大を迎える時間は、日本時間の12月14日の16時ごろと予想されていますが、その時間は日本では肉眼で見る事は出来ません。

そのため、日本で観察できる時間のピークは、極大を迎える前夜12月14日の0時前後(13日の夜中)と予想されていますので、ピークを狙いたいなら、12月13日の22時ごろから14日の2時ごろまでが、ふたご座流星群の流星のピークを観察する狙い目の時間と言えます。

ただ、2017年のふたご座流星群の活動は長く、12月4日から17日に亘って流星を見られると言われています。

但し、極大から日が離れるにつれ、見られる流星の数は少なくなります。


■関連記事:ふたご座の性格について知りたい方はこちら

双子座の性格と11の特徴。星座からわかる恋愛傾向【ふたご座】

ふたご座流星群が見える数の予想

ふたご座流星群の流星は、明るいものが多く、条件が良ければ、観察できる流星の数は500個以上、多い時には一時間当たり40~50個程度観察できることもあります。

ただ、これは夜空が十分暗い場所で観察した場合の数です。

2017年は、月明かりの影響はほとんどないと予想されていますので、例年に比べて、多くの流星を見る事が出来る可能性は高いです。

今年の月は細く、明るさもさほど影響はなさそうですが、見る場所や方角、極大の日やピークの時間帯かどうかによっては、見られる流星の数は減ってくるかもしれません。

また、月が姿を見せるのは明け方近くになるようなので、街中でも郊外でも、あまり条件は変わらないかもしれませんが、なるたけ暗い場所での観察をお勧めします。

ふたご座流星群の流星は、他のものと比べて明るい星が多いようなので、少々明るくても、ピークの時間帯なら、1時間に20個くらいは見る事が出来るでしょう。

【ふたご座流星群の見方のポイント】①防寒対策

ふたご座流星群の見方のポイントの1つ目は、防寒対策です。

ふたご座流星群が見られるのは真冬の12月。

1年で最も寒い時期ですよね。

しかも流星群のピークは0時ごろ。

めちゃくちゃ冷え込むこと間違いなしです。


この時期に防犯対策失くして、ゆっくり外で快適に観察できることなど出来ません!

しっかり着込んで、帽子やマフラー、手袋はもちろん、防寒用のコートは必須です。

また、カイロや暖かい飲み物などを用意しておいた方が良いでしょう。

【ふたご座流星群の見方のポイント】②最低15分以上観察を!

次のふたご座流星群の見方のポイントとしては、最低15分以上は観察をして欲しいです。

いくらピークの時間に観察していたとしても、すぐに降り注ぐような流星が見られるとは限りません。

まず、目が暗がりに慣れるまでに数分かかる事を忘れてはいけません。

また、見る方角を決める事も大事です。

月明かりや街明かりがあると、せっかく流れてきた星をキャッチする事が出来ません。

徐々に目を慣らしながら、より暗い方角に移動する時間も視野に入れておきましょう。

また、最大で1時間に50個流れるとしても、全てを肉眼で見る事が出来るとは限りません。

少々の街明かりがある方角で見るなら、1時間に10個くらいは見られるとしても、ずっと同じペースで流れてくるとも限りませんし、もしかしたら、数分間見られないケースもあります。

ですので、すぐ「見えないじゃん」と諦めるのではなく、最低でも15分は観察しましょう。

ボーっと空を見上げるのは、なんだか退屈だと思うかもしれませんが、冬の夜空には、たくさんの星座が楽しめます。

冬の夜空ならではの星座の観察も、この時期の楽しみ方の一つでもありますの。

この機会に、そんな星座を探してみるのも、なんだかロマンチックですよね。

【ふたご座流星群の見方のポイント】③安全で広い場所で観察を

ふたご座流星群の見方の基本は、安全で広い場所で観察する事です。

寒いからと言って、自宅のベランダや庭から流星を見ようとしても、なかなかうまく見られない可能性が高いです。

せっかく年に一度のこのチャンス、思い切って、広い場所で観察しましょう!

なるたけ街灯の明かりなどが少ない、暗くて広く空が見渡せる場所がベストです。

満天の星空から、体中で流星を感じて下さい。

そうすれば、そこはもうまるでプラネタリウム!

ただ、暗がりで足を取られて危険な目にあうと大変なので、場所の選定は、行ったことある土地勘のある場所や方角を選んで下さいね。

冬の星座を観測しようとする場合もそうですが、夜空を見上げながら、くるくると方角を変えていくと、障害物に気が付かない場合がありますので、その辺はくれぐれも充分注意して下さいね!

【ふたご座流星群の見方のポイント】④月から離れた方角を見る

流星群からの流れ星は、放射点と言われる天球上のある点の中心から四方八方に放射状に流れるように見えますが、実際には、その放射点からだけではなく、色んな所から流れています。

なので、流れ星を見るために、ある一点の放射点の方角だけを見るだけではなく、空全体を広く見渡せるような場所で見る事で、見事な天体ショーを見る事が出来ます。

また、2017年の今年は、流星を見る際、月明かりの影響は極めて少ないようですが、なるべく月から離れた方角を見るようにするのが、きれいにふたご座流星群を見るポイントです。

ちなみに放射点のある星座や、放射点の近くにある星座、惑星の名称が、流星群の名前になっているそうです。

ふたご座流星群の場合、放射点がふたご座の2等星カストル近くにあることから、その流星群を「ふたご座流星群」と呼んでいるそうです。

そして、ふたご座流星群が流れる時期でも、実は他の星座の流星も流れています。

それがふたご座流星群かどうかは、流星の流れる経路や放射点からの距離によって判断しますが、素人の私達には判別しにくいかもしれませんね。

でも、まぁ、流れる星はどれも美しく、なんとなく願いが叶いそうなので、たくさんお願いしておきましょう。

【ふたご座流星群の見方のポイント】⑤その他の注意

では次に、ふたご座流星群を観察する際に、注意すべき点や、あると便利なグッズを紹介します。

星を見る時には、望遠鏡や双眼鏡を用意しなきゃ、と思っている方が多いのではないでしょうか?

でも、じつはそのようなグッズは流星を見る時には必要ないのです。

むしろ、視界が狭くなってしまうので、流星の観察には適さないのです。

やっぱり流星は、広い空を肉眼で見るのが一番良いとされています。

そういった点でお勧めなのが、レジャーシートです。

先ほどのポイントの部分でも触れましたが、ふたご座流星群を見る時は、最低でも15分以上観察する方が良いです。

そのため、長時間上を見上げるより、レジャーシートに寝っ転がって、ゆったりと観察するのがおススメです。

他にも、アウトドア用のベッドやチェア、寝袋などを利用しても快適に観察できそうで良いですね。

冷え込みが酷いようなら、音の小さいファンヒーターやストーブを用意していくのも良いかもしれません。

ただ、騒音や火事にならないよう、充分な注意をして下さいね。

また、お子さんだけで観測に出掛けるのは危険です。

必ず保護者の方同伴で、暗がりなので怪我に繋がらないよう気を付けて下さいね。

まとめ

ふたご座流星群、なんだかとても待ち遠しくなりませんでしたか?

12月の寒い時期に、わざわざ夜中に星を見るなんて、ちょっとマニアックな気がしていましたが、一年で一番流星が観察できると聞くと、やっぱり見てみたくなりますね。

しかも、2017年の今年は、月明かりの影響も少なく、割と早い時間から広い範囲で見られるようなので、普段あまり興味がない方でも、是非見て見て欲しいと思いました。

たまには、大好きな恋人や、大切な家族と、ロマンチックな夜を過ごしてみてはいかがですか?

星座が元になっている占い、もっと知りたい方はこちら

12星座&血液型相性占い!恋愛の相性がこれでわかる!
月星座を調べる方法!自分の月星座を知ろう
月星座の相性!相性の調べ方教えます

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ