ミディアムボブの巻き方は?簡単に巻き髪を作れちゃう!

ミディアムボブでも可愛くなる巻き方はないの? ミディアムボブのヘアスタイルを、巻き方を変え簡単にアレンジする方法をまとめました。 サロンの仕上げと同じにできない・・ それってコテの問題かも・・ 巻き髪のコツや巻き方をみていきましょう。

ミディアムボブの巻き方は?簡単に巻き髪を作れちゃう!のイメージ

目次

  1. ミディアムボブの簡単な巻き方
  2. ミディアムボブの簡単な巻き方(1)サロンと同じにできない
  3. ミディアムボブの簡単な巻き方(2)巻き方のコツ
  4. ミディアムボブの簡単な巻き方(3)コテの太さ
  5. ミディアムボブの簡単な巻き方(4)温度は?
  6. ミディアムボブの簡単な巻き方(5)内巻き
  7. ミディアムボブの簡単な巻き方(6)外ハネ
  8. ミディアムボブの簡単な巻き方(7)ウェーブ
  9. ミディアムボブの簡単な巻き方(8)ミックス巻き
  10. ミディアムボブの簡単な巻き方(9)前髪
  11. ミディアムボブの簡単な巻き方(10)巻き髪をキープ
  12. ミディアムボブの簡単な巻き方(11)ブラッシング
  13. ミディアムボブの簡単な巻き方(12)コテの注意点
  14. ミディアムボブの簡単な巻き方(13)髪のケア
  15. ミディアムボブの簡単な巻き方 まとめ

ミディアムボブの簡単な巻き方

ミディアムや、ボブのヘアスタイルをしている人は、巻き髪にしたくても、ワンパターンになってしまう。
などの、悩みを持っている人がいますよね。

ミディアムやボブは、長さが足りずに、思い描いたような、巻き髪にならないこともあります。

でも、巻き方を変えてみるだけで、いつもと違ったヘアスタイルにすることはできます。

巻き方や、巻き髪に使うコテについてまとめましたので、一緒に見ていきましょう。

ミディアムボブの簡単な巻き方(1)サロンと同じにできない

サロンで仕上げに、巻き髪を作ってもらった。でも、次の日自分で同じようにやっても、同じヘアスタイルにならない・・・

そんなことって、よくありませんか?

もしかしたら、それは、サロンで使う道具にあるのかもしれません。

(1)サロン専用のコテや仕上げ剤

サロンでは、コテも仕上げに使うスプレーも、市販のものではなく、サロンの人しか買えないルートでの購入をしているお店が多いです。

サロン用のものは、コテも温度が高く、綺麗に巻き髪を作ることができたり、巻き髪のアレンジに使う、ワックスやスプレーも、思ったように再現する、再現率の高いものがほとんどです。

どうしても、サロンの仕上がりと同じヘアスタイルを希望するのであれば、サロンでコテなどを買わせてもらう交渉をしてみるのもいいでしょう。

ミディアムボブの簡単な巻き方(2)巻き方のコツ

ミディアムボブの巻き髪といっても、いろいろあります。

内巻きや、外ハネなどの、ワンカールの巻き方をしているヘアスタイルや、ミックス巻きやウェーブのような、全体的にふんわりと見せる巻き方のヘアスタイルなど、様々です。

どの巻き方にも共通している、巻き方のコツについて見ていきましょう。

(1)コテの挟む向きに注意

巻き方の初級とも言える、コテの挟む向きについて見ていきたいと思います。

コテは、外観が、丸い筒になっています。それに沿うようにして、挟む部分がついています。

コテの挟む向きを、丸の筒に逆らってしまうと、綺麗に巻き髪が作れません。

挟み方が逆だと、折れ目がついてしまいますし、巻き髪も逆を向いていたりします。

鏡を見ながらコテを使うと思いますので、最初は慣れないかもしれませんが、コテで髪の毛を挟む向きは、いつでも気にしておくことが大事です。

(2)ブロッキングをする

巻き髪をする際に大事な行程として、ブロッキングがあります。

ゆるふわなどの巻き髪では、4つほどにブロッキングをするといいです。

ブロッキングは、ダッカールなどで軽く止めるだけでも構いません。

ブロッキングを多くの束に分けると、細かく巻き髪ができ、ボリュームが出ます。

ミディアムボブの簡単な巻き方(3)コテの太さ

次に、ミディアムボブに適した、コテの太さについて見ていきたいと思います。

ミディアムボブは、コテ選びの際に、太いコテと、細いコテ、どちらを選ぶと良いのでしょうか。

内巻きをするときと、ミックス巻きをするときに、コテの太さは、変えるべきなのでしょうか?

ミディアムボブの、コテの太さ選びについて、一緒に見ていきましょう。

(1)26mm

ミックス巻きや、ウェーブなどの巻き髪を作る際には、26mmがオススメです。

細いコテを使ってしまうと、ゆるふわな巻き髪というより、グリグリパーマのイメージになってしまいます。

あえて、レトロな雰囲気を出したいのであれば、細いコテもいいと思いますが、ふんわりとした巻き髪を作りたいのであれば、26mmくらいがいいと言えます。

(2)32mm

Cカールなどの、ワンカールで内巻きなどを作る際や、やはりワンカールで外ハネを作る際には、32mmがオススメです。

ミックス巻きや、ウェーブなどには、太すぎてしまうサイズですが、ワンカールを作るには、とてもオススメの太さです。

前髪を、内巻きにしたい時などにも、有効的な、太さと言えます。

髪の長さが、ある程度あるミディアムの人には、ミックス巻きなどに使用してもいいと思います。

太いコテを使うと、カールの数が減りますので、大きなウェーブの、ヘアスタイルになると思っていた方が、わかりやすいかもしれませんね。

ミディアムボブの簡単な巻き方(4)温度は?

サロンのコテが、市販のコテと温度が違うことは、お話ししましたが、次に見ていく項目は、コテの温度になります。

市販のコテでは、どの程度の温度で巻き髪を作ったら良いのでしょうか?

サロンと市販の違いは、どこにあるのでしょうか?

コテの温度について、一緒に見ていきましょう。

(1)150度くらい

巻き髪にするときに、長い時間、コテに巻いたままにしていませんか?
そうすると、髪は、どんどん痛んでしまいます。

そのようなことを避けるためにも、コテの温度は、あげすぎないことが大切です。

市販のものでも、150度あれば十分な温度と言えます。

エクステなどの場合は、巻き髪の癖がつくまで、時間が地毛よりかかるので、長い時間コテに髪の毛を当ててしまいがちですが、ミディアムボブの地下の部分には、長い時間当てないように、気をつけましょう。

(2)市販のものは本当の温度は出ない

サロンのものは、200度の設定にした場合、200度が出るものがほとんどですが、市販のものは、200度の設定をしても、200度出るものは、あまりありません。

サロンで巻き髪をしてくれる人は、きちんと勉強をした美容師さんであり、市販のコテは、どのような人が使うかわからないので、念を入れて、火傷などを防ぐ温度にとどめているとも言えます。

ヘアスタイルを保ちたいなどの理由で、ついつい高い温度で巻いてしまいたくなりませんか?
その時に、髪を思い切り痛めてしまったり、落とした際の火傷を大きくしないなどの考慮も考えられます。

ミディアムボブの簡単な巻き方(5)内巻き

ミディアムボブの巻き髪ヘアスタイルについてもていきましょう。

まずは、内巻きのヘアスタイルです。

内巻きは、ミディアムボブが一番うまく仕上げられることができる、ヘアスタイルといっても過言ではありません。

悪い言い方をしてしまうと、ミディアムやボブ、ミディアムボブは、内巻きに巻いておかないと、はねてしまう髪型とも言えます。

(1)太いコテでワンカール

ミディアムボブの、内巻きの作り方について、見ていきましょう。

32mmほどの、太めのコテで、内巻きは作ります。

髪の毛を挟み、下に向かって滑らせていきます。
毛先の方までコテを滑らせた後、内巻きになるように、コテを内側に入れていきます。

コテを滑らせていき、そのまま髪の毛が、外れるようにしてコテから離せば、可愛い内巻きの完成です。

内巻きは、ヘアスタイルの中でも、シンプルですが、実は、難しいヘアスタイルだったりもします。
内に巻いても、逆向きに逸れてしまったり、ミディアムボブの髪の長さから、後ろの髪の毛は、巻き髪にするのが難しいと言えます。

ミディアムボブの簡単な巻き方(6)外ハネ

次に見ていきたいヘアスタイルは、外ハネです。

内巻きの逆向きスタイルとも言えますが、綺麗な外ハネを作るには、どのような巻き方をしたら良いのでしょうか?

また、外ハネというヘアスタイルは、どうしても、内巻きに、顔まわりの髪の毛の向きが変わってしまうヘアスタイルとも言えます。

耳にかけることや、ピンで止めることで、外ハネを維持する方法もあります。

(1)ワンカールで作る

外ハネのヘアスタイルの作り方について見ていきましょう。

内巻き同様に、髪の毛をコテで挟み、滑らせるようにしたまで持っていき、毛先まできたら、上に持ち上げるイメージで、外側にはねさせます。

比較的、内巻きよりは簡単と言えますが、大きく外ハネを作ろうとすると、重さなどから、うまくはねずに、毛先を巻いた巻き髪になってしまいますので、注意しましょう。

ミディアムボブの簡単な巻き方(7)ウェーブ

次に見ていきたいヘアスタイルは、ウェーブです。

ウェーブは、女性らしく、とても可愛い印象になれるヘアスタイルですよね。

ウェーブのヘアスタイルを作るのに、どのような巻き方をすれば良いのでしょうか。

ウェーブのヘアスタイルの作り方について、一緒に見ていきましょう。

(1)ゆるふわが可愛い

ウェーブは、まずは、髪の毛のブロッキングをします。
4束ほどに髪の毛をブロッキングしておきます。

そして、コテを使い、ウェーブにしていきます。

髪の毛の真ん中らへんから、コテで髪を巻き、コテに挟んだままねじれた状態で、髪の毛を外し、また巻いていきます。
その繰り返しで、ミックス巻きを作ります。

仕上げに、手ぐしを通して、ゆるふわな感じになるようにすると、ウェーブの完成です。


◆関連記事:前髪もコテで作ろう!

前髪を横流しするならコテかストレートアイロン!作り方解説!
かきあげ前髪のやり方!コテで作る!ボブ・ショート・短い髪でもOK!

ミディアムボブの簡単な巻き方(8)ミックス巻き

次に見ていきたいヘアスタイルは、ミックス巻きです。

ウェーブでも出てきたミックス巻きですが、どのようにしたら可愛いミックス巻きが作れるのでしょうか?

ミディアムボブの場合は、太めのコテを使うと、ふんわりと、仕上げられます。

では、ミックス巻きの巻き方について、一緒に見ていきましょう。

(1)顔まわりの巻き方で印象が変わる

ミックス巻きの巻き方は、ウェーブの時同様に、4つほどにブロッキングをしてから巻きます。

髪の毛を真ん中あたりで挟み、巻き滑らせながら、毛先を巻き込みます。
毛先を巻き込んだら、上の方まで巻き上げ、2~3秒時間をおいて、挟む部分を外しながら、静かにコテを抜きます。

外巻きと、内巻きで、コテで巻く向きを交互に巻いていけば、ミックス巻きの完成です。

顔周りが、内巻きだと、可愛い印象になり、外巻きだと、大人らしい雰囲気にもなります。

顔まわりの巻きの向きは、両側同じにすることが大事です。

ミディアムボブの簡単な巻き方(9)前髪

次に見ていきたいのが、コテで作る、前髪の巻き方です。

前髪を下ろしている人も、流している人も、コテを使えば、簡単にヘアスタイルを作ることができます。

巻き髪になっている前髪は、とても可愛いので、ぜひ挑戦して欲しいです。

では、前髪の巻き方について、見ていきましょう。

(1)32mmのもので引っ張りながら

コテで作る、前髪の巻き方は、内巻きの時のようにして、巻いていきます。

前髪を、束にしてもち、32mmなどの太いコテで挟み、前に引っ張りながら、毛先までコテを滑らせます。

毛先まできたら、内巻きの時同様に、コテを内に入れ、カールを作ります。

この時に、前髪を横に流す場合は、少し横に引っ張りながら、滑らせます。

ミディアムボブの簡単な巻き方(10)巻き髪をキープ

せっかく綺麗に巻いた髪の毛は、1日キープしたいですよね。

次に見ていきたいのは、巻き髪をキープするコツや、アイテムです。

スプレーや、ワックスによって、使い方や、お直しの仕方が全然違うものです。

では、巻き髪のキープについて、一緒に見ていきましょう。

(1)ワックス

ワックスは、髪の毛を巻いた後に、適量を手に取り、よく手のひらになじませます。

手によく馴染んだら、髪の毛をクシュっと掴むように、揉み込んでいきます。

ワックスは、束感や、ウェット感などが、出るアイテムです。

手直しする際には、トイレなどで、手を洗った際に、軽く水分が残っている状態で、つける時と同様に揉み込むと、巻き髪が復活してきます。

(2)スプレー

スプレーは、巻く前につけると、キープ力が、とてもあがるアイテムです。
しかし、巻く前につけることは、髪の毛をとても痛ませてしまうことなので、特別な日用のアレンジにした方が良いでしょう。

普段のスプレーの使い方は、巻き髪を作った後に、髪の毛の表面や、内側にスプレーするだけです。

髪の毛を持ち上げるように、内側もスプレーすることで、ふんわりとした巻き髪がキープできます。

スプレーは、つけてすぐに、固まります。
固まると、手ぐしを通せないものが多いので、外での手直しは、気をつけましょう。

手ぐしなどを通してしまうと、白い粉が出てきてしまったり、キープ力が、一気に落ちます。

ミディアムボブの簡単な巻き方(11)ブラッシング

巻き髪を作るために、コテを使う際には、一番最初に、念入りにブラッシングをすることが、とても重要です。

ブラッシングをしていない髪の毛を巻くと、うまく巻けないだけでなく、絡みの原因にもなります。

知っているようで、知らないことも多い、ブラッシングの方法について、見ていきたいと思います。

(1)毛先から順番に

ブラッシングをする際に、まずは、自分の髪に似合ったブラシを選ぶことが大事です。

髪のダメージが大きい人が、細かいブラシを使うと、切れ毛の原因になります。
ミディアムボブの長さでしたら、目の細かいものでもいいですが、ダメージのある人は、目のあらいものを使いましょう。

では、実際にブラッシングする方法を見ていきましょう。

髪の毛を束で手に取り、しっかりと掴みながら、毛先をブラッシングします。
この時に、髪の毛を引っ張らないように、しっかりと、手でつかんでおくことが大事です。

毛先が解けたら、紙の上部分を手のひらで抑え、髪の真ん中らへんから、毛先までをブラッシングします。

そして、最後に、髪の上から毛先までをブラッシングします。

ミディアムボブの簡単な巻き方(12)コテの注意点

巻き髪を作るには、なくてはならないコテです。

とても便利な道具ですが、コテを使う際に、注意しておきたいことがいくつかあります。

特に大事なことは、コテの温度を上げすぎないことです。

コテの温度は、髪の毛に直接当たるものです。
コテの熱により、髪の毛は、傷んでしまうことがよくあります。

(1)髪の火傷を防ぐ

コテを使う際に、髪の毛の火傷を防ぐために、気をつけたいことは、髪の毛が濡れている状態で巻き髪をしないことです。

髪の毛が濡れていると、コテの高い温度で、一気に水分が蒸発し、火傷状態になります。
これは、髪の毛を痛ませる、最悪なやり方です。

髪の毛が濡れている際には、ドライヤーで、完璧に乾かした後に、コテを使うようにしましょう。

ミディアムボブの簡単な巻き方(13)髪のケア

髪の毛を毎日巻き髪にすることは、髪の毛に、相当のダメージを与えます。

火傷を防ぐ、下地スプレーなども販売されていますが、巻き髪が綺麗にできないこともあり、使わなくなってしまうことも、しばしばです。

そうなると、シャンプーをした際の、トリートメントや、スプレーなどの、キープ剤をつけたまま寝ない。などの注意点に、気を置くしかありません。

自宅でのトリートメントも、大事ですが、サロンに行った際に、一緒にトリートメントをするなどの対処をしていきましょう。

(1)コテの温度はかなりの負担

コテの温度は、かなり高いものになります。

この温度を毎日髪の毛に当てていると、髪は、どんどんパサついていきます。

コテもそうですが、ヘアアイロンも、同様のことが言えます。

髪の毛にコテや、アイロンを使う際には、同じ部分に何回も、熱を与えることは、一番髪の毛に悪いことですので、気をつけて、コテやアイロンを使いましょう。

ミディアムボブの簡単な巻き方 まとめ

いかがでしたか?

コツを掴めば、とても便利なコテですが、毎日使うには、気をつけたほうがいいんですね。

巻き髪をマスターして、サロン仕上げのような、可愛いヘアスタイルを自分でも作れるように頑張りましょう!

もっと巻き方について知りたい方はこちら

ボブの巻き方は?コテ・アイロンを使うと簡単に巻けるんです
ミディアムヘアの巻き方!コテとアイロンで可愛くゆるふわに!
ボブはゆるふわ巻きに!コテを使った巻き方解説!【簡単】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ