ロングの巻き髪をコテで作るやり方!簡単にゆるふわに!

綺麗にセットされたロングの巻き髪の女性を見るととても華やかに見えて羨ましくなることがありますよね。当記事ではロングの髪の女性が巻き髪をコテで作るやり方について詳しく解説していきます。とっても短時間で簡単にゆるふわの巻き髪を作ることができますので必見ですよ!

ロングの巻き髪をコテで作るやり方!簡単にゆるふわに!のイメージ

目次

  1. ゆるふわ女子を目指す人は必見!ロングは巻き髪でオシャレに♪
  2. ロングの巻き髪のやり方を順番にご紹介♪手順を覚えましょう!
  3. ロングの巻き髪のやり方(1)ブラシで髪を整える
  4. ロングの巻き髪のやり方(2)コテを温める
  5. ロングの巻き髪のやり方(3)髪を少しずつコテで巻いていく
  6. ロングの巻き髪のやり方(4)髪の温度が冷めるのを待つ
  7. ロングの巻き髪の作り方(5)ワックスやジェルを揉み込む
  8. ロングの巻き髪のやり方(6)手ぐしで髪全体を整える
  9. ロングの巻き髪のやり方を動画でチェック♪
  10. ミディアムの巻き髪のやり方を動画でチェック♪
  11. ロングの巻き髪を綺麗に作るコツとは?
  12. ロングの巻き髪を綺麗に作るコツ(1)コテの選び方
  13. ロングの巻き髪を綺麗に作るコツ(2)コテを当てる時間
  14. ロングの巻き髪を綺麗に作るコツ(3)コテの温度
  15. ロングの巻き髪アレンジを楽しんだ後は丁寧に髪のケアを♪
  16. まとめ

ゆるふわ女子を目指す人は必見!ロングは巻き髪でオシャレに♪

歩くたびにふわふわと揺れるロングの巻き髪はとっても可愛らしく素敵ですよね。ゆるふわなロングの巻き髪はガーリーなイメージになったりキュートなイメージになったり女性らしさをアップしてくれる人気のヘアスタイルです。

ゆるふわなロングの巻き髪の女性は同性からも異性からも非常に受けが良いのも特徴です。ロングまで届かないミディアムのヘアスタイルの女性でも巻き髪は十分作ることができますので、チャレンジしてみるのも良いですね。

以前から持っているワンピースもブラウスも、ヘアスタイルをちょっと巻き髪にしてみるだけでいつもとは違ってオシャレに見えることもあります!

てっとり早くオシャレになりたい女性や、可愛く簡単にヘアスタイルをまとめたい女性にも巻き髪はオススメです。ゆるふわな巻き髪はヘアアレンジも自由自在に楽しめますのでぜひ一度チャレンジしてみましょう!

■参考記事:ショートヘアもゆるふわ巻き髪にできる!コチラもチェック♪

ショートヘアの巻き方!コテ・アイロンで簡単にゆるふわ巻き髪!

ロングの巻き髪のやり方を順番にご紹介♪手順を覚えましょう!

それでは実際にロングの巻き髪のやり方を順番にご紹介していきましょう!

ロングのゆるふわ巻き髪を作るのは難しそうに見えて実はとても簡単です。不器用な人でも何度かチャレンジするうちにだんだんやり方が分かってきます。

ロングの巻き髪の作り方を知っている人にとってはおさらいになるかもしれませんが、手順をきちんと覚えておくと更に綺麗な巻き髪を作ることが可能になります。

ここではロングの巻き髪を作る時の手順と一緒に、それぞれの手順で気を付けたいことなどについてもご紹介致しますので是非じっくりと確認してみてくださいね。

気軽に簡単にゆるふわの巻き髪ヘアスタイルを楽しみましょう!

ロングの巻き髪のやり方(1)ブラシで髪を整える

ロングの巻き髪のやり方は、まず一番最初にブラシで髪を整えることです。

巻き髪アレンジはパーマによく似ていますが、結局あとで絡まるんだからと適当にコテを使い始めてしまうのはNGです。綺麗な巻き髪を作るためにはしっかりと質の良いブラシで髪を整えておくことが大切になります。

ブラシで髪を丁寧にとくと絡まりがほどけ、髪の汚れもある程度落とすことが可能です。ブラシは安価なものから高価なものまで値段はピンキリですが、できれば髪を傷めないように動物の毛を使ったものを使うのがオススメです。

動物の毛のブラシは髪を傷める静電気を抑える効果もあります。少し値は張りますが毎日使うものですので良い物を使うようにしましょう。また髪をブラシでとかす時は髪を濡らさず、乾燥した状態にしておくことも大切なポイントになりますので覚えておきましょう!

ロングの巻き髪のやり方(2)コテを温める

ロングの巻き髪のやり方の2番目は、コテを温めることです。

髪をブラシでとかしている間にコテを温めておくのも良いですね。コテは中途半端な温度で使うとなかなか巻き髪のクセがつかないため、きちんと適切な温度になるまで温めて使うのがポイントです。

髪を傷めないようにと低温でコテを使う人も多いのですが、低温でコテを使っても結局コテを使う時間が長くなってしまうだけで、かえって髪を傷める原因になることもあります。

コテを温める時は先端が非常に熱くなります。ヤケドに気を付けるのはもちろんですが、コテを使わない時にその先端をテーブルに当てて置いてしまうと木が焦げてしまったりプラスチックが溶けてしまうこともあるため十分注意が必要です。

コテを温める時や使わない時は、コテ自体についているスタンドを使うか、または先端を上に向けて立てて置くのが賢いやり方です。

ロングの巻き髪のやり方(3)髪を少しずつコテで巻いていく

ロングの巻き髪のやり方の3番目は、髪を少しずつコテで巻いていくことです。

ロングのヘアスタイルの人はどうしても髪量が多くなりますが、コテで巻き髪を作る時は出来れば髪をバレッタやクリップなどで何か所か留め、少しずつ毛束を取って巻いていくのが上手なやり方です。

髪を下ろしたままでも巻き髪を作れないことはありませんが、同じ個所を何度も巻いてしまったりおおざっぱな巻き方になってしまうこともありますので、やはり最初に何分割かに分けておくのが良いですね。

コテで巻く髪の量を変えたり、何巻きするかによっても巻き髪のクセはかなり変わります。ミディアムのヘアスタイルの人でもコテの使い方1つでボリュームのあるヘアスタイルやゆるふわなヘアスタイルなど色々楽しむこともできます。

コテで巻き髪を作ることに慣れていない人は、暇な時に自宅で何度か巻き髪アレンジの練習をしてみるのもオススメですよ。

ロングの巻き髪のやり方(4)髪の温度が冷めるのを待つ

ロングの巻き髪のやり方の4番目は、髪の温度が冷えるのを待つことです。

思い通りのゆるふわヘアスタイルが出来上がった時はつい触りたくなるものですが、実はコテで巻いたゆるふわの髪は温度が下がる時により強くクセがつくと言われています。

コテの熱が冷めないまま髪を触ってしまうとせっかく綺麗に巻けた髪がほどけてしまいますので、少し我慢して髪の温度が冷めるのを待ちましょう。

そして逆に思い通りのゆるふわヘアスタイルが作れず変なクセをつけてしまった時は、髪が熱いうちにブラシでといてそのクセを取ると良いですね。

コテで作る巻き髪アレンジはパーマと違って何度でも簡単にやり直しができるのが最大のメリットです。

ロングの巻き髪の作り方(5)ワックスやジェルを揉み込む

ロングの巻き髪の作り方の5番目は、ワックスやジェルを揉み込むことです。

理想的なゆるふわ巻き髪が作れた後は髪が冷えるのを待ち、その後ワックスやジェルなどのスタイリング剤を紙に揉み込んでそのゆるふわ巻き髪をキープしていきます。

コテで作ったゆるふわなクセは短時間であればそのまま保つことも可能ですが、そのままお出かけしたい場合やデートに出かける時はスタイリング剤でキープしておくほうが安心です。ハードタイプのスタイリング剤を使えば長時間その巻き髪アレンジを楽しむことが可能になります。

ワックスやジェルなどのスタイリング剤は様々な香りのものがあり、中にはラメが入っているような豪華なものまで販売されています。

ヘアスタイルやヘアアレンジと同様に、ワックスやジェルなどのスタイリング剤もシーンによって使い分けるのも良いですね。ミディアムのヘアスタイルの人もコテで作る巻き髪の仕上げにぜひスタイリング剤を使ってみてくださいね。

ロングの巻き髪のやり方(6)手ぐしで髪全体を整える

ロングの巻き髪のやり方の6番目は、手ぐしで髪全体を整えることです。

スタイリング剤でキープした髪をより自然に見せるためには、簡単に手ぐしで髪をほぐすの大きなポイントです。仕上げにクシやブラシを使ってしまうとせっかく付けたゆるふわなクセが全てほどけてしまうので注意が必要です。髪の流れを意識しながら丁寧に手で整えておきましょう。

手で髪全体を整える時は指先でかるく髪をつまんで整えたり、両方の手や指を髪に通して空気を含まさせるように簡単に巻き込んでいくのがオススメです。

巻き髪アレンジを可愛くキープするための最後の一手間になりますので、この手間を惜しまないようにしたいものですね。

■参考記事:コテでゆるふわ巻き髪にする方法、コチラも参照!

【髪の毛の巻き方】ゆるふわ巻き髪をコテで簡単に作る!

ロングの巻き髪のやり方を動画でチェック♪

こちらはyoutubeで紹介されているロングのゆるふわ巻き髪を作る方法を解説した動画です。細かいポイントを解説しながら実際にストレートのロングヘアからゆるふわ巻き髪アレンジを作っている様子を確認できます。

文字だけでは分かりづらいコテの角度や髪の巻き方などのポイントも一目瞭然ですので要チェックです!

ミディアムの巻き髪のやり方を動画でチェック♪

次はミディアムのヘアスタイルの巻き髪のやり方を紹介したyoutube動画です。

ミディアムのヘアスタイルはロングに比べて髪の長さが短いため巻き髪アレンジが作りにくいという人もいるかもしれませんが、こちらはミディアムの長さの髪でも上手に巻き髪アレンジを作るポイントを紹介しています。

ミディアムのヘアスタイルの巻き髪アレンジはロングとはまた違った魅力がありますのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ロングの巻き髪を綺麗に作るコツとは?

それでは最後はロングの巻き髪を綺麗に作るためのコテの選び方やコテの使い方などについてご紹介していきます。

蒸気でご紹介したyoutube動画の中でも少し紹介されていましたが、ゆるふわの巻き髪アレンジを簡単に作るためにはコテの選び方やコテの使い方はきちんと押さえておかなくてはいけません。

まずは自分の理想的な巻き髪アレンジのお手本画像などを準備し、そのヘアスタイルに近づけていけるように下記のコツをチェックしてみてください。ミディアムのヘアスタイルの人にも為になる情報をご紹介しますので、ぜひどうぞ。

周囲の人が思わず振り返ってしまうような可愛らしい巻き髪アレンジが出来るように頑張りましょう!

ロングの巻き髪を綺麗に作るコツ(1)コテの選び方

ロングの巻き髪を綺麗に作るコツの1つめは、コテの選び方に注意することです。

コテは様々な家電メーカーから販売されていますが、その太さは19mm、26mm、32mm、38mmがよく使われます。細いコテは細かい巻き髪を作るのに向いていて、ゆるふわな巻き髪というよりもキツめのパーマのような見た目になります。

そして32mmや38mmといった太めのコテになると、大きなカールが作れるためふわふわの優しい印象の巻き髪を作ることができます。

ただしミディアムの髪の長さの人はあまり太いコテを使うと髪を巻くのが難しくなってしまうため、その辺も考慮してコテを選ぶ必要がありますね。簡単に巻き髪を作るためには道具選びは妥協することはできません。使い勝手の良いものを選ぶことが重要です。

youtube動画などでは巻き髪の作り方と一緒に使うコテの太さも紹介している動画もあります。理想の巻き髪の形に合わせてコテの太さも選ぶようにするのがベストです。

ロングの巻き髪を綺麗に作るコツ(2)コテを当てる時間

ロングの巻き髪を綺麗に作るコツの2つめは、コテを当てる時間を工夫することです。

巻き髪を作るために髪にコテを当てる時は、当てすぎると髪が焼けて傷んでしまい、短すぎるとクセがなかなか付きにくいという特徴があります。

最も髪を傷めずに簡単に巻き髪を作るコテの当て時間は、およそ5秒から10秒といわれています。高温でコテを当てる時は髪に当てる時間はもう少し短くしても良いかもしれません。

コテを当てすぎてしまうと髪の水分が蒸発して髪が傷んでパサパサになってしまったり、静電気が溜まりやすくなってしまうこともあります。静電気が溜まりやすくなると枝毛などの問題も出てきますのであまり良いことはありません。

しっかりクセを付けたい時も同じ場所に長時間コテを当て続けるのではなく、何回かに分けてコテを使うようにするのがオススメですよ。

ロングの巻き髪を綺麗に作るコツ(3)コテの温度

ロングの巻き髪を綺麗に作るコツの3つめは、コテの温度に注意することです。

コテは製品によって少し違いはありますが、だいたい130度から190度ぐらいまで自分で調整することが可能です。基本の設定温度はおよそ150度から160度程度だと言われていて、これよりも高い温度で使う時は使用時間を極短時間にするなど注意が必要です。

自分の髪が既にパサついていて潤いが無かったり傷んでしまっているような時は130度から140度程度に抑えてコテを使用した方が良いかもしれませんね。

仕事や学校で慌ただしい日は少し高温でサッと手早く巻き髪を作り、時間に余裕のある日は低温でゆっくり巻き髪を作るというふうに使い分けるのもオススメですよ。

ロングの巻き髪アレンジを楽しんだ後は丁寧に髪のケアを♪

ロングの巻き髪アレンジの方法をご紹介しましたが、巻き髪を楽しんだ後は丁寧に髪のケアをすることが必須です。コテで巻き髪を作るということは少なからず髪に負担をかけている状態ですので、そのまま放置しておくと髪の傷みは毎日蓄積していきます。

巻き髪をした日の夜は入浴時にしっかりヘアトリートメントやヘアパックなどで髪をケアし、潤いと水分を補給してあげることが大切です。

ヘアトリートメントやヘアパックは少しお値段が高いものもありますが、そのぶん髪のケアには高い効果を発揮します。毎日ヘアトリートメントやヘアパックをするのは時間も手間もかかりますので、週に何回か集中的にケアするのも良いかもしれません。

商品の中には洗い流さなくても良いものや簡単に使えるものもたくさんあります。ロングのヘアスタイルの人だけでなくミディアムのヘアスタイルの人も、自分に合ったヘアケア商品を探してみてくださいね。

まとめ

ロングの巻き髪をコテで作るやり方などをご紹介しました!ロングの巻き髪を作る時の参考になりましたでしょうか?巻き髪は多少手間はかかりますが、ゆるふわで優しいイメージになり可憐さや大人っぽさがアップする人気のヘアスタイルです。

上記のまとめを参考に、ロングのヘアスタイルの人もミディアムのヘアスタイルの人もぜひ簡単な巻き髪のアレンジ方法を練習し、毎日のオシャレに活かしてみてくださいね♪

ゆるふわ巻き髪についてもっと情報を知りたいアナタに!

ボブのパーマのゆるふわヘアスタイルまとめ!【可愛い】
サイド三つ編みのやり方・アレンジまとめ!簡単にゆるふわに!
ショートヘアにパーマをかけてゆるふわに!可愛い髪型カタログ!
三つ編みで寝るだけでゆるふわパーマができる!【貧乏パーマのやり方】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ