まつげを抜く癖の原因・心理!デメリット5つと対策も解説!

仕事や勉強、家事などで忙しい日々を送る内にストレスがたまると、無意識にまつげを抜く癖はありませんか?余りにもまつげを抜くのが癖になっているようであれば、それは病気の可能性もあります。 今回はまつげを抜く癖の原因と対策法についてご紹介します。

まつげを抜く癖の原因・心理!デメリット5つと対策も解説!のイメージ

目次

  1. まつげを抜く癖の原因・心理は?
  2. まつげを抜くのは痛くないの?
  3. なぜまつげを抜くのが気持ちいいのか?
  4. まつげを抜くと濃くなる?
  5. まつげを抜く癖のデメリットは?
  6. まつげを抜く癖のデメリット①目が炎症を起こしやすくなる
  7. まつげを抜く癖のデメリット②目元の印象が悪くなる
  8. まつげを抜く癖のデメリット③老け顔になりやすくなる
  9. まつげを抜く癖のデメリット④精神的疾患になる可能性がある
  10. まつげを抜く癖のデメリット⑤まつげが生えなくなる
  11. まつげを抜く癖の対策法は?
  12. まつげを抜く癖の対策法①太陽の光を浴びる
  13. まつげを抜く癖の対策法②運動する
  14. まつげを抜く癖の対策法③食事に気を使う
  15. まつげを抜く癖の対策法④パソコン・スマホを長時間使用しない
  16. まつげを抜く癖の対策法⑤夜更かししない
  17. まつげを抜く癖の対策法⑥目の周辺を触らない
  18. まつげを抜く癖の対策法⑦まつげに負担がかかるメイクをしない
  19. まつげを抜く癖の対策法⑧メイク落としはしっかり行う
  20. まつげを抜く癖の対策法⑨まつげ美容液を使う
  21. まつげを抜く癖の対策法⑩まつげサロンへ行く
  22. まつげを抜く癖の対策法⑪専門機関に相談する
  23. まつげを抜く癖の対策法⑫まつげを抜いても良いと考える
  24. まつげを抜くのは抜毛症?
  25. 抜毛症になりやすい世代は?
  26. 子どもが抜毛症になる原因は?
  27. 抜毛症になりやすい性格は?
  28. 抜毛症の女性の実録再現VTR
  29. まとめ

まつげを抜く癖の原因・心理は?

まつげを抜く癖の原因は、緊張やストレスから自分の気持ちを落ち着かせるための心理的な行動だと考えられています。

イライラすると爪を噛む人もいますが、これもまつげを抜く癖と同じく、ストレスを抑えるための心理から来る行動と言えます。

まつげを抜く、爪を噛むなどの行動をすることによって一時的に落ち着いたり、気持ちいいと感じるために何度も繰り返す結果、それらの行動が癖となって定着してしまうのです。

まつげを抜くのは痛くないの?

まつげを抜く癖がない人からしてみれば、「まつげを抜くって痛くないの?」と思いますよね。

しかし、まつげを抜くことが習慣のようになっている場合、人にもよりますが、痛いというより気持ちいいという心理があるようです。

まつげを抜くことでストレスから解放された気分になり、その気持ちいい感覚が忘れられず、癖になってしまうのです。

なぜまつげを抜くのが気持ちいいのか?

まつげだけでなく、髪の毛やまゆげを抜くのが気持ちいいという人もいます。
最初は痛いという感覚の方が強いのですが、抜き続けている内に慣れてしまい、痛いより気持ちいいと感じる心理の方が強くなるようです。

・毛が抜ける時のプツンという感覚が気持ちいい
・毛根鞘(毛根に付いているゼリー状のもの)ごと抜けるのが気持ちいい
・毛根鞘ごと抜けると汚れを取り出せたようで気持ちいい
・抜いた毛に毛根鞘が付いているのを見ると気持ちいい
・毛がなくなって肌がツルツルになるのが気持ちいい
・かゆくなった肌の周辺の毛を抜くとかゆみが消えて気持ちいい
・毛を抜いた痛みから解放される瞬間が気持ちいい
・枝毛やくせ毛を抜くのが気持ちいい

というように、人によって気持ちいいと思う心理にも違いがあるようです。



■参考記事:髪を触る癖にはどんな心理が?コチラも参照!

髪を触る癖がある人の心理と原因!ストレスのせい?

まつげを抜くと濃くなる?

まつげを抜いて濃くなるということはありません。

むしろ、まつげを力任せに抜くと毛根にダメージを与えることになり、まつげは細くなり生えにくくなってしまいます。

ではまつげを切れば濃くなるかというと、濃くなったようには見えますが、まつげ自体は濃くなりません。

まつげに限らず人間の毛は先端が細くなっていますので、途中で毛を切ると毛の太い断面が見えるために毛が濃くなったように見えるだけです。

まつげを抜く癖のデメリットは?

一旦まつげを抜く癖が定着してしまうとその行動を治すのはなかなか難しいですが、まつげを抜くことで一時的に気持ちいい気分になれても、それ以外に得られるメリットはなく、デメリットの方がはるかに多いです。

そこで、まつげを抜くことでどんなデメリットがあるのかご説明します。

まつげを抜く癖のデメリット①目が炎症を起こしやすくなる

まつげは本来目を守るために生えているものですので、目に入るホコリなどのゴミや太陽の光、紫外線を遮る効果を持っています。

まつげを抜いてしまうということは、常に目を無防備に晒していることになりますので、目にゴミが入りやすくなったり、花粉やハウスダストなどのアレルギーを持っている人は、目が炎症を起こしやすくなるデメリットがあります。

また、まつげを抜くときに手に付着している菌やウイルスが目に入る可能性も考えられますので、結膜炎などの眼病にも感染しやすくなるデメリットもあります。

まつげを抜く癖のデメリット②目元の印象が悪くなる

まつげは顔の一部ですから、人によく見られる部分でもあります。

人と会うときにまつげがないと「変だと思われるのでは」と本人も不安な心理が生まれ、相手もまつげが無いことに気付いた場合、何となく気まずい気持ちになるかもしれません。

特に人と会話するときには目を見て話しますので、自然と目元は見られていますし、女性の場合はアイメイクで顔全体の印象が随分変わりますので、まつげがないと華やかな印象がなくなり、目元の印象が寂しくなります。

このように、まつげが無いことによって対人関係で心理的デメリットが生まれることも考えられます。

また、まつげが無い状態を隠すために一時的につけまつげやエクステなどで隠すこともできますが、つけまつげやエクステは付け続けると自分のまつげを痛めることになり、まつげが生えにくくなってしまうデメリットもあります。

まつげを抜く癖のデメリット③老け顔になりやすくなる

顔には肌のハリを保つ表情筋がたくさんありますが、目の周りにある眼輪筋は繊細なため、まつげを抜くときに引っ張る力で、眼輪筋の繊維が切れてしまうデメリットがあります。

眼輪筋が切れたり衰えたりすると、目元のたるみ、しわ、クマができやすくなります。

また、瞼の開閉がしっかりできなくなることもあり、ドライアイになりやすくなるデメリットもあります。

特に瞼のハリがなくなると、アイシャドウの乗りが悪くなる、アイラインが引きにくくなるなどのデメリットがあります。

まつげを抜く癖のデメリット④精神的疾患になる可能性がある

まつげを抜く癖が重症化すると、それは精神的疾患と考えられる場合があります。

最初はストレスを感じたときに1、2本抜いていただけだったのが、一気に10本、20本と抜いてしまったり、まつげが生えているだけで抜きたくなってしまうほどまつげを抜く癖が重症化した場合は自分だけで治すことは難しいので、メンタルクリニックで心理療法を受ける必要があります。

まつげを抜く癖のデメリット⑤まつげが生えなくなる

まつげを抜き続けていると、まつげの毛根が引っ張られるストレスに晒されて生えてこなくなってしまったり、皮膚の中で伸びて埋没毛になってしまうデメリットがあります。

まつげが生えにくくなってしまった場合はまつげ美容液を使ったり、まつげが埋没毛になってしまった場合は、眼科で治療する必要があります。

まつげを抜く癖の対策法は?

まつげを抜く癖の原因や心理、デメリットについて説明しましたが、「もうまつげを抜くのは止めよう」と思っても、いざとなると無意識にまつげを抜いてしまったりと、なかなか癖を治すのは難しいと思います。

そこで、まつげを抜かないための対策法をご紹介します。

まつげを抜く癖の対策法①太陽の光を浴びる

太陽の光を浴びると、人間の体内ではセロトニン神経というものが活性化されます。

私達人間が太陽の光を浴びたときにホッと温かい気持ちになるのは、太陽の温かさだけでなく、体内でセロトニン神経が活性化されているからとも考えられています。

セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、精神的不安やストレスを沈め、心を落ち着かせてくれる作用がありますので、積極的に太陽の光を浴びるようにしましょう。

まつげを抜く癖の対策法②運動する

嫌なこと・悲しいことを家にこもってモヤモヤと考え続けていると、そのネガティブな記憶が脳に定着され、更に精神的ダメージになってしまうと言われています。

ネガティブなことから気をそらすためにも、スポーツやストレッチなど運動して体を動かすことをおすすめします。

嫌なことを忘れられるだけでなく、運動をすることでストレスが解消される効果もあります。

また外出すれば人目がありますから、自然とまつげを抜く行動を防ぐこともできます。

まつげを抜く癖の対策法③食事に気を使う

コンビニ弁当やファストフードなど添加物の多いジャンクフードは控え、バランスのよい食事を心掛けることも大切です。

まつげに良い食品は、肉や魚、卵などたんぱく質を含む食品です。

まつげなどの毛の主成分はケラチンというたんぱく質からできています。

たんぱく質が不足すると毛が細くなり、ハリやコシがなくなります。

たんぱく質は臓器や血液を作る元でもあるので、優先的にそちらに吸収されてしまい、命に関わらない体毛への吸収は後回しになってしまいます。

そのためたんぱく質は少しだけ取るのでなく、積極的に取るように心がけましょう。

また、食事で取り入れたたんぱく質を吸収しやすくするためにはビタミンが必要になります。

ビタミンは肌の乾燥や皮脂の過剰分泌を防ぎ、血行を良くしてくれる作用があります。

まつげに栄養を行き渡らせるためにも、積極的にビタミンも摂取しましょう。

・ビタミンA
新陳代謝を促し、肌の乾燥トラブルを防ぎます。
ビタミンAを含む食品 豚肉、鶏肉、うなぎなど

・ビタミンB群
たんぱく質の吸収を高め、細胞の新陳代謝を促進します。
ビタミンB群を含む食品 レバー、さんま、バナナなど

・ビタミンC
たんぱく質やコラーゲンの構成を促進するはたらきがあります。 
ビタミンCを含む食品 アセロラ、のり、ピーマンなど

・ビタミンE
血行を促進し、全身に栄養を行き渡らせるはたらきがあります。
ビタミンEを含む食品 煎茶、ひまわり油、アーモンドなど

ミネラルを含む食品もまつげによいとされています。

・亜鉛
細胞の新陳代謝を活発化させ、たんぱく質の吸収を高めてくれます。
また、抜け毛を抑制するはたらきがあります。ストレスで失われやすい栄養ですので、サプリメントで意識的に取り入れても良いです。

亜鉛を含む食品 牡蠣、かつお、チーズ、パプリカなど

・鉄分
血中のヘモグロビンを生成し、血行を良くしてくれます。
血行が悪くなると毛根に栄養が行き渡らなくなってしまうので、まつげには必要不可欠な成分です。

鉄分を含む食品 鮎、あさり、こんにゃく、バジルなど

・セレン
老化を防ぐ抗酸化作用を持っているので、まつげや肌を若々しく保つはたらきがあります。
セレンを含む食品 まぐろ、かつお節、牛肉、卵など

また大豆、乳製品、バナナなどはトリプトファンという成分を含んでいます。

トリプトファンは体内でセロトニンを生成する原料となり、セロトニンが生成されることで不安感が抑えられ、精神的に落ち着きやすくなります。

また、ココアにはテオブロミンやカカオポリフェノールといったストレスを解消する成分が含まれています。

まつげを抜く癖の対策法④パソコン・スマホを長時間使用しない

パソコンやスマホを長時間使用していると目が疲れ、体が前のめりになり、目の周辺や肩、首がこりやすくなる原因になります。

眼精疲労やコリは血行不良が原因ですので、まつげにも栄養が行き渡りにくくなってしまいます。

パソコンやスマホを使う場合は使用時間を制限するか、30分ごとにストレッチをするなどの習慣を付けるようにしましょう。

まつげを抜く癖の対策法⑤夜更かししない

夜更かしはストレスがたまる原因にもなりますので、ストレスを解消するために結果的にまつげを抜いてしまうことも考えられます。

また、まつげが生えるために必要な成長ホルモンは夜中の22時~2時に生成されると言われていますので、まつげを生やしたい方は夜更かしを控えるようにしましょう。

まつげを抜く癖の対策法⑥目の周辺を触らない

花粉症やハウスダストなどのアレルギーを持っている人は、目を強くこするとまつげが抜けたり、肌がストレスを感じてシミができやすくなる他、目元のハリがなくなってシワができやすくなる原因になります。

目がかゆくなっても目をこすったりせずに洗浄液で目を洗うか、目薬を点眼しましょう。

まつげを抜く癖の対策法⑦まつげに負担がかかるメイクをしない

ばっちりアイメイクが決まった目元はとても魅力的ですが、実は目や瞼の周辺の肌には相当のダメージが掛かっています。

アイラインをインサイド(まつげの生え際の内側)まで引くと目が大きく見える効果がありますが、まつげの内側の粘膜の部分にはマイボーム腺という目の乾燥を防ぐ脂を分泌する腺があり、アイラインで塞いでしまうと目の周囲が乾燥してしまいます。

目が乾燥することによってドライアイになる他、まつげが生える土台となる皮膚が乾燥していると、まつげが生えにくくなるだけでなく、生えているまつげまで弱ってしまいます。

また、まつげを長く見せるためにビューラーを使い過ぎるとまつげが切れたり、まつげを痛めてしまいやすくなります。

特にホットビューラーはまつげの水分を乾燥させてしまうため、まつげへのダメージが強いので、使用するときは短時間にします。

まつげを抜く癖の対策法⑧メイク落としはしっかり行う

アイメイクを落とさずに寝るとそれだけ肌に負荷が掛かってしまいますので、メイクはしっかり落としましょう。

メイクを落とす時もゴシゴシ擦って落とすとまつげが抜けてしまうだけでなく、シワやシミの原因にもなってしまいますので、丁寧に優しくメイクだけを拭き取るイメージで落としていきましょう。

まつげを抜く癖の対策法⑨まつげ美容液を使う

まつげ美容液には、まつげに良い成分やまつげを保湿する成分が含まれています。

また、まつげ美容液によってハリやコシを与えるタイプ、枝毛や切れ毛を補修するタイプ、エイジングケアタイプ、育毛タイプなど様々な種類があります。

まつげ美容液を塗ってもすぐにまつげが生えてくるわけではないので、数か月根気よく使い続ける必要があります。

■参考記事:マツエクも長持ち♡まつげ美容液のおすすめはコチラ!

マツエク愛用者必見!まつげ美容液おすすめランキング9選と塗り方!

まつげを抜く癖の対策法⑩まつげサロンへ行く

まつげを施術するまつげサロンは、美容院のメニューにあることが一般的です。

まつげサロンではアイリストなどまつげの施術に関するプロのカウンセリングを受け、まつげのケア方法を決めていき、専門の薬剤やトリートメントでまつげの施術をしてもらうことができます。

まつげを抜く癖の対策法⑪専門機関に相談する

まつげを抜いたことによって目に炎症が起こった場合はすぐに眼科を受診することが大切ですが、それはまつげを抜く癖の根本的な治療にはなっていません。

まつげを抜くことが止められない原因は、まつげを抜くことを止められない人が何らかのストレスや問題を抱えている心理状態であると考えられます。

メンタルクリニックや精神科では、問診やカウンセリングでストレスの原因を探る心理療法や、本人が望む場合は精神安定剤を処方してもらうことができます。

まつげを抜く癖の対策法⑫まつげを抜いても良いと考える

「まつげを抜いてはいけない」と思うと、それがかえって心理的にストレスになり、更にまつげを抜いてしまうということも考えられます。

「別にまつげを抜いても良いや」と考える方が気分が楽になり、結果的にまつげを抜く回数が減ることもありますので、色々対策はしてみたけれども、どうしても我慢できないという場合は、まつげを抜き過ぎて目が失明したり、死んでしまう訳ではありませんので、数本であればまつげを抜いてしまって構わないという心構えを持つことも大切です。

まつげを抜くのは抜毛症?

まつげを抜く癖の対策法について説明してきましたが、まつげをたまに1、2本を抜いてしまう程度であれば癖としては軽度のものですが、まつげを抜く癖が酷くなり、まつげが無くなってしまうほどにまつげを抜いてしまう場合は、抜毛症の可能性があります。

抜毛症になりやすい世代は?

抜毛症は小学生から思春期にかけての女子に多いですが、成人になってから発症する人もいます。

抜毛症を発症する原因は家庭環境や学校、職場の対人関係の悩みが多いとされていますが、子どもの場合は悩みがなくても毛を抜いてしまうただの癖から抜毛症になる場合もあります。

子どもが抜毛症になる原因は?

子どもが抜毛症になる原因には、これと決まった明確な理由や原因はないと言われています。

勉強することのストレスから毛を抜く子もいれば、家庭環境や学校生活のストレスで毛を抜く子など様々です。

もし子どもが毛を抜いてしまった場合は、決して怒らないであげてください。

怒るとますます子どもにストレスがかかり、更に症状が悪化してしまうことがあるからです。

まずは毛を抜くことを止めさせるのではなく、何か嫌なことがあったのか子どもに聞いて相談に乗ることが大切です。

症状が酷い場合は、メンタルクリニックなどの専門科を受診する必要があります。

抜毛症になりやすい性格は?

抜毛症はストレスをためやすく、それをうまく発散することができなかったり、人に言葉で伝えることが苦手な人がなりやすいと言われています。


抜毛症になりやすい性格①内向的
「こんなことを言ったら変に思われるのでは」とか「怒られたり、嫌われるのではないか」と考えて、思ったことを口に出せない、うまく言葉に表現できない心理的なストレスから抜毛症になるケースもあります。

抜毛症になりやすい性格②真面目、責任感が強い
真面目で責任感が強い人は「~でなければならない」というように自分でルールを決め、自分でも気付かないうちに自分を縛りつけてしまい、ストレスがたまりやすくなってしまう心理傾向があります。

抜毛症になりやすい性格③完璧主義
アーティストやアスリートなどに多い完璧主義な性格ですが、世の中に完璧な人間や物事は存在しません。

完璧主義は上昇志向が強いということでもあるので素晴らしいことだと思います。

しかし完璧主義の人は失敗すると、とても自分を責める傾向があります。

自分の失敗を許すことができないということは自分を責めるということですので、必ずストレスがたまっていきます。

「過ぎたるは猶及ばざるが如し」というように、完璧主義の人は何事も程ほどに済ますのが丁度良いと考えることが大切です。

抜毛症の女性の実録再現VTR

2013年6月19日に放送された『ザ!世界仰天ニュース』では、アメリカでスタイリストをしている女性マンディ・ラインさんが抜毛症と闘病する様子が再現されています。

VTR放送後は、精神科ハッピースマイルクリニック院長の千田要一先生がスタジオ出演し、抜毛症について解説しています。

まとめ

まつげを抜いてしまう癖が止められないと困っている方は、自分はおかしいのではないかと思ってしまうかもしれません。

しかし、あなたは何もおかしくはありません。

人は誰でもストレスを感じたとき、それを解消しようと無意識に何かしらの行動を起こすからです。

頭を掻きむしる、爪を噛む、まばたきが増える、歯ぎしりする、貧乏ゆすりなど、人によって様々です。

あなたの場合は、それがまつげを抜くという形で現れただけです。

後は、まつげを抜いてしまうストレスの原因と解決方法が分かれば、あなたがまつげを抜く癖は徐々に減っていくでしょう。

まつげを抜く癖を本気で直したい場合は、家族や友人など周囲の人の理解を得ることも大切ですが、症状が軽い内に自分で治そうと努力する必要もあります。

どうしても一人で頑張ることが難しいと思うときは、無理せずメンタルクリニックを受診することをおすすめします。

人の癖と心理についてもっと情報を知りたいアナタに!

唇を噛む癖がある人の心理とは?原因を解説!
ストローを噛む人の心理とは?ストローを噛む癖がある人必見!
舌を出す人の心理7選!無意識の癖なの?
「あのー」「えーと」が口癖の人の心理・理由とは?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ