子供の髪型をツーブロックにする切り方!アレンジ方法も!【男の子】

男の子の子供の髪型としてツーブロックが人気があります。しかし自分でやろうとすると切り方が難しそうですよね。かわいい子供だからチャレンジしたい髪型もあります。ここではそんな男の子のオススメ髪型や、ツーブロック等の切り方も含めて紹介していきます。

子供の髪型をツーブロックにする切り方!アレンジ方法も!【男の子】のイメージ

目次

  1. 男の子の髪型はツーブロックがおすすめ?
  2. 子供でも美容院に行くべき?
  3. 男の子の髪型をツーブロックに!切り方を紹介
  4. アシメのおうちカットも挑戦してみよう!
  5. バリカンを使ったカットの仕方
  6. ツーブロックのヘアスタイルアレンジ
  7. もう子供じゃない?ツーブロックで大人な男の子へ!

男の子の髪型はツーブロックがおすすめ?

ツーブロックとは、頭頂部から耳の上ぐらいまでの髪は長めに残し、そこから下の部分はかりあげにしているヘアスタイルのことです。ツーブロックは髪をおろしているときとヘアアレンジをして長い髪を上げているときとではイメージがずいぶんと変わります。

ツーブロックは大人の男性に人気の髪型ですが、最近は子供にも人気がある髪型です。ツーブロックはかっこいい髪型なので子供でも男の子にぴったりですね。切り方も意外と簡単ですよ。

子供の髪型の種類

男の子の髪型としてさまざまな種類があります。一般的にはシンプルなカットをしている子供が多いでしょう。切り方も簡単ですね。

しかし現在では大人の男性同様、オシャレでかっこいいヘアスタイルをする子供も増えています。ツーブロックやアシメがその人気のヘアスタイルの一種ということです。ツーブロックもアシメも切り方は似ています。

ツーブロック

ツーブロックは大人の男性がするイメージがあるので、子供にするとなんだか一気に大人びて見えます。なので子供、とくに赤ちゃんにツーブロックをすると赤ちゃん感がなくなるという意見もあります。

それはそれで可愛らしく、少しお兄さんになった子供もいいですが、まだ少し赤ちゃんでいてほしい親御さんは子供のツーブロックは避けたほうがいいかもしれませんね。赤ちゃんと幼稚園児、小学生では髪質も変わるので切り方も多少変わってきます。

ツーブロックのアレンジでアシメ

ツーブロックの切り方を少し変えてアレンジするとアシメになります。アシメとはアシンメトリーのことで、左右の長さが非対称の髪型のことです。切り方も簡単です。アシメもツーブロック同様、大人っぽく見えるヘアスタイルです。

なのでアシメも大人の男性に人気のヘアスタイルのひとつです。前髪をななめにカットし、前髪のみをアシメヘアスタイルにする人もいますね。もちろん子供にも似合う髪型ですよ。切り方が簡単なので自分でする人も多いです。

子供でも美容院に行くべき?

子供がおとなしくイスに座ってくれるのであれば問題ないかもしれません。しかしまだ子供がひとりで座れない場合はお母さんが抱っこしてイスに座ります。

それでもじっとしていない場合は、お父さんやご家族に協力してもらい、自分たちで切ってしまったほうがいいかもしれません。切り方自体は簡単ですが、ツーブロックはバリカンを使う場合があるため、嫌がる子供も多いです。

バリカンは子供がじっとしていないと危ないので、ツーブロックにする場合、切り方はよく考えて選択しましょう。

おうちカットの場合

子供の髪を自宅で切る、いわゆるセルフカットの場合は美容院よりも気を使わなくていいですね。ツーブロックでも切り方は簡単です。しかし子供が幼い場合、じっとさせておくのも一苦労です。子供の気をそらせる食べ物やジュースを用意しておくといいかもしれません。

男の子の場合は車などのおもちゃも効果的かもしれませんね。子供の機嫌がいいときにツーブロックもチャレンジしてみましょう。

男の子の髪型をツーブロックに!切り方を紹介

ツーブロックには、大人同様、子供でも長めのものと短めのものがあります。ツーブロックの長さは好みで決めましょう。

ツーブロックのトップを短めにするつもりでもまずは長めにして、失敗をしても誤魔化せる余裕をもたせましょう。もともと髪が長めで、季節が冬であれば、一気に短くしてしまうと子供が風邪を引くかもしれません。子供と相談して髪型を決めてもいいですね。

切る前の準備

まずは髪の毛が落ちても問題のないお風呂場やお庭でカットをする準備をします。子供の機嫌も確認しておきましょう。髪の毛をキャッチするケープも用意します。

そしてツーブロックのかなめである、カットしない部分のブロックをする位置を決めます。ツーブロックの長さは好みにもよりますが、基本的にこめかみのあたりをとるとツーブロックとしてのバランスがいいです。

まずはハサミでカット

ツーブロックの刈り上げる位置を決めたら、トップとサイドの刈り上げない髪の毛をクリップなどで留めます。お母さんが持っているダッカールなどでもかまいません。

子供の髪は柔らかく落ちてきやすいのでしっかりブロックしましょう。コームで髪を取り、いきなりバリカンを入れるのではなく、まずははさみで長い髪をカットしていきます。ここが綺麗なツーブロックを作るポイントです。

バリカンで刈り上げ

ツーブロックの刈り上げの部分をさらに短くしたいのであればバリカンで刈り上げていきましょう。まずは長め、そしてだんだんと短くしていきましょう。いきなり短めのミリ単位でのバリカンを入れてしまうとツーブロックは失敗しやすくなってしまいます。

子供もいきなりの短いバリカンだと嫌がることがあります。カットが終わると、留めておいた髪の毛をおろし、長さと毛先を整えるとツーブロックの完成です。

中学生の男の子のツーブロックの切り方

中学生の場合、学校に合わせてあまり派手なカットは限られてしまうので、シンプルなシンメトリーのヘアスタイルにしつつ、耳周りや襟足の髪を短くカットするツーブロックの切り方がおすすめです。トップの髪も耳にかかるかかからないかくらいの短めで清潔感のあるカットが良いでしょう。

アシメのおうちカットも挑戦してみよう!

ツーブロックの切り方のアレンジとしてアシメがあります。全体をアシメにする方法もあれば前髪のみをアシメにする方法もあります。ここではツーブロック×アシメを紹介しますが、だいたいはツーブロックの切り方とほぼ同じです。

まずは準備から

通常のツーブロックの切り方同様、まずは髪の毛が散らばっても問題のない場所を確保しましょう。髪の毛キャッチのケープ、子供の機嫌の確認も忘れずに。全体をアシメにするのであれば、長くする方を多めに残して分け目をつけます。

そしてツーブロック同様、刈り上げる部分のラインを取ります。ラインが決まったらこちらもツーブロック同様刈り上げない部分の髪の毛を留めます。

髪の毛全体をカット

その後、ツーブロックの刈り上げる部分をはさみでカットしていきます。全体をだいたい同じ長さにカットしたら、長さを確認します。まだ短くしたいのであればバリカンで短くしましょう。刈り上げの短さは左右対称の方が良いです。

子供の意見も聞いてくださいね。問題なければ留めていた髪の毛をおろします。ここまではほとんどツーブロックと同じですね。

バランス良くアシメに

ツーブロックとの違いはここからです。おろした髪の毛をアシメにしていきます。まずは長いほうをメインにし、短くする方をバランスを見ながらカットしていきます。短くしすぎたら長いほうを短くします。結局ただのツーブロック!

なんてこともありますが、そのときはそのときです。前髪のみのアシメは前髪全体の長さを考えながらななめにしていきましょう。子供の目にかからないくらいがちょうどいいですね。アシメの切り方は以上で終了です。

バリカンを使ったカットの仕方

バリカンは切り方としては簡単で便利ですが、少しの力加減で短さが変わってしまいます。一部は長いのに一部は短い、なんてこともしばしば。

美容師さんでもバリカンは特に気をつかうそうです。さらに子供は急に頭を動かしたり、じっとしていてくれないことも多くあります。子供に危ないから動いちゃダメだということを言い聞かせておきましょう。

男の子は特に切り方に注意!

男の子は女の子に比べて、じっとしていない子が多いです。元気があっていいことですが、切り方によったり、はさみやバリカンなどを使っているときは危ないですよね。お菓子やジュース、もしくはカットの時限定でスマホなどのゲームをさせてしまうのも一つの手です。

子供の機嫌をとりながらカットしましょう。もちろん、動くとケガする、そして失敗するということを子供に言い聞かせておきましょう。

ツーブロックのヘアスタイルアレンジ

ツーブロックは髪の毛をおろしているとサイドが短めな普通の髪型にみえます。幼稚園や小学校に行っているときはおろしているとあまりツーブロックに見えないので問題ないでしょう。しかしお出かけをするときや、発表会などは髪の毛をアレンジしたいですよね。

せっかくツーブロックにしたので、毛先を遊ばせて刈り上げの部分を見せてもかっこいいですね。子供ならではのあどけなさも残ります。

剃り込みを入れてもかっこいい!ツーブロック

お祭りの時期など、ツーブロックに剃り込みをいれてアレンジをしている男性、子供を見かけます。時折女性にもいますね。男女子供問わず人気のアレンジということです。

お祭りが終わればまた学校が始まる…という場合でも、そこをまた短く刈り上げてしまえば剃り込みは消え、普通のツーブロックに戻ります。かっこいいアレンジですが、素人がすると高確率で失敗するので、このような繊細なアレンジは子供の髪でもプロに任せましょう。

アシメのヘアスタイルアレンジ

アシメの場合、おろしていてもアシメだと分かることが多いです。しかしツーブロック同様、毛先を遊ばせてアレンジすると刈り上げの部分が見えてかっこいいです。

普段はおとなしめのアシメでも、刈り上げを見せることによってまたイメージも変わり、かっこよく見えますよ。切り方によっては個性的なアシメにもなります。子供もテンションがあがるかもしれませんね。

子供のツーブロックは長めと短めどちらがいい?

長めにトップを残したツーブロックや、若干のアシメであればおそらく大丈夫だと思われますが、あまりにがっつりと刈り上げていたり、明らかなアシメだと校則に引っかかったり先生に注意をされてしまう場合があります。

髪型をツーブロックやアシメに挑戦する前に校則などを確認しておいた方がいいですね。子供にも確認しておきましょう。

浴衣や甚平にも合うツーブロック

ツーブロックは涼しげに見えるので、大人子供問わず夏場にぴったりです。なので浴衣や甚平にもよく合います。子供の浴衣や甚平姿って可愛いですよね。

その可愛さがさらにアップします。いつもと違う服装なのでお母さんも改めて子供の可愛さ、そして成長した姿にキュンキュンするかもしれませんね。

七五三にもツーブロック!

秋の行事の七五三。写真撮影をするご家庭も多いのではないでしょうか。ツーブロックはかっこよく大人に見えるのに、子供独特の可愛さもあるので七五三の写真にもオススメです。和風の髪型ではないような気がしますが、意外にも着物にも合います。

写真を撮る前にツーブロックにカットしてもいいかもしれませんね。

セットでかっこいい男の子ヘアスタイル

先に記述したように、セットひとつでイメージが変わるのがツーブロックのいいところです。髪の毛をおろしていると可愛らしく、子供らしく見えますが、セットをして髪の毛とトップをあげたり遊ばせたりすることで一気に大人っぽく見えます。

かっこよくも可愛くもなり、切り方も簡単なので子供の髪型としてもオススメです。

■関連記事:男の子のヘアスタイルについてはこちらの記事もチェック!

子供・男の子向け短髪ヘアスタイル特集!ショート・ソフトモヒカンなど!

もう子供じゃない?ツーブロックで大人な男の子へ!

いかがだったでしょうか。ツーブロックは大人の髪型のイメージがあった人も多いかもしれません。しかし子供でも十分に似合うのがツーブロックです。普通の髪型では嫌だ、少し変わった髪型にしてみたいという子供にオススメです。

切り方も慣れてしまえばすぐにできます。もちろん子供自身の意見も必要なので、きちんと聞いてみてくださいね。ツーブロックやアシメであかぬけた子供に変身しちゃいましょう!

もっと子育てに関する情報について知りたいあなたへ!

クリスマスプレゼント男の子人気ランキング2017!6歳から2歳まで
クリスマスプレゼントはいつ渡す?子供に渡す日と喜ぶ渡し方解説!
正月遊び13選!子供に伝えたい伝統的な遊びまとめ!
落ち着きがない子供の原因9選!対処法は?
人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ