甲斐性なしの男の特徴!こんな男は彼氏にしたくない

世に言われる「甲斐性なし」。いい意味では使わないとは分かっていても、正しい意味や具体的にどんな男性を「甲斐性なし」と呼ぶかは案外あいまいなまま。そこで今回は「モテる男子」の真逆とされる「甲斐性なし男」の特徴とそうした男性を夫や彼氏に持たない方法をご紹介します!

甲斐性なしの男の特徴!こんな男は彼氏にしたくないのイメージ

目次

  1. 甲斐性なしの男、具体的にはどんな意味なの?
  2. 【甲斐性なしの男の特徴①】キャッシュフローが見えない
  3. 【甲斐性なしの男の特徴②】地道な仕事がこなせない
  4. 【甲斐性なしの男の特徴③】ギャンブルが大好き
  5. 【甲斐性なしの男の特徴④】場当たり的な態度が目立つ
  6. 【甲斐性なしの男の特徴⑤】長い付き合いの友人知人がいない
  7. 【甲斐性なしの男の特徴⑥】一つの場所に落ち着けない
  8. 【甲斐性なしの男の特徴⑦】自己肯定欲が高い
  9. 【甲斐性なしの男の特徴⑧】自分はダメだと同情心をあおる
  10. 【甲斐性なしの男の特徴⑨】コツコツという言葉は辞書にない
  11. 【甲斐性なしの男の特徴⑩】義理を欠いても平気の平左
  12. 【甲斐性なしの男の特徴⑪】結婚をずるずる先延ばし
  13. 【甲斐性なしの男の特徴⑫】なくてごめんね! と開き直る
  14. 【甲斐性なしの男の特徴⑬】他人のためには金は出さない
  15. 【甲斐性なしの男の特徴⑭】自分を盛ることに罪悪感なし
  16. 【甲斐性なしの男の特徴⑮】何に対してもやる気なし
  17. 一見モテる男子、実は隠れ甲斐性なし男が彼氏や夫だったら?
  18. モテる男子の真逆! 隠れ甲斐性なしの特徴① / 浮気を繰り返す
  19. モテる男子の真逆! 隠れ甲斐性なしの特徴② / 借金癖がある
  20. モテる男子の真逆! 隠れ甲斐性なしの特徴③ / 男友達がいない
  21. モテる男子の真逆! 隠れ甲斐性なしの特徴④ / ブランドに執着
  22. 甲斐性なし男とは「縁の切り時」を間違えないで

甲斐性なしの男、具体的にはどんな意味なの?

よく聞く「甲斐性なし」。本来の意味は「仕事の出来や能力に乏しく、頼りにならない、意気地のない」というところですが、普段の会話などで使う際はもっぱら「稼ぎがない、男らしさに欠ける、決断力がない」といった意味合いで使っているケースが多いようです。

つまり「甲斐性なし男」と呼ばれる男性を彼氏や夫に持った場合は「稼ぎがなく、男らしさに欠け、優柔不断な」男性をパートナーにしていると言う意味になるということ。

そうした男性を「ダメな子ほどかわいい」「守ってあげたい」と思えるなら話は別ですが、そういった「甲斐性なし男」を彼氏や夫に持ったがために苦しい思いをしていても「好きで一緒にいるんでしょ」とゲテもの好きといわんばかりにあまり同情してもらえないのも事実。

そこでそうした「甲斐性なし男」にひっかからない?ために、彼らの特徴を挙げてみましたので、まずは自分の彼氏や夫と比較してみてください!

■参考記事:甲斐性とは?甲斐性ある男性って?コチラも参照!

甲斐性の意味とは?甲斐性なしの男と甲斐性がある男の違い!

【甲斐性なしの男の特徴①】キャッシュフローが見えない

一般的な甲斐性なし男の意味にも挙がる「稼ぎのなさ」。たとえばそれがインターンなどの研修期間や修行中、あるいは駆け出しのために薄給だというのなら話はまた別です。

しかし、自分の実入り=給料以上に金遣いが荒く、常にぴいぴい言っている状態や、足りなければ借りてくればいいといわんばかりに借金漬けのような甲斐性なし男を彼氏や夫に持つとこちらもそのとばっちりを受けかねません。

こうした甲斐性なし男の場合は、キャッシングやショッピング枠を目いっぱい使い倒していたり、すべてリボ払いでその場しのぎをしていたりの自転車操業状態のケースがほとんど。

万が一自分の彼氏や夫がこうした甲斐性なしではないかという疑いがある場合は、本人に自分の財産のキャッシュフロー=お金の流れがどうなっているのか一度きちんと訊ねてみましょう。

自分の月収とその月内にどこにいくら入金し、どこにいくら残債があるのかも把握できていないようでは先が思いやられます。

ましてこうしたタイプの甲斐性なし男と結婚したりしたら、最悪の場合こちらも連帯責任で少なくない借財を負わされて離婚という憂き目にあったり、そうでなくても自己破産に追い込まれたりすることも。

好きという気持ちが残っているうちは中々難しいかもしれませんが、まさしく「金の切れ目は縁の切れ目」。女の人生、この手の甲斐性なし男に関わっているヒマはそうそうありません。

【甲斐性なしの男の特徴②】地道な仕事がこなせない

甲斐性なし男の意味するところの1つである「仕事の能力の乏しさ」。単にその人に合っていない仕事のせいといった外部に原因がある場合ならともかく、地道な努力の積み重ねができないがために給与の面でも評価されない、といった夫や彼氏の場合は一度話し合う必要があるかもしれません。

仕事がどうしても性格上合わない、といったようなことなら事情がゆるせば転職してみて様子を見てみるのも1つの手。「でもでもだって」の甘えからくる「甲斐性のなさ」なら見限り時を考えた方がいいかもしれません。

【甲斐性なしの男の特徴③】ギャンブルが大好き

甲斐性なしとされる男の中には万事に意気地がないくせにパチンコなどのギャンブルでは人が違ったように大胆になったりするというタイプも。

こうした賭け事だけに大胆になるタイプの男性は、「うまく儲けた」時のことだけ脳内リピートして「大損した」ことはさっさとデリートしてしまうことが多く、周囲が気がついたときには借金沼に首まで浸かっていたというケースも多いよう。

さらに甲斐性なしであるがゆえに、「自分が汗水たらしてつくった」財産をなくしたわけでもないため、一度や二度とのこうした失敗ではまったく懲りないことが多いことも。

親や兄弟が尻拭いをしてくれて、その時はそれで済んで良かった良かった、となっても「これが最後だからね」と最終通告されていることも多く、結婚した後に同じことを繰り返しても親族一同から見放されていて誰からの助けも得られなかったということもあります。

【甲斐性なしの男の特徴④】場当たり的な態度が目立つ

地道な努力もしないわりに自己評価だけは高いことの多い甲斐性なし男。こうした男性は借金や勝手な転職、浮気や不倫といった明らかな自分のミスが発覚しても真の意味での反省はしない例が多く見られます。

原因が何であれ、場当たり的な言い訳に終始し、とにかく糾弾の場を逃れることだけに血道をあげるこうした甲斐性なし男の多くがマザコン気味である意味は、今までも、そしてこれから先も自分の尻拭いを母親にしてもらう気マンマンだからかも。

こういうタイプの甲斐性なし男は例え結婚しても子供ができても夫としても父親としても責任ある行動は期待できず、尻拭いする役割を自分の母親から妻へと移行するだけ。

「自分の子供の世話ならともかく、いい大人の世話なんてそうそうやっていられない」「私の人生は夫の(彼氏の)お世話係りじゃない」と思うなら、一歩引いて付き合い方を考え直したほうが賢明です。

■参考記事:マザコン男の見分け方は?コチラも参照!

マザコン男の見分け方13選!あなたの彼氏は大丈夫?

【甲斐性なしの男の特徴⑤】長い付き合いの友人知人がいない

甲斐性なし男でも女性にはマメだったり、優しかったりで恋人や女友達には事欠かない人も大勢いますが、同性の友人はそうした「仕方ないなぁ」と広い心で接してくれるはずもないので、長い付き合いの男友達がいる、という人は少ない傾向があります。

また、たまに男友達がいてもよくよく観察してみるとその友人自身が「類は友を呼ぶ」の甲斐性なしのことも。「もしかして今カレって甲斐性なし?」という疑いがあるなら、まずは友達に会わせてもらうのもいい方法。恋心というフィルターのない男友達が甲斐性なしの場合はカレももしかすると類友かもしれません。

またそうした類友は悪友にもなりやすく、百歩譲って「甲斐性なしのカレ」が改心してくれたとしても、心の隙を突いてなし崩し的に「無責任な甲斐性なし生活」へ逆戻りさせることも。

甲斐性なし、あり、に関わらず、カレの同性の男友達の質はカレ自身を計るバロメーターでもあるので、機会があればどんどん会わせてもらうようにしたほうがいいでしょう。

■参考記事:人間関係リセット症候群かも?コチラもチェック!

人間関係リセット症候群の特徴と心理!人間関係リセット癖の対処法は?

【甲斐性なしの男の特徴⑥】一つの場所に落ち着けない

自分探し、という言葉が流行したこともありましたが、「ここではないどこかに」自分が自分らしくいられる場所があると思うタイプの男性の内には少なからず「自分は本気出していないだけ」「ここではないどこかに自分らしいユートピアがあるはず」という他力本願な甲斐性なし男が含まれます。

この手の甲斐性なし男は、1つところに根を降ろして地道にやることが仕事の面でもプライベートでも苦手なもの。きちんとした理由もないのに転居・転職を繰り返しているような男性が周囲にいる場合は、その意味するところが「よりよくなるための向上心」の表れなのか「ここではないどこかにあるはずの場所を探しにいこう」という逃げの一手のなせるワザなのかきちんと確かめましょう。

【甲斐性なしの男の特徴⑦】自己肯定欲が高い

自分はダメだダメなんだとダメ男ぶりを周囲にアピールすることで同情心を買おうとしたり、無償の手助けを期待するタイプの甲斐性なし男も困ったものですが、全く意味も根拠もないのにやたら「自己肯定願望」が高く、次いで「自己肯定力」に長けたタイプの甲斐性なし男も同じぐらい始末に困るタイプです。

なぜならこの手の自己肯定願望の強い甲斐性なし男は、自分の甲斐性のない理由を自分のせいだと自覚している人は非常に少ないため。

話していても最初のうちは「自分が悪いから」と殊勝なことを言ったりもしますが、だんだんこちらに気を許してきたりすると本音が洩れ始めるもの。

いわく仕事に関しては「自分に対して理解のない上司が悪い」「自分に適した仕事を割り振らない会社が悪い」「自分にぴったりの会社に入社できなかった。運が悪かった。時代が悪い」。

私生活でのトラブルは「浮気したのは誘われたから。カノが忙しすぎて寂しかったから。」「不倫したのは語妻が子供ばかりに構っていてこちらを無視したから」。

万事につけこういった調子で真の意味での反省は望むべくもありません。なぜなら根本には「だって自分は甲斐性なしなんだから仕方ないじゃん。」という自分は悪くない、という自己肯定が強く働いているから。

こうした甲斐性なしタイプの男性は全てに目をつぶってこちらが許せば、許してくれている間ずってこうした態度をとりつづけるだけです。

【甲斐性なしの男の特徴⑧】自分はダメだと同情心をあおる

普通の恋人関係であろうと、浮気や不倫関係であろうと、「自分は甲斐性なしのダメ男なんだよ」とそれを理由に「構ってちゃん」然としたふるまいばかりの男性とはあまり深い関係にならない方が、身のためです。

こうした甲斐性なし男は「恋は盲目フィルター」のかかっていない周囲の人間、つまり親や兄弟姉妹、友人や同僚などからすれば、単に文字通りの「甲斐性なしのダメダメ男」。

なんでこんな男にひっかかったのかとあなたに対して理解しがたく思うことはあっても、あまり多くの同情心は期待できません。むしろ彼らの勧告や助言に素直に従わずにすんなり別れなかったりすると、甲斐性なしのダメダメ男であるカレに対しての不満が、あなたへの苛立ちへと形を変えてしまうことも。

気がつけば、甲斐性なしのダメ男と関わったせいで、あなた自身が周囲全てから見放されて孤立無援になってしまうといった最悪の事態を迎えてしまう危険性まではらんでいます。

【甲斐性なしの男の特徴⑨】コツコツという言葉は辞書にない

地道も嫌い、反省もしないの甲斐性なし男の場合、「コツコツ努力」などという金科玉条は絵に書いたモチ。あるいは甲斐性なし男の辞書に「コツコツ」という言葉はない、といった方が正しいかもしれません。

結果や実績が生まれるような努力は全くしていないクセに、自分が何かをしたらそれに対してすぐ周囲から賞賛されたり誉められたりして当たり前、という根拠のない自信だけは豊富に持ち合わせているこの手の甲斐性なし男は同時に「こじらせ系」でもあるので、すぐすねたりひねくれたりと全く手に負えません。

「自分が甲斐性なし男であるカレを一人前の男にしてみせる」というある意味聖母のような愛に満ち満ちた女性ならいざ知らず、「夫婦や恋人同士は対等であるべき」と思う女性からすれば、仕事面から私生活、それこそ浮気や不倫の後始末まで丸投げタイプのこうした甲斐性なし男との付き合いは「百害あって一利なし」の極み。即刻に回避すべきです。

【甲斐性なしの男の特徴⑩】義理を欠いても平気の平左

甲斐性なし男のうち、自分が甲斐性なし男である自覚もし、自認もしている男性の場合、それを反省や向上のためのきっかけにすればいいものをまるで「自分は甲斐性なし男だから仕方ない」と免罪符であるかのように振舞う男性もいます。

こうした甲斐性なし=無責任が許されると勘違いしている男性の場合は、義理も倫理もへったくれもなし。浮気常習者に必ずしもリッチな男性ばかりでなく一見甲斐性なし男がかなりな数含まれるのはこうした理由から。こういう浮気男は改善の余地があまりないので、大やけどをする前に手を引くのが賢明です。

【甲斐性なしの男の特徴⑪】結婚をずるずる先延ばし

運悪く?甲斐性なし男を彼氏に持ってしまった場合、付き合いが長くなってもなかなか結婚というゴールにたどり着けないケースがほとんど。

もちろんその理由は、転職を繰り返してしゅうにゅうが安定しない、借金が減らない、等の経済的な理由であったりすることが多いのですが、それ以外にも甲斐性なし男本人が人生の節目でのケジメをつけるという意味の結婚から「逃げの姿勢」であることが挙げられます。

こうした甲斐性なしで覚悟もなしの男を結婚に持ち込むべく、授かり婚などのカタチでゴールインしてみても、本質的には何も替わっていないため浮気や不倫、賭博行為といった逃避行動を繰り返すだけに終わることが多いので気をつけて。

【甲斐性なしの男の特徴⑫】なくてごめんね! と開き直る

甲斐性なし男の中でも、自分に甲斐性がないことを恥と思うならまだしも開き直るというか、「甲斐性なしで悪かったね」とうそぶくタイプの男性は始末におえません。

この手の甲斐性なし男は、自分が叱責されるような時も「はいはい甲斐性なし男で悪かったね」といった捨て台詞で開き直るかふてくされるといった具合で、きりきり舞いをさせられるのは周囲だけです。

【甲斐性なしの男の特徴⑬】他人のためには金は出さない

甲斐性なし男が意味するのは金の都合にいつも困っている男、ですが、そうした金銭的なゆとりがない中でも、義理や人情に関することは精一杯するタイプの男性ならまだみどころがあるというもの。

真に甲斐性のない男は昔自分が受けた恩義は喉もと過ぎればさっぱり忘れてしまい、平気で不義理をしたり、礼を欠いた行動をやって恥じるところがありません。

こうした甲斐性なし男とうっかり不倫や浮気関係になったら、地獄を見るのは女性側なのは明らか。責任どころか全ての原因を周囲に押し付けて逃げの一手です。

【甲斐性なしの男の特徴⑭】自分を盛ることに罪悪感なし

甲斐性なし男の中でもさらに一段始末に悪いのがこうした「自分を盛ることにちゅうちょしないタイプ」の甲斐性なし。

自分が空っぽ、という自覚があるのならそれをなんとかする方向に努力を向ければいいものを、当座がしのげればそれで良しといわんばかりに嘘や誇張を織り交ぜて、どんどん自分を盛る方向へと走りがちなこのタイプは、そうした「虚構の自分」をちやほやしてくれる女性との浮気も罪悪感なしにどんどんしてしまうことも。

一度や二度のそうした浮気の発覚ぐらいではまったく凝りも反省もせず、謝罪も意味がない場合が多いので、この手の甲斐性なしとはさっさと縁を切るのが一番かも。

【甲斐性なしの男の特徴⑮】何に対してもやる気なし

甲斐性なし男を意味する語釈の1つに「意気地なし」がありますが、意気地なしというよりはむしろ何に対してもやる気のないタイプの甲斐性なし男というのも一定数存在します。

仕事どころか趣味や習い事なども長続きしないこうした「甲斐性なし男」の共通した言い訳は「自分に向いていない」「興味がなくなった」などといった根拠のないものばかり。

英会話を始めたと思ったらボルダリングに浮気してみたり、一念発起して資格をとる、と意気込んだくせにすぐに他の資格などに目移りする浮気性タイプの彼氏の場合は、「根性なし」なのか「甲斐性なし」なのかをじっくり見極めたほうがいいかも。

一見モテる男子、実は隠れ甲斐性なし男が彼氏や夫だったら?

どんなに「甲斐性なし男なんて絶対嫌」と思っていても、気付いたら好きになった相手が「隠れ甲斐性なし男」だったりする場合もあります。

そこでここからはそうした一見モテる男子、実は隠れ甲斐性なし男の特徴をご紹介。普段なんとなく自分の彼氏や夫に対して違和感や不満を感じていた人は、その彼氏や夫が「隠れ甲斐性なし男」ではないかどうかチェックしてみて!

モテる男子の真逆! 隠れ甲斐性なしの特徴① / 浮気を繰り返す

「私の彼氏(夫)、スゴくモテる男子だから心配で」という時は、ちょっと冷静になってその彼氏(夫)を第三者的に観察してみて。

本当に「モテる男子」で、「彼女や妻がいてもアタックする!」と寄って来る女性が絶えないタイプもいますが、実は中には「甲斐性なしの本性に気付かれると遅かれ早かれ女性があきれて去っていくので、単に付き合う女性のサイクルが短いためにモテるように見える」という「隠れ甲斐性なし」が少なからず含まれているのです。

こうした「隠れ甲斐性なし男」の場合は、浮気が泥沼になりにくいので「スマートなモテる男子」と誤解されがちですが、「単に獲り合うだけの価値がない男」として浮気相手からもその時の本命からもポイ捨てされているだけ。

それを「彼氏が(夫が)素敵だから浮気も仕方ないわ、大目にみましょう」なんてことをしていると、こちらが延々と『隠れ甲斐性なし男」の尻拭いと面倒を見る羽目になりかねません。

モテる男子の真逆! 隠れ甲斐性なしの特徴② / 借金癖がある

一見モテる男子に見えて実は真逆の「隠れ甲斐性なし男」の場合、見栄っ張りな性格が伴うことが多く、常に懐具合は火の車の人が多いもの。

こうした「隠れ甲斐性なし男」は自分でも「甲斐性なし」という自覚も反省もないので、「なんとかなるさ」と意味も根拠もない自信から借金を作っても罪悪感のない人が多い傾向にあります。

彼氏どまりならまだマシですが、こうした「隠れ甲斐性なし男」を夫に持つと、精神的にも金銭的にも負担を強いられる生活になりかねません。

モテる男子の真逆! 隠れ甲斐性なしの特徴③ / 男友達がいない

真にモテる男子の場合はお金があろうがなかろうが、同性異性を問わず友人知人に事欠きません。特に仲の良い男友達が何人もいるタイプのモテる男子は、ルックスや学歴といったことだけでなく、性格の良さなどが評価されてのことが多いもの。

その点「隠れ甲斐性なし男」のモテる男子の場合は、ちやほやされているのは女性からばかり。しかも本性に気付かれやすい年上や同年輩の女性からではなく、年下の女性からだけモテるといった傾向がありますので、もしも自分の意中の人や彼氏がそうした年下女性からのみモテる男子の場合、よくよく観察してみる必要があるかも知れません。

モテる男子の真逆! 隠れ甲斐性なしの特徴④ / ブランドに執着

一見モテる男子、その実は「隠れ甲斐性なし男」の場合、意識的にであれ無意識にであれ自分を飾り立てることに熱心なタイプが多く含まれます。

その意味するところは結局、自分が底が浅い人間であるということを隠すために、いい車やブランド品などで自分の付加価値を高めようとしているだけ。

こうした隠れ甲斐性なし男は彼氏のうちはまだしも夫となると、その底なしの見栄っ張りに振り回されてさんざんな目にあうのが関の山です。

甲斐性なし男とは「縁の切り時」を間違えないで

甲斐性なし男と言われる人たちでも、それが理不尽な解雇や不運の結果など「本人に直接の責任がなく」「一時的なもの」であれば、夫として彼氏として支えてあげるという選択肢もあり、ですが、「何でも他人のせいにする」「努力から逃げる」といった自分のこらえ性のなさなどが原因の場合は、例え「好き」という気持ちが強くても、先のことまで考えたら「別れる」ということも大事な決断の1つです。

自分自身の幸せを一番に考えるのは決して悪いことではありません。「縁」は結ぶものでもあり切るものでもあることを忘れないで。

モテる男子についてもっと情報を知りたいアナタに!

爽やかイケメンの特徴7選!女性にモテる爽やかな人になるには?
中性的な人の特徴15選!中性的な男はモテる?
オラオラ系男子の特徴7選!モテる理由も解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ