嘘をつく人の心理・特徴13選!【要注意】

貴方の周りには平気で嘘をつく人や虚言癖で混乱させる人はいませんか? 嘘をついても待っているのはバレた時の侮蔑と信頼の低下。わかっているのに 何故彼らは嘘をつくのでしょうか?  今回はそんな嘘をつく人や虚言癖の持ち主を見ていくことにします。

嘘をつく人の心理・特徴13選!【要注意】のイメージ

目次

  1. 【嘘をつく人】はじめに【特徴・理由】
  2. 【嘘をつく人】①虚言癖【特徴・心理】
  3. 【嘘をつく人】②承認欲求その1【特徴・心理】
  4. 【嘘をつく人】③承認欲求その2【特徴・心理】
  5. 【嘘をつく人】④努力<逃避→虚言【特徴・心理】
  6. 【嘘をつく人】⑤自覚症状が薄い【特徴・心理】
  7. 【嘘をつく人】⑥人を傷つける嘘をつく【特徴・心理】
  8. 【嘘をつく人】⑦矛盾を嘘で覆い隠す【特徴・心理】
  9. 【嘘をつく人】⑧劣等感【特徴・心理】
  10. 【嘘をつく人】⑨絶対にバレない人がいる【特徴・心理】
  11. 【嘘をつく人】⑩他人のために嘘をつく【特徴・心理】
  12. 【嘘をつく人】⑪盛り上げたくて嘘をつく【特徴・心理】
  13. 【嘘をつく人】⑫自分をより強く見せる【特徴・心理】
  14. 【嘘をつく人】⑬自己防衛本能【特徴・心理】
  15. 【嘘をつく人】さいごに【特徴・理由】

【嘘をつく人】はじめに【特徴・理由】

そもそもなぜ嘘をついてしまうのか疑問に思う方も多いはずです。
子供のころなら一度や二度、思わず嘘をついてしまった経験があるでしょう。
ですがそれは子供の話。大人になっても嘘をつかずに生きていくのは難しいと思われますが、
年がら年中、嘘をついて生きるなんて苦しいでしょう。

勿論、嘘をつく背景には様々な理由、心理があると思います。
ですが、嘘を重ねただけ虚構の自分が出来ていき、
それが崩れた時の信頼の低下は目に見えている筈です。
嘘をつかなくてはいけなかったり、
切り抜けたりする場面もあるでしょう。

しかしそれが日常茶飯事になってしまったとき、
その人は周りから「嘘つき男」「嘘つき女」「虚言癖」と後ろ指を指されてしまうのです。
実際、嘘に騙されて酷い目に遭った経験をした人も多いはず。


ではなぜ嘘が当たり前になってしまうのか、
今回は、そんな嘘つき人間や虚言癖の人間についてその心理、特徴、理由を13個まとめてみました。

■関連記事:嘘をつく以外にも!人から嫌われる特徴はこちら!

口が悪い人の特徴・心理7つ!口の悪さを直すにはどうする?
女に嫌われる女の特徴とは?こんなタイプの女は嫌われる!

【嘘をつく人】①虚言癖【特徴・心理】

そもそも「虚言癖」とはどういう意味なのでしょうか?
虚言癖はそもそも造語であり、精神疾患の病名ではありません。
何かと嘘をついてしまう人の事を指します。

虚言癖(きょげんへき)とは、どうしても嘘をついてしまう人間の性質をあらわす専門用語で、1891年にドイツの心理学者アントン・デルブリュック(Anton Delbrück)によって提唱された。 病的な症状に関しては、虚偽性障害、統合失調症、演技性パーソナリティ障害、妄想性パーソナリティ障害、反社会性パーソナリティ障害などの症状が関係する場合もある。

人は男女問わず、嘘をつく際はどうしても必要に駆られてしてしまうものです。
其の為罪悪感が残ったり、後で本当のことを言わなくちゃ、謝らなくちゃ、と
良心の呵責が生まれます。


しかし虚言癖をこじらせた人の場合は逆です。
嘘をつくのが当たり前なので、良心の呵責なんて生まれないのです。
息を吸うように嘘をつき、平気で人をだますのです。

虚言癖を持つ人の大半は「かまってちゃん」だといわれています。
ですが虚言癖が行きすぎたり進行するとだんだん病的になって
本当に精神疾患になる可能性があるのでご注意ください。

【嘘をつく人】②承認欲求その1【特徴・心理】

この特徴に当てはまる場合の嘘をつく人の心理は、いたって平凡なのです。
特に誰かをひがんだりするわけでもありません。
むしろ認められたいという願望が強い、
優等生で努力を惜しまないステレオタイプのいい子ちゃんなのです。
それゆえに周囲の人望も厚くて仕事では信頼されて中心にいる人物です。

普通の人が見るなら「え?この人嘘つきなの」と思わず疑ってしまう人でもあります。

lily_happy_lifeさんの投稿
18252128 290142831438235 5290150586153435136 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

信頼が厚く仕事もきちんとこなせるのに何故わざわざ嘘をつくんだろう、と思う人もいると思います。
努力家で頑張り屋の人たちが嘘をつく心理はただひとつ、「自分をもっと認めてほしい」からです。
承認欲求を異常に持つ人、と捉えてくださって構いません。

周囲から認められていてもまだ足りない、
もっと見てほしいと自分の分相応以上の事を求めてしまうので、
嘘をついてしまうのです。

普通嘘をつけばすぐにバレますが、この手の人の嘘は信頼と人望がある為すぐにバレることはありません。
あの人が言うんだから間違いない、と周囲が勝手に同調して賛成してくれるため、
本人もますます虚言が止められず、癖のようにしみついてしまうのです。

【嘘をつく人】③承認欲求その2【特徴・心理】

そもそも誰だって注目を浴びたいもの。
②のように周囲に自分を見てくれる人もいますが、
見てくれる人がいない場合もあります。

つまり周囲において自分の変化を見て「あ、何か変えた?」と聞いてくれる人がいない人も存在します。
そういう人はもっと自分を見てほしいために嘘をついて誇張するのです。

②と微妙に違うのは、②は「認めてほしい」欲求が強いのですが、
③は「見てほしい」欲求が強いという事です。

iki_instaさんの投稿
16465370 1849769065264215 1207988903806500864 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

例を挙げるならば、
肩まで髪を伸ばしていた女性が少しだけ髪を切り少しパーマをかけたとします。
しかしそれについて誰からも声をかけられませんでした。
つまり、「見てもらうことがなかった」のです。
そのため女性は、次の日はわかりやすいように髪を染めてきたり、アクセントやアクセサリーをつけてきたりします。

とにかく誰かに少しでも変わった自分を見てもらいたくて仕方がないのです。

ここまでなら普通の「かまってちゃん」に近いのですが、
嘘をつく人はこれにさらに輪をかけてしまいます。
気にしてほしい、見てほしいという承認欲求が強く満たされずに、嘘をついてまで自分を見るよう画策するのです。


先ほどの例で挙げるならば、
「予約制でなかなか取れず雑誌にも何度も掲載するカリスマ男性美容師に髪を整えてもらった」、とかそういう嘘のつき方です。
周囲の人間は、一度は「へぇすごいねぇ」と、見てくれますが、
次第に「ふーんそうなんだ」と特に反応を示さなくなってしまいます。


他人は嘘だとすぐに見抜いてしまうために
嘘をついてまで述べた内容を本気にしなくなる現実が嘘をつく人を襲います。
その現実に耐えきれなくなった時、さらに承認欲求を求めて嘘を重ねるのです。

【嘘をつく人】④努力<逃避→虚言【特徴・心理】

人間は目標があればそこに向かって努力をします。
ですが、中にはこの基本的な努力を苦手として、嘘をついてまで楽な道を探す人がいます。
②、ある意味③も含みますが、努力した結果に満足できずに、
ついつい嘘をついてしまうタイプの嘘つきと逆です。
かなりのひねくれものです。
この手の嘘つきは男女問わず存在します。

どういうことかと言いますと、100点を取りたくてきちんと宿題をしている普通の人とは違い、
答えを書いて「勉強した、宿題をした」と言い張る人の事です。
しかしそうやすやすと上手くいくわけがありません。
答えを見て提出した宿題で、100点取った嘘をついても自分の力でとったわけではないので、
結果、提出した宿題で100点取ったのは嘘ということが、いずれバレてしまうのです。

宿題という努力をせず、答えを見るという逃避をして「宿題をした」という嘘をつく―――嘘つきの心理というものはこういうものです。そうです、まるで子供の心理ともいえます。

これらは見方を替えれば少しだけ知っている知識に自分の妄想をつけ足して、
さも自分がそれをしたように聞かせるという事でもあります。

彼氏がいないのに、あたかも彼氏がいるように振る舞い、二人きりのデートや彼氏の家に泊まった事などをさもしてきたように語りだす―――。
心理的には自分も話に加わりたかったり、ちょっといい顔したかったという理由でしょう。

【嘘をつく人】⑤自覚症状が薄い【特徴・心理】

嘘をつく人は息を吸うように嘘をつきます。
それこそどうでもいい事から大事なことまで。些細な嘘をたくさんつきます。

例えば、CMで放映されている映画を見に行ったのはないのに「見に行ったよ」と話の会話に無理やり入ったり、
●×さんはそんなこと言った記憶がないのに「●×さんがこう言っていたんだよ」と言いふらしたり、
彼氏がいないのに彼氏がいると嘘をついたりします。

彼らの心理の特徴は何においても自分が嘘つきである自覚症状が薄い事です。
つまり「嘘をつく」自覚がない事で自身は嘘つきじゃないし、もしそうだとしても悪気があったんじゃないという心理のもとで言い訳をし、また嘘をつきます。

逆に嘘をついて自分にいいように方向が進めば、また嘘をついてその場を切り抜けようとします。
癖のようなものです。
嘘の上に嘘を重ね続け、本当の自分はいったい何なのだろう、という所までいってしまうのです。

最終的には虚言と真実があいまいになり、
自分という存在意義を失ってしまい、
嘘つきだと爪弾きもの扱いをうけどこにも居場所が無くなってしまうのです。

minaaaa.0103さんの投稿
19424951 1389130274508852 1075282110941495296 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

【嘘をつく人】⑥人を傷つける嘘をつく【特徴・心理】

さて、嘘つきの人であっても何も最初からホラを吹いて他人を傷つける人はいません。
何より嘘をつく人は、元々自分を見てほしい自己顕示欲の塊でもありますので、他人を傷つけるつもりはないのが特徴です。
ですが、自身の欲求を満たそうと嘘をついた結果、巡り巡って他人を傷つけてしまうのです。
⑤のさらに悪化した心理や嘘をつく理由といっても言っていいでしょう。
嘘をつく人の特徴やその理由の根本的なところは「自己正当化」と「自己顕示欲」です。
これは男女、大人や子供に限らず存在します。

自己正当化するために平気で自分のミスを他人に押し付けたり、
場合によっては濡れ衣を着せ、それが真実だと周囲に吹聴してしまうのです。
つまり、責任から逃れるたびに誰かにスケープゴートになってもらうという悪質な行為です。

男女問わず子供の頃に、叱られるのが怖くてつい嘘をついてその場をごまかして
誰かに叱られてもらった経験を持つ人はいるのではないでしょうか?



他人を陥れる嘘をつく理由は
「叱られたくないから」「自分は悪くないから」という子供じみた理由でもあります。
嘘をつく人の特徴のひとつに、精神的に子供という側面があるような気がしますね。

minaaaa.0103さんの投稿
17595910 415278652174235 5931545690579664896 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

【嘘をつく人】⑦矛盾を嘘で覆い隠す【特徴・心理】

ずっと嘘をつき続けていると「あれ?」と虚言癖、嘘つきの人の心の中で
辻褄が合わない場面に遭遇する筈ですが、彼らはそんな関係ありません。
何故なら男女問わず彼らによって嘘は日常茶飯事。
⑤のように呼吸をするように嘘をつくのが嘘つきです。
二枚舌とも言います。

例えば女子同士で会話していて彼氏の話になった場合、
彼氏がいない嘘つきの人が話す内容に辻褄が合わず、「あれ? ●●、そのころ彼氏いたっけ?」と指摘されても何のその。
慌てず頭の中でその指摘された矛盾点を覆い隠すために新しい嘘を考えて、
それでごまかし切り抜けるのです。

さっきの例をあげるなら「彼氏ならいたよ。ただ紹介していなかっただけ。だってあたしの彼氏かっこよすぎるから」とごまかすのです。


矛盾点を巧妙に説明し、口八丁でその場をごまかすのはお手の物。
それが当たり前なので、その人が嘘をついていると確信していなければ周囲が騙されてしまう事もあります。


そして矛盾点を隠すためについた嘘に辻褄が合わない箇所が見つかり、それを指摘されてまた嘘をつく―――この繰り返しともいえます。

minaaaa.0103さんの投稿
14714536 557658737762047 7006908057280053248 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

【嘘をつく人】⑧劣等感【特徴・心理】

男女問わずだれでも人生のうちで嘘をつかずに生きてきた人なんていません。
嘘をつかずに生きてこれた人は存在しないといってもいいと思います。
今までは自己正当、自己顕示欲といったあくまで自分に自信をもっている人が嘘をつく場合を紹介しました。

minaaaa.0103さんの投稿
16464844 1835254563382488 8760943207426031616 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ですがその逆―――全く自分に自信がない人も嘘を何度もついてしまいます。
その理由としては自分に自信がないから何とか自分をよりよく見せようとして
思わず嘘をついてしまうからです。
自分に自信がなく、かつまじめな人ほど、劣等感(コンプレックス)に常に悩まされています。
其の為自分が他人より劣っている、できない人間だという事実を
どうしても認めることが出来ずに嘘をついてしまうのです。

②で話したように努力家で勤勉なまじめな人が嘘をつくという事で、同じではないのかと思ったかもしれません。
ですが微妙に違います。
②の場合は努力した結果に納得できずもっと認めてほしくて嘘をつくという事に対して、
⑧の場合はまじめで勤勉だけど自分に自信を持てないまま劣等感にさいなまれて嘘をつく、という事です。

つまり、「自分に自信があるかないか」の差です。


例えば、彼氏がいないのにいるふりをする、恋人関係の夜の内容を全く知らないのに知っているふりをする―――つまり、「知ったかぶり」なのです。これ以外にも自分に自信がない事への嘘つきとしては学歴や職歴詐称、自分の職業詐称、女性では年齢詐称などがあがります。

minaaaa.0103さんの投稿
16583583 366838250367579 6018528983165960192 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

【嘘をつく人】⑨絶対にバレない人がいる【特徴・心理】

minaaaa.0103さんの投稿
15877257 1832346450349960 3539507175976075264 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

そもそも嘘つきのレッテルを張られる人は嘘をついても顔に出てしまったりと、
嘘をつくことに向いていないのです。

中には嘘をついてもそれが本当であるように振る舞い、
会話を進める為嘘つきだとバレない人がいます。
嘘をつく人の特徴のひとつに、絶対嘘つきだとバレない人がいるということです。

そういう人は嘘がばれた時、まるで前もって答えを準備をしていたかのように追及に対して本当の事のように即答できてしまうのです。
本当に見てきたように語るので、追及するほうも指摘するほうもそれを信じてしまうのです。

【嘘をつく人】⑩他人のために嘘をつく【特徴・心理】

pantoviscoさんの投稿
19985271 339459726485608 7038654767609937920 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

嘘をつく人の中には優しい人もいます。
今まで説明してきた嘘をつくタイプの中に当てはまらないのが
「他人のために嘘をつく人」です。
いわゆる「お人好し」「優しい人」「いい人」「面倒見がいい人」
―――こういう頼られたら、受け入れてしまう人は
その抱えられるキャパシティを超えて無理なのに、大丈夫だと嘘をついてしまいます。

本当は無理だけど大丈夫だとつい言ってしまう。――できないけどなんとかやってみます、
と他人のために嘘をつく。
人に対して優しくありたいという、奉仕の気持ちがその人に嘘をつかせてしまうのです。
性格的なものもありますので、気が付いてあげたらフォローしてあげるのがよいでしょう。

【嘘をつく人】⑪盛り上げたくて嘘をつく【特徴・心理】

嘘をつくことはいけませんが嘘をつく人の中には「嘘も方便」という言葉をもとに嘘をつく人がいます。
嘘をつく人の中に、「その場で嘘をついて雰囲気を盛り立てる」という
「汚れ役」を請け負った場合があるのです。
こういうパターンで嘘をつく人の心理は嘘をつく事に罪悪感も後悔もありません。
ただ、刹那的に盛り上がる為に嘘をつくのです。

簡単に言えばクラスのマドンナが体育祭で勝つため、
または盛り上がる為に「男子たちー!リレーで1位になったらキスしてあげる」と嘘をつきます。
男子たちは大いに盛り上がりますし、たとえ嘘でも1位になればいいという考えです。
先ほどの事も本気にしていないし、盛り上がる題材としては一流なのを彼らは知っているのです。


その心理の原本は「なんとか場を明るくしたい」「面白いこと言って場を沸かせたい」という
奉仕とサービス精神からくるものです。
つまり、自分を犠牲にして場を盛り立てたいと考える芸人思考の人が嘘をつきます。
これは女性よりも男性がする傾向があります。

【嘘をつく人】⑫自分をより強く見せる【特徴・心理】

kikichiakiさんの投稿
14606980 213009119131924 3869164955534098432 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

⑧の劣等感と少し似ていますが、
自分をもっと大きく見せて、とにかく相手より上に立ちたいと思う人が嘘をつく傾向があります。

自分は本当は優れていないのに、さも優れているように見せる人の事です。
例えば「私の彼氏は、進学校で一番頭がよくてかつイケメンだ」と言ったり「アイドルの姉妹とお友達だ」とか、全然スカウトなんて来ていないのに「街を歩いていたら、モデルのスカウトがひっきりなしに来てしまった」と言いふらしたりするようなことです。

とにかくこの手の嘘つきの人は「あなたよりも私のほうが圧倒的に上なの」と常に上から目線でいたい人です。
自分が上にいて、とにかく下の人間を作らなければ気が済まない心理が働いています。
子供のようなものなのです。

心理が子供に直結しているのでこの手の人は強い自尊心やプライドを持っており、
「他人の上に立ちたい」「グループの中心人物にいたい」という欲望が強く、
そのために嘘をつくのです。

【嘘をつく人】⑬自己防衛本能【特徴・心理】

そしてどんな人間であれ、嘘をつく理由の一つが「自分を守る為」です。
自己防衛本能から無意識に嘘をついてしまうのです。
その時はきっと脳内は冷静ではないため、
とにかく自分を守るためにありえない嘘をつくパターンが殆どです。


誰もが一度は経験する「大きなミス」もしくは「約束を破ったとき」。
人は大きな壁にぶち当たるとその精神をも守る為、
精神的に傷つけられるのを恐れて、嘘という理由の壁を作って情報をシャットダウンするのです。
壁を作る自己防衛の心理が働く為、なんとか自分の自我を保ち続けなければいけないために嘘をつきます。

手違いで大きなミスをしてしまった、発注を間違えた―――上司から理由を求められたとき、
「違うことを考えていた」「こうだと思っていた」「こういう事態があってこんなことになってしまった。だから自分は悪くない」
と自己防衛で説明をするのです。

嘘をついても何かとびくついてしまい、怯えてしまうのがこの手の嘘をつく人の心理です。
不可抗力で嘘をついてしまったわけですから、後悔の念でいっぱいでしょう。

【嘘をつく人】さいごに【特徴・理由】

いかがでしたでしょうか。
嘘をつく人のタイプにあなたが嘘をついた場合、当てはまるものがあるかもしれません。人間、嘘をつかずに生きていくのはとても難しいですよね。
そのため、男女問わず子供の時でも嘘をついてしまったことが、少なからずあるでしょう。人間、できるだけ嘘つきでいたくはないものですが、どうしても嘘をつかない場面に遭遇することも否めません。

そして嘘をつく人の心理は、まるで子供のようでもあります。
そう思った方は多いのではないでしょうか。
私もそうだとおもいます。
いくら大人であっても嘘をつくとき、人は子供に戻るのです。

これまで挙げたように嘘をつく事は悪い事ですが、嘘をついた事を周囲に打ち明ける事はあまり賢明ではありません。正直者が馬鹿を見る、ということわざの通り、正直に伝えて損をする可能性もあります。

一度嘘つきだと思われると、その信頼を取り戻すのにかなりの時間がかかります。
そのため嘘をついても切り抜けるだけの精神力の強さを持っていきたいものですね。
男女、子供時代を問わず嘘をつくことはいけませんが、嘘をつかずに生きていくのは不可能ですから。

あなたの周囲にも!困った人の特徴はこちら!

嫉妬深い女性の心理・特徴9選!対処方法も解説!【必見】
ぶりっ子の特徴・仕草17選!あるある行動まとめ!【納得】
遊び人女性の特徴7つ!意外な特徴が明らかに!
わがままな女の特徴!モテる理由7選!自己主張が強いが嫌われない?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ