オイルクレンジングのおすすめランキング!上手な使い方も解説!

オイルクレンジングは皮脂の取り過ぎで、肌が乾燥するなどという認識も広まっているこの頃。ですが、オイルクレンジングも正しい使い方をすれば、メイクを落とすアイテムとして優秀です。今回は、オイルクレンジングおすすめランキングと、最適な使い方もご紹介しようと思います!

オイルクレンジングのおすすめランキング!上手な使い方も解説!のイメージ

目次

  1. 【はじめに】オイルクレンジングに使い方があるの?
  2. オイルクレンジングの特徴
  3. オイルクレンジングの上手な使い方【基本】
  4. オイルクレンジングは乳化させることが大切♡
  5. 【オイルクレンジング】11.DHC 薬用ディープクレンジング
  6. 【オイルクレンジング】10.クイッククレンジングオイル
  7. 【オイルクレンジング】9.カウブランドメイク落としオイル
  8. 【オイルクレンジング】8.ルナメアAC クレンジングオイル
  9. 【オイルクレンジング】7.DHC ポアナクレンジングオイル
  10. 【オイルクレンジング】6.ハーバー スクワクレンジング
  11. 【オイルクレンジング】5.スキンクリアクレンズオイル
  12. 【オイルクレンジング】4.シュウウエムラ クレンジングオイル
  13. 【オイルクレンジング】3.テイクザデイオフクレンジングバーム
  14. 【オイルクレンジング】2.トリートメントクレンジングオイル
  15. 【オイルクレンジング】1.マイルドクレンジングオイル
  16. クレンジングオイルの使用【注意点】
  17. メイクはしっかり落とすのがグッド
  18. シュウウエムラの優秀オイルクレンジング
  19. オイルクレンジングでの角栓・毛穴ケア
  20. 【まとめ】オイルクレンジングの利点を活用しよう

【はじめに】オイルクレンジングに使い方があるの?

クレンジングオイルの使い方と言えば

馴染ませて洗い流すだけでしょ?と思う方も多いのではないでしょうか。

洗顔フォームや石鹸だけではなくクレンジング化粧品を使うのは

【油成分】でできているメイクアップアイテムを落とすためです。

そのことからも、油でできているオイルクレンジングは

メイクの汚れを素早く、高い洗浄力で落とせる化粧品なのです。

オイルクレンジングは、洗浄力の高さから

肌の皮脂をとりすぎて乾燥してしまうというイメージがありますよね?

でもオイルクレンジングはメイクとの馴染みの良さ、素早く落とせる利点があります。

使い方次第で化粧品は肌のダメージにもなる

洗顔料や石鹸も、泡立てないで顔にすりこむように

毛穴汚れ角栓を落とす使い方をしたら確実に肌を傷めてしまいます。

それと同じように、オイルクレンジングも上手な使い方をすればいいのです。

今回は、おすすめの使い方と共に人気のオイルクレンジングをご紹介します♪

オイルクレンジングの特徴

オイルクレンジングはメイクを落とす化粧品の中では

いちばん洗浄力が強いという特徴があります。

どちらかというと、皮脂の多い方や濃いメイクをする方におすすめですが

今は、肌タイプに合わせた潤い成分を配合しているオイルクレンジングもあります。



オイルクレンジングは毛穴や角栓のケアもできる

オイルクレンジングは、肌への馴染みが良く

女性なら一度は悩んだことがあるであろう

毛穴の黒ずみや角栓などのトラブルに効果を発揮できるのも特徴です。

自分の肌に合ったタイプのクレンジングオイルを選んで

正しい使い方さえすれば、メリットが大きいともいえるでしょう。

オイルクレンジングは肌に悪いの?

オイルクレンジングが登場してからは

メイクがよく落ちることで人気になり、多くの人がオイルクレンジングを使用していました。

しかし最近では、オイルクレンジングは「肌を老化させる」「大切な皮脂を取り去ってしまう」

そんなネガティブなイメージが広まっているのも事実ですよね?

ですが、化粧品は成分以外に「使い方」がとても大切なんです。

あなたの肌タイプに合うクレンジングオイルを選ぶ♪

極端な敏感肌や極度の乾燥肌の方はオイルクレンジング選びにも

注意をはらっていただいたほうがよろしいと思いますが

オイルクレンジングは肌を擦ることなくメイクを落とせるので肌への負担が少ないんです。

大切なのは自分の肌に合っているオイルかどうか

上手な使い方ができているかなので、オイルクレンジング=肌トラブルとは限りません。

化粧品全てに言える事は、肌に合う成分か使い方が上手かで変わることがあるという事です。

オイルクレンジングの上手な使い方【基本】

オイルクレンジングは上手な使い方をするだけで、肌にダメージを与えずにすみます。

やみくもにサッと馴染ませて、洗い流してしまわないようにしましょう。

使い方の基本は、手と顔を水で濡らさずに【乾いた状態】で使うのが正しい使い方です。

基本のオイルクレンジングの方法

水でぬらすと、クレンジング成分がメイクのオイル成分と混ざらないので

洗浄力が落ちてしまい、肌を無理に擦ることでダメージを与えてしまいます。

今回の記事では、基本のオイルクレンジングの方法をご紹介しますが

ブランド、商品ごとに正しい使用方法が書かれている場合もあるので

その時には、その化粧品専用の使い方を優先しましょう♪

①まずは手を洗うのがポイント♡

おすすめの使い方の基本は、オイルクレンジングの前に手を洗うことです。

手には雑菌がついていたり、目には目えなくても汚れている状態です。

石鹸を泡立てて、爪の中も綺麗に洗っておきましょう。

汚れや雑菌がついたままスキンケアをすることはトラブルを呼びますよ。

クレンジングだけでなく、肌に触れる時には手を清潔にしてくださいね♪

②ポイントメイクから落とす♡

オイルクレンジングする時だけでなく、メイクを落とす時は

アイメイクやリップメイクをファンデーションと一気に混ぜるのではなく

先に口紅、アイシャドウ、マスカラなどの化粧品を落とすと効果がアップします。

細かいパーツは綿棒、コットンを使って♡

コットンや綿棒にオイルクレンジングをとって、大まかに落としておくのがおすすめです。

綿棒は下まぶたのアイシャドウやアイラインを落とすのに便利ですよ。

完璧におとせなくても、少しくらい残っていても大丈夫くらいのイメージでOKです。

上まぶたのアイシャドウと口紅などの化粧品は、コットンにオイルをとり

数秒間おさえたあとに優しくふきとります。

③乾いた手に多めのオイルを取る♡

基本の使い方は、クレンジングオイルの「量」も大切です。

手にとる量が少なすぎると、肌に負担をかけてしまい

オイルクレンジングがマイナスになってしまいます。

乾いた手の平に少なくも3~4プッシュ分をとるようにしましょう。

④皮脂の多いパーツから馴染ませていく♡

いきなり顔全体に馴染ませずに、皮脂が多いTゾーンから

オイルを優しくなじませていきます。

この時に、時間をかけてこすったりしないようにしましょう。

軽いタッチで、ササっと馴染ませていくようにします。

そうしたら、顔全体のベースメイクにも同じ方法で馴染ませます。

ここでも【時間をかけない】のがポイントとなります!

⑤乳化させてから全体に馴染ませ洗い流す♡

化粧品の成分を知らないと間違った使い方をしてしまいます。

オイルクレンジングは「乳化」させないと毛穴に汚れが残ったままになってしまうことも。

手に少しだけ水をとってみると、オイルが白くなるのが分かると思います。

この使い方が「乳化させる」という事になります。

濡らした手を顔全体のオイルと優しく馴染ませ、白く乳化させます。

白くならない時は「乳化」できていないので、もう一度軽く水をとって

乳化できるまでトライしてみてください。

⑥「ぬるま湯」で洗い流す♡

クレンジングでも石鹸でも、化粧品を洗い流す時には

熱いお湯をつかってはいけません。覚えておきましょう。

高い温度のお湯は、必要な皮脂までとってしまい、肌ダメージと乾燥を招きます。

同じ理由から、シャワーで洗い流すことも避けましょう。

洗い流したら必要に応じて「泡洗顔」してタオルでふく♡

オイルの場合は、水で洗ってしまうと化粧品成分が固まり

落ちなくなってしまいますので、ぬるま湯がベストな温度です。

ぬるま湯で顔をすすいだら、洗浄力が弱めの洗顔料などで洗い流します。

ダブル洗顔が必要ないクレンジングオイルもあるので注意しましょう。

タオルで【肌をこすらず】ポンポンと抑えるようにふきます。

オイルクレンジングは乳化させることが大切♡

クレンジングオイルの基本(上手な使い方)をご紹介しましたが如何でしたか?

同じ化粧品であっても、うまく使ってあげないと

肌を美しくするどころかダメージになってしまいます。

クレンジングオイルの場合は【乳化】というプロセスがキーポイントでしたね。

乳化ができているかいないかで変わってくる

クレンジングオイルをずっと使っている方でも

この乳化のプロセスをきちんと行っていない方も多いかもしれません。

オイルの場合には、乳化させないで洗い流すとメイクが落ちにくくなるので

クレンジングオイルで肌トラブルがある方は、乳化できていない可能性もあります。

乳化とは何かをご説明♪

ここで乳化について、簡単にご説明しようと思います。

水と油が混ざり、安定することを乳化と言いオイルクレンジングには重要です。

なぜ乳化が大切かというと、【水と油】というのは本来は混ざらない性質なので

クレンジングオイルには「乳化剤」という成分が配合されています。

乳化剤を配合することで、水と油を混ざりやすくして

洗い流しやすい状態にしているのですね。

そのことから、洗い流す前にきちんと乳化できていないと

オイルが肌や毛穴に残ってしまいトラブルの原因になるのです。

【オイルクレンジング】11.DHC 薬用ディープクレンジング

オイルクレンジングのおすすめランキング11位は

「DHC薬用ディープクレンジング」です。

DHCは化粧品やサプリメントのブランドとして長年の人気を得ていますが

こちらのクレンジングオイルは古くからの人気商品と言えます。

高級なオリーブバージンオイルや天然美容成分が肌の潤いを奪いません。

毛穴の汚れや角栓など鼻のザラつきに効果があるのに

洗い流した後のツッパリ感がなく、濃いメイクもすっきり落ちるので

おすすめのクレンジングオイルとなっています。

無香料・無着色・鉱物油を使っていないなど肌に優しいのに

頑固な皮脂汚れ、毛穴汚れ、古い角質にも対応できるクレンジング力を誇っています。

【オイルクレンジング】10.クイッククレンジングオイル

オイルクレンジングのおすすめランキング10位は

「プレイリスト クイッククレンジングオイル」です。

こちらのクレンジングオイルは口コミでも人気が高く

資生堂インターナショナルから発売されています。

プロのアーティストが考案した、メイク映えする肌をつくるというコンセプトの元

保湿成分のグレープシードオイルなどが配合されています。

おすすめポイントは、毛穴の凹凸に詰まった汚れ(角栓)などを取り去り

つるりとした洗いあがりを叶えてくれる点です。

使い方は、3プッシュを手にとってから、水かぬるま湯で洗い流すのですが

濡れた手でも使えるというところが嬉しいところですね。

濃いメイクや落ちにくいメイクの時は、乾いたまま使う方がいいでしょう。

【オイルクレンジング】9.カウブランドメイク落としオイル

オイルクレンジングのおすすめランキング9位は

「カウブランド メイク落としオイル」です。

こちらのクレンジングオイルは、するっとメイクが落ちて

肌をこすらないので負担もなく、セラミドなどの保湿成分が乾燥も防ぎます。

香料やパラベン、鉱物油、アルコールフリーで

敏感肌にも刺激なく口コミでも人気の高いオイルになります。

130mlで700円というコスパの良さも魅力で

さっぱりな洗いあがりなのに潤いは奪わないところがおすすめです。

【オイルクレンジング】8.ルナメアAC クレンジングオイル

オイルクレンジングのおすすめランキング8位は

「ルナメアAC クレンジングオイル」です。

こちらのクレンジングオイルは大人ニキビにも対応しているオイルです。

毛穴に溜まった汚れや角栓を、優しく落としながらも

つっぱらない洗いあがりが人気です。

ハーブ由来の潤い成分が、肌を乾燥から守り「なでるだけ」でメイクを落とします。

爽やかな香りとするりと伸びる使用感もおすすめです。

【オイルクレンジング】7.DHC ポアナクレンジングオイル

オイルクレンジングのおすすめランキング7位は

「DHC ポアナクレンジングオイル」です。

ポアナクレンジングオイルのおすすめポイントは毛穴や角栓を

溶かしだすという、毛穴のケアに特化しているところです。

使い続けることで、角栓が毛穴につまるのも予防してくれます。

鉱物油や石油系界面活性剤不使用で、肌に優しいのも人気なんです。

肌にのせると温かくなり、とろみのあるテクスチャーで洗いあがりはしっとり。

【オイルクレンジング】6.ハーバー スクワクレンジング

オイルクレンジングのおすすめランキング6位は

「ハーバー スクワクレンジング」です。

スクワクレンジングは、W洗顔不用で、サラっとしたオイルが人気です。

成分の多くがスクワランなので乾燥も防ぎながらメイク落としが叶います。

濡れた手でもOKで、きちんと乳化すれば、ぬるつきも気になりません。

フルーツ酸が古い角質(角栓)汚れも落としてくれます。

【オイルクレンジング】5.スキンクリアクレンズオイル

オイルクレンジングのおすすめランキング5位は

「アテニア スキンクリアクレンズオイル」です。

こちらのオイルクレンジングはアロマタイプと無香料タイプがあり

口コミランキングでも上位に入っている人気クレンジングオイルです。

ロックローズオイルなど、4つの高級美容オイルを使用していて

オイルクレンジング後の突っ張り感が苦手な人でも満足な

大人のエイジングクレンジングオイルです。

アロマタイプは香りも良く、まつ毛エクステにも使用可能、W洗顔不用

また乳化が素早くできる処方がされているなど

至れり尽くせりの内容で、ランキング上位なのも納得なオイルです。

【オイルクレンジング】4.シュウウエムラ クレンジングオイル

オイルクレンジングのおすすめランキング4位は

「シュウウエムラアルティム8スプリム ビューティクレンジングオイル」です。

シュウウエムラのオイルシリーズの中でもランキング1位のオイルです。

日本つばきのカメリアオイルやホホバ種子油など8つのオイルが

まるでカシミアのようなテクスチャーを叶えるのが人気です。

まつ毛エクステにも対応していて、濃いメイクもするっと落とします。

【オイルクレンジング】3.テイクザデイオフクレンジングバーム

オイルクレンジングのおすすめランキング3位は

「クリニーク テイクザデイオフクレンジングバーム」です。

口コミランキングでも上位に入っている人気のクレンジングになります。

固形のバームが肌で溶けてオイル状になり、毛穴や角栓汚れを

素早く落とすことができます。落ちにくいメイクも優しく落とし

オイル特有のべたつき感がない使い心地でおすすめです。

【オイルクレンジング】2.トリートメントクレンジングオイル

オイルクレンジングのおすすめランキング2位は

「SK-Ⅱトリートメントクレンジングオイル」です。

毛穴の黒ずみ、見えない汚れまでしっかり洗えるのに

肌表面を弱酸性に保つので、洗いあがりは乾燥せずふっくらします。

お値段は7000円ですが、250mlと量が多いのでコスパも良いと人気です。

とろみがあるのに、サラッとして肌馴染みが良く

乾燥させることなく、余分な汚れだけを落としてくれます。

ポイントメイクまでしっかり落とせるところも魅力で

ランキング上位なのも納得の、上質オイルクレンジングです。

【オイルクレンジング】1.マイルドクレンジングオイル

オイルクレンジングのおすすめランキング1位は

「ファンケル マイルドクレンジングオイル」です。

人気ランキングで常に上位に入っている、オイルクレンジングの王道とも言えます。

圧倒的人気の秘密は、洗浄力の高さ、潤い、角栓ケアなど

オイルクレンジングの良さがギュッと詰まっているところにあります。

こすらずに、ウォータープルーフのマスカラもするりと落とし

肌への負担を最小限におさえているのも人気のポイントです。

洗いあがりがしっとりしているのは、こすらず素早く落とせるからで

角栓を綺麗にすることに特化した「角栓クリアオイル」配合で

優しく肌に伸ばすだけでも、毛穴や角栓がスッキリします。

■関連記事:その他のメイク道具ランキングについて知りたい方はこちらもチェック!

コンビニコスメおすすめランキング11選!化粧下地からリップまで

クレンジングオイルの使用【注意点】

おすすめのクレンジングオイルをご紹介してきました。

ここからは、オイルクレンジングを行う際に

【注意】したいポイントをご紹介したいと思います。

化粧品を使用するときには、必ずマイナスにならない使い方をしましょう。

①クレンジングオイルでマッサージはNG

クレンジングオイルは、肌に滑らせるだけで

ざらつきや角栓などの汚れが落ちやすいことから

そのような悩みがある方は、一生懸命マッサージして

ざらつきを失くそうとすることがあります。

しかし、クレンジングオイルは素早く優しく落とさないと

肌ダメージや乾燥など逆にトラブルをまねいてしまいます。

時間をかけなくても汚れは落ちているので短時間ですませましょう。

洗浄力の強いオイルでマッサージすることはシミなどの原因にもなります。

②ファンデーションやUVクリームを塗った時のみ使う

オイルクレンジングは、クレンジング化粧品の中で

いちばん洗浄力が強いと冒頭でご説明したように

油性の汚れである、メイク用品やUVクリームなどをつけている日だけ使いましょう。

その他の、汚れは洗顔料や石鹸などで十分に落とすことができます。

メイクやUVを使っていない肌に、クレンジングオイルを使ってしまうと

必要な皮脂が奪われ、肌のバリア機能がこわれてパサパサの肌になってしまいます。

③自分の肌質に合わないなら使わない

今のオイルクレンジングは肌の潤いを守りながら落とします。

ですが、クリームタイプなどより洗浄力が高いのも事実です。

オイルということは、油性の汚れを落とせる力があるということなので

敏感肌や乾燥が激しい時には、肌状態を確認しながら使いましょう。

メイクはしっかり落とすのがグッド

オイルクレンジングは洗浄力が強く

肌への負担も気になるかと思いますが

毎日のようにメイク汚れに晒されるお肌には「汚れを落とす」事も必要です。

油性の汚れが残ったままでは、肌トラブルにもなりますし

洗顔後のスキンケアも浸透していきません。

シュウウエムラの優秀オイルクレンジング

ランキングの中でもご紹介したシュウウエムラのクレンジングオイルは

多くの女性に人気のクレンジングシリーズです。

その理由の一つとして、肌のタイプ別に選べるという利点があります。

肌に馴染みやすく毛穴汚れも落としてくれるクレンジングオイルは8種類もあります。

これだけ種類があれば、自分に合ったオイルが見つかりそうですね。

こすらずに優しく落とせる滑らかなテクスチャーをはじめ

シアバターやアボカドなど植物由来の成分が配合されています。

濃いメイクでもW洗顔いらずで、すっきり落とせるうえ

毛穴の汚れや古い角質も取り除いてくれます。

それぞれの肌のタイプに合わせたオイルから最適な物を選んでみましょう。

オイルクレンジングでの角栓・毛穴ケア

オイルクレンジングの特徴として洗顔料や石鹸では落ちにくい

毛穴に溜まった汚れ・角質ケアができる点があります。

その利点を生かすには、それぞれのブランドが開発した

短時間でこすらず落とせるという言葉を信じて使うことです。

角質や毛穴ケアをできるオイルクレンジングは

使用した後に、できる限り素早く保湿をしてあげることが大切です。

【まとめ】オイルクレンジングの利点を活用しよう

今回は、オイルクレンジングのおすすめランキングや

上手な使い方など、多方向からご説明しましたがお役に立ちましたか?

使い続けると肌が傷んだり、乾燥が進むと噂されるクレンジングオイルも

商品の選び方や、正しい使用方法によって快適に使えることが分かりました。

これから、オイルクレンジングを使うときに是非参考にしてくださいね。

もっとスキンケアについて知りたいあなたへ!

肌綺麗になりたい女性必見!すぐ美肌になる25の方法
肌を白くする方法11選!【必見】
透明感のある肌になるには?美肌を保つスキンケアを解説!
産後の肌荒れがひどい!かゆみ・ニキビへの対処法解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ