御朱印集めを始めたい!楽しみ方やマナー、おすすめスポット紹介!

御朱印集めがブームになってきていますね。御朱印にはイロイロなデザインのものがあって、参拝の記念にもなるので、旅行好きの女性の間でも人気になっています。今回は御朱印集めを始めたい人のために楽しみ方マナーをまとめてみました。おすすめスポットも参考にしてください。

御朱印集めを始めたい!楽しみ方やマナー、おすすめスポット紹介!のイメージ

目次

  1. 御朱印集めを始めたい!御朱印とは
  2. 御朱印集めを始めたい!御朱印をいただくには
  3. 御朱印集めを始めたい!御朱印集めの魅力
  4. 御朱印集めを始めたい!御朱印の見方
  5. 御朱印集めを始めたい!寺院の場合
  6. 御朱印集めを始めたい!神社の場合
  7. 御朱印集めを始めたい!御朱印帳の購入場所
  8. 御朱印集めを始めたい!御朱印帳は両面使えるの?
  9. 御朱印集めを始めたい!宗派などで分けるべき?
  10. 御朱印集めを始めたい!忘れてしまった場合
  11. 御朱印集めの仕方!先に参拝をする
  12. 御朱印集めの仕方!御朱印所で御朱印をいただく
  13. 御朱印集めの仕方!御朱印代を支払う
  14. 御朱印集めの仕方!感謝のお礼をする
  15. 御朱印集めの仕方!大切に保管する
  16. 御朱印集めの注意!事前に調べる
  17. 御朱印集めの注意!受付している時間を守る
  18. 御朱印集めの注意!御朱印帳を差し出す時はカバーを外す
  19. 御朱印集めのおすすめスポット!
  20. 御朱印集めを始めたい!まとめ

御朱印集めを始めたい!御朱印とは

御朱印集めを趣味にする女子が増えているそうですね。
芸能人の中にも、御朱印集めを趣味にしている人もいるそうです。
御朱印集めは、旅行の記念という楽しみ方もできますし、御朱印の書体が素敵なものも多いのです。
特別な日にしかいただけない御朱印もあったりと、興味は尽きない御朱印ですが、そもそも御朱印とは何をいみするかをご存知でしょうか。

御朱印はもともと「納経印(のうきょういん)」とも呼ばれていたそうです。
寺院へ参拝した時に参拝者が写経をして、その写経を納めると信仰の証の意味としていただいていました。
御宝印(ごほういん)や社名を朱で押した印と一緒に、参拝した日付と、寺院や神社の名前を墨書きしていただきます。
御朱印は、ご本尊やご神体の分身という意味があり、とても神聖でご利益のあるものだと大切にされています。
現在では、写経を納めなくてもお願いすれば御朱印をいただけるようになりましたが、昔は信仰の証の意味としていただいていたものだったのです。

御朱印集めを始めたい!御朱印をいただくには

昔は写経を納めた信仰の証の意味としていただいていた御朱印ですが、今はお願いをすれば御朱印をいただくことができます。
御朱印がいただける場所は、「社務所」や「寺務所」、「納経所」などです。
御朱印集めがブームになってからは御朱印をいただける場所はわかりやすく示されていることが多いので、迷うことなく御朱印をいただけると思います。
どうしても御朱印をいただく場所がわからない場合は、お守りを売っている場所で聞いてみるといいでしょう。

御朱印集めを始めたい!御朱印集めの魅力

御朱印集めが趣味やブームになった、その魅力はどんなところなのでしょうか。
基本的には御朱印は印の朱と墨書きの黒の2色のみで書かれています。
このコントラストが美しいというのが、御朱印の最大の楽しみ方ともいえます。
御朱印の文字は、多くの場合がその寺院の人が手書きで書いていただけます。
達筆な筆使いのものや、デザイン性のある個性的な御朱印、期間限定の御朱印など、見比べるだけでも楽しめるというのも御朱印の魅力になります。
手書きであるがゆえに、同じ日に書いてもらっても、自分の持っている御朱印と他の人の御朱印では雰囲気が違う、世界で一つしかないというのも御朱印の楽しみ方です。

御朱印の文字が素晴らしいというのが、御朱印集めの趣味やブームが広がったきっかけではありますが、御朱印のデザイン性と同じく、御朱印帳のデザインの可愛さがピックアップされたことも、御朱印集めの趣味やブームが広がった要因だと考えられます。
寺院オリジナルの御朱印帳や、雑貨専門店で売られている御朱印帳はどれもとても可愛いものです。
最近では、自分だけのオリジナルの御朱印帳をつくるという楽しみ方もあるのだそうです。
御朱印のデザインと御朱印帳の可愛らしさが、御朱印集めの趣味やブームを広げる楽しみ方になったようです。

御朱印集めを始めたい!御朱印の見方

せっかくいただいた御朱印ですから、御朱印に何が書いてあるのかを確認できるようになっておくと、さらに深い楽しみ方ができそうです。
御朱印には基本的に書かれていることは変わりません。
寺社ごとにそれぞれの特徴や個性があるので、慣れないうちは何が書いてあるのか意味がわからないということもありますが、いくつか見比べているうちに、なんとなく意味がわかってくるものなのだそうです。
それでは、寺院と神社の御朱印の味方を簡単にご紹介します。

御朱印集めを始めたい!寺院の場合

寺院の御朱印には、3か所に朱が押されているところがほとんどです。
右上に1つ、真ん中に1つ、左下に1つ、御朱印が押されています。
中央の御朱印の意味は、ご本尊の名称とご本尊をあらわす梵字が入った「御宝印」が押されます。
右上の御朱印の意味は「山号印」という、寺院の称号の御朱印が押されます。
札所めぐりをする寺院の場合は、何番目の礼所であるかが押印されることもあります。
「四国八十八ヶ所」などは有名な札所めぐりですよね。
左下の御朱印の意味は、寺院の名称と寺院名の印が押されます。

上の写真の右上の達筆な文字は「奉拝」と書かれています。
謹んで拝しますという意味が込められています。
その上から押印されているのは、寺院の俗称の山号印です。
中央に書かれているのは御本尊や御堂の名称です。
ここの御本尊は「大日如来」なのですね。
その上に押印されているのが梵字の入った「御宝印」で、一番の特徴です。
左下には寺院の名称と寺院の印が押印されています。
参拝した年月日は、空きスペースに書かれることが多いようです。

御朱印集めを始めたい!神社の場合

神社の御朱印は、印が一つか二つであることがほとんどです。名称も分かりやすく、比較的シンプルなのが特徴です。神社によっては、朱色以外の印や動物をモチーフとした印もあります。
では、神社の御朱印の見方について、具体的に説明をします。

神社の御朱印はとてもシンプルで、御朱印が1つまたは2つのものがほとんどです。
名称がわかりやすく記載されています。
神社によっては、朱色以外の押印があったり、動物がモチーフとされた印を使っているところもあるようです。

右上には、寺院と同じく「奉拝」と書かれています。
謹んで拝しますという意味が込められています。
中央には神社名や神様の名前が書かれています。
そして真ん中に大きく、神社の印が押印されています。
神社の紋の押印がある場合は、右上か中央上に押印されます。
参拝年月日は空きスペースに書かれますが、神社の場合はほとんどが左下になります。

御朱印集めを始めたい!御朱印帳の購入場所

御朱印集めを趣味にする楽しみ方の1つが可愛い御朱印帳です。
御朱印帳はどこで購入することができるのでしょうか。
御朱印帳は、寺社で購入することができます。
それぞれの寺社で置いてある御朱印帳が違うので、御朱印だけでなく御朱印帳も集めたくなってしまうかもしれませんね。

寺社だけではなく、雑貨屋さんやインターネットのオンラインショップでも購入することができます。
御朱印集めを趣味にする人が増えたので、和柄の御朱印帳はもちろん、シンプルなものや可愛らしい柄のものまで、たくさんのデザインが出ています。
御朱印帳の中には、「御朱印帳」の文字を記入する必要のある御朱印帳もあるようです。
自分で記入するのも素敵ですが、お気に入りの寺社で記入をしてもらうこともできるようです。
この文字の人に書いていただきたい、という寺社があればお願いしてみてくださいね。

番外編!寺社で購入できる、可愛い御朱印帳

寺社で購入できる御朱印帳は、その寺社それぞれの特色を生かした御朱印帳が多いのが特徴です。
下の子安神社は759年、第47代淳仁天皇の皇后の御安産を祈願すべく草創したと伝えられる神社です。
その時代をうかがわせる、十二単の女性が描かれた素敵な御朱印帳ですね。
こんな素敵な御朱印帳であれば、運勢も良くなるかもしれません。

<子安神社>
東京都八王子市明神町4-10-3

下の写真の御朱印帳は赤城神社で購入できる御朱印帳です。
赤城神社には、市松梅、雪うさぎ、古典の三種類の御朱印帳が売られています。
好きなデザインを選んで購入ができるのは嬉しいですね。
女性に喜ばれそうなデザインです。

<赤城神社>
東京都新宿区赤城元町1-10

桜の刺繍が入っているのは、桜神宮の御朱印帳です。
桜神宮は、第二次大戦時の時にも無事戦災から免れたことから、運勢のアップや火伏せ・災難除けの神徳とされているそうです。

<桜神宮>
東京都世田谷区新町3-21-3

下の写真は相模原 氷川神社の御朱印帳です。
平成28年に、新しい御朱印帳のデザインに変わったそうです。
御朱印帳のデザインは、何年かおきに変わるところもあるそうです。
ずっと同じ寺社の御朱印帳を買っていても、イロイロなデザインを楽しめるかもしれませんね。

<相模原 氷川神社>
神奈川県相模原市中央区清新4-1-5

白蛇を祀った弁天社があることから「東京の白蛇さま」とも呼ばれている上神明天祖神社の御朱印帳です。
白蛇がダイナミックに刺繍されている御朱印帳ですね。
この御朱印帳を持っているだけでも運勢アップのご利益がありそうな気がしてきます。

<上神明天祖神社>
東京都品川区二葉4-4-42

御朱印集めを始めたい!御朱印帳は両面使えるの?

御朱印帳に御朱印を書いていただくときは、両面を使えるのか、両面を使ってもマナー違反に当たらないのか気になりますよね。
結果から言えば、両面使っても大丈夫ですし、マナー違反にもあたりません。
ただし、御朱印帳は和紙でできています。
場合によっては表に書いていただいた御朱印が裏面にまで滲んでしまうこともあります。
まっさらな状態で御朱印を残したい、という楽しみ方の人であれば、片面だけを利用することをおすすめします。

どんな御朱印帳だと両面が使える?

御朱印帳には2種類の御朱印帳があります。
1つは蛇腹タイプの御朱印帳、もう1つはノートのように綴じてあるタイプの御朱印帳です。
蛇腹タイプの御朱印帳は、今までに参拝した御朱印がすぐにわかるというのが魅力です。
また御朱印を書く人にとっても、しっかりと開いた状態、平な状態で御朱印を書くことができるので、書きやすいという意味ではメリットになります。
蛇腹タイプの御朱印帳は、和紙が二重になっています。
和紙が二重になっているので、裏面へ滲みにくいという意味でも、裏表の両方に御朱印を書いていただきやすい御朱印帳と言えそうです。

綴じてあるタイプの御朱印帳は、管理がしやすいという意味でメリットがあります。
1ぺーじずつ見ることもできるので、趣味の楽しみ方として集めている人には嬉しいですね。
綴じてあるタイプの御朱印帳は、御朱印の順番を変えたいときには、紐から外して順番を変えることもできるので、運勢アップのために巡礼をしている人には人気の御朱印帳です。
ただし綴じてあるタイプの御朱印帳は、和紙が一重の場合が多いので、裏面に滲みやすいという意味でのデメリットがあります。
両面に御朱印を書いていただきたいと考えている人であれば、蛇腹タイプの御朱印帳を選んだほうが良さそうです。

御朱印集めを始めたい!宗派などで分けるべき?

日本では神仏習合という考え方が一般的なので、御朱印帳を寺院と神社で分ける必要はありませんし、マナー違反でもありません。
御朱印集めが趣味としての楽しみ方をする人が増えたことで、寺院や神社でもそれほど厳しくみるところはなくなったと言われています。

それでも中には、寺院と神社の御朱印が混ざっている御朱印帳には御朱印は書けないとお断りをされるところもあります。
そもそも御朱印とは、信仰の証の意味としていただくものですので、寺院や神社が書けないと言われたら、残念ですが無理強いをすることはできません。
どうしても御朱印をいただきたい場合は、半紙に書いていただくこともできますので、お願いしてみてくださいね。

御朱印集めを始めたい!忘れてしまった場合

御朱印集めを趣味の楽しみ方をしている人が、御朱印帳を忘れてしまうということは稀でしょう。
それでも御朱印帳を忘れてしまった場合は、半紙に御朱印を書いていただくこともできます。
半紙に書いて欲しいとお願いすることはマナー違反にはなりません。
御朱印帳を忘れたのではなく、その寺社で御朱印帳を買うつもりで参拝して、御朱印帳が売り切れていた、という場合も、忘れた場合と同じように半紙に書いていただけます。

御朱印を書く人がいないという場合も、御朱印所などに書き溜めてある御朱印の半紙をいただける場合があります。
その場合は、半紙を大事に持ち帰って御朱印帳にのりで貼り付けてください。
ノリで貼り付けるのはちょっと嫌だなという場合は、ファイリングしていくのもいいかもしれませんね。
気持ちの問題なので、大切に保管をすることができればマナー的に問題ありません。
必ず御朱印帳に貼らなくてはいけないという意味ではありません。

御朱印集めの仕方!先に参拝をする

御朱印集めのことがわかったところで、御朱印をいただくためのマナーをまとめていきたいと思います。
御朱印は記念スタンプでも、スタンプラリーとしての楽しみ方をするものでもありません。
御本尊や御神体の分身であると考えられている、とてもご利益のある神聖なものです。
御朱印をいただくためには、しっかりとマナーを守ってありがたくいただいて帰ると運勢アップにもつながるかもしれません。

御朱印をいただく前に、必ず参拝を先に済ませるのがマナーです。
御朱印集めが趣味の人の中には、まずは御朱印をいただきたいと思ってしまう人もいるようですが、御朱印だけいただくというのはマナー違反にあたります。
もともと信仰の証としていただいていたのが御朱印ですので、御朱印をいただく前には御本尊や御神体に手を合わせるという気持ちが大切です。
観光地の寺社であれば、先に御朱印帳をあずけて参拝をすすめる寺社もありますが、それ以外の場合は、まずは参拝を行ってから御朱印をいただくようにしましょう。
参拝も含めて、御朱印集めの楽しみ方を覚えていけるといいですよね。

御朱印集めの仕方!御朱印所で御朱印をいただく

御朱印所がない寺社であっても「社務所」や「寺務所」、「納経所」で「御朱印をいただけますでしょうか」とたずねれば、たいていの場合は快くご対応いただけます。
御朱印が複数ある場合もありますので、御朱印をいただくために参拝に訪れるときには、事前にその寺社のことを調べて、いただきたい御朱印をしっかりと伝えられるように準備をしておくことも大切なマナーになります。
ご利益や運勢アップについても、一緒に調べておくと参拝しがいがありますよ。

御朱印集めの仕方!御朱印代を支払う

御朱印は、無料でいただけるものではありません。
大抵の場合、御朱印代として500円程度必要になってきます。
御朱印代が「お気持ち」となっている場合は、500円をお納めしてください。
おつりが無いように、小銭でお支払いができる準備をしておくこともマナーです。
「お気持ち」となっていた場合に1万円をわたして、「9,500円お釣りをください」というのも変な話ですよね。
運勢アップのためには御朱印代にはお釣りがいらないように、準備をしていくことも大切です。

御朱印集めの仕方!感謝のお礼をする

御朱印集めを趣味にしていこうと思っている人に忘れて欲しくないのが、感謝の気持ちです。
御朱印はお金をお支払いして書いていただくものなので、中には当然のように受け取って帰ってしまう人もいます。
ですが、御朱印という御本尊や御神体の分身ともいえる大切なものを書いていただいたのですから、心をこめた感謝の言葉を伝えることがマナーだと思います。
感謝の気持ちを伝えることが、運勢のアップにつながることもあるかもしれませんよね。
御朱印帳を受け取る時には両手で受け取って、粗末に扱わないように注意をしましょう。

御朱印集めの仕方!大切に保管する

御朱印をいただいた御朱印帳には、その寺社の御本尊や御神体が宿っていると考えましょう。
粗末な扱いをせずに、大切に保管をするようにしてください。
万が一、御朱印集めの趣味をやめようと思った時には、普通ゴミなどに出したりせずに、古札を納めるところへ持っていくようにしてください。
運勢アップのご利益もある御朱印を大切に扱うことは、寺社へのマナーでもあります。

御朱印集めの注意!事前に調べる

御朱印集めを趣味で始めようという人は、御朱印をいただく寺社を参拝する前に、事前にその寺社のことを調べるということを忘れないようにしましょう。
先ほど御朱印所がないところでも、大抵の場合は御朱印をいただける、と書きましたが全ての寺院で快く書いていただけるわけではありません。
偶像崇拝という、見えるものを信仰崇拝することw禁止している、浄土真宗本願寺派や大谷派では、御朱印は書いていただけないのだそうです。
調べてみると他の宗派でも、御朱印は書かないという宗派があるようです。
そういう宗派の考えを持っている寺社に、御朱印を書いてくださいとお願いすることは失礼になります。

失礼のないように、事前に参拝する寺社について調べていくと、御朱印をいただいたときに、さらにありがたみも深くなると思います。
運勢アップについてや、ご利益についても一緒に調べておけるといいですね。
また、御朱印を書いていただいている間は静かに待つようにしましょう。
趣味で御朱印集めをする人は、友達と参拝に訪れることもあるかもしれませんね。
そんな時でも、友達とのおしゃべりに夢中にならずに、静かに御朱印が書き終わるのを待ちましょう。
飲食をしたり、スマホをいじるのも良くありません。
お経を聞いているつもりで、心静かに待つようにしましょう。

御朱印集めの注意!受付している時間を守る

御朱印集めでは、参拝時間内に参拝をするように注意をしましょう。
寺社によっては参拝時間と、御朱印をいただける時間が違う場合もあります。
余裕を持ってゆっくりと書いていただけるように、時間を守って御朱印を書いていただくようにしましょう。

寺社によっては、御朱印を書かれる人が一人である場合もあります。
そういう場合は、昼食の時間をさけるなどの心遣いができるといいですね。
お互いに気持ちよく御朱印をいただけるような時間に、御朱印をお願いするようにしましょう。

御朱印集めの注意!御朱印帳を差し出す時はカバーを外す

御朱印を書いていただく時の心遣いとして、書いていただく時に手間がないように注意をしましょう。
御朱印帳に御朱印が書きやすいようにカバーを外しておくことや、書いて欲しいページを開いておくと、スムーズに書いていただきます。
御朱印帳が綴じてあるタイプのものであれば、紐を少し緩めておくと、御朱印を書く人は書きやすいですよね。

御朱印をお願いする時には、御朱印代をお支払いします。
この時の小銭の準備も忘れずにしておきましょう。
お札ではなく、小銭を準備しておくのがマナーです。


◆関連記事:運気を上げるならここだ!

縁結びに効く東京の東京都内神社ランキング!【恋愛成就】
金運が上がる神社・パワースポット35選!お金にご利益がある!

御朱印集めのおすすめスポット!

御朱印帳を購入して御朱印集めの準備ができらた、御朱印をいただくために参拝をしてみましょう。
ココでは御朱印集めのおすすめスポットを厳選してご紹介します。
それぞれの寺社によってご利益も違うので、参拝前にはどんな運勢アップのご利益があるのか、どんな御朱印がいただけるのかなど、事前にチェックをする練習をしてみてくださいね。

大神神社/奈良県

奈良県の桜井長にある「大神神社(おおみわじんじゃ)」はおすすめの御朱印集めのスポットです。
この神社の特徴は、とてもおおきな鳥居です。
御朱印集めをしていない人でも、この鳥居には圧巻される神社でしょう。
大神神社のご利益には、縁結びもあるようなので、女性にはおすすめの御朱印集めのスポットになっています。

<大神神社>
奈良県桜井市三輪1422
0744-42-6633

日光東照宮/栃木県

栃木県にある「日光東照宮(にっこうとうしょうぐう)」もおすすめの御朱印集めのスポットです。
見ざる言わざる聞かざるの三猿でも有名な神社ですね。
この日光東照宮では3か所で御朱印がいただけるようです。
どこでどんな御朱印がいただけるのかは調べてみてくださいね。
日光東照宮のご利益は、パワーの上昇です。
生命力のアップや仕事運、金運のアップにもご利益があるそうです。

<日光東照宮>
栃木県日光市山内2301
0288-54-0560

諏訪大社/長野県

長野県の有名な神社といえば、諏訪大社ですよね。
この諏訪大社も、御朱印集めのおすすめスポットの1つです。
行ったことがないという人は、ぜひ参拝してみてください。
諏訪大社のご利益も運勢パワーの上昇になりますが、特に農業や海上の運へのご利益があるそうです。
パワースポットとして、イロイロなご利益がある神社になります。

<諏訪大社>
上社本宮
長野県諏訪市中洲宮山1
0266-52-1919

上社前宮
長野県茅野市宮川2030
0266-72-1606

下社春宮
長野県諏訪郡下諏訪町193
0266-27-8316

下社秋宮
長野県諏訪郡下諏訪町5828
0266-27-8035

戸隠神社/長野県

長野県の山の中にある、自然あふれる神社が戸隠神社です。
御朱印集めの人にもおすすめのスポットですが、なんだか自然からパワーがもらえる感覚は、最近パワーが足りない、と感じている人にはぜひ参拝してほしい神社のひとつです。
戸隠神社のご利益も運勢パワーの上昇です。
開運などのご利益に良いそうですよ。

<戸隠神社>
長野県長野市戸隠3506
026-254-2001

永平寺/福井県

雰囲気のあるお寺で、観光でも有名な永平寺も御朱印集めのおすすめスポットです。
壮観なお寺は、参拝し終わったあとに御朱印をいただくのを忘れてしまいそうなほど立派です。
永平寺のご利益も運勢パワー上昇です。
悪い運勢を祓ってくれるとも言われているので、最近良いことがないなという人にもおすすめのスポットです。
良い運勢のご利益をいただきに参拝してみてはいかがでしょうか。

<永平寺>
福井県吉田郡永平寺町志比5-15
0776-63-3102

御朱印集めを始めたい!まとめ

今回は御朱印集めについてまとめてきました。
御朱印集めは簡単に始めることができそうですが、御朱印をいただくためには、イロイロなマナーがあるということも伝わっていたら幸いです。
御朱印集めは、御朱印を書いていただくという楽しみもありますが、それぞれの寺社のことを調べていくことで、それぞれの寺社のご利益をさらに受ける事ができるという楽しみ方もあります。
御朱印をいただくことだけではなく、参拝の楽しみ方も覚えて参拝に出かけてくださいね。

もっと神社や寺院について知りたいあなたへ!

関東の神社・パワースポット17選!運気がアップする最強の場所は?
パワースポット・神社は自分の属性と相性が合うところに行こう!
京都の縁切り神社の効果がヤバイ!安井金比羅宮の神様がすごい?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ