人の心理を読む11の方法!心理学で行動から相手の心を知れる!

人の心理は行動、言動、しぐさ、癖などに大きく関与しています。そして人の心理に隠された心理学的要因によって人の行動や本音に対する理解が得られ、人間関係や恋愛などに大いに役立ちます。そこでここでは心理学で行動から人の心理を読むための11の方法を選びました。

人の心理を読む11の方法!心理学で行動から相手の心を知れる!のイメージ

目次

  1. 人の心理を行動から読む
  2. 【人の心理を読む1】座り方
  3. 【人の心理を読む2】表情
  4. 【人の心理を読む3】視線
  5. 【人の心理を読む4】手足などのしぐさ
  6. 【人の心理を読む5】癖
  7. 【人の心理を読む6】服装
  8. 【人の心理を読む7】話し方
  9. 【人の心理を読む8】恋愛
  10. 【人の心理を読む9】仕事
  11. 【人の心理を読む10】ゲーム、勝負事
  12. 【人の心理を読む11】趣味・嗜好
  13. 【まとめ】人の心理を読むことは身を守る

人の心理を行動から読む

人間の意識下には、過去の楽しい経験、辛い経験、欲求不満に対する反応、さまざまな葛藤、ストレス、自動的に抑圧してきた願望、心の傷などがごちゃまぜになって存在しています。
そしてそれらが、人の行動にさまざまな影響を与えています。

人の心理を読むためには、言葉、行動、しぐさなどに現れたちょっとした変化、兆候をしっかり観察して、心理学的にどんな影響なのかを考えることが必要です。

では、人の行動、しぐさ、言葉、恋愛などにはどんな心理が働いているのか、具体的に見ていきましょう。

【人の心理を読む1】座り方

座り方、座る方向、どう座るかなど、人の座り方には人の心理や本音がよく表れます。

例えば、恋人同士であれば、横に並んで座ることが多いのですが、これは、相手との一体感を持っている表れで、会話がそれほどなくても気にならず、親密な関係です。

ところが、横に並んで座っている恋人が急に体を相手に向けて、正面を見ようとしたら、相手に対して疑惑を抱いている可能性があります。

正面に向かい合って座る人は、会話がはずんでいたとしても、まだ相手との一体感はないことが多く、自分を相手にわかってもらおうとしている段階です。

なので、横に並んで座っていた恋人が急に正面を見ようとしたら、相手のことがわからなくなってきたか、あるいは、今まで気がつかなかったところを発見し、新しい関心を抱いたと考えられます。

座る位置によっても、人の心理、本音が見え隠れします。
カフェなどで、一番奥で入り口が見えるように座る人間は、相手に対して優位に立ちたいと思っています。逆に入り口を背に座ってる人は、相手に対して従順で心理的に劣位だといえます。

【人の心理を読む2】表情

人の表情というのは心理が如実に出ますが、ここでは特に「無表情」について考えてみます。

無表情な人は、自分の本音の部分の不満を相手に知ってもらいたいと思っている場合が考えられます。会社で上司の小言やおやじギャグなどにいちいち反応したくないといったときに、あえて無表情になることによって、抗議の意を表しているのです。

女性が無関心を装った表情をしたときは、一概に関心がないと決めつけるのは早計です。
相手の男性を好きな気持ちや恋愛感情をストレートに表したくないといったジレンマがある場合も考えられますので、実は好意を持ってることもあります。

【人の心理を読む3】視線

人はよく異性に対して「チラ見」をします。そういう場合はほぼ相手に性的関心があるといっていいでしょう。
イケメンやかわいい子、美人に対して、一度視線を向けて、すぐそらし、そしてしばらくしたらまた横目で見る、といった経験は特に若い男性によくあるのではないでしょうか。

上目づかいで見つめるのは、相手に対して尊敬、信頼を抱いていることが多いと心理学的に言われています。
ただ、女性がじっと見つめるとき、多くの場合は相手に対する好意であることが多いのですが、あまりにも長く、視線をはずさない場合は、何か隠しごとをしてる場合も考えられます。

【男性心理】好意は態度や視線に出る!好きな人への脈あり行動とは?

【人の心理を読む4】手足などのしぐさ

ボディランゲージという言葉があるくらい、手や足の動きは心理学的に重要な意味を持つことが多いですね。

例えば、腕組みは相手から身を守ろうという気持ちと同時に、なにかあれば反撃ができる態勢であることを表しています。

女性が肘をつきながら手を組んでいるのは相手に対する拒絶が考えられます。同様に、相手に掌を開いて見せるのも強い拒絶と見ていいでしょう。

椅子で足を組む女性は自分の容姿で男性の関心を引きたいと思っている場合があります。

足を組むことに関して言えば、堂々と足を組む人は物事に自信を持っています。逆に足の組み方が小さい人は何らかの不安を抱えている場合があります。

【人の心理を読む5】癖

人が無意識に行っている癖を心理学的に重視したのがフロイトです。癖には性的欲求、敵意、反社会的欲求、反抗が隠されています。

髪を触るくせがある人は、自分に対して敏感で、会話中に髪の毛を引っ張る癖のある女性はわがままです。自分の事を話したがったり、自分のことであれば、批判的なことでも聞きたがりますが、話題を他のことに変えられた途端に、前髪を引っ張る癖がでたりします。

耳たぶを引っ張る癖は、相手の話にうんざりしてるか、話を遮りたいと思っている可能性があります。手は相手を制するときの意思表示に使われるのですが、露骨に制するのを踏みとどまって、耳たぶを引っ張るという癖につながっています。

自分の口を隠したがる人は内気で社会に順応するタイプですが、話すときに口を手で隠す女性は、相手を自分にひきつけようとしています。これは女性的な品の良さを強調し相手をひきつけたいという隠れた欲求によるものです。

【人の心理を読む6】服装

ファッションも性格や心理状態を的確に表現していると考えられます。「ファッションは自我の延長である」とか、「服は第2の皮膚である」などと言われているのも、ファッションが心理に及ぼす影響の大きさを言い表しているのでしょう。

派手な服を着る人、あるいはサイズより大きめの服を着る人は自己顕示欲が強いのに対し、地味な服を着る人は、体制順応的で主体性の乏しい人であるといえます。

ネクタイが派手な原色の人やノーネクタイの人は自我が強い人が多く、うまくいけば大成する可能性を秘めた人ではありますが、組織からはみ出す傾向が強いタイプと言えます。

流行に敏感な人は、組織に馴染むことには得意ですが、自分に自信を持てず、それをカバーしたがっている可能性があります。また自分の好みに関係なく、やみくもに流行を追う人は孤独で、情緒不安定だったりします。

女性がガラっと髪型を変えた時と同様、服装の好みが突然変わるのは、心境の変化、もしくは新しい決意を抱いている場合が多いでしょう。

癒し系女子の特徴11選!服装・髪型・なる方法など徹底解説!

【人の心理を読む7】話し方

自分のことをどう呼ぶかにも本音が表れるものです。
「ぼく」を多用する男性は幼児的、女性的性格の持ち主です。
「私が」を多用する人は、自己顕示欲が強い人です。
「私」よりも「私たち」「われわれ」を好んで使う人は自分の主義主張がなく安易に他人の説に賛成するような人です。

「オーセンティック」、「ソリューション」、「ルサンチマン」「コンセンサス」などなど、やたら外国語を多用する人がいますが、そのように外国語を多用する人は知的な能力にコンプレックスを持っている人と言えます。

そして、敬語を多用する人をよく見かけると思いますが、敬語を多用する人は相手への警戒心を表していると考えられます。さらに、交際が深くなってもていねいな言葉遣いをやめない人は、相手に対して劣等感を持っています。

【人の心理を読む8】恋愛

好みのタイプはその人の欠けているものが表れています。例えば、あまり社交的でない人は社交的で明るい相手を望んだり、やせ型の人はぽっちゃり型の人を好んだりします。

ただ、これに合致しないのが背の低い男性の好みのタイプです。背の低い男性が、自分が背が低いからといって、背の高い女性を好むとは限りません。むしろ背の低い女性を好むのではないでしょうか。それは、背の低い男性が背丈に対して劣等感を持っているからだと考えられます。最近は昔ほどではなくなりましたが、依然としてこの傾向が強いと言えます。

男性は車の話が好きです。特に若い男性が車の話題をしたがる時の本音は、セックスの話をしたがっていると思っていいでしょう。
直接セックスの話をしたくてもできないから、車の話をすることによって同等の感情を得ていると考えられます。

女性の中には恋愛話をするのも聞くのも好きな人が多いのですが、少女期を過ぎた女性が恋愛について語るときは本音の部分で性的不満が隠れています。

恋愛話は好きな人が多いのですが、下ネタは嫌いという女性もかなり見受けられます。極端に下ネタを嫌う女性は、本音では性に強い関心を持っている場合が多いのです。そして異性に対して極端に潔癖な人は強い性的関心を抑圧しています。

女子の下ネタへの対応!男子の下ネタを上手に返しモテる女子になろう

【人の心理を読む9】仕事

職場の不平不満にもその人の本音が隠されています。例えば給料が安いと不公平を言う人の中には、仕事に熱意が持てないことを給料の安さにすり替えていることが考えられます。

あるいは、上司の悪口。上司の悪口を言う人に限って、本人は出世したくてたまらない欲求を持っていることが多いです。そして冗談で口にする悪口は、積もり積もった欲求不満の暴発だと思っていいでしょう。

上司の自慢話も聞かされる方はあまりうれしいものではありませんが、部下を相手に昔の自慢話をしたがる人は、時代の流れについていけなくなり、職場にも適応できなくなったことを昔の自分を誇ることによってバランスを保っています。


よく「仕事が大好き」という人がいます。「仕事が生きがいだ」などと自分に言い聞かせるかのように合理化している人がいますが、たいていの場合は家庭などに欲求不満の種を抱えています。

周囲に「あぁー、忙しい!!」などと、自分の忙しさを意識的にアピールしているような人がいますが、このような人は自分の能力に対してコンプレックスを持っています。

仕事に異常に熱心な人で、あまり熱心でない同僚を批判する人がいますが、このような人は本音の部分でなまけ者だったりします。

「最近、物忘れがひどくて」というかたも多いかと思いますが、物忘れには、その人がそのことに対して、気が進まなかったことを表している場合があります。

言い間違い、聞き間違い、読み間違いにも人の本音が隠されていることがあります。
例えば、言い間違いを言い直しをしたときは、最初の言葉に本音がある場合が多かったりします。
そして言い間違い、聞き間違い、読み間違いの内容は、その人のひそかな願望をあらわしています。

【人の心理を読む10】ゲーム、勝負事

ゲームや勝負事において人の心理、性格がよく表れます。だからこそ相手に知られないようにポーカーフェイスということが大事になるわけですが、ゲームや勝負事において、どんな心理を読むことができるのでしょうか。

まず、ゲームの途中で不機嫌になる人は、欲求不満に対する耐性が弱く逆境に弱い人だといえます。

それから、ゲームの最中でやたら「もう一度」「待った」を連発する人は、幼児的甘えの構造が残っている人だといえるでしょう。

負けに対する反応でも心理が読めます。自分の負けを腕のせいにする人は一見謙虚ですがプライドが高い人です。運のせいにする人は虚栄心が強い人。他人のせいにする人は、自信家で自我が強い人です。

そしてゲームの勝ち負けに無関心を装う人は、傷つくことが嫌いな自己防衛人間です。

【夢占い】ゲームの夢の意味21選!

【人の心理を読む11】趣味・嗜好

飼うペットによっても心理が読めることがあります。
よくねこを飼う人はわがままとか、犬を飼う人は甘えん坊で優しいと言われますが、具体的には、ブルドックなど顔のつぶれた犬を好んで飼う人は、自分の容姿に自信を持ってないことが多いと言われます。

これは、ブサイクな犬を身近に置くことによって、その対比効果で、少しでも自分の容姿に対する自信のなさを補なおうという心理からです。

鳥や熱帯魚を好んで飼う人は、自分の意のままにペットを愛することで自分だけの世界を持とうとする人で、孤独で対人関係にわずらわしさを感じていて、さらには人間嫌いである場合が考えられます。

ペットでなくても、例えば大人になってもぬいぐるみを手放さない人は他人に対する甘えが強く、精神的にも幼児的であるということが読み取れます。

【まとめ】人の心理を読むことは身を守る

いかがでしたでしょうか。

人の心理を読むことができると、相手に対する接し方も違ってきます。
世の中には、人の心理に付け込んで、騙そうとしたり、詐欺をしたりする人間がいますので、心理学的知識が多ければ多いほど、騙されたり、詐欺にあうことも避けられます。

そして、相手の不可解だった行動も、どんな深層心理に裏打ちされた行動だったのかがわかると、それまで以上に相手に対して寛容にもなります。

今回の例はほんの一部です。興味を持たれたあなたは、心理学的知識を深めて、相手の本音を読み取り、恋愛や人間関係などにいかしてみてください。

もっと心理について知りたいアナタはこちら!

人を愛せない人の心理・理由!自分を愛すことから始めよう
目を合わせない人の心理を女性・男性別に解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ