愛情不足の子供の特徴とサイン11選!そんな子に大人はどう接すればいいの?

子供時代の愛情不足は後々大人になってからその人の人生に暗い影を落とします。親の愛情は子供にとって体への栄養と同じ、心の栄養です。今から親になる人、そして親の愛情不足が原因で今苦しい生き方をしている人に、愛情不足の子供についてお話します。

愛情不足の子供の特徴とサイン11選!そんな子に大人はどう接すればいいの?のイメージ

目次

  1. 【愛情不足の子供】愛情不足は子供を苦しめる
  2. 【愛情不足の子供】愛情不足の子供が出すサイン
  3. 【愛情不足の子供】愛されず育った大人はどうなるのか
  4. 【愛情不足の子供】ママが大好きだというメッセージ
  5. 【愛情不足の子供】子供への愛情の伝え方
  6. 【愛情不足の子供まとめ】ただ抱きしめるということ

【愛情不足の子供】愛情不足は子供を苦しめる

子育ては大変です。

夫が子育てに協力的でない、義父母が厳しくて辛い…そんな事が続くと次第に母親の居場所もなくなって、心に余裕がなくなることもあるでしょう。

母親のストレスはそのまま子供に向かい、子供にあたることもあるかもしれません、また子供にかまってあげる余裕も愛情をかけてあげる余裕もなくなるかもしれません。

でも愛情不足を感じて育った子供は大人になってからも心に傷をかかえ、社会に適応できない、ふつうに恋愛ができなくなってしまいます。

愛情不足で育った子供はどんな風になるのか、特徴を見ていきましょう。
ドキリとしたら、一度立ち止まって自分を振り返って下さい。
気づいたときに方向転換して、改善しないと大変な事になってしまいます。

【愛情不足の子供】愛情不足の子供が出すサイン

子供はどんな子供でも自分の事を「愛情不足」だとは感じていません。認めたくない事実でもあるでしょうし、「愛されないこと」の意味がまず頭で理解できないからです。

でも愛情不足の子供は無意識にサインを出しています。子供の心が、体が、愛情を欲しているサインを出すのです。

愛情不足が軽度の時のサインは「ちょっと扱いにくい性格の子供」という風に表れるでしょうし、重度の場合は本当に「お腹が痛い」「頭が痛い」など身体上に病気のような症状が出てきます。

子供は一生懸命「ママが大好き!もっとこっちを見て」というサインを出しています。子供時代は性格を形成する大切な時期です、子供からのSOSの特徴に敏感になりましょう。

【愛情不足の子供】サイン①ワガママ

愛情不足が軽度の場合は子供の「ワガママ」という形で姿を現します。子供はまだきちんと言葉を使って自分の感情を説明することができません。いえ、自分の気持ちを言葉にして伝えるなんて大人だって難しい事です。結局伝えられない子供の想いはワガママとなって表れます。

「あれもいや」「これもいや」子供のイヤイヤ期は2歳ころがピークですが、それを過ぎてもワガママな性格が目に付く場合は明らかに親子間のコミュニケーションがうまくいっていないということです。そして子供はちゃんと知っているのです。

ワガママを言って嫌がられても、その時はお母さんが「自分を見てくれる」という事を。ほとんどの場合は怒られてしまいますが、子供は必死に親に「気づいて」とサインを送っています。

どうしてワガママな性格なの?と悩む時が改善に向かう時。ワガママを言っている時にこそたくさん遊んであげると、ワガママもある程度すると改善されるはずです。

【愛情不足の子供】サイン②癇癪

ワガママから癇癪に発展することもあります。癇癪は泣き叫んで、怒って、言う事を全く聞かなくなるので親にしてみたらお手上げです。

こんな時、大人は子供が本当は何が言いたいのか耳を傾けてあげてほしいのですが、癇癪を起している子供に対して冷静に対処することはとても難しいでしょう。ただ、癇癪を起している子供は、自分でも何がしたいのか分かっていない場合が多いのです。

そんな時は「うるさい!」「静かにしなさい!」では何も改善されません、それよりも寄り添ってあげる事がカギ。そして親が感じている事も伝えることが大切です。

「そんなに泣き叫んでいたら、何がしてほしいのか分からなくて困っちゃう。ママも悲しくなるな」など、自分の気持ちを言うことで、少し子供の気持ちを落ち着かせることもできます。

癇癪を改善したいなら、大きな声をだすのは逆効果、自分でもどうやって泣き止んでいいのか分からないのです。改善するには、落ち着くまで見守ってあげて、落ち着いてきたら抱っこ。

親にも余裕がないとなかなか難しいですが、大きな声をあげる、無視をする...という行為は癇癪を改善するどころか、悪化させるだけで何の解決策にもなりません。

【愛情不足の子供】サイン③いたずら

子供はいたずらっ子な性格の子供もいますから一概には言えませんが、親の気を引こうとしてイタズラをする子供がいます。ちゃんと悪い事をしたらママが見てくれるという事を理解しているのです。

子供は状況把握がかなり上手で、親の反応を見てここまでなら大丈夫という線引きを小さないたずらを繰り返しながら学んでいきます。でも、愛情不足が原因のいたずらは「面白くてイタズラをしている」行動とは違います。

イタズラ自体を楽しんでいるわけではなく、親の気を引きたいという一心。このタイプの子供の親は、忙しくて子供を見る余裕がない人が多いようです。「ねー、ママ見てー」という声掛けに対してスマホを見ながら「あとでね」と子供をあしらってはいませんか?

子供の性格が形成される幼い時に方向転換して改善に向かわないと、大人になってから愛情不足の呪縛をとくのはとてつもない時間がかかります。

【愛情不足の子供】サイン④自立できない

愛情不足で育つと「自立できない」大人になるそうです。よく知らずに聞くと「子育てが過保護だと自立できないの間違いじゃない?」と思うかもしれませんが、愛情不足の子供も自立できません。それは、受けられなかった愛情をずっと求めているからです。

健康的な子供は、ある一定の年齢になると反抗期を迎え、親離れをします。親から精神的に離れることができるのは、「親の愛を確信している」からです。自分が巣立っても、親は変わらずそこにいる。その確信があってこそ、初めて健康的に親離れができます。

でも愛情不足の子供はずっと親を求めます。だからより親に依存しようとする。外の世界に出ていける自信を親から育ててもらっていないのです。

【愛情不足の子供】サイン⑤顔色をうかがう

愛情不足の子供は親の顔色を窺う特徴があります。本来子供は無邪気な性格。ときにワガママを言っても、泣いちゃっても怒られても、親の顔色をうかがうというより、性格もありますが、自分の感情に正直です。

でも、愛情不足の子供は泣きたくても「ママに怒られるから我慢する」「叩かれても、親が困るから誰にも言わない」など、いつも大人の顔色を窺っています。喜怒哀楽がはっきりしていて無邪気な子供の性格とは違い、小さい時から感情を押し殺す癖がついているのが特徴的。

大人の顔色を窺って、自分の感情や行動をコントロールする行為は「子供の性格」からは想像できない事。「大人っぽい性格だね」「手がかからないわね」は褒め言葉ではありません。
素直な感情表現ができていない子供は改善すべき問題を抱えている事が多いのです。

【愛情不足の子供】サイン⑥大人に甘える

「ママが大好き」でも、親に甘えられない子供は、周りの大人に甘えるようになります。祖父母だったり、幼稚園の先生だったり。信頼できる大人、自分を保護してくれる存在を求めているのです。必要以上に他人の大人に懐く性格の子供は愛情不足の場合が多いようです。

もし、自分の子供が近所の大人にすごくなついていたり、幼稚園の先生にべったりなのに、親にはそこまで甘えてこないとしたら、自分の愛情不足を感じてください。子供が改善すべき問題を抱えています。

ママが大好きで、ママには嫌われたくないから性格の良い子でいる。でも、甘えたい欲求は消えることがないから、他の場所で埋めようとする。そんな状態なのかもしれません。

【愛情不足の子供】サイン⑦爪噛み

爪噛み、また指しゃぶりという特徴も愛情不足が原因と言われています。爪噛みをしている子供全てが愛情不足というわけではありませんが、ずっと続けていてやめる気配がなければ愛情不足かもしれません。

子供の精神状態にストレスがかかっている状態になると爪噛みや指しゃぶりを始める子供が多いので、愛情不足以外にも親の過干渉、親が喧嘩しているという場合に見られます。

爪噛みや、指しゃぶりといった特徴は「苦しい気持ち」を表しているため、子育てにおいて自分が子供にストレスを与えているのかもしれないという自覚を持ってください。親の方には子供を傷つける気持ちがなくても、繊細な子供は傷ついている場合があるのです。

爪噛みを見つけたら「やめなさい」と注意する前に、「一緒にあそぼっか」と一緒に過ごす時間を作ってあげる事が改善の一歩です。

【愛情不足の子供】サイン⑧おねしょ

おねしょも愛情不足や、ストレスが強くかかっている時にしてしまいます。特にその日、ものすごく怖く怒鳴られた、怖い思いをした、など緊張状態だった場合によく子供はおねしょをします。

おねしょは大きくなると自然におさまりますが、小学生高学年になってもおねしょを繰り返す場合は病院で診てもらいましょう。単発でおねしょをする場合は、子供のストレスを疑うべきです。

最近夫婦仲が悪い、忙しくてつい子供に当たってしまう。ワガママが多いからつい怒鳴ってしまった。子供がおねしょをした日は、「もう!」と文句を言う前に自分の最近の行動を振り返ってみましょう。

おねしょは無意識にしてしまうのですから、怒ったところでなくなるものではありません。それよりも、どうしておねしょをしてしまったのか、子供の心を感じる事が大切です。

【愛情不足の子供】サイン⑨無表情

「子供」という言葉からイメージするのは「楽しそうに笑っている顔」「うわーんと泣いちゃってる顔」そんな感情がはっきりと表れている顔ではありませんか?子供は自分の感情に蓋をしません。そんな必要もありません。

子供は社会性を学ぶ上でだんだんと感情をコントロールする術を身に着けていくのです。でも愛情不足の子供はだんだんと感情が顔から抜けていきます。最初は癇癪を起して、泣いていた子供も、「感情的になると怒られる」と感情に蓋をするようになります。

またサイレントベビーといって、ネグレクトやそこまでいかなくても、親がテレビやスマホに夢中になって子育て中にあまり子供に手をかけないでいると赤ちゃんから表情がなくなっていくそうです。感情の受け取り手がいないから、感情を表すことを諦めた状態です。

これは、危険。成長するうえで周りの子供とコミュニケーションをとれなくなり、健康的な社会生活を送れなくなります。「手がかからない子供」は大人にとって理想的かもしれませんが、良い事とは限りません。

親とのコミュニケーションが取れて初めて、子供は外の世界と安心してつながることができるのです。

【愛情不足の子供】サイン⑩強い自立心

親から十分に愛情をもらえなかった子供は早い時期から自立しようとします。いわば「親を見限った状態」です。早く自立するなんてしっかりしているわね。とはいきません。

自分の支度も、学校の用意も何もかも、手がかからない。という事は、親に何の期待もしていないという事。甘えられないのです。下に兄弟がいる場合も早くから自分で何でもできるようになりますが、それはお母さんが子育てで忙しいと分かっているから。

長男長女は甘え下手と言いますが、こちらは愛情不足ではないのでご安心を。問題なのは、何もかも自分でやって親を頼らない(甘えないとは違う)こと。こうなると、親も子供から距離感を感じるでしょう。思春期になる前に子供から壁を感じるのは危険サインです。

【愛情不足の子供】サイン⑪乏しい自尊心

愛情不足で育った子供は、自尊心が乏しくなります。何をしても褒めてもらったことがなければ、自尊心など育つわけがありません。自尊心がないという事は、自分に自信がないという事。

厳しい愛情をもって子育てをしていると豪語する人がいますが、もしその厳しい愛情が「褒めない」ことなら今すぐ改善するべきです。褒めるに優る子育て方法はありません。

自分に自信のない子供は自立するどころか、いつも大人の顔色を窺って、自分の意見を持てません。オドオドし、自分が悪くない事でも謝ってしまう。気が弱い性格ではありません。性格はある程度環境から作られるものです。

自尊心のない子供は、自傷行為を繰り返すこともあります。1人では自尊心は育てられません、周りの人が認めてあげて初めて自尊心は育つもの。

【愛情不足の子供】愛されず育った大人はどうなるのか

愛情不足の子供がそのまま大人になるといろいろな弊害が出てきます。親の愛情を欲するという事は人間の基本的な欲求です。その基本的な欲求を否定されることがどれほど子供の心と体の健康をむしばんでいるのか、周りの大人は気づかなければいけません。

子育ては簡単ではありません、親もストレスがたまることがあるでしょう。でも、子供はストレスのはけ口ではないし、親がなんでもしていい所有物でもありません。

子供の人格を認めて、愛情をかけてあげないと、子供時代だけでなく大人になってからもその子は苦しみ続けることになるのです。ここでは子育て中に親から十分な愛情をもらえなかった人がどんな大人になるのか、特徴を紹介していきます。

【愛情不足の子供】特徴①他人との距離感が分からない

愛情不足で育った子供は、大人になってからも「人との距離感」が分かりません。どこまで心を許していいのか分からないでしょうし、受け入れてもらえたと思ったら、急になれなれしくなることもあります。

コミュニケーションの取り方がよく分からない特徴があるので、初対面の人でもプライベートな事をベラベラ喋ったり、それで変な顔をされると急にその人を遠ざけてしまったり。とにかくちょうど良い距離感が分からず苦労します。

コミュニケーションは一方的に自分の気持ちを伝えようとすることでも、理解できないからといって遠ざけることでもありませんよね。こんな事が繰り返されるとさらに自信を失い、1人でいるようになったり、殻に閉じこもるようになってしまいます。

【愛情不足の子供】特徴②批判に耐えられない

愛情をもらえずに育ってきた子供は自尊心が乏しいと言いましたが、自分に自信がないので相手からの「批判」に耐えられないところがあります。自分に自信がある人は他人に何と言われようと、物事をやり遂げたり、そもそも批判をはねつける力があります。

1人が批判や文句を言っても、ちゃんと自分にとって大切な人に愛されている記憶と自信があれば、どうという事はないのです。一方、愛されたことがなければ、人が自分をどう思っているかがとても気になり、そして一回一回落ち込みます。

時には、「そんなの言われなくても分かってる!」とどこにもぶつけようのない怒りを爆発させるかもしれません。人生は楽しい事ばかりではありませんが、人の言う事を一つ一つ気にしていればこんなに生きにくい事はありません。

生きていくうえで揺るがない自信は親からもらう愛情が元なのかもしれませんね。

【愛情不足の子供】特徴③何かに依存する

愛情不足で育った子供は、親が子育てを卒業した後も、親の影を追い求めます。この親の影は親でなくてもよくて「自分を愛してくれる人」を探します。

幼いうちから彼氏や彼女を作って、恋人に依存する恋愛依存。友達がいないと何もできない「友達依存」人ではなくものやギャンブルに依存する場合もあります。

何か、いつもそこにあるものの存在を求めるのです。1人になることに対して異常に恐怖を感じ、恋人からひどい事をされていても、「この人がいなくなったら!」という不安が勝ってしまって、別れられません。

一つの事に異常に執着する、恋愛していないと生きていられないというような執着心は親からの愛情不足が原因な事が多いのです。


■関連記事:依存心について詳しく知りたい方はこちらもチェック!

依存心が強い人の特徴とは?どう接すればいいの?【依存体質】
共依存恋愛の特徴と克服方法とは?共依存カップルは危険!

【愛情不足の子供】特徴④恋愛や夫婦関係に支障を来す場合も

愛情不足で育った大人は人との距離感やつながりを保つのが苦手な傾向にあります。それは恋愛やより関係が密接となる夫婦関係にも影響を及ぼしかねません。

恋人への依存度が高まるほか、相手を信じられないことやより多くの愛情を求めることによるパートナーへの嫉妬や浮気が多発するケースが多いことが挙げられます。

また、パートナーとの間に子供が生まれた場合、その子供に対しても嫉妬心が生まれ子供への愛情を持つことが難しいと言われることもあるようです。

【愛情不足の子供】ママが大好きだというメッセージ

子供は「ママが大好き」です。アダルトチルドレンといって、虐待されている子供も、「ママが大好き」赤ちゃんから子供の世界はママが世界の中心なのです。ママが大好きという気持ちを子供はいろいろな形で訴えてきます。

ワガママを言っては「ママが大好き」嘘をついて「ママが大好き」大嫌い!と癇癪をおこしては「ママが大好き」これ全て「ママが大好き」という子供の意思表示です。それを受け止めきれずに、子育て中悩むお母さんも多いでしょう。

いつしか、本当に「この子は私を困らすためだけに生きてる!」と思うようになるかもしれません。でも、子供はママが大好き。つたない言葉や、態度でなんとかママが大好きだという気持ちを伝えようとしています。

「ママが大好き」という言葉は使わないかもしれません。それでも、ママの注意を引こうとしているのです。疲れていても、忙しくても1日のうち少しだけでも1対1の時間を作って改善していきましょう。子供が精神的に落ち着くには十分すぎるほどの愛情が必要です。

【愛情不足の子供】子供への愛情の伝え方

愛情不足がもたらすリスクについて紹介してきました。しかし、自分は愛情を持って育てているとしても必ずしもそれが100%子供に伝わるとは限りません。

では、そういった愛情不足をどうすれば防ぐことができるのでしょうか。

【愛情不足の子供】愛していても伝えなければ伝わらない

子供を愛さない親、確かにいない事はないです。でも、愛情不足の子供を持つ親の多くは…子供を愛しているけど愛し方が分からない。愛しているのにどうして愛情不足なんて言うの?と思っています。たとえ愛していても、愛情は伝えようとしなければ伝わりません。

子供が求めているのはママの愛、パパの愛。いくらおじいちゃんおばあちゃんに愛されても、先生に気に入られていても、親の愛を感じられなければ、やはり子供の性格は歪んでしまうのです。

ママが大好き、パパが大好き、この気持ちを受け止めてあげることが改善の第一歩です。

【愛情不足の子供】肌と肌が触れ合うスキンシップが重要

肌と肌のふれあいによるぬくもりは子供に大きな安心感を与えることができます。これは幸せホルモンと呼ばれるオキシトシンという成分や心を安定させるセロトニンという成分の分泌を促すからです。

1日1回、たった数分でも構いません。

子供をハグしてあげたり頭をなでてあげたりするスキンシップを習慣化してみてください。

子供がある程度大きくて恥ずかしがるようであれば声をかけるタイミングで肩に手を添えたり、「いってらっしゃい」と背中を軽く押してあげたりしてみてください。

【愛情不足の子供】できたことや努力の過程を褒める

「褒める」という行為は子供に対して認めて受け入れてあげていることを伝える手段です。

褒められることで子供は自分に自信を持ち、失敗を受け入れ自主性を持っていろいろなことに取り組むことができるようになります。

ただ単に結果に対してだけ「よかったね」と褒めるだけでは意味がありません。親が共に喜び、何がよかったのかを具体的に伝えてあげることが大切です。また、「上手くいかなかった」ことに対してもその結果を踏まえてつつ、チャレンジした姿勢や取り組んだ過程について認めてあげましょう。

注意していただきたいのは、褒めるだけしかしないこと。叱らずに誉めるだけしかしないのは、自分の間違いを認められないように育ってしまったり、子供のチャレンジ精神をそいでしまったりということになりかねません。

できたこと・結果が出たことに対してはしっかりと褒め、できなかったことに対しては次へのチャンレンジに繋がるようサポートをし、メリハリを持って子供を褒めるようにしていきましょう。

【愛情不足の子供まとめ】ただ抱きしめるということ

子育てはとても楽しいもの。でも同時にとてもストレスがたまるものでもあります。

おかあさんも周りに頼れる大人がいたり、話を聞いてくれる友達がいればストレスをためることもないかもしれませんが、夫も仕事で話を聞いてくれない、両方の両親が遠いところに住んでいるなど1人で子育てをため込んでいるお母さんもいるでしょう。

そんな時、辛く当たってしまうのは一番近くにいる「子供」子供は頭が良いのです。お母さんが大変な事はちゃーんと分かっています。だけど「ママが大好き」という気持ちは受け取ってもらいたいのです。

起きている間ずっと遊んでほしいけど、遊ばなくても愛情不足にはなりません。ただ抱きしめてあげる時間、短くても子供と対峙する時間があれば、愛情不足を感じて育つことはありません。

子育て論にがんじがらめになって、どんどん自分を追い込むママがいますが、難しい事は考える必要ありません。人は人。よそはよそ。ただ子供を抱きしめる時間を作るだけで子育てはうまくいくはずです。

もっと子育てについて知りたいあなたへ!

落ち着きがない子供の原因9選!対処法は?
夫婦喧嘩の子供への影響7つ!かなりの悪影響が?
自分の子供が嫌いなママの心理と改善する方法9つ!
赤ちゃんが人見知りの時期はいつからいつまで?3ヶ月、4ヶ月で始まる?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ