嫉妬とヤキモチの意味は違う?嫉妬する心理とは?

誰でも一度は嫉妬したりヤキモチを焼いたことがあると思います。でも何で嫉妬やヤキモチという感情が出てしまうのでしょうか?そして、それぞれの意味は一緒なんでしょうか?語源や意味、使い方から、嫉妬やヤキモチの対処法など徹底解説していきます。

嫉妬とヤキモチの意味は違う?嫉妬する心理とは?のイメージ

目次

  1. 嫉妬とヤキモチの意味は違う?:はじめに
  2. 嫉妬とヤキモチの意味は違う?:嫉妬の意味とは
  3. 嫉妬とヤキモチの意味は違う?:ヤキモチの意味とは
  4. 嫉妬とヤキモチ~男性が女性に対して嫉妬する
  5. 【嫉妬する心理とは?】①他の男性との接触で嫉妬
  6. 【嫉妬する心理とは?】②彼女が他の男の人にハマり嫉妬
  7. 嫉妬とヤキモチ~女性が男性に対して嫉妬する
  8. 【嫉妬する心理とは?】①他の女性との接触で嫉妬
  9. 【嫉妬する心理とは?】②携帯でのコンタクトで嫉妬
  10. 【嫉妬する心理とは?】③自分が一番じゃないと感じた時嫉妬
  11. ヤキモチは幅広く使われる【嫉妬との違い】
  12. 男性には嫉妬よりも多少のヤキモチを【嫉妬との違い】
  13. 嫉妬はヤキモチの最上級【嫉妬との違い】
  14. 【嫉妬しやすい男性の性格・特徴】①神経質
  15. 【嫉妬しやすい男性の性格・特徴】②自分に自信がない
  16. 【嫉妬しやすい男性の性格・特徴】③口下手
  17. 【嫉妬しやすい女性の性格・特徴】①束縛癖
  18. 【嫉妬しやすい女性の性格・特徴】②自分に自信がない
  19. 【嫉妬しやすい女性の性格・特徴】③ネガティブ思考
  20. 嫉妬がもたらす最終的な悲劇とは?予防法も!
  21. 嫉妬とヤキモチの意味:ヤキモチのうちに消火する
  22. 嫉妬とヤキモチの意味:事実確認をしっかり
  23. 嫉妬とヤキモチの意味:どうしようもない時は離れる覚悟を
  24. 嫉妬とヤキモチ:今相手に嫉妬して仕方ない方へ
  25. 嫉妬とヤキモチの意味は違う?:まとめ

嫉妬とヤキモチの意味は違う?:はじめに

誰でも必ず一度は嫉妬をしたり、ヤキモチを焼いたことがあるはず。
でも、嫉妬とヤキモチで意味が微妙に違うみたいです。

今回、嫉妬とヤキモチの意味や語源、使い方など改めて考えてみつつ、嫉妬やヤキモチに関して様々な事実を徹底解説していきたいと思います。

今、彼氏や彼女に対して、嫉妬もしくはヤキモチを焼いている方がいたら、少しでもそのストレスから解放されたら良いかと思います。

嫉妬とヤキモチの意味は違う?:嫉妬の意味とは

嫉妬ということばをふだん何気なく使ったり聞いたりしてはいるものの、深く追求していくと意外な事実がありました。

嫉妬の意味などを深く洗い出してみましょう。

嫉妬の意味(語源)

嫉妬の「嫉」と「妬」に分けて考えると、以下の様な意味や語源があります。

「嫉」は
ねたむ
憎む
という意味が含まれています。

「妬」は
ねたむ
腹を立てる
という意味を持っています。

どちらも、"女"という漢字が付いていることが特徴的です。
語源として、「嫉」も「妬」も、女が〇〇に対してねたむ、腹を立てるという意味を含んでいます。

二字熟語で二字とも"女"が付いている単語って、何だか特殊ですよね。


その他二字熟語で、女が前後両方に付いている漢字としては「妊娠」があります。
これも語源として、女が〇〇をするというニュアンスになっています。

でも、嫉妬に関しては、女に限らずというところがポイントになってきます。

嫉妬の意味①

嫉妬のひとつめの意味としては、
他人を羨んだり、ねたんだりすることです。

羨ましいの上を行った、歪んだ感情のようなものになります。

嫉妬の意味②

嫉妬のふたつめの意味として、主に男女間に関係する
ねたみ・憎み・恨み
になります。

意味①よりも、上を行く感情の意味を含んでいるような気がします。
そもそもの語源もどちらかといえば、意味②の方が強いかと思います。

嫉妬の使い方

意味①の使い方としては、
「〇〇さんの容姿に嫉妬する」
という、羨ましいという感情も含まれています。

意味②の使い方としては、
「彼女の異性関係に嫉妬する」
ですね。まさに、男女関係に関する内容そのものの使い方になります。

嫉妬をする理由・意味って?

人は皆、潜在的に自分がいちばん大事です。
自分の感情を守り、何とか維持するのにいっぱいいっぱいで、嫉妬という感情が生まれることによって、できる限り心だけに留めることができるのかもしれません。

もし、嫉妬していることに自分で気付かず、実は嫉妬していたという状態になると、身体を壊してしまいそうです。
嫉妬はあまり良い感情とはいえませんが、嫉妬することで、自分を慰めていたり守っているのかもしれません。

時として嫉妬は、人を攻撃するレベルのものにも化ける場合があるので、注意が必要です。

嫉妬とヤキモチの意味は違う?:ヤキモチの意味とは

ヤキモチと聞いたら、時と場合によっては、"焼き餅"になりますよね。
実はその"焼き餅"と密接な関係にあるヤキモチ、どういったものかその語源や意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ヤキモチの意味(語源)

ヤキモチの語源は、嫉妬の語源よりも少しチャーミングです。

嫉妬の「妬」は「妬く(やく)」とも読めるので、そこにお餅という単語を加えてみて、
"餅を妬く" → "餅を焼く"
になった、という語源のようです。

ついでに、嫉妬をしたときの顔が、本当に餅を焼いているみたいに膨らんでいるというところから、
"焼き餅" → " ヤキモチ"
と、なったという語源になります。

ヤキモチの意味

【ヤキモチの語源】でも紹介しましたが、焼き餅の語源は本当に"焼き餅"なんです。
なので、ヤキモチの意味を辞書で引いても、最初に出てくるのは"焼き餅"になります。

そして、2番目の意味として、
ねたむ・嫉妬する
という説明になります。

ヤキモチの使い方

ヤキモチは、嫉妬するのように、「ヤキモチする」とは言いません。
ヤキモチは、「ヤキモチを焼く」という慣用句として使われます。

ヤキモチはこんな使い方もできます。
飼い主が他の犬を可愛がっていたら、「自分の犬がヤキモチを焼いた」
という風に、人間以外でも使うことができます。

ヤキモチを焼く理由・意味って?

こちらも嫉妬同様、防衛本能からだと思います。
しかし、ヤキモチの方は、自分の事を構ってほしいというアピールをする面が強いため、ライトで可愛らしいものまで様々です。

ヤキモチという一種の行動が、逆に関係を良くさせることもあるかもしれません。

嫉妬とヤキモチ~男性が女性に対して嫉妬する

嫉妬の意味を先程紹介しましたが、嫉妬という漢字は前も後ろも"女"が付いています。
何となく、女がするもの、のようなイメージがありますよね。

でも、この嫉妬とヤキモチ、男性だって女性(特に彼女)に対して、してしまいます。

具体的に、どういう心理で嫉妬やヤキモチを焼いてしまうのかというと、やはり「独占欲」です。
これが嫉妬をする心理の中心かと思います。

彼女以外の、全く恋愛感情の沸かない女性に対して嫉妬はしません。
やはり、恋愛感情ありきの自分の彼女だからこそ、独占欲という心理が働いてしまいます。

では、独占欲という心理がどういった時に働くのか、具体的に紹介したいと思います。

【嫉妬する心理とは?】①他の男性との接触で嫉妬

彼女が他の男性と接触しているところを見たり聞いたりすることによって、嫉妬する心理が働いてしまいます。

接触といっても、その程度は様々です。

独占欲が殆ど

例えば、彼女が自分以外の男性と話をしているだけでも嫉妬をするという例があります。
話だけだったら嫉妬はしないけど、さすがに彼女が自分以外の男性とふたりきりで外出となったら嫉妬する、など、嫉妬をしてしまうレベルを測る物差しは、人それぞれのようです。

■関連記事:嫉妬する男性の心理を詳しく解析!こちらも参考にしてみてください。

男の嫉妬のサインとは?男に嫉妬させる女性の行動は?【恋が燃える】

【嫉妬する心理とは?】②彼女が他の男の人にハマり嫉妬

彼女が自分以外の男の人にハマっていることをいいますが、彼女がハマる対象は有名人や芸能人、アーティストやアニメなど、遠い存在の男性だったりします。
そういった場合にも、嫉妬をする心理が働くことがあります。

逆に、女性には男性に対してこの心理からの嫉妬は少ないような傾向にあります。

もっとも、自分以外の男性が一般人な身近な人だと、ハマるとは言いませんよね。
浮気となってしまいます。

男性の方が女性に対して、神経を尖らせているような嫉妬をする心理が見受けられます。

■関連記事:彼女が浮気をしているかも?浮気とは?詳しく知りたい方はこちらもチェック!

浮気はどこから?どこからが浮気か男女の本音を調査!

嫉妬とヤキモチ~女性が男性に対して嫉妬する

さて、ここからは女性が男性に対して嫉妬やヤキモチを焼く場合を見ていきたいと思います。

どちらかというと、女性は嫉妬とヤキモチを使い分けているような気がします。
もちろん無意識にです。

女性がするヤキモチは何となくライトなイメージがします。しかし、嫉妬は、本当に奥が深く陰険なイメージのように感じるのも女性特有の感情があるからでしょうか。

因みに女性が嫉妬する心理も、男性同様「独占欲」からきますが、それに加えて女性の場合「ネガティブな感情」から嫉妬するという心理が加わります。

では、どういった場合にそれらの心理が働くのか、紹介していきます。

【嫉妬する心理とは?】①他の女性との接触で嫉妬

こちらは男性と同じく、独占欲の心理が働く事象です。
他の女性との接触により、嫉妬をする心理が働きます。

女性の場合も、男性同様その程度にもよりますが、女性は相手男性との付き合いの長さや、状況の変化によって、他の女性との接触による嫉妬のボーダーラインが変わったりします。

やっぱり独占欲…

簡単に言えば、嫉妬をするボーダーラインが緩くなるという現象です。
例えば、自分以外の女性とふたりきりで食事に行くという接触がNGだったにも関わらず、それがOKになっていたなどです。

どんなときに、嫉妬のボーダーラインが緩くなるかというと

・子供が生まれたなど環境の変化
・熟年夫婦
など。

かつては、他の女性と話をしているだけでヤキモチや嫉妬されていたのに…
めいいっぱい愛情を注ぐ対象が彼じゃなくなったときや長年連れ添って恋愛などという感情ではなくなったとき、嫉妬という心理が働かなくなるときがあります。

でも、いざ本当に浮気をされてしまうと、今まで大人しくしていた嫉妬心理が、今まで以上に激しく動くのも女性の特徴です。

【嫉妬する心理とは?】②携帯でのコンタクトで嫉妬

もしかしたら男の人も、嫉妬から勝手に彼女の携帯を見たりするのかもしれませんが、嫉妬という心理から携帯を勝手に見るという行為は、圧倒的に女性の方が多いです。

相手の携帯を勝手に見ると、罪悪感しか残らないというのを分かっておきながら、嫉妬する心理が働いてしまうとつい、相手のプライバシーを覗き見る女性がいます。

その心理は、独占欲はもちろんのことネガティブな感情からつい見てしまうようです。

ネガティブさも…

また、相手の携帯を勝手に見なくても最近では、SNSなどで彼がどんなことをしているのかが分かってしまいます。
彼のページから直接見なくても、彼と一緒に写っている女性のページなどから分かってしまうことも。

自分の知らないうちに、知らない女性と接触をとっているという情報を拾ってしまうがために、嫉妬する心理が働いてしまいます。

【嫉妬する心理とは?】③自分が一番じゃないと感じた時嫉妬

女性の場合、自分が彼の一番じゃないと感じたとき、嫉妬する心理が働きます。
これは独占欲とネガティブな心理が両方同時に働きます。

因みに彼にとっての一番は、自分以外の女性とも限りません。

彼にとって、いちばん大事にしているものがあったとしら、それを尊重してあげるくらいの器の広さを持つことも大事かと思います。

独占欲とネガティブ両方…

■関連記事:嫉妬している女性の心理を更に詳しく知りたい方はこちらもチェック!

女の嫉妬の対処法5選!嫉妬している女の心理と態度とは!

ヤキモチは幅広く使われる【嫉妬との違い】

ヤキモチは、"焼き餅"とも書けるように様々なニュアンスで使われます。

子供がヤキモチを焼けば、可愛らしく見える場合もありますし、ペットなどがヤキモチを焼くという表現はまさに可愛いそのものです。

女性もヤキモチを上手に焼けば、可愛らしいで留まることができます。

ヤキモチが意味する幅広いアピール

焼き餅を思い出してみてください。
こんがり焼けた焼き餅は美味しいです。しかし、焼き過ぎて焦げてしまった焼き餅は食べれるものではありません。
要するに、ヤキモチも焼き加減が大事ということです。

ヤキモチはちょうど良い焼き加減であれば、男性から見て
「この子可愛いな」
と思われるチャンスです。

しかし、焼き過ぎの焦げた焼き餅は、嫉妬という有害物質に化けてしまうので注意が必要です。

焼き加減の良いヤキモチは、可愛いさアピールやおねだりアピールなどにもつながる場合もあります。
嫉妬ではなく、ヤキモチを上手に使って、様々なアピールをするのも良いかもしれません。

男性には嫉妬よりも多少のヤキモチを【嫉妬との違い】

そして、男性側も彼女から多少のヤキモチを焼かれる方が嬉しかったりします。
全くヤキモチを焼かない彼女だったら、この子本当に俺のこと好きなのかな?と思ってしまいます。

前項のちょうど良い焼き加減のヤキモチは、男性からは少し嬉しいという感情のスイッチを押してあげるものになるのかもしれません。

嫉妬はヤキモチの最上級【嫉妬との違い】

先程も書きましたが、焼き餅は焼き過ぎると、その焦げ目から嫉妬という有害物質に化けてしまいます。

通常状態、その上がヤキモチ、そして最上級が嫉妬
と考えたら分かりやすいかもしれません。

ヤキモチは幅広いアピールにも繋がりますが、嫉妬ははっきり言って繋がりません。
では嫉妬が意味する先とは…

嫉妬が意味する先は

嫉妬も行き過ぎると、今度はストーカーやモラハラなどに変わることもあります。
最悪の場合、自分の命さえも失うことも。

焼き餅が焦げているのに、そのまま焼き続けてしまうとお餅自体が炎上しますよね。
それが、嫉妬の先を意味します。

【嫉妬しやすい男性の性格・特徴】①神経質

嫉妬しやすい男性の性格はどちらかというと、神経質の男性が多いです。
何事も細かいことにこだわりを持っていたり、こだわるだけだったら良いのですがそれを人に強要したりする特徴があったりします。

例えば、彼女が友達と飲みに行くと言えば、どの友達か、女友達か、どこに行くのか、一軒だけかなど細かく聞いてきたり、更に細かい性格であれば、彼女が着て行く服装までも神経を尖らせたりもします。
こういった男性が嫉妬しやすい傾向にあります。

【嫉妬しやすい男性の性格・特徴】②自分に自信がない

自分に自信のない男性が、嫉妬しやすいです。
例えば、身体は大柄で堂々としているように見えるのに、実はかなりの嫉妬しやすい性格だったり。

人は見た目によらないというのが、まさに当てはまります。

【嫉妬しやすい男性の性格・特徴】③口下手

嫉妬しやすい男性の特徴として、口下手なことが挙げられます。

付き合っている彼女と喧嘩して言い合いになったとき、女性の方が口が上手く回る場合がありますよね。
男性の方が基本口下手と言われます。

それを上手く消化できない男性は、自分の表現したいことを上手く伝えることができず、結果、嫉妬しやすい性格になってしまうという場合があります。

【嫉妬しやすい女性の性格・特徴】①束縛癖

では、女性の嫉妬しやすい性格や特徴はどんなものがあるのでしょうか。

まずひとつめは、束縛癖。
男性のように神経質、とは少し違います。

恋愛をする度に、彼氏を束縛してしまうという女性が実はいます。
いちいち電話やラインなどで、今どこにいるの?何してるの?
と、行動を束縛します。

電話に出なかったり、ラインやメールの返事が無ければ、何度も電話を掛けたり、何度もラインを送ったりと、本当に束縛が激しい場合もあります。
しまいには、どうして返事をくれないのか、と追及してしまう、そんな束縛癖を持った女性が嫉妬しやすい傾向にあります。

■関連記事:嫉妬しやすい女性の心理や特徴。こちらも参考にしてみてください。

嫉妬深い女性の心理・特徴9選!対処方法も解説!【必見】

【嫉妬しやすい女性の性格・特徴】②自分に自信がない

男性同様、自分に自信がない女性が嫉妬しやすいです。

女性の場合、恋愛をしている最中でも常に不安で仕方ないというケースがあります。

例えば、付き合っている彼氏がイケメンだった場合などです。
自分自身の容姿に全く自信がなかったりすれば、容姿の良い他の女性と仲良くしているという光景を勝手に想像して、勝手に嫉妬してしまう場合もあります。

【嫉妬しやすい女性の性格・特徴】③ネガティブ思考

ネガティブ思考の女性が、嫉妬しやすい傾向にあります。

そもそもこういった女性は、恋愛自体することが難しいように思えますが、何かのきっかけで彼氏ができたとしても、ネガティブ思考が強く根付いてしまっているため、彼氏も他の女性に目を向けるようになってしまいます。

結果、嫉妬からいきなり発狂するなど、少し危険な兆候があったりします。

嫉妬がもたらす最終的な悲劇とは?予防法も!

嫉妬がもたらす最終的な悲劇は、本当に最終的なものになるので、まず、段階を踏んでお話したいと思います。嫉妬のお話に入る前に、お餅のお話に戻りますね。

つきたてのお餅がいちばん美味しいです。
恋愛で例えると、付き合いたてやラブラブの時の状態、もしくは通常状態だと思います。

たまに、焼き餅を焼きます。
焼き加減が良ければ、恋愛関係でもふたりの関係を、より良好にしたり、何かアピールしたかったりという手段として使われますが、もし、その焼き餅を焼き過ぎてしまったら…

お餅は焦げてしまいますよね。
焦げているのに、火を消さずそのまま焼き続けます。

物理的にも黒い煙という有害物質が出て、身体に害があります。
恋愛に例えれば、嫉妬という有害物質が出て、自分にも相手にも良くない感情を与えてしまいます。

その有害物質を与え続けていたら、もし、有害物質の質がもっと悪ければ、その先は病気や怪我になります。

病気や怪我も、まだ浅い内に治療をすれば何とかなりますが、酷くなってからだと時間と労力とお金が掛かります。

嫉妬がもたらす最終的な悲劇とは、病気や怪我の酷いものと同じだと思います。
病気や怪我も酷いまま放っておけば、命を落とすのと一緒で、嫉妬も酷いまま放っておけば、命を落としかねません。

それが、嫉妬の最終的な悲劇です。

こう考えると、嫉妬の最終的な悲劇を防ぐ方法も何となくわかりますよね。
では、もう少し詳しく予防法を次から紹介していきます。

嫉妬とヤキモチの意味:ヤキモチのうちに消火する

ちょうど良い焼き加減のお餅ができたら、そのお餅で留めておきましょう。
そして、焼き餅、つまりヤキモチのうちに消火しましょう。

そうすることで、嫉妬という有害物質が発生しなくて済みます。

恋愛をしている中だと、どうしてもヤキモチを焼く・焼かれるというシーンがありますよね。
何だかヤキモチから嫉妬へとなりそうだなという雰囲気を感じれば、ヤキモチの語源を思い出して、早い内に対処してしまいましょう。

嫉妬とヤキモチの意味:事実確認をしっかり

もし、ヤキモチから嫉妬へと変わってしまった場合、どうしてそうなったのか事実確認をしっかりするように!

放っておけば、嫉妬という有害物質だらけの恋愛になってしまいます。
事実確認をしっかりすれば、実は誤解だったということもあります。

嫉妬とヤキモチの意味:どうしようもない時は離れる覚悟を

いよいよ、嫉妬が酷く手の施しようがない、となってしまった場合、
もし、自分の身に危険が及びそうであれば、相手から離れる覚悟を。

恋愛は常にキレイなものばかりではありません。
最終的には汚く醜いといった恋愛の形になる場合もあります。

また、専門機関や気の知れた知人に相談などしてみるのも良いでしょう。

嫉妬とヤキモチ:今相手に嫉妬して仕方ない方へ

前項は嫉妬をされる側の立場で、予防法や対処法を紹介してきましたが、もし今、付き合っている彼氏などに嫉妬をしてしまって仕方ないという立場の方へ。

嫉妬という感情は、したくなくても沸々と沸いてきてしまいます。
嫉妬すればするほど、どんどんエスカレートしていく自分もいますよね。

ただの嫉妬でななく、相手を攻撃するような言動になったり…
取返しの付かない状態になる前に、嫉妬する理由を客観的に見つめることが大事だと思います。

自分がなぜ、今こんなにも嫉妬しているのか、紙に書き出したりすると、割とスッキリしたりもします。
ただ、嫉妬をしすぎて相手を攻撃してしまった、しかもその頻度が高いという方は、相手が去っていくかも、という覚悟をすることも必要かもしれません。

嫉妬とヤキモチの意味は違う?:まとめ

まず、嫉妬やヤキモチの語源や意味から、その使い方などを紹介してきました。

ヤキモチの使い方、嫉妬の使い方、意味合いは似ていますが、若干ニュアンスが違うということも感じていただけたと思います。

嫉妬は有害物質

では、ここでもうひとつ、似ていることばを紹介します。

ジェラシー【jealousy】の意味や使い方は?その語源は?
あえて、このことばを最後まで出さなかったのには意味があります。

まず、ジェラシーの意味は一言で言えば、"ねたみ"です。
類義語として、「嫉妬」や「ヤキモチ」が挙げられます。

でもよく考えたら、ヤキモチって、元々"焼き餅"ですよね。
実際に食べる焼いた餅も"焼き餅"というくらいですし。

英語ではこのような慣用句はありません。
ですので、ジェラシーはざっくり嫉妬やヤキモチをまとめたもののように感じます。
ヤキモチでも、嫉妬になっても、ジェラシーでまとめちゃえば良いという、何となくアバウトな感じもします。

ジェラシーの使い方も、恋愛関係にあるふたりの場合、何となく冗談混じりで表現するときに
「なんかジェラシー感じる」
などという使い方になります。

本気でジェラシーを感じるときは、こんな使い方をすることはありません。
そういったときはことばは無く、嫉妬をしているという状態になっているというケースですよね。

嫉妬を早く対処して、ストレス解放を

ということで、ヤキモチ・嫉妬そしてジェラシー、それぞれ色んな使い方があるかと思いますが、使い方云々よりも今、恋愛関係の間にある人に対して嫉妬などをしている人がいたら、この記事の気になる項目をつまみ読んでみるだけでもしてみてほしいと思います。

嫉妬は本当に有害物質です。
嫉妬の先にハッピーはあまりありません。

ヤキモチや嫉妬を正しく理解した上で、素敵な恋愛をしてほしいと思います。

嫉妬についてもっと詳しく知りたいあなたへ!

嫉妬心をなくす方法とは?嫉妬せずに恋愛をする9つの方法を紹介!
嫉妬する対象は男女で違う?男は性的に、女性は精神的に嫉妬する!
嫉妬深い性格を分析!なんで嫉妬深いの?嫉妬と愛情は違う?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ