愛情不足の子供の特徴とサイン11選!そんな子に大人はどう接すればいいの?

愛情不足の子供の特徴とサイン11選!そんな子に大人はどう接すればいいの?

子供時代の愛情不足は後々大人になってからその人の人生に暗い影を落とします。親の愛情は子供にとって体への栄養と同じ、心の栄養です。今から親になる人、そして親の愛情不足が原因で今苦しい生き方をしている人に、愛情不足の子供についてお話します。

記事の目次

  1. 1.【愛情不足の子供】愛情不足は子供を苦しめる
  2. 2.【愛情不足の子供】愛情不足の子供が出すサイン
  3. 3.【愛情不足の子供】愛されず育った大人はどうなるのか
  4. 4.【愛情不足の子供】ママが大好きだというメッセージ
  5. 5.【愛情不足の子供】子供への愛情の伝え方
  6. 6.【愛情不足の子供まとめ】ただ抱きしめるということ

【愛情不足の子供】愛情不足は子供を苦しめる

子育ては大変です。

夫が子育てに協力的でない、義父母が厳しくて辛い…そんな事が続くと次第に母親の居場所もなくなって、心に余裕がなくなることもあるでしょう。

母親のストレスはそのまま子供に向かい、子供にあたることもあるかもしれません、また子供にかまってあげる余裕も愛情をかけてあげる余裕もなくなるかもしれません。

でも愛情不足を感じて育った子供は大人になってからも心に傷をかかえ、社会に適応できない、ふつうに恋愛ができなくなってしまいます。

愛情不足で育った子供はどんな風になるのか、特徴を見ていきましょう。
ドキリとしたら、一度立ち止まって自分を振り返って下さい。
気づいたときに方向転換して、改善しないと大変な事になってしまいます。

【愛情不足の子供】愛情不足の子供が出すサイン

子供はどんな子供でも自分の事を「愛情不足」だとは感じていません。認めたくない事実でもあるでしょうし、「愛されないこと」の意味がまず頭で理解できないからです。

でも愛情不足の子供は無意識にサインを出しています。子供の心が、体が、愛情を欲しているサインを出すのです。

愛情不足が軽度の時のサインは「ちょっと扱いにくい性格の子供」という風に表れるでしょうし、重度の場合は本当に「お腹が痛い」「頭が痛い」など身体上に病気のような症状が出てきます。

子供は一生懸命「ママが大好き!もっとこっちを見て」というサインを出しています。子供時代は性格を形成する大切な時期です、子供からのSOSの特徴に敏感になりましょう。

【愛情不足の子供】サイン①ワガママ

愛情不足が軽度の場合は子供の「ワガママ」という形で姿を現します。子供はまだきちんと言葉を使って自分の感情を説明することができません。いえ、自分の気持ちを言葉にして伝えるなんて大人だって難しい事です。結局伝えられない子供の想いはワガママとなって表れます。

「あれもいや」「これもいや」子供のイヤイヤ期は2歳ころがピークですが、それを過ぎてもワガママな性格が目に付く場合は明らかに親子間のコミュニケーションがうまくいっていないということです。そして子供はちゃんと知っているのです。

ワガママを言って嫌がられても、その時はお母さんが「自分を見てくれる」という事を。ほとんどの場合は怒られてしまいますが、子供は必死に親に「気づいて」とサインを送っています。

どうしてワガママな性格なの?と悩む時が改善に向かう時。ワガママを言っている時にこそたくさん遊んであげると、ワガママもある程度すると改善されるはずです。

【愛情不足の子供】サイン②癇癪

ワガママから癇癪に発展することもあります。癇癪は泣き叫んで、怒って、言う事を全く聞かなくなるので親にしてみたらお手上げです。

こんな時、大人は子供が本当は何が言いたいのか耳を傾けてあげてほしいのですが、癇癪を起している子供に対して冷静に対処することはとても難しいでしょう。ただ、癇癪を起している子供は、自分でも何がしたいのか分かっていない場合が多いのです。

そんな時は「うるさい!」「静かにしなさい!」では何も改善されません、それよりも寄り添ってあげる事がカギ。そして親が感じている事も伝えることが大切です。

「そんなに泣き叫んでいたら、何がしてほしいのか分からなくて困っちゃう。ママも悲しくなるな」など、自分の気持ちを言うことで、少し子供の気持ちを落ち着かせることもできます。

癇癪を改善したいなら、大きな声をだすのは逆効果、自分でもどうやって泣き止んでいいのか分からないのです。改善するには、落ち着くまで見守ってあげて、落ち着いてきたら抱っこ。

親にも余裕がないとなかなか難しいですが、大きな声をあげる、無視をする...という行為は癇癪を改善するどころか、悪化させるだけで何の解決策にもなりません。

【愛情不足の子供】サイン③いたずら

子供はいたずらっ子な性格の子供もいますから一概には言えませんが、親の気を引こうとしてイタズラをする子供がいます。ちゃんと悪い事をしたらママが見てくれるという事を理解しているのです。

子供は状況把握がかなり上手で、親の反応を見てここまでなら大丈夫という線引きを小さないたずらを繰り返しながら学んでいきます。でも、愛情不足が原因のいたずらは「面白くてイタズラをしている」行動とは違います。

イタズラ自体を楽しんでいるわけではなく、親の気を引きたいという一心。このタイプの子供の親は、忙しくて子供を見る余裕がない人が多いようです。「ねー、ママ見てー」という声掛けに対してスマホを見ながら「あとでね」と子供をあしらってはいませんか?

子供の性格が形成される幼い時に方向転換して改善に向かわないと、大人になってから愛情不足の呪縛をとくのはとてつもない時間がかかります。

【愛情不足の子供】サイン④自立できない

愛情不足で育つと「自立できない」大人になるそうです。よく知らずに聞くと「子育てが過保護だと自立できないの間違いじゃない?」と思うかもしれませんが、愛情不足の子供も自立できません。それは、受けられなかった愛情をずっと求めているからです。

健康的な子供は、ある一定の年齢になると反抗期を迎え、親離れをします。親から精神的に離れることができるのは、「親の愛を確信している」からです。自分が巣立っても、親は変わらずそこにいる。その確信があってこそ、初めて健康的に親離れができます。

でも愛情不足の子供はずっと親を求めます。だからより親に依存しようとする。外の世界に出ていける自信を親から育ててもらっていないのです。

【愛情不足の子供】サイン⑤顔色をうかがう

愛情不足の子供は親の顔色を窺う特徴があります。本来子供は無邪気な性格。ときにワガママを言っても、泣いちゃっても怒られても、親の顔色をうかがうというより、性格もありますが、自分の感情に正直です。

でも、愛情不足の子供は泣きたくても「ママに怒られるから我慢する」「叩かれても、親が困るから誰にも言わない」など、いつも大人の顔色を窺っています。喜怒哀楽がはっきりしていて無邪気な子供の性格とは違い、小さい時から感情を押し殺す癖がついているのが特徴的。

大人の顔色を窺って、自分の感情や行動をコントロールする行為は「子供の性格」からは想像できない事。「大人っぽい性格だね」「手がかからないわね」は褒め言葉ではありません。
素直な感情表現ができていない子供は改善すべき問題を抱えている事が多いのです。

【愛情不足の子供】サイン⑥大人に甘える

次のページ

【愛情不足の子供】愛されず育った大人はどうなるのか

関連記事

人気の記事