クレンジングオイルおすすめ人気ランキング13選!

今回はおすすめのクレンジングオイルをご紹介していきたいと思います。 おすすめのクレンジングオイルとは、洗い上がりがしっとりしつつさっぱり感があり、市販で手に入れることができるものです。 毎日使うものですからいいものを使いたいですよね。

クレンジングオイルおすすめ人気ランキング13選!のイメージ

目次

  1. 【おすすめのクレンジングオイル】初めに
  2. クレンジングオイルとは?
  3. クレンジングオイルのメリット
  4. クレンジングオイルのデメリット
  5. 【おすすめのクレンジングオイル】メリット・デメリットのまとめ
  6. 【おすすめのクレンジングオイル】ポイント
  7. おすすめのクレンジングオイル①無印良品
  8. おすすめのクレンジングオイル②ファンケル
  9. おすすめのクレンジングオイル③シュウウエムラ
  10. おすすめのクレンジングオイル④アテニア
  11. おすすめのクレンジングオイル⑤カウブランド無添加
  12. おすすめのクレンジングオイル⑥クリニーク
  13. おすすめのクレンジングオイル⑦ちふれ
  14. おすすめのクレンジングオイル⑧DHC
  15. おすすめのクレンジングオイル⑨THREE
  16. おすすめのクレンジングオイル⑩SK-Ⅱ
  17. おすすめのクレンジングオイル⑪muo
  18. おすすめのクレンジングオイル⑫キールズ
  19. おすすめのクレンジングオイル⑬イヴサンローランボーテ
  20. 【おすすめのクレンジングオイル】最後に

【おすすめのクレンジングオイル】初めに

みなさんは普段のクレンジング剤は、なにを使っていますか?
今回ご紹介していく「クレンジングオイル」ですが、みなさんのイメージはどういうイメージがありますか?
きっと、「すっきり落とすことができる」「メイクを落とす時間が早い」「洗い上がりがベタベタしてそう」「皮脂の多い人は向いてなさそう」「乾燥肌にはオイルクレンジングがよさそう」などいろいろな意見があると思います。

また、現在市販のクレンジングオイルを使っている人の中でも、正しい使い方をできていない人がいるのでは?

なので今回は、「クレンジングオイルの正しい使い方」「オイルクレンジングのメリット、デメリット」と一緒におすすめのクレンジングオイルを13選ご紹介していきたいと思います。

クレンジングオイルとは?

クレンジングオイルとは、メイクを落とすクレンジング剤のことです。
クレンジングオイルでメイクや肌の汚れ、皮脂などを浮き上がらせてメイクを落とします。
クレンジング剤の中でも高い洗浄力が特徴的です。

クレンジングオイルのメリット

まず初めに、スキンケア用品のクレンジングオイルを使う際のメリットをご紹介していきたいと思います。
クレンジングオイルにはいくつかのメリットがあります。
最近では、市販のクレンジングオイルでダブル洗顔しなくてよいタイプも出てきているようです。

ポイントメイクが落としやすい

クレンジング剤を使ってメイクを落とす時に、一番苦戦するのってポイントメイクだったりしませんか?
例えば、リップ部分なら口の端やくちびるのシワの部分に口紅が入り込んでしまっていたり、最近良く見かけるティントですがクレンジング剤を使っても、なかなか取れない場合が良くあります。

そんな時におすすめなのが、「クレンジングオイル」です。
クレンジングオイルは、その名の通り油でポイントメイクを浮き上がらせて溶かしてくれます。

なので、ポイントメイクにはクレンジングオイルが良いと言えるでしょう。

がっつりメイクも落とすことができる

普段のメイクの濃さとクレンジングにかかる時間は、比例して長くなっていきます。
濃いメイクをすればするほど、クレンジングにかかる時間は長くなるし、逆にナチュラルメイクならクレンジングにかかる時間は短くなります。

しかし、濃いメイクが好き!という方も中にはいらっしゃいます。
そんな人には「クレンジングオイル」がおすすめです。
クレンジングオイルは他のクレンジング剤と比べて、圧倒的にメイクを落とす力が強いです。
なので、がっつりメイクが好きだけどクレンジングもしっかりとしたい、という人にはオイルクレンジングをおすすめします。

ウォータープルーフもへっちゃら

さきほどご説明したようにがっつりメイクでもクレンジングオイルなら、簡単に落とせてしまいます。
なのでそれは、ウォータープルーフのマスカラなどにも言えることです。
ウォータープルーフのマスカラって、雨や涙などの水に強くてメイク崩れに悩んでいる女性からたくさんの支持を得ています。
しかしウォータープルーフのマスカラは、落とす時が大変です。
特に、ウォータープルーフのマスカラでも落ちにくいレベルがあります。
マスカラが落ちた時にポロポロと落ちるタイプの、ウォータープルーフのマスカラはクレンジング剤を使っても落としにくいです。

ただ、クレンジングオイルならそんな落ちにくいマスカラもスルンと落とすことができます。

毛穴汚れも一緒に落としてくれる

なんとクレンジングオイルは、メイクを落としやすいだけでなく毛穴に詰まった角質や毛穴の汚れを一緒に落としてくれるそうです。
普段からメイクをしている人の中には、綺麗にクレンジングや洗顔をしているのになぜか毛穴が詰まってしまったり、毛穴が気になるという人がいます。
そんな時はクレンジングオイルに変えてみましょう。
毛穴の皮脂汚れや古い角質、毛穴の汚れの改善につながるかもしれません。
毛穴に汚れが溜まってしまうと、毛穴の黒ずみや毛穴の開きにつながってしまいます。

クレンジングオイルのデメリット

さきほどは、クレンジングオイルを使う時のメリットについてご説明しました。
しかし、メリットのたくさんあるオイルクレンジングですが、デメリットももちろんあります。
なので、次にクレンジングオイルを使う際のデメリットをご紹介していきたいと思います。

刺激が強い

他のクレンジング剤とクレンジングオイルを比べた時に、メイクを落としやすいのはクレンジングオイルの方です。
これはなぜかというと、クレンジングオイルには界面活性剤が多く含まれているからです。
界面活性剤とは、水と油を混ぜ合わせるのに必要なものです。
例えば、シャンプーなどにもこの界面活性剤は入っています。
シャンプーに界面活性剤が入っていることで、頭の皮脂や汚れをすっきりと取り除くことができます。
クレンジングオイルも同じで、この界面活性剤がメイクや皮脂、汚れなどを落としてくれる役割を果たしています。

しかし、この界面活性剤が多いとメイクが落としやすくなる代わりに、刺激も強くなります。
肌の弱い人には、あまり向いていないクレンジング剤です。

乾燥する

クレンジングオイルは、がっつりメイクをしっかりと落としてくれたり、余分な皮脂や汚れを落としてくれます。
それは、他のクレンジング剤と比べて界面活性剤が多いからです。
しかし、界面活性剤の種類によっては毛穴の余分な皮脂や汚れだけでなく、毛穴の必要な汚れや皮脂まで洗い流してしまう場合があります。
肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうと、メイクを落とした後の肌が乾燥する原因になってしまいます。
なので、クレンジングオイルでクレンジングをする場合は、しっかりと肌を保湿する必要があります。
また、もともと肌が乾燥している人がクレンジングオイルを使う場合は、気をつけて使うようにしてください。

肌トラブルが起こってしまう

クレンジングオイルでクレンジングしている場合、ダブル洗顔をしますよね?
クレンジングオイルは水で洗い流した後もベタベタしてしまい、クレンジングの後に洗顔料で洗顔する人が多いです。
しかし、最近ではこのダブル洗顔をしなくてもいいクレンジングオイルの商品も増えてきています。
なので、クレンジングオイルが肌に残りやすくなっています。
その肌に残ったクレンジングオイルが原因で、肌トラブルが起きてしまうこともあるようです。

こすってしまいやすい

クレンジングオイルでクレンジングする場合は、優しく撫でたりすこし放置させてクレンジングオイルで汚れやメイクを浮かせます。
しかし、「早くメイクを落としたい」という心理から、肌を強く刺激してしまう人がいます。
また、クレンジングオイルは指が滑りやすいので、強くマッサージしてしまったりゴシゴシという効果音が当てはまりそうなくらい、乱暴にメイクを落とそうとしてしまいやすいです。

【おすすめのクレンジングオイル】メリット・デメリットのまとめ

デメリットの部分を見てしまうとメイクを落とす力が強いので、肌への負担が大きく乾燥や肌トラブルの原因になると思われがちです。
しかし、他のクレンジングと比べてみるとメイクを落とす力が弱いと、余計に強くこすったりしませんか?
なので、一概にはオイルクレンジングがダメだということはできません。

油は水に溶けにくい性質があります。
だから、水だけではなかなか落ちてくれません。
しかし、オイルには溶けるという性質もあります。
なので、他のクレンジング剤よりもクレンジングオイルの方がメイクや毛穴の汚れが落ちやすいんです。

【おすすめのクレンジングオイル】ポイント

クレンジングオイルでメイクを落とす時のポイントとは、「乳化」させることです。
乳化とは、「水と油が混ざりあった状態」のことをいいます。
また、この乳化をさせていないとクレンジングを洗い流した後の肌のベタベタが残ってしまう原因になってしまいます。

乳化のさせ方とは、まず乾いた状態の肌にクレンジングオイルを塗って広げます。
こうすることで、メイクとクレンジングオイルを馴染ませ落としやすくします。

次に、少量の水かぬるま湯を顔に少しつけます。
水かぬるま湯を顔につけたら、クレンジングオイルが白くなるまで乳化させます。
このときの乳化は優しく行ってください。

しっかりとクレンジングオイルが乳化できれば、ぬるま湯や水で洗い流します。
もし、ダブル洗顔の必要なクレンジングオイルであれば洗顔も行ってください。

最後に清潔な新しいタオルで、水分を抑えるようにふき取っていきます。
スキンケア用品で、お肌のスキンケアをすればおしまいです。

乳化をするときに、あまり時間を置きすぎないこともポイントです。
時間を置きすぎると、肌へのダメージの原因になってしまいます。
乳化させると白くなるので、わかりやすいかもしれませんがおでこの生え際や、もみあげのあたりはすすぎ残しが起きやすい場所です。
しっかりと洗い流すようにしましょう。

おすすめのクレンジングオイル①無印良品

クレンジングオイルの人気と言えばやはり「無印良品」のクレンジングオイルです。
市販で手にいれられる無印良品には、クレンジングオイルだけでなくさまざまなスキンケア用品が取り揃えられています。
また、無印の商品は「乾燥肌用」や「敏感肌用」などのお肌の状態に合わせたスキンケア用品を選ぶことができ、プチプラ商品です。
無印良品のクレンジングオイルも2種類の商品展開になっています。
どちらの無印のクレンジングオイルも「マイルドクレンジング」という名前なのですが、一つは「敏感肌用」となっています。
クレンジングオイルでクレンジングをすると肌荒れをしてしまう人にとっては、無印の敏感肌用のスキンケア用品はとてもありがたいですよね。

また、無印良品は市販で手に入れられるのですが、コンビニにも売られている商品です。
なので、旅行先や泊まり先でクレンジング剤を忘れてしまった時などに、無印のクレンジングオイルを一度試してみてはどうでしょうか。
サイズも旅行用のミニサイズはプチプラですので、無印のものを試しに使ってみるのもおすすめです。

そのほかにも無印には「オイルフリーリキッドクレンジング」というクレンジング剤も出ています。
これは、クレンジングのオイル成分が気になる人のためのオイルフリータイプになっているクレンジング剤です。
あまりにもベタベタするのが苦手だという方には無印の「オイルフリーリキッドクレンジング」がおすすめです。
また、無印良品はお値段もプチプラなのでおすすめです。

■参考記事:プチプラで大人気、無印化粧水の口コミをチェック!

無印化粧水は実際にいいの?口コミまとめ!

おすすめのクレンジングオイル②ファンケル

市販で手に入れることができるFANCL(ファンケル)は、CMで耳にしたことがある人も多いでしょう。
このファンケルのクレンジングオイルは、@cosmeのランキングが1位の商品で「マイルドクレンジングオイル」という商品名で売られています。
口コミが1位ですので、多くの人がおすすめしているクレンジングオイルと言えるでしょう。
内容量的に、それほどプチプラと言えるものではありませんが使い方によっては、プチプラと同じくらい長く使えるでしょう。

また、特徴として角栓を溶かすことのできるオイルを配合しているので、長年悩んできた毛穴に詰まっている角栓を解消してくれるでしょう。
うるおいも保持する力もあるので、乾燥肌の人にでもおすすめしたい市販の商品の一つです。

■参考記事:乾燥肌におすすめのスキンケア方法は?

乾燥肌の対策まとめ!スキンケアの正しい方法を知ろう【必見】

おすすめのクレンジングオイル③シュウウエムラ

市販でも売られているシュウウエムラは、メイクアップ化粧品でも有名ですよね。
そんなシュウウエムラから、クレンジングオイルも販売されています。
「アルティム8∞スブリムビューティクレンジングオイル」と「ブランクロマブライト&ポリッシュクレンジングオイル」の2種類が@cosmeの口コミランキング上位に来ています。

特に「アルティム8∞スブリムビューティクレンジングオイル」は現在2位で2017年の@cosmeベストコスメアワード2017ベストクレンジング部門の3位に輝いています。
なぜそんな支持している人が多いのかというと、もともとあったクレンジングオイルに新たな3つの植物オイルを加えて、リニューアル発売したものだからです。
洗い上がりは、カシミヤのようなしなやかで滑らかな仕上がりになります。
価格は450mlで11,500円とプチプラのものと比べると少しお値段が張りますが、その効果を見越すと買う価値はあるでしょう。

もう一つの「ブランクロマブライト&ポリッシュクレンジングオイル」は現在口コミランキングでは10位なのですが、そのランクングはだんだんと上位に食い込んできています。
450mlで9,600円とプチプラ商品とはいえません・・・。
しかし、なんとクレイを配合しているクレンジングオイルなんです。
少なからず女性はメラニンを含んでいる古い角質に悩まされています。
クレイ成分は、この悩みを取り除いてくれる効果があります。
洗い上がりはつるんとした洗い上がりになるでしょう。

シュウウエムラ アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジングオイル 450ml【クレンジングオイル】【60サイズ】【コンビニ受取対応商品】 (6008799)
8,280円
楽天で詳細を見る

おすすめのクレンジングオイル④アテニア

なんとこのアテニアのクレンジングオイルですが@cosmeベストコスメアワード2016、2017 ともに1位に輝いている驚異のクレンジングオイルです。
子のクレンジングオイルの特徴は、ダブル洗顔が不要でなんとまつげエクステにも使えるクレンジングオイルなんです。

ATTENIR ● アテニア ● オイル状クレンジング ● スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプ(レギュラーボトル)or 無香料タイプ(レギュラーボトル)
1,928円
楽天で詳細を見る

まつげエクステと言えば、クレンジングオイルを使わないでくださいと言われているものです。
まつげエクステにも使えて、ダブル洗顔が不要で、瞬時にメイクを落とすことができる優秀なクレンジングオイルということが人気がある理由でしょう。

おすすめのクレンジングオイル⑤カウブランド無添加

「カウブランド無添加」はプチプラのスキンケア用品を取り扱っている市販の商品で有名です。
スキンケア用品だけでなく、市販シャンプーも販売されていてその配合成分の少なさや安全性から肌トラブルの多い人から愛されています。

カウブランド 無添加メイク落としオイル 詰替用(130mL)【カウブランド】
568円
楽天で詳細を見る

150mlで880円プチプラのスキンケア用品と言えるでしょう。
セラミドを配合しているので、乾燥しがちなお肌にも使うことができます。
低刺激なのがとても特徴なので、お肌が特別敏感な人には特におすすめの市販で手に入れられるクレンジングオイルです。

おすすめのクレンジングオイル⑥クリニーク

110gで3,800円なので、あまりプチプラというわけではありません。
「テイクザデイオフクレンジングバーム」という商品名で売られています。
その名の通り、クレンジングバームなので初めは個体の状態です。

クリニーク テイクザデイオフ クレンジングバーム 125ml(0020714215552)
2,635円
楽天で詳細を見る

肌に乗せることでとろけるようにオイルに変わっていきます。
バリア機能を整える効果もあって、発売開始から10年以上も経っていますがいまだに人気のあるクレンジングオイルです。

おすすめのクレンジングオイル⑦ちふれ

ちふれと言えばスキンケアだけでなく、市販のプチプラメイクアップ化粧品で有名ですよね。
市販のプチプラ商品ながら、とても優秀な役割を果たしてくれると人気の高い化粧品です。
そんな、プチプラの商品の中にクレンジングオイルも販売されています。
価格は、220mlで700円なので他のクレンジングオイルと比べるとプチプラなのが良く分かります。

ちふれ化粧品 クレンジング オイル 220ML
756円
楽天で詳細を見る

詰め替え用は600円になりこれでもかというほどプチプラのスキンケア用品です。
なんと水で洗い流すとオイルがナノサイズに変化し、素早く洗い流されるようです。
なので、ベタベタ感がネックだったクレンジングオイルのデメリットを改善してくれるでしょう。

おすすめのクレンジングオイル⑧DHC

スキンケア用品で有名なDHCのクレンジングオイルです。
「薬用ディープクレンジングオイル」という商品名で販売されていて、その名の通りテクスチャーがすこしディープな感じになっています。
質感的にはオリーブオイルのような感じです。

DHC 薬用ディープクレンジングオイル(L)200ml【医薬部外品】【60サイズ】【コンビニ受取対応商品】【クレンジングオイル】(6011113)
1,799円
楽天で詳細を見る

濃いリップメイクやマスカラにも絡みつくように馴染むので、しっかりとメイクを落とすことができおすすめです。
200mlで2,477円なので他のプチプラのクレンジングオイルと比べると少し高いのかな?というくらいです。
20年ほど前から販売されていて今だに愛されているクレンジングオイルです。

おすすめのクレンジングオイル⑨THREE

THREEのクレンジングオイルは「バランシングクレンジングオイル」という商品名で売られています。
数年前に発売され始めたばかりで、200mlで4,000円とプチプラのものとは言えませんね。
しかし、市販で販売されているクレンジングの中でも天然由来成分の配合率が88%とかなり高いです。

スリー THREE バランシングクレンジングオイル 200ml [600368]
3,980円
楽天で詳細を見る

美容効果の高いオイルですので、メイクを落としながらお肌をくすみのない透明感ばっちりなお肌に整えることができます。
乳化のスピードの速いので、素早くメイクを落とすことができます。

おすすめのクレンジングオイル⑩SK-Ⅱ

スキンケア用品のCMでおなじみの、SK-Ⅱのクレンジングオイルです。
SK-Ⅱのスキンケア用品は市販でも手に入れることができます。
市販のクレンジングオイルの中では、250mlで7,000円となかなか手を出しにくいお値段です。

しかし、@cosmeのランキング上位にランクインしており多くの人の支持を受けています。
毛穴の黒ずみはもちろんのこと、見えない汚れまで取り除いてくれるようです。
洗い上がりはお肌がふっくらとするのでとてもおすすめのクレンジングオイルです。

おすすめのクレンジングオイル⑪muo

muoのクレンジングオイルは、天然精油を配合しておりラベンダーをベースにして、ベルガモットとオレンジの香りを加えたアロマ系のクレンジングオイルです。
塗れた手でも使えたり、ダブル洗顔が不要なのでとても使いやすく、お風呂場で使うのにおすすめのクレンジングオイルです。
マイルドな洗浄成分を入れているので、肌トラブルが怖い人でも使うことができます。

おすすめのクレンジングオイル⑫キールズ

キールズのクレンジングオイルは、「ミッドナイトボタニカルクレンジングオイル」という商品名で売られています。
2017年に発売され始めたばかりですが、口コミランキングの上位に入り込んでいます。

KIEHL'S(キールズ)ミッドナイトボタニカルクレンジングオイル175ml【メール便は使えません】
3,121円
楽天で詳細を見る

主にローズオイルやラベンダーオイルなどが配合されていて、睡眠中の肌の生まれ変わりに注目したクレンジングオイルです。
スキンケアも一緒にできるのでおすすめのクレンジングオイルです。

おすすめのクレンジングオイル⑬イヴサンローランボーテ

イヴサンローランといえば、スキンケア用品よりも化粧品の方が有名ですよね。
しかし、そんなイヴサンローランからもクレンジングオイルが販売されています。
125mlで5,800円と市販の中ではなかなか高いお値段です。
しかし、必要以上にうるおいを奪うことがなく、使い続けることでターンオーバーを正常化することができます。

【おすすめのクレンジングオイル】最後に

いかがでしたでしょうか。
頻繁に使うものですので、コスパの面が気になります。
そんなコスパの面から見て無印のクレンジングオイルがおすすめです。
また、無印のクレンジングオイルは敏感肌用などもあります。

そのほかにも無印のクレンジングオイルは、携帯用のものがコンビニにもあるのでおすすめです。
また、クレンジングオイルは毛穴を綺麗にする効果もあります。

自分に合ったクレンジングを探してみましょう!

クレンジングについてもっと情報を知りたいアナタに!

オイルクレンジングのおすすめランキング!上手な使い方も解説!
クレンジングと洗顔の違いとは?それぞれの意味を解説!
マスカラの落とし方!正しいクレンジングの仕方を知ろう!
ホホバオイルでクレンジングの正しいやり方!メイクは落ちないの?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ