ヘアアイロンの使い方!部分別巻き方など基本から応用まで完全網羅!

今回はヘアアイロンの使い方を紹介させていただきます。毎日使っているヘアアイロン上級者の人も、まだ使い始めたばかりの人も、基本から応用までわかるヘアアイロンの使い方になっています。ストレートや内巻き・外巻きなどのアレンジの参考にしてください。

ヘアアイロンの使い方!部分別巻き方など基本から応用まで完全網羅!のイメージ

目次

  1. ヘアアイロンの使い方をマスターしよう!
  2. ヘアアイロンの使い方◎ヘアアイロンのメリットは?
  3. ヘアアイロンの使い方◎ヘアアイロンのデメリットは?
  4. ヘアアイロンの使い方◎ヘアアイロンとコテはどう違うの?
  5. ヘアアイロンの使い方◎ヘアアイロンの種類
  6. ヘアアイロンの使い方のポイント◎静電気が気になるとき
  7. ヘアアイロンの使い方のポイント◎注意する点
  8. ヘアアイロンの使い方のポイント◎後ろ髪のときの使い方
  9. ヘアアイロンの使い方◎ストレートにするポイント
  10. ヘアアイロンの使い方◎ストレートにする手順
  11. ヘアアイロンの使い方◎ウエーブにするポイント
  12. ヘアアイロンの使い方◎ウエーブにする手順
  13. ヘアアイロンの使い方◎ウエーブ専用アイロンがない時の手順
  14. ヘアアイロンの使い方◎内巻き・外巻きにするポイント
  15. ヘアアイロンの使い方◎内巻き・外巻きにする手順
  16. ヘアアイロンの使い方◎根元のクセの直し方
  17. ヘアアイロンの使い方◎ちょっと強めのクセの直し方
  18. ヘアアイロンの使い方◎ナチュラル前髪
  19. ヘアアイロンの使い方◎斜め流し
  20. ヘアアイロンの使い方次第でかわいいヘアスタイルに!

ヘアアイロンの使い方をマスターしよう!

あなたはヘアアイロンをどんな風に使っているでしょうか。毎日のヘアセットで使っているという人もいれば、ちょっとおしゃれをしたいというときにヘアアイロンを使うという人もいるかもしれません。これからヘアアイロンデビューをしようという人もいるかもしれません。

毎日ヘアアイロンを使う人も、たまにしかヘアアイロンを使わない人も、どんなヘアスタイルにも使うことができる、ヘアアイロンの使い方を紹介させていただきます。

ヘアアイロンの使い方◎ヘアアイロンのメリットは?

ヘアアイロンはヘアスタイルのセットで使うものです。ショートからミディアム、ロングのヘアスタイルにも使えるのがヘアアイロンですが、ヘアアイロンを使うことでどんなメリットがあるのでしょうか。

salonia_officialさんの投稿
42004218 470183923472770 6453828529309475131 n

まずはヘアスタイルを気軽に変えることができるというメリットがあります。ヘアアイロンがあれば、思い立ったその日にストレートのヘアスタイルにすることも、ウエーブのヘアスタイルにすることもできるというメリットもあります。

ヘアアイロンを購入する必要はありますが、ヘアアイロンの使い方や巻き方をマスターしておけば、ヘアサロンに行かなくても自由にヘアスタイルを変えることができるというのが大きなメリットになります。

ヘアアイロンの使い方◎ヘアアイロンのデメリットは?

メリットが多いヘアアイロンですが、デメリットもあるのでしょうか。ヘアアイロンのデメリットとしてあげられるのは、どんなにきっちりとヘアスタイルをセットしても、濡らしてしまうと元のヘアスタイルに戻ってしまうという点です。

salonia_officialさんの投稿
40096482 1842212142522671 8347055806318903296 n

多少のクセであればヘアアイロンでストレートのヘアスタイルにすることができますが、強いクセのあるヘアスタイルである場合には、ヘアアイロンではストレートにできない場合もあります。

またヘアアイロンの使い方や巻き方をしっかりとマスターできていない場合、髪の毛が傷んでしまったり、使い方を間違えて火傷をするという危険性もあります。

ヘアアイロンの使い方◎ヘアアイロンとコテはどう違うの?

メリットもデメリットもあるヘアアイロンですが、ヘアアイロンというとどういうものを思い浮かべるでしょうか。ヘアアイロンと同じようにヘアスタイルをセットする道具にコテがあります。

ヘアアイロンとコテはどんな違いがあるのでしょうか。実はヘアアイロンとコテというのは、基本的には同じものだと考えてしまっていいものになります。

ストレートのヘアスタイルにするのがヘアアイロンになります。そしてカール用のヘアアイロンがコテと呼ばれるものです。

ヘアアイロンもコテも、熱を利用してヘアスタイルをセットしていく道具であるという点では同じものだと考えてもいいでしょう。

どう使い分けるといい?

先ほども書いたように、コテはカール用のヘアアイロンになります。髪の毛のカールをつけたいというときに使うのがコテで、髪の毛をストレートにしたい時にはヘアアイロンを使うことになります。

ヘアスタイルにカールをつけるコテというのは、髪の毛を巻きつけられるような円柱のような形をしています。カールの大きさに合わせたコテを選ぶ必要があります。

ショートやミディアム、ロングと、髪の毛の長さによって巻き方や使い方が変わってくるので注意が必要です。基本的にはミディアムには32mm、ショートには26mmのコテがいいと言われているそうです。

コテが髪の毛にカールをプラスするのに対して、ヘアアイロンは髪の毛をストレートにするものです。ストレートのためのヘアアイロンというのは、髪の毛に当たるところが平らになっているタイプになります。

巻き方をマスターするのではなく、どうやってヘアアイロンにあてると効果が出るのかという、効果の出し方をマスターしていく必要がありそうです。

■参考記事:コテの太さ、どれがおすすめ?

コテの太さのおすすめは?【19mm・26mm・32mm・38mm比較】

ヘアアイロンの使い方◎ヘアアイロンの種類

ヘアアイロンにはストレートのヘアスタイルにするヘアアイロンと、カールをプラスするコテのヘアアイロンがあることがわかりました。ヘアアイロンの種類には、具体的にはどんな種類があるのでしょうか。初心者への使いやすさも一緒に紹介させていただきます。

hairandmakeup_otakuさんの投稿
43123837 2156575701252000 5812443170395157334 n

バレルタイプ◎カールアイロン

ヘアアイロンの中でもカールアイロンになる、バレルタイプを紹介させていただきます。カールをつくるためのヘアアイロンで、19mmというショートのヘアスタイルでも使いやすいものから、ミディアムのヘアスタイルに使いやすい38mm程度まであるのが特徴になります。

商品によって温度はことなりますが、大抵のものは160度から200度に設定されているようです。ストレートアイロンとの2WAYタイプのものが多いので、初心者にも比較的使いやすく効果を感じやすいヘアアイロンになりそうです。

ただしストレートアイロンとして使う場合は、ストレートのヘアスタイルにするためのアイロンではないので、少し使い勝手が違うので火傷には注意が必要になります。

biccamera_officialさんの投稿
41575310 332287337318956 3444066478155020370 n

バレルタイプ◎ウエーブアイロン

バレルタイプと言われる、ヘアスタイルにカールを取り入れたいときに使われるヘアアイロンには、ウエーブアイロンというヘアアイロンもあります。

その名前の通り、ウエーブを作るためだけのヘアアイロンになっています。ウエーブアイロンと言われるのは、髪の毛を巻き付けて効果を出すというタイプではなく、カールアイロンが3つくっついたような形になっていて、使い方としてはストレート用のヘアアイロンに近いものになります。

ウエーブの大きさいの目安となる大きさは、ショートにぴったりの19mmからとミディアムにぴったりの25mmからがあるようです。

milkypinkroseさんの投稿
42324398 268725337107391 6275531439189905490 n

プレートタイプ

ヘアスタイルをストレートにするヘアアイロンになるのが、プレートタイプと呼ばれるヘアアイロンになります。

プレートタイプのアイロンは、小さいミニサイズのものから、ヘアサロンで使うような大きめのヘアアイロンまでそろっています。

家で使うヘアアイロンと、旅行先に持っていくヘアアイロンを分けて持っているという人も少なくないようです。基本的にはショートもミディアムにも使えるヘアアイロンとなっています。

aivil___さんの投稿
41610848 291134228374125 3931027777794791845 n

ブラシタイプ

あまり見ることがないヘアアイロンになりますが、ブラシタイプのヘアアイロンというものもあります。ブラシタイプのヘアアイロンというのは、カールアイロンにブラシが付いているようなものです。

どちらかというと、アイロンとして使うというよりは、ヘアスタイルにボリュームを出したいというときに使う、ドライヤーに近い使い方をしたいときに使うアイテムになっています。

頭皮が近い場所のスタイリングや、前髪をセットするときに使いやすいヘアアイロンになりそうです。

ayapan425さんの投稿
12918580 158814887846205 990167529 n

ヘアアイロンの使い方のポイント◎静電気が気になるとき

これからヘアアイロンの使い方を紹介していきますが、その前にヘアアイロンを上手に使うためのポイントを紹介させていただきます。

ヘアアイロンでヘアスタイルをセットするということは、使い方や巻き方のコツさえ掴んでしまえば簡単ですが、困るのが静電気の存在です。

ヘアアイロンでヘアスタイルをセットしていたら、パチッと静電気が起こって、気持ちが落ちてしまうという経験をした人も少なくないのではないでしょうか。

ヘアアイロンを使っているときに静電気が起きてしまうのは、髪の毛が乾燥していたり、傷んでしまっていることが原因になっている可能性が大きいと言われています。

熱を使うヘアアイロンは、100%髪の毛にダメージを与えないというものではありません。シャンプーをしたときにはしっかりとトリートメントをしたり、乾燥が特に気になるときには保湿も考えるといいでしょう。

■参考記事:髪の毛の静電気を抑えるには?

髪の毛の静電気の防止方法!静電気が起こる原因と抑える方法を知ろう

ヘアアイロンの使い方のポイント◎注意する点

ヘアアイロンの使い方では、静電気に注意をすることが大切ですが、それ以外にも髪の毛にダメージを与えないために、注意をしたほうがいい点がいくつかあります。

まずは髪の毛が濡れた状態で、ヘアアイロンを使わないようにするということです。ヘアアイロンはヘアスタイルをセットするもので、ドライヤーではありません。

濡れた髪の毛にヘアアイロンを当ててしまうことで、髪の毛の中の水分を急激に蒸発させてしまい、キューティクルが傷んでしまうこともあります。マイナスの効果があることなので、絶対にやめましょう。

またしっかりとヘアスタイルをセットしたいからといって、ヘアアイロンで同じところを何度も何度も挟んだり巻いたりするのはよくありません。

何度もヘアアイロンを同じところに当てるという使い方ではなく、1回でも効果が出る使い方や巻き方をマスターするようにしていきましょう。

またストレートヘアをつくるヘアアイロンの場合には、当て方を間違えてしまうと、ヘアアイロンの形がヘアスタイルに残ってしまうこともあるので注意が必要になります。

ヘアアイロンの使い方のポイント◎後ろ髪のときの使い方

これからヘアアイロンの使い方を紹介させていただきますが、ヘアアイロンの使い方や巻き方で難しいと感じるのは、後ろ髪になります。

ショートのヘアスタイルの人も、ミディアムのヘアスタイルの人も、真後ろの髪の毛というのは、ヘアアイロンでの巻き方が上手くいっているのか、効果があるヘアアイロンの当て方ができているのか、確認するのが難しい位置でもあります。

ヘアアイロンの使い方を紹介する前に、まずは後ろ髪のときの使い方を紹介させていただきます。

ショートヘアの場合にはそれほど苦にならない後ろ髪のヘアスタイルのセットですが、ミディアムやロングのヘアスタイルの場合はぜひ試してみてください。

まずは後ろ髪をトップの部分と左右の3つの束になるように分けていきます。セットをしない部分は、ピンやゴムなどで簡易的に留めておくとヘアスタイルのセットが楽になります。

3つの部分に分けることができたら、さらにそれぞれを4束くらいずつに分けていきます。分け終わったら、髪の毛の中間から、1束ごとにヘアアイロンを当てていきましょう。

ヘアアイロンを使うときは、髪の毛の根元から髪の毛の中間までは10秒程度当てるようにします。カールをするときは、10秒たったらそこでくるんと髪の毛を巻き付けてください。

焦らずに1束ずつヘアアイロンをかけていけば、ミディアムでもロングでも自然なカールのヘアスタイルに仕上げることができるでしょう。

ヘアアイロンの使い方◎ストレートにするポイント

それではヘアアイロンの使い方をみていきましょう。巻き髪のヘアスタイルで使うことが多いヘアアイロンですが、ショートやミディアムのヘアスタイルには、ストレートにするためにヘアアイロンを使うという人も多いと思います。

ヘアアイロンでストレートにするポイントはどんなポイントがあるのでしょうか。

ヘアアイロンでストレートのヘアスタイルの効果を出したいときには、温度は160度程度がおすすめです。初心者の場合には、一気に熱くなりすぎない温度のものを使うといいでしょう。

ただし130度以下になると、ストレートにするのにとても時間がかかってしまうので注意が必要になります。長時間ヘアアイロンを髪の毛にあてていると、髪の毛にダメージも与えてしまうので、ヘアアイロンの使い方としてもおすすめできません。

ヘアアイロンの使い方◎ストレートにする手順

それではヘアアイロンを使った、ストレートのヘアスタイルにする使い方や巻き方をみていきましょう。初心者の場合は、まずは見える位置から使い方や巻き方をマスターするのがいいでしょう。

ショートの場合でも、ミディアムやロングの場合でも、ヘアスタイルをセットする前に、髪の毛を何か所かで束にしておきます。

ヘアスタイルのセットをしていない箇所の髪の毛が入り込んでこないようにしておくというのは、少し手間に感じるかもしれませんが、綺麗な効果を出したいというときには必要な手間になります。

ショートでもミディアムでも、髪の毛の長さに関係なく束にすることができたら、まずは髪の毛をクシなどで整えて、「プレートタイプ」のヘアアイロンで髪の毛の根元をゆっくりと挟みます。

あまり根元に近すぎると、火傷をしてしまうこともあるので、初心者の間は少しだけ離れた位置から挟むようにしましょう。

挟み込んだら、毛先までゆっくりとヘアアイロンを当てていきます。ヘアアイロンをあてる時間は10秒程度で問題ありません。あまりにも長時間あてすぎないようにすることも大切です。

ヘアアイロンの使い方◎ウエーブにするポイント

それではヘアアイロンを使ってウエーブをつくる使い方や巻き方をみていきましょう。ショートであってもショートボブのヘアスタイルや、ミディアムやロングの人は、その日だけウエーブのヘアスタイルにすることができる使い方や巻き方になります。

ヘアアイロンでウエーブを作る時にも、温度は160度程度にするといいでしょう。温度が低いものは、カールがしっかりとつかないウエーブになってしまいます。

くせ毛ヘアにヘアスタイルをまとめたいときにはおすすめですが、しっかりとウエーブの効果を出したいときには、温度調節を確認しながらヘアアイロンを使って行くようにしましょう。

ストレートのヘアスタイルにするよりも、ウエーブのヘアスタイルの使い方や巻き方のほうが少しテクニックが必要になってきます。

初心者の場合には、ヘアアイロンの電源を入れて使う前に、手の動きなどを確認してから実際に髪の毛にあてるようにするという方法もおすすめです。くれぐれも火傷には注意をするようにしましょう。

■参考記事:19mmのコテでふんわりウェーブに♪

19mmのコテでつくるふんわりスタリング!おすすめの巻き方を紹介!

ヘアアイロンの使い方◎ウエーブにする手順

それではヘアアイロンを使ったウエーブでの使い方や巻き方を紹介していきます。ウエーブにするときにも、ショートでもミディアムでも、束を作っておくということが大切になります。

ヘアアイロンにどれだけ髪の毛を挟めるのかにもよりますが、欲張りすぎないように、少なめの毛束にしておくほうが、ヘアスタイルがセットしやすくなります。

ウエーブのヘアスタイルにしたいときには、ショートでもミディアムでも「ウエーブアイロン」を使ってセットしていくのがおすすめです。

ウエーブアイロンを髪の毛の根元に持っていって、髪の毛をゆっくりと挟みます。ウエーブアイロンには、表と裏があるので、間違えないように挟むようにしましょう。

ウエーブアイロンを10秒から15秒ほどあてて、ウエーブの効果を出していきます。ウエーブができたら、次の位置へと移動をさせていきます。

ウエーブアイロンで同じ位置を挟んでしまうと、ウエーブが変な形になってしまうことがあるので、ヘアアイロンの使い方や巻き方はしっかりと練習をしておきましょう。

同じところを何度も挟んでしまわないように、焦らずにゆっくりとヘアスタイルのセットをすることも大切になりそうです。

ヘアアイロンの使い方◎ウエーブ専用アイロンがない時の手順

ウエーブの効果を出したいときには、ウエーブ専用のヘアアイロンを使うのがおすすめですが、ウエーブアイロンがないという場合でも、カール用のヘアアイロンがあれば、ウエーブの効果をヘアスタイルに作ることができます。

ショートでもミディアムでもできるヘアスタイルのアレンジになるので、使い方や巻き方をマスターしてチャレンジしてみてください。

ウエーブ専用のヘアアイロンがないときには、カール用のヘアアイロンを使って行きます。「カールアイロン」は、ショートやミディアムの髪の毛の長さに合わせたサイズのものを用意します。

まずは髪の毛を束に分けておきます。初めてのときには、気持ち1束を少なめにしておくとヘアスタイルのセットがしやすくなるでしょう。

まずはカールアイロンで毛先から巻いていきます。毛先は1回転させるように挟んで、内巻きにします。内巻きができたら、その上に外巻きのカールをつくります。

内巻きと外巻きを交互につけていくことで、ウエーブの効果を出していきます。根元近くまで、順番に内巻きと外巻きを繰り返していきましょう。

ヘアアイロンの使い方◎内巻き・外巻きにするポイント

ヘアアイロンを使ったヘアスタイルのセットでは、内巻きや外巻きにセットをするということも多いでしょう。内巻きや外巻きにセットをするポイントも、温度調節をしっかりするということになります。

しっかりとしたカールにしたいときには200度程度のものがおすすめですが、初心者の場合には160度からスタートするといいでしょう。

毛先のヘアセットになるので、首筋やデコルテの火傷をしないように、首筋などにタオルをかけておくのもおすすめです。

内巻きも外巻きも、ヘアアイロンの使い方や巻き方をマスターしてしまえば、ショートにもミディアムにもその他のアレンジヘアにも活躍する巻き方になります。

前髪のヘアアレンジにも役に立つ効果になるので、ぜひ巻き方をマスターしていきましょう。

ヘアアイロンの使い方◎内巻き・外巻きにする手順

内巻きや外巻きの巻き方をするときにも、髪の毛は束にしておくのがおすすめです。髪の毛をクシなどで整えることができたら、ヘアアイロンで髪の毛を巻いていきます。

外巻きの巻き方は、アイロンを髪の毛の中間部分に持っていって、そのまま髪の毛を巻いていきます。巻いたまま10秒キープしたら、少しアイロンを開いて毛先に向かってアイロンを移動させます。

毛先までアイロンがきたら、そこでまた10秒から15秒キープします。そのままゆっくりと外すと、外巻きの効果が出たヘアスタイルにすることができます。

内巻きの場合は、外巻きとは逆に髪の毛を巻き込むことになります。髪の毛の中間くらいを挟んで巻き込み、そのまま毛先までヘアアイロンを移動させるという使い方と巻き方になります。

ショートの場合には、移動距離が短くなるので、勢い余ってヘアアイロンが首に当たらないように注意する必要があります。ミディアムやロングの場合には、髪の毛にヘアアイロンをあてすぎないように注意をしましょう。

ヘアアイロンの使い方◎根元のクセの直し方

ヘアアイロンの使い方には、ヘアスタイルのセットで使うという使い方がありますが、くせ毛の人や寝ぐせなどを直したいというときの使い方もあります。

クセを直すときには、どんなヘアアイロンの使い方や巻き方をするといいのでしょうか。まずは根元のクセ直しでの使い方をみていきましょう。

まずは直したいクセのあるところをチェックします。無理に多くの髪の毛をヘアアイロンで挟んで直そうとすると、逆に変な後が付いてしまうことがあるので注意が必要です。

根元のクセがあるところをみつけたら、火傷をしないように注意をしながら、ギリギリのところをヘアアイロンで挟みます。あまりにも根元に近いところであるなら、まずは全体的に髪の毛をヘアアイロンで伸ばしてから、クセ直しをすると、髪の毛が挟みやすくなります。

クセが伸びてきたら、周りの髪の毛を一緒に挟んでヘアアイロンをあてていきます。3回程度ヘアアイロンをあてれば完成です。周りの髪の毛にもヘアアイロンをあてることで、クセ直しを自然にまとめる効果があります。

ヘアアイロンの使い方◎ちょっと強めのクセの直し方

ちょっと強めの髪の毛のクセを直したいというときにも、ヘアアイロンを使って直すことができます。強めのくせを直したいというときには、200度程度の温度が出るヘアアイロンを使うといいでしょう。

強めのクセの部分をヘアアイロンで挟んだら、ストレートのヘアスタイルのセットをする使い方と同じように、ゆっくりと髪の毛の中間から毛先に向かってヘアアイロンをあてていきます。

カールをプラスしたいという場合は、ヘアアイロンの熱で髪の毛が温まっている間に、カール用のヘアアイロンでセットをするという方法がおすすめです。

ヘアアイロンの使い方◎ナチュラル前髪

ヘアアイロンの使い方は、ショートやミディアムのヘアスタイルのセットにも使うことができますが、前髪のセットにも使うことができるアイテムになります。

ヘアアイロンで前髪のセットをしても大丈夫なの?と不安に感じる人もいるかもしれませんが、火傷に注意は必要ですが、長い時間しっかりと前髪セットを決めておきたいというときには、とても効果的な方法になります。

ナチュラルなふんわりとした前髪にしたいというときには、カール用のヘアアイロンを使って前髪をセットしていきます。

まずは前髪を上下に分けておきます。前髪の下の部分の毛先に軽くカールをつけることができたら、上の前髪をカール用のヘアアイロンに巻いていきます。

前髪を上に持ち上げるようにカールをかけながら、ヘアアイロンをあてていきます。ゆっくりとヘアアイロンを移動させていき、毛先にカールを効果的につくることができれば、ナチュラルな前髪の完成です。

ヘアアイロンの使い方◎斜め流し

ヘアアイロンを使った前髪のヘアスタイル、斜め流しにするセット方法もあります。前髪のヘアアレンジは、ミディアムやロングだけではなく、ショートのヘアスタイルでも楽しめるヘアアレンジになります。

あなたにぴったりの前髪をみつけて、ヘアアイロンを使ったヘアアレンジをしてみてください。それでは斜め流しの前髪のセットのヘアアイロンの使い方をみていきましょう。

まずは前髪をどちらに流したいのかを決めます。前髪をクシなどで整えた後に、流したい方向に内巻きになるように前髪を巻いていきます。

10秒ほどしたらアイロンを外して、前髪がヘアアイロンの熱で温まっている間に前髪をセットして、ドライヤーの冷風で整えれば、斜め流し前髪の完成です。

ヘアアイロンの使い方次第でかわいいヘアスタイルに!

今回はヘアアイロンの使い方を基本から応用まで紹介させていただきました。ヘアアイロンは簡単に使えるアイテムで、ヘアスタイルをアレンジしたいときには便利な道具になります。しかし使い方の途中でも紹介させていただきましたが、ヘアアイロンは熱を使う道具です。

salonia_officialさんの投稿
36160213 2302973346394672 547645339973189632 n

火傷がないように考えてつくられていますが、くれぐれも顔などに火傷をしないように、練習してから使うようにしましょう。

ヘアアイロンを上手に使いこなすことができれば、ヘアアレンジがぐっと簡単になります。あなたらしいヘアスタイルを見つけるためにも、色々な使い方にチャレンジしてください。

ヘアアイロンについてもっと情報を知りたいアナタに!

ヘアアイロンおすすめランキング21選!悩まず人気アイテムが選べる!
アイビルコテ(ヘアアイロン)の口コミ調査!32mmと25mmの比較も!
コテ・ヘアアイロンのおすすめ人気ランキング!これで理想の巻き髪に!

関連するまとめ

鈴子
鈴子
もうすぐ冬ですね。イベントの準備が大変です♪

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ