泣きたいのに泣けない心理とは?病気かも?涙でストレスを解消しよう

失恋した時や怖い時、子供の頃はよく泣けましたよね。 しかし、大人になるにつれてなぜか泣けなくなってしまうことがあります。 泣きたいのに泣けないというのは一体ど何が原因なのでしょうか。 今回はそんな泣きたいのに泣けない時の心理状態についてご紹介します。

泣きたいのに泣けない心理とは?病気かも?涙でストレスを解消しようのイメージ

目次

  1. 泣きたいのに泣けない!
  2. 【泣きたいのに泣けない】涙を流すのはなぜ?
  3. 【泣きたいのに泣けない】身体と心はつながっている
  4. 【泣きたいのに泣けない】涙は病気を防ぐ
  5. 【泣きたいのに泣けない】涙にも種類がある
  6. 【泣きたいのに泣けない】原因:恥ずかしい
  7. 【泣きたいのに泣けない】原因:泣くことは意味がない
  8. 【泣きたいのに泣けない】原因:厳しいしつけ
  9. 【泣きたいのに泣けない】原因:泣きたいかどうかもわからない
  10. 【泣きたいのに泣けない】感情が無くなる危険
  11. 【泣きたいのに泣けない】病気になるかもしれない
  12. 【泣きたいのに泣けない】泣けないことによる影響
  13. 【泣きたいのに泣けない】解消法:1人の時間を作る
  14. 【泣きたいのに泣けない】解消法:感動するものを観る
  15. 【泣きたいのに泣けない】解消法:ゆっくり眠る
  16. 【おわりに】涙活でストレスを解消しよう

泣きたいのに泣けない!

人は涙を流す生き物です。
失恋した時やとても怖い目に遭った時、悲しい時や感動した時、安心したときなどにも涙を流しますよね。
そんな風に涙を流すことは生まれた時からしている行動です。
しかし、大人になるにつれて、涙が出ないということを経験することがあります。

失恋したのに泣けない。悲しいのに泣けない。とても怖い目に遭ったのに、悲しいことがあったのに、心理的にもとても参っていることがわかるのに、涙が出ないのです。

あんなに簡単に泣けていたのに、むしろ泣くせいで怒られるくらい悲しい時には涙が出ていたのに、涙が出ないのはなぜなのでしょうか。もしかして泣きすぎて枯れてしまったのでしょうか。
実は、涙が出ないのには心理的にとても深い理由があったのです。

【泣きたいのに泣けない】涙を流すのはなぜ?

まず、なせ涙が出ないのかということを考える前に、なぜ人が涙を流すのかについて考えてみましょう。
涙を流すことの良い点についてです。
とは言っても、なかなか涙を流すことがいいことだと考えられない人もいるかもしれません。
泣くことは恥ずかしいこと。泣いてはいけない。何も変わらない。迷惑をかけるだけ。恥ずかしい。そんな風に考えたことはありませんか?

そう、涙を流すということは、一般的にあまり体裁の良いものではありません。
泣くと弱い人だと思われてしまいますし、中には人が泣いている姿を見て、「泣けば解決すると思っている」なんて風に思われてしまうこともあります。
泣くことには良い点が無いように思われてしまいますが、実は涙を流すのは身体にとって良いことなのです。

涙を流すということは、悲しいという心理的な問題のように思われてしまいます。
ですから、涙を流すということは我慢できるもの。人前では我慢するべきものだと考えられていますよね。
しかし、実は涙を流すという行為は排泄や空腹のように自然なもの。我慢はできますが、生理的な現象です。
つまり、お腹が痛い時に排泄をするように身体が欲しているのと同じで、心理的に悲しい時には、涙を流すことを身体が欲しているのです。

【泣きたいのに泣けない】身体と心はつながっている

人間には交感神経と副交感神経というものがあり、交感神経は人間を活発にし、副交感神経は人間を安心させます。
人間は昔からこの交感神経と副交感神経の働きによって生きてくることが出来ました。
交感神経は敵が近づいてきた時に危険を避けられるように発達した神経で、人を緊張状態にします。この交感神経が働くと、例えば発汗したり、鼓動が速くうつようになります。

副交感神経は交感神経とは逆に、敵が近くにいない時にゆっくりと休んでいる時に働いてる神経です。ほっとするとトイレが近くなるのもこの副交感神経が働くためですね。
敵から逃げる時にトイレに行きたくはなりませんよね。これは交感神経が働いているからです。
このように、人間は交感神経と副交感神経の働きによって生きています。

【泣きたいのに泣けない】涙は病気を防ぐ

ただし、交感神経が働いている時、人間はかなりのストレスにさらされています。それもそうですよね。もともと自分の命を狙う敵から逃げる為に働いている神経です。心理的なストレスがかかるのは当然です。
ですから、交感神経ばかり使っていると病気にかかってしまうことがあります。


例えば頭痛や腹痛などです。緊張でお腹を下す人がいますよね。これは極度のストレスが原因で交感神経が過度に働きすぎたためです。
この状態が行き過ぎるとうつなどの病気になってしまうこともあります。

そこで副交感神経の出番です。副交感神経は高ぶった交感神経を鎮め、落ち着いた状態にしてくれます。
副交感神経を働かせるためには沢山の方法がありますが、強すぎるストレスに一番よく聞くのが涙を流すことです。
涙を流すという行為は、副交感神経を働かせる効果があるんですね。

ですから、とても悲しい出来事があった時には強いストレスから身を守ろうと副交感神経を働かせる為に人は涙を流すようになっているのです。
涙を流すことによって、人はストレスを発散することが出来、うつなどの病気にかかりにくくなります。

【泣きたいのに泣けない】涙にも種類がある

しかし、涙にも種類がありますよね。
ウソ泣き、感涙、悲しい時の涙、安堵の涙、あくびをした時に出る涙などなど。
心理的な状態によって、涙の種類は変わります。
様々な種類の涙の内、心理的なストレスを緩和してくれるのは自分の感情が大きく動いた時に出る涙です。

例えば失恋した時には悲しい気持ちでいっぱいになって涙がでますよね。
こうした失恋などによって悲しい気持ちなど、大きく感情が動いたときにでる涙はストレスを緩和してくれる効果があります。

また、例え失恋したとしても、悲しいという気持ちになれなかったり、どうでもいいけれど取り合えずウソ泣きをしておこうなんて言う涙の時には、ストレスは緩和されません。
目の汚れは落としてくれますが、感情が動かないので心理的に楽にならないのです。

では、このストレスを緩和してくれる重要な役割を持つ涙が出ないというのは、なぜなのでしょうか。
そこには心理的な原因が隠れています。

■参考記事:すぐ泣く女性への男性の本音は?コチラも参照!

すぐ泣く女を男性は本音ではうざいと思ってる?心理特徴・性格まとめ
彼女が泣くと男はどう思う?ぶっちゃけ嫌だと思ってる?【女子必見】

【泣きたいのに泣けない】原因:恥ずかしい

涙が出ない原因として考えられるのが、「恥ずかしい」という気持ちです。
泣くことは自分の弱い部分を見せるということですよね。
悲しいという気持ちを前面に押し出すという行為はとても恥ずかしいものです。
特に、日本人は「恥の文化」と言われるほど、周囲からの視線を気にしています。
ですから、たとえ悲しいと感じていてもなかなか涙が出ないのです。

例えば、そこに人が沢山いた場合、なかなか泣けないですよね。
泣けば沢山の人があなたに注目するでしょう。いくら悲しいとは言っても、恥ずかしいという気持ちが先行してぐっと涙をこらえてしまいます。
また、涙はとても大切な機能ですが、我慢することも出来ますよね。
悲しいと感じて泣きそうになった時には別のことを考えたり、目の前の悲しい出来事を考えないようにすることで涙を抑えることが出来ます。
そうして恥をかきたくないという思いが強くなっていくうちに、様々な手法で心理的に涙を抑える方法を身に着け、泣けなくなってしまうのです。

【泣きたいのに泣けない】原因:泣くことは意味がない

泣いたってどうしようもないということをよく理解していると、涙が出ないことがあります。
原因を解決するしかないんだ。泣いている暇があるなら問題の原因を探した方がいいんだ。
そんな風に考えて、泣かなくなっている人もいます。

例えば、就活をしている時に何社も何社も内定がもらえず悩んでいるとしましょう。
一つも内定がもらえず、面接では酷いことを言われて、周囲はどんどん内定を取っていきます。

何社も応募して、落ちてを繰り返すうちに自分なんて誰からも必要とされていないのではないかと思うこともあるでしょう。
そんな時、人は涙を流すことが普通です。それがストレスを緩和させるために最も良い方法なのですから。

しかし、涙を流すことは弱い人がすることだという一般論に影響を受けている私たちは、涙をぐっとこらえて、たとえ誰も見ていない時にでも涙を流せないことがあります。

泣いているくらいなら一歩でも前に進もうとそんな風に考えます。
そうして涙をこらえて歩き、涙をこらえて歩き、を繰り返すうちに、いくら悲しくでも涙が出なくなってしまう野です。
ただ心を冷たくひんやりとした気持ちが覆っていることを実感するだけで、涙は一滴も出てきません。

【泣きたいのに泣けない】原因:厳しいしつけ

とても厳しいしつけを幼いころから受けていた場合にも涙を流せないという状況に陥ることがあります。
特にこの傾向は長女や長男の人に強く、「お兄ちゃんなんだからしっかりしなさい」だとか、「お姉ちゃんなんだから泣いちゃだめでしょう」といった間違った教育による影響が大きいです。

そうした幼少期の記憶が根強く残り、泣きたいのに泣いてはいけないといった思いになり、泣くという罪悪感にとらわれるようになってしまいます。
例えば失恋した時にも泣きたいのに泣いてはいけないといった心理が働き、失恋した時でさえ涙を流せないことがあるのです。

【泣きたいのに泣けない】原因:泣きたいかどうかもわからない

泣きたいのに泣けないという状態が長く続くと、自分が一体どんな気持ちなのかということに非常に鈍感になってしまいます。
悲しいという気持ちを持つと泣いてしまうので、その気持ちを閉じ込めようとして、すべての感情を抑え込んでしまうんですね。
失恋の悲しみも、仕事での辛さも、すべてをぐっと奥底にしまいこみ、まるで機械のようになってしまいます。

【泣きたいのに泣けない】感情が無くなる危険

これは大変危険な状態です。
うつ病の患者にはこうした症状がよく見られるといわれています。
一般的にはうつ病の人と言うのは毎日泣いてばかりで悲しいという気持ちを抱えているというように思われがちですが、それだけではありません。
うつというのは失恋して悲しいだとかそうしたレベルではなく、脳の形が変わってしまうほどのものなのです。

そうしてうつに近い状態になると脳の形が変形しているので、楽しいことや嬉しいこと、悲しいこともわからなくなります。
泣きたいのに泣けない、泣きたいのかどうかもわからないという症状が出たらうつかもしれません。

【泣きたいのに泣けない】病気になるかもしれない

涙が出ないというのは、実は心がかなり無理をしている状態です。
泣くことを我慢し続けていると、交感神経が働いたままになり、ストレスを受けやすくなってしまいます。
そして、ストレスを過度に受け続けた結果、うつなどの病気にかかってしまうこともあるのです。

泣くことを我慢し続けても慣れて平気になるということはありません。感情がマヒしてしまっているだけで、本当は心は悲しみ、泣きたがっています。

【泣きたいのに泣けない】泣けないことによる影響

また、感情が無くなっていくのはうつ病という病気の症状です。
放っておくとより重い心の病気になってしまい、なかなか自分の病気に気が付くことも出来なくなってしまいます。鬱になると無気力になり、死にたいという願望まで生まれてしまうのです。
うつはとてもポピュラーになりつつあり、誰でもなり得る病気です。
自分はうつにはならないという人の方がうつになりやすいということも言われています。
また、うつという病気の他にも、統合失調症のような病気になってしまう恐れもあります。


涙は心を安定させてくれる為に絶対に必要なものです。感情の高ぶりを抑え続けているといつの間にか病気になってしまう可能性だってあります。
そんな心の病気を防ぎ、健康でいるためにも泣く機会を作ってみましょう。
ここからは涙を流す為の方法についてご紹介します。

【泣きたいのに泣けない】解消法:1人の時間を作る

涙が出ない原因には、必ず周囲から見られるのが恥ずかしい、泣いている姿を見られたくないという心理が少しは入っています。
ですから、出来るだけ泣きたい時に泣ける環境を作っておきましょう。
1人の時間を大切にして、泣いても誰も自分のことを悪く思わないようにしておきましょう。
1人の時間をしっかりと作ることによって、誰も見ていないのだという心理的な余裕ができます。
ほっと安心できるような自分の部屋などで1人になるといいでしょう。

【泣きたいのに泣けない】解消法:感動するものを観る

涙が出ないのは、感情の動きそのものが鈍くなってしまっていることが原因なのかもしれません。
そんな時には、心が動くものを観ましょう。
失恋系の映画を観たり、感動する本を読んだり、悲しいお話を聞くのもいいでしょう。
最近は涙活と言って、涙が出ない人に対する様々な上映を行っている団体もあります。
そうしたものに参加することで、泣きたいのに泣けないのが自分だけではないと安心感を得ることも出来ますね。

【泣きたいのに泣けない】解消法:ゆっくり眠る

ゆっくり眠ることは大変大切です。
睡眠時間も涙のように、やめようと思えばやめることが出来ますし、体に鞭打って寝ないことも出来ます。
しかし、体は寝ることを求めています。
ゆっくり眠ることで交感神経の働きが収まり、副交感神経が優位に働くようにすることも出来るので、睡眠時間が足りていない人や、最近眠る時間が少ない人はぜひ良く眠るようにしましょう。

【おわりに】涙活でストレスを解消しよう

以上「泣きたいのに泣けない心理とは?病気かも?涙でストレスを解消しよう」でした。
失恋した時や怖い目に遭った時に流す涙にはとても大切な役割があったんですね。
涙を我慢するととても危険な心の病気になってしまうこともあります。
感動する本や悲しいお話などを聞いて、泣きたい気持ちを解放させ、涙を思い切り流してストレスを緩和させちゃいましょう。

ストレスを感じる時、もっと情報を知りたいアナタに!

言葉が出てこないのは病気かも!ストレスが原因?予防するには?
人間嫌い診断で性格と心理がわかる!人間関係のストレスをチェック!
仕事が忙しい時の乗り越え方11選!リフレッシュしよう!
失恋でうつの症状が出る人の7つの特徴と理由!克服するためには?

関連するまとめ

tm1ss0do
tm1ss0do

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ