ディズニーシーとランドのアトラクション数はそれぞれいくつ?

ディズニーシーとランドのアトラクション数はそれぞれいくつ?

デートスポットとして有名な東京ディズニーリゾード。気になるのがアトラクション数。ディズニーランドのアトラクション数とディズニーシーのアトラクション数を調べて一覧にしてみました。気になるディズニーランドとディズニーシーのアトラクション数の差は?

記事の目次

  1. 1.夢の国、ディズニーランド&ディズニーシー!
  2. 2.ディズニーランドとシー、アトラクション数はいくつ?
  3. 3.ディズニーランド アトラクション数一覧
  4. 4.ディズニーシー アトラクション数
  5. 5.ランドとシー、どっちに行くべき?
  6. 6.【ディズニーシー アトラクション数】ヴィレッジグリーティングプレイス
  7. 7.【ディズニーシー アトラクション数】グリーディング施設
  8. 8.混雑時期は?
  9. 9.空いている時間は?
  10. 10.入場規制は起きる?
  11. 11.ランド、シーのおすすめデートスポット
  12. 12.ディズニーランド アトラクション数のまとめ

そんなダッフィーと触れ合えるグリーティング・スポットが
ケープコッドにあるヴィレッジグリーティングプレイス。

その時期に合ったコスチュームを着た可愛いダッフィーに出会えますよ!
手を繋いだり2ショットも!

【ディズニーシー アトラクション数】グリーディング施設

シーの特徴がグリーディング施設の多さ。
施設が10か所あり、これはディズニーの倍なんです。
アリエルやダッフィーなどシーならではのキャラも居て満足度が非常に高くなりますね。

ディズニーランドでも人気のキャラクター・ドナルドと触れ合えるのが
ロストリバーデルタエリアでの”サルードス・アミーゴス! グリーティングドック”
ノリノリのドナルドと触れ合える事が出来るので非常に満足度の高いアトラクションなんです。

ミッキーと出会えるのは”グリーティングトレイル”で
実はランドよりもシーの方がミッキーと出会えるんだとか。

混雑時期は?

ディズニーランド、シーが混み合うのは

・3月の春休み、卒業旅行シーズン
・GWなどの大型連休
・夏休み
・クリスマス

子供達の長期休暇は混雑するようです。
8月は平日も休日も混雑にあまり大差がないのだとか。

大型連休日は初日のほうが混雑する?と思いきや
初日でも最終日でもあまり差はないよう。
中日が一番混むようです。

コンビニやWEBチケットではもう完売になっていても
当日並べば買える可能性があります。
昨年のクリスマスにディズニーに行ったが当日券が買えたという声もありました。

空いている時間は?

一週間のうちに最も混雑する日は土曜日だそうです。
そして逆に最も空いているのは木曜日。

ゆっくり回りたい方やアトラクションを楽しみたい方は
木曜日が狙い目ですよ。

入場規制は起きる?

2017年では三連休中日の10月8日と三連休初日の11月3日に入場規制がかかりました。
10月8日はランド、シーのダブル入場規制でした。
例年の傾向として時期だと11月、曜日だと土曜日に入場制限がかかる事が多いよう。


入場規制されても
・ランド、シー、どちらか単独の年間パスポート
・日付指定ありのチケット(1デーチケットなど)
・「混雑時でも入園できます」と記載されたチケット
・ディズニーオフィシャルホテルの宿泊者

は入れますよ。

逆にどのチケット入れないのかというと
・「入場制限中のパークでは使用できません」と書いてあるチケット(ギフトチケットなど)
・2パークの年間パスポート
・株主用パスポート
・日付指定のないチケット(オープン券など)

ランド、シーのおすすめデートスポット

最後におすすめのデートスポットをご紹介します。
ディズニーランド自体がもうデートスポットではあるのですが
よりロマンチックな雰囲気になるものをお勧めしますね。

まずは定番のデートスポット、ディズニーランドのシンデレラ城。

意外と穴場のデートスポットなのが白雪姫の願いの井戸。
ファンタジーランド内にあり
ディズニーのパワースポットと言われています。

映画内では願いを叶えてくれる井戸でしたが
現実も同じ!?で
白雪姫の歌声が井戸から聞こえている間に願いごとを唱えると
願いが叶うんだとか…!?

カップルで記念に何か買いたい!
という場合のデートスポットでおすすめなのはクリスタルアーツ。

シンデレラのガラスの靴でお馴染みのクリスタルアーツでは
ガラスの靴を販売している他(ガラスの靴も素敵ですね!)
名前入りのボールペンも販売しています。

カップルでオリジナルグッズを作ってみては?

次のページ

ディズニーランド アトラクション数のまとめ

Related article /

関連記事
Copyright (C) Lovely