誰とも話したくない心理の対処法20個!向いている仕事は?

誰とも話したくないと思うことは誰にでもあることですが、そんな時仕事があったら困りますよね。 今回は、そんな誰とも話したくないときの対処法をご紹介します。 ずっと誰とも話したくないという人におすすめのお仕事もご紹介するので参考にしてみてくださいね。

誰とも話したくない心理の対処法20個!向いている仕事は?のイメージ

目次

  1. もう誰とも話したくない
  2. 【誰とも話したくない理由】常に気を遣うから
  3. 【誰とも話したくない理由】嫌われたくないから
  4. 【誰とも話したくない理由】劣等感を抱きたくないから
  5. 【誰とも話したくない理由】病気:対人恐怖症
  6. 【誰とも話したくない理由】病気:場面緘黙
  7. 【誰とも話したくない理由】病気:うつ
  8. 【誰とも話したくない理由】病気:PMS
  9. 【誰とも話したくない心理の対処法】①家から出ない
  10. 【誰とも話したくない心理の対処法】②ケータイの電源OFF
  11. 【誰とも話したくない心理の対処法】③仮病を使う
  12. 【誰とも話したくない心理の対処法】④マスクをする
  13. 【誰とも話したくない心理の対処法】⑤体を休める
  14. 【誰とも話したくない心理の対処法】⑥暖かい恰好になる
  15. 【誰とも話したくない心理の対処法】⑦暖かい飲み物を飲む
  16. 【誰とも話したくない心理の対処法】⑧暖かい食事をとる
  17. 【誰とも話したくない心理の対処法】⑨朝日を浴びる
  18. 【誰とも話したくない心理の対処法】⑩生活リズムを整える
  19. 【誰とも話したくない心理の対処法】⑪ホルモンを整える
  20. 【誰とも話したくない心理の対処法】⑫ストレスを発散させる
  21. 【誰とも話したくない心理の対処法】⑬運動する
  22. 【誰とも話したくない心理の対処法】⑭気持ちを書き出す
  23. 【誰とも話したくない心理の対処法】⑮話したい人と話す
  24. 【誰とも話したくない心理の対処法】⑯病院へ行く
  25. 【誰とも話したくない心理の対処法】⑰気分転換をする
  26. 【誰とも話したくない心理の対処法】⑱自分の良い所を書き出す
  27. 【誰とも話したくない心理の対処法】⑲掃除する
  28. 【誰とも話したくない心理の対処法】⑳「まあいっか」を口癖に
  29. 誰とも話したくない人が向いている仕事
  30. 【おわりに】

もう誰とも話したくない

もう誰とも話したくないと思うときって誰にでもありますよね。
それが原因で仕事に行きたくなくなってしまったり、メールや電話すら苦痛に感じることもあります。
これってうつ病なのかもしれないと悩むこともあるかもしれません。

しかし、人と関わらないとなかなか生きていくことは難しいですよね。
仕事もそうですし、もちろん学校もそうです。家族と住んでいる人は家族とも関わる必要もあります。

もう誰とも話したくないという気持ちの時、どうすれば良いのでしょうか。
今回は誰とも話したくないという気持ちの理由とその気持ちへの対処法20をご紹介します。
良ければ参考にしてみてくださいね。

【誰とも話したくない理由】常に気を遣うから

誰かと話すということは少なからず気を遣いますよね。
話の内容が適切かどうか、笑うところでちゃんと笑えているかどうか、面白いネタを提供できているかどうかなどなど。話の内容だけでなく、人と話すときの服装や身だしなみもある程度エチケットを守らなければいけません。
人と関わるためには様々なことに気を配る必要があるんですね。

そうしたストレスがあまりにもたまりすぎるともう人に気を遣うのが嫌になってしまいます。
誰とも関わりたくない、自由な服装で好きなことだけを話していたい。相槌を打つのも顔色をうかがうのももう嫌だ。そんな気持ちが理由で、誰とも話したくないと思ってしまいます。

【誰とも話したくない理由】嫌われたくないから

誰かと話すということはそれなりのプレッシャーがかかります。
話題に適切に反応し、適度に相槌を打ち、自分もまた適度に話をするが、話過ぎてはいけない。目を合わせなければなりませんが、合わせすぎてもいけません。
多くの人はこうしたことを無意識のうちに習得して人とコミュニケーションをとっているんですね。

しかし、そうしたコミュニケーション能力に不安がある人は嫌われてしまわないかと不安でたまらなくなります。
もし、誰かと話すことで不快に思われてしまったらどうしよう、興味を無くされてしまったらどうしよう。そんな気持ちでいっぱいです。
そんな風に嫌われたくないという思いが強すぎると、それが理由で誰とも話したくないという気持ちになります。

【誰とも話したくない理由】劣等感を抱きたくないから

人に嫌われないように気を遣って話すととても疲弊します。
自分の気持ちを素直に話すことが出来ず、「いじられキャラ」として不快な思いをすることもあるでしょう。
そうして人を小ばかにすることで笑いをとるというコミュニケーションもあります。
自分の欠点を笑われることで劣等感がとても強くなってしまい、もう誰とも関わりたくないと感じてしまうのです。

また、様々な人と関わる中で自分が得たいものを持っている人もいます。
例えばお金であったり愛であったり地位や名声かもしれません。
そうした自分の持っていないものを持っている人と関わることで劣等感を感じてしまうのです。
人と比べて辛くなるくらいなら自分の殻に閉じこもっていた方がましだという理由から誰とも関わりたくないと考えてしまうんですね。

【誰とも話したくない理由】病気:対人恐怖症

対人恐怖症というのは、精神疾患の一つで、恥ずかしい思いをしたくないという気持ちが強すぎるばかりに人と関わりたくないと思ってしまう病気です。
例えば、人と話すと顔が赤くなってしまうという症状であったり、人と話すとき自分が泣いていると錯覚することもあります。

自分が他人に何か不快な思いをさせてしまっているのではないかという不安がとても大きいことが理由で、誰とも話したくないという心理状態になってしまうのですね。

【誰とも話したくない理由】病気:場面緘黙

話したくないではなく、話せないという心の病気もあります。
これは不安な状態に置かれる事や、親が心配性であったり不安障害や、障害でなくても不安に思いやすい正確の時に発症しやすいものです。
特に子供に多く見られ、年齢とともに治ることが一般的ですが、体が成長しても場面緘黙が治らず悔しい思いをしている人も多くいます。

なぜかいつも話しかけると黙りこくってしまったり、話し始めるのにとても時間がかかってしまう人の場合にはこの場面緘黙が理由かもしれません。
本人は何とかしたいと思っているのに様々なことに気を遣ってしまい、なかなか口から言葉が出てこないんですね。

【誰とも話したくない理由】病気:うつ

誰とも話したくないという気持ちになることは誰にでもあります。
仕事が忙しかったり、嫌なことがあったりした時には、どんな人でももう人と関わりたくないと思うでしょう。
それは健全な心の働きであり、病気ではありません。

しかし、人と関わりたくないという気持ちがずっと続く場合にはうつ病になっている恐れがあります。
特に、真面目な性格で、仕事などに対して熱心に頑張っている人ほどなりやすい病気です。

特に、憂鬱な気分がずっと続く場合や食欲が無かったり、やる気が全然起きなかったり、なかなか眠れなかったりする場合にはうつ病である可能性が高いです。
その他にもずっと倦怠感を感じていたり、仕事に行こうと思うとなかなか足が動かなかったりする症状が続いた場合にもうつ病かもしれません。

うつという病気は心の風邪と言われるほど一般的な病気なので、自分がかかるはずがないと思っている人もかかることがある病気です。

【誰とも話したくない理由】病気:PMS

女性の場合、PMSという月経前症候群が理由かもしれません。
PMSというのは月経前に気分が落ち込んだり、もう誰とも話したくないと思ったり、体がつらくて重かったりする症状のことを言います。
誰とも話したくないという症状が月経前の一週間~二週間続くようであれば、PMSの可能性が高いでしょう。
この症状は程度の差はあれども女性なら誰にでも起こる症状です。
PMSが原因で仕事が手に着かなかったり、あまりにも酷い場合にはうつに近い症状が出ることもあります。

【誰とも話したくない心理の対処法】①家から出ない

誰とも関わりたくないという気持ちの時はもう人と関わらないでいるのも一つの対処法です。
もし誰とも関わりたくないという理由が一時的な心の不調だとしたら、人と関わらないことで治ることもあります。
誰かと話さなければならない仕事の日以外は思い切り自分を甘やかしてあげましょう。
誰とも関わりたくないならそれでいいのです。
どこかへ無理して遊びに出かけたり、親しい友人とご飯に行く必要もありません。
誰とも関わりたくないという心に素直になるのも大切です。

【誰とも話したくない心理の対処法】②ケータイの電源OFF

SNSの発達によってどんな時でもどこに居ても気軽に人と連絡が取れるようになりました。
ケータイがあるとお休みの日に仕事の電話がかかってくることもありますし、友人の楽しそうな様子の写真を突然見せつけられる事もあります。
特にケータイはどこへでも持ち運べるものなのでついつい暇つぶしに見てしまうことも多いのではないでしょうか。

しかし、人と関わりたくないと思っているのに人から連絡が来るようなケータイが近くにあっては休めるものも休めません。
誰とも関わりたくない時にはケータイの電源を切ってしまいましょう。
そうすれば、外とのかかわりも断つことが出来るので思う存分一人の時間を過ごすことが出来ます。
電源を切るのに抵抗がある人は機内モードにしておくのがおすすめですよ。

【誰とも話したくない心理の対処法】③仮病を使う

心はつらくても仕事を休んだりすることがなかなかできない場合には、体調がすぐれないと周囲の人に知らせておくのも良い手です。
特に風邪などの場合は周囲の人も病原菌を持っている人に関わりたくないと思うはずですよね。
風邪でも出ていかないといけないような忙しい仕事ならなおさらです。

【誰とも話したくない心理の対処法】④マスクをする

マスクをつけることで、体調不良というアピールにもなりますから、話しかけられる事も少なくなります。
話しかけられることが無ければ関わりたくないという欲求を満たすことができますよね。
また、マスクをつけることには体調不良を演出する以外にも、表情を隠すという効果があります。

表情を上手く作れるか心配な人はマスクをすることで安心して人と会話できるようになるでしょう。
仕事先でお客さんに会うときなどは失礼になるかもしれませんが、それ以外は付けていても変ではありません。

【誰とも話したくない心理の対処法】⑤体を休める

誰とも話したくないのは体が疲れているからかもしれません。
人間の身体と心はとても深く関係しているため、体の疲れによって心もとてもネガティブになってしまいます。

仕事の疲れが溜まっていたり、風邪気味の時などにはしっかり睡眠をとったり、ゆっくり休んだりして体調を整えましょう。
すると、体が元気になっていくのに比例して心も元気になっていきます。

【誰とも話したくない心理の対処法】⑥暖かい恰好になる

寒いと人間はマイナスのことを考えやすくなり、うつなどにもなりやすくなると考えられています。人と関わりたくないと思うのは寒さが原因かもしれませんね。
寒さを感じると人の脳から、楽しさや嬉しさを感じる物質が分泌されにくくなります。
もし、冷え症など体の症状で思い当たることがある場合にはしっかりと体を温めるようにしましょう。


また、冬ではなくても職場の冷房が効きすぎていたり、電車やカフェなどの気温がとても低い位置に設定されていることもあります。
寒さは我慢せず、温かい服装で過ごしましょう。

【誰とも話したくない心理の対処法】⑦暖かい飲み物を飲む

体を温めるためには、服装だけでなく、飲み物にも気を配ると良いでしょう。
冬場など、寒さを感じた時には生姜湯などを飲んで体を内側から温められるようにしましょう。
暖かい飲み物は人の身体を内側から温めてくれます。

ただし、温かい飲み物と言ってもホットコーヒーなどのカフェインが入っているものは避けた方が良いでしょう。
カフェインは冷え症を悪化させ、より寒さを感じやすくさせてしまいます。
ホットミルクや白湯、生姜湯などがおすすめです。

【誰とも話したくない心理の対処法】⑧暖かい食事をとる

体が冷えると思考が悪い方向へ悪い方向へといってしまい、人と関わることが億劫になってしまいます。
体を温める為にも暖かいものを食べるようにしましょう。
暖かい食事をとることで体の内側からあったまることが出来ます。

また、お腹がすいている時にも人はネガティブな状況になりやすいので、体を温め、空腹も満たすことが出来る暖かい食事というのは対処法としてもってこいなのです。

【誰とも話したくない心理の対処法】⑨朝日を浴びる

朝日を浴びることは、一番手っ取り早い方法です。
朝日を浴びることで、人は自分の体の中にある幸せホルモンというものを分泌させることが出来ます。
幸せホルモンが多くなると憂鬱な気分になりにくくなるので、人に会いたくない時の対処法として効果があると言えるでしょう。

【誰とも話したくない心理の対処法】⑩生活リズムを整える

また、朝日を浴びることで生活リズムも整います。
朝日を浴びることで身体が朝を認識してくれるんですね。
生活リズムが整うと精神状態も良くなり、安定した気持ちで過ごすことが出来ます。
そうすれば、人と関わりたくないと思う日も減っていき、憂鬱な気持ちを脱することが出来るでしょう。
また、生活リズムを整えると美容や健康にも良いので、ぜひ実践してみてください。

【誰とも話したくない心理の対処法】⑪ホルモンを整える

ホルモンバランスが乱れてしまうと、精神が不安定な状態になりやすくなってしまいます。
些細なことでイライラしたり落ち込んでしまったりと落ち着けることがないため、疲れもします。
特に女性の場合は生理前にこういった症状に悩まされることが多く、酷い場合には薬を処方される場合もあります。

ホルモンバランスを整えるためにはバランスのとれた食事や規則正しい生活などが必要です。

また、どうしても気があらぶってしまい、泣いたり怒りが収まらなかったりしてしまう時にはハーブなどの香りのあるものを活用するのも良いでしょう。
ただ、カフェインなどを多量に含むものは避けるよう気を付けましょう。

【誰とも話したくない心理の対処法】⑫ストレスを発散させる

ストレスがたまると人はもう誰とも関わりたくないと思います。
人と話すということはそれなりに気を遣いますし、話題を合わせたりと結構大変なことなのです。
ストレスがいっぱいの時には発散させましょう。
思い切り自分の好きなことをして発散させることでストレスでいっぱいだった心もだんだんとリラックスしてきます。
スポーツでもよいですし、絵をかいたり散歩したりするでもいいです。
自分がストレスを発散できることを目いっぱいしましょう。

【誰とも話したくない心理の対処法】⑬運動する

運動をすると人の身体は暖かくなりますよね。
すると、寒いという感覚からは離れるので、ネガティブな考えになりにくくなります。
また、運動をすると脳からは幸せホルモンが分泌されやすくなり、物事を前向きに考えられるようになると言われています。

気分が沈んでしまった時などには家の中でも良いので、少し体を動かしてみると、ポジティブに考えられるようになるかもしれませんね。

【誰とも話したくない心理の対処法】⑭気持ちを書き出す

人と話したくない時には不安であったり恐怖であったり怒りであったりと、様々な感情が心の中でもやもやと渦巻いています。
そうしたマイナスの感情を何とかしたい場合には、自分が思っていることを全て紙に書き出してぶつけてしまいましょう。

誰が見るものでもないので正直に自分の気持ちを書き出して行きましょう。
そうして黒く塗りつぶされた紙は、くしゃくしゃにしてゴミ箱へ捨ててしまいましょう。
嫌な気持ちと一緒に捨てることをイメージして、気のすむまでするとすっきりすることが出来ます。

【誰とも話したくない心理の対処法】⑮話したい人と話す

人と話したくないというのは、全ての人では無いのかもしれません。
仕事の関係の人と嫌な思いをしたからもう人と話したくないと思っていたり、友人と関係がこじれたから誰とも話したくないと感じているのかもしれません。
そうした、話したくない関係の人がはっきりしている場合は、話したい人と話してみるのも手です。

大学時代の友人とは話したくないけれど、高校時代の友人とは話したいという気持ちであれば話してみましょう。
無理をして話したい人を探す必要はありませんが、話したい人が居るならその人に話を聞いてもらうことで心もすっきりするかもしれません。

【誰とも話したくない心理の対処法】⑯病院へ行く

うつやPMSなどの病気の場合には必ず専門機関に行き、診察を受けましょう。
うつや対人恐怖症、PMS、場面緘黙などの病気は治そうと思っても自力では難しい病気です。
また、対人恐怖症やPMS、場面緘黙やうつなどの病気は併発することもあります。
しかし、適切な治療を受ければ問題なく日常生活が送れるようになりますし、仕事もすることが出来るのです。
自分が何か病気にかかっているかもしれないと思った場合は病院へ行きましょう。

特に、うつの状態というのは正常な判断力の低下している状態です。心の病気なら精神力で治せと言う人が居ますが、はっきり無理だと断言できます。
うつというのは脳の形が変わってしまう病気です。時間をかけて適切な治療を受ければ治りますが、精神力で何とかなるような病気であれば医者は必要ありませんよね。うつの前で精神論は無意味です。

うつの症状が出ていると感じたら、または周囲にすすめられたら素直に病院へ行きましょう。
うつは命にも関わる危険な病気なので、仕事を休んででも病院へ行き治療を受けた方が良いでしょう。

【誰とも話したくない心理の対処法】⑰気分転換をする

人と関わりたくない場合は、もうどこかへ行ってしまいましょう。
自分のことを誰も知らないところへドライブに行くのもいいですし、電車で行けるところまで当てもなくいってみるのもいいですね。
普段はしないようなことをして気分転換をすることで、人と関わりたくないという気持ちしか見えていない状態から脱出することが出来ます。

【誰とも話したくない心理の対処法】⑱自分の良い所を書き出す

自己肯定感の低さから、理想の自分との間にギャップを感じることが、人と関わりたくないと思う理由の一つです。
自分なんてだめな人間なんだと感じてしまったり、自分の欠点ばかりに目がいってしまう場合には自分の良い所を書き出していきましょう。
思い浮かばない場合は今日できたことでも良いです。
顔を洗った。布団から出た。ご飯を食べた。なんでも良いので、自分が出来たことや自分の良い所を書き出していき、自分を肯定してあげましょう。

【誰とも話したくない心理の対処法】⑲掃除する

掃除するという行為は、一見人と関わりたくないという気持ちとは関係の無いように見えますが、実はとても大きく関係しています。
というのも、人と関わりたくないという気持ちは自己肯定感の低下から起きていることがほとんどです。
人の評価ばかりを気にしてしまうと、自分の価値がわからなくなってしまい、自分に価値なんてないのではないかとさえ思ってしまいます。

そうした時、掃除をすることで自己肯定感をちょっとずつ高めることが出来ます。
机の上のコップを台所に持っていくことが出来た。洗濯物を一枚畳めた。いらないゴミをゴミ箱へ入れられた。
そうした一つ一つの自分の行動によって部屋が綺麗になると達成感を得ることが出来ます。
自分もやればできるという自己肯定感を得ることで、人と話すことへの不安が解消されていくのです。

【誰とも話したくない心理の対処法】⑳「まあいっか」を口癖に

誰とも話したくないという人はとても真面目で人の顔色を窺いすぎているのかもしれません。
完璧な会話ができるように気を遣ってしまって疲れていたり、仕事でも円滑なコミュニケーションを意識していたりと、とても真面目なんですね。

そうした完璧に会話できなかったことや発言に後悔してしまって人と関わりたくないと思った場合には「まあいっか」と言ってみましょう。
人は失敗して成長していくもの。失敗は成功の為に必要なのです。失敗したけれど、これから先に役立てればいいし。「まあいっか」と考えましょう。

誰とも話したくない人が向いている仕事

誰とも話したくない人は、できるだけ人と関わらない仕事がいいですよね。
そうした人におすすめなのは、トラック運転手や農作業員、清掃員や深夜警備員等です。

特にトラック運転手はほとんどが一人で運転するだけなので、運転技術に自信がある人にはおすすめです。

また、農作業なども体力仕事ですが、一人でもくもくと作業することが出来るので気が楽でしょう。
その他にも警備員などの仕事でも、深夜の時間帯であれば人もほとんど残っていないので人と話す必要もないでしょう。
清掃員なら、大変さはありますが女性でも男性でもできる仕事ですね。

本当にもう人が苦手でどうしようもないという人はこうした職に就くのも良いかもしれませんね。

■関連記事:自分に向いている仕事は?こちらもチェック!

飽き性の特徴11選! 飽き性の治し方や、向いてる仕事
人と関わりたくない心理の対処法5つ!向いている仕事は?

【おわりに】

以上「誰とも話したくない心理の対処法20個!向いている仕事は?」でした。
誰とも話したくないと思うことはほとんどの人が経験することですが、その気持ちが続くと辛いですよね。
そういった気持ちの時は無理せず自分の気持ちに素直になってゆっくり休んだり、人と関わらない仕事などを選ぶのもいいかもしれません。

もっと悩みの克服方法について知りたいあなたへ!

時間にルーズな人の特徴7選!「時間にルーズ」を克服するには?
電話嫌いな人の心理とは?克服方法も解説!【男女別】
心配性を克服する方法9選!心配性の心理も教えます
不器用な人の特徴9つ!克服方法や向いている仕事は?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ